四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 20日目

10月 5日(日)


おはよーございます!
5時30分起床。
夜は雨が降っていたが、ちゃんとした東屋だったのでゆっくり寝れた。


今日は雨の予報で、なおかつ峠越えがある。
ホントは昨日、峠を越えてた方がよかったんだけど、土佐久礼で一泊しちゃったからなぁ。
さてこれが吉と出るか、凶とでるか。。。


739.jpg


6時45分出発。
遍路道は土佐久礼の町前で「そえみみず遍路道」と「七子峠(大坂遍路道)」に分かれるが、土佐久礼の町を通ってきたので、そのまま七子峠に向かう。


今日は37番の岩本寺まで行かなければならない。
台風が来るっていうんだから、さすがに野宿は出来ない。
当日に宿が空いてないと言われたら困るので、昨日早めに札所近くの宿を押さえておいた。


札所までは約21km。
今はまだ雨は降っていないが天気が心配だなぁ( ;´Д`)


740.jpg


昨日お接待でもらった飴を食べながら歩く。
飴のまわりにきな粉がついていて美味しい♪
遍路道はどんどん山の中へ入って行く。


741.jpg


すごい大きい高架Σ(っ゚Д゚;)っ
この高架は四国で一番高い橋だと書いてあった。
こんなでかい物を作るなんて人間ってすごいよなぁ~。


742.jpg


うっそうとした安定の遍路道。


743.jpg


峠の手前には休憩所があった。
いざとなればここでも寝れそうだが、この場所に一人で夜中にいるのは怖いなぁ。。。


744.jpg


8時6分、七子峠入口着。
幸いまだ雨は降っていない。
雨が降っていない間に越えてしまおう。


745.jpg


ここの峠はところどころ急な場所がある。
ちょっとしんどい( ;´Д`)
しかし普段生活していると、峠を越えるっていう感覚がよく分からないけど、最近になってやっと峠を越えるという感覚がわかってきた。


746.jpg


最後に急な階段。
峠って登ったら下りが出てくるもんだと思っていたけど、ここの峠はずっと登りだった。
所要時間30分。


747.jpg


階段を上るとすぐに休憩するところがあるみたい。
ちょっと休憩していくかー。


748.jpg


てか、台風は大丈夫なのかと天気予報みたら、めっちゃスゴイ雨雲来てるww
台風は夜中に高知を抜けるようだ。
明日の朝からは歩けそうなので予想通り!


749.jpg


休憩場所から歩くとすぐに四万十町(旧窪川)に入る。
歩いていると車が横で止まる。


車:「岩本寺に行くんやろー乗せていってやろかー?」

す:「もうちょっと頑張って歩きます。お心づかいありがとうございます!」

(´-`).。oO(今から雨降りそうだし、めっちゃ乗りたいけどなぁ。


750.jpg


【この道はもったいなくて通れない・七子峠下遍路道 床鍋】

この古道は、江戸時代は第二等宇和島往還といって官道でありました。幡多(ハタ)地方への唯一の道でした。
ところで八二二年頃八十八か所建立するため、空海がこの道を通りました。
その時「この道はもったいなくて通れない」という言葉を残しています。


そのことは、道一面に「薬草」が生え茂っていて、踏みつけるのは、もったいないということです。病気治療には薬草にたよる時代、空海の広い心に暖いものを感じます。
空海の徳や思想をしたっての皆さん、きっとどこかで弘法大師にお目にかかると思います。


751.jpg


どれが薬草なんだろうな?


753.jpg

【あまんどさま・七子峠下遍路道 床鍋】

天保(1830~1842)の頃、広島県豊田郡(現・三原市)から来た尼僧が人々の救済を願い、四国八十八ヶ所巡拝をしていたが、途中で行き倒れになり、この床鍋で亡くなった。
訃報を聞いた広島の住民は小さな地蔵を作り、船を用いこの地まで運び、墓の上に建立した。


752.jpg


広島から運んできたのかー。
お祈りしておこう。


(´-`).。oO(南無大師遍照金剛×3


754.jpg


古くからの遍路道なので趣がある。
が、薬草(雑草)が雨で濡れて靴がビショビショになる( ;´Д`)


755.jpg


遍路道は再び56号線に戻る。
ここに来て雨が降り始める。


756.jpg


雨が強くなってきたので仁井田の無人駅で雨宿り。
ちなみに昨日進んでいればここも宿泊予定地だった、
でも、駅は何か気を遣うし昨日の所で良かったわ。


757.jpg


ここの電車も安定の本数の少なさ。


758.jpg


雨は強く降ったり、弱く降ったりしているが今日はもう札所までは行かないと寝られない。
やっぱもっと早く起きて歩けば良かったかなぁ。。。
しかも歩いても歩いても、なかなかつかない( ;´Д`)


759.jpg


12時45分、四万十町の町に入る。
商店街があるが、多くの店は閉まっている。
日曜だからかなぁ?


760.jpg


12時59分、37番札所 岩本寺到着!!
ってヒーさんおるやんww


彼女は別格もまわっているから、オレよりもだいぶ後ろにいたハズ。
なんでここにいるの?と聞くと、途中で知り合った人に車で乗せて来てもらったらしい。
彼女はこの先予定があるそうなので、少し急がないといけないと言った。
宿にチェックインするにはまだ時間が早いので、お参りを済ませヒーさんと話をする。


す:「今日はどこに泊まるの?」

ヒ:「ここの宿坊に泊まります。でも私の友達がいるから、晩御飯を一緒に食べます」

す:「はーあんたそこらじゅうに友達いるねぇ~」


話していると友達が来た。
挨拶を交わすと


友:「ヒーさんの友達は私の友達だから、一緒にご飯を食べましょう。温泉も連れていってあげるから!」


とありがたいお言葉が!


それならばよろしくお願いしますとお言葉に甘えることにした。
ヒーさんと一緒だと色々あるなぁ~。
ヒーさんの友達はNさんといい、数年前歩いた時に知り合ったらしい。
とりあえず、荷物を宿に置きに車で連れていってもらう。


762.jpg


今回初めての民宿「村の家」
札所の周辺にはいくつか宿泊施設があるが、一番安いここにした。
食事はまだ用意してもらってなかったので、素泊まりにしてもらった。
1泊2食5500円、素泊まり3500円。
お金あんま使えないから節約しないとね。



763.jpg


Nさん宅に寄り、松葉川温泉へ。
高知のお坊さんとこでお風呂入った以来の5日ぶりのお風呂じゃー!


764.jpg


お風呂に使っていると、3人の男性が話していたので耳をすませていると、宇宙人を見たって話してたΣ(っ゚Д゚;)っ
本当かよ?
温泉は良いお風呂でした (*´∇`*)


765.jpg


766.jpg


767.jpg


Nさん宅に戻り夕ご飯。
今日もカツオ!!
後からここら辺で働く韓国人の人も来て、お酒も飲み楽しい時間を過ごした。
洗濯までして頂き、Nさんありがとうございました!


768.jpg


布団や、布団やー今日は布団で寝れるんやでー!
久々に結構飲んだので、帰ってからは速攻寝た。


いやー一期一会ですなぁ。ありがたいありがたい。
それではおやすみなさーい。





今日の歩行距離:約21km
今日の宿泊場所:民宿・村の家







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 19日目

10月 4日(土)


おはよーございます!
5時10分起床。
昨夜は夜中の2時頃から風が強くてうるさかった。
でも、雨が降らなくて良かったー。


688.jpg


身支度をして6時40分出発。
今日はどこまで行こうかな?
明日から台風の影響もあるし、今日は大正市場行って魚介類食べなきゃだし悩むなぁ。


689.jpg


今日も23号線を歩く。
高知に入ってからあまり札所が無いので、ただひたすら1日歩くという日が多くなった。
なので歩いている時は、昔のお遍路さんはどうやって歩いてたのかな、とか、もし人類が男女2人しか生き残らなかったら、子孫は残すべきか、いやでもいずれかは近親相姦になるじゃないかとかしょーもない事を考えて歩いてるw 


690.jpg


7時40分、須崎の遍路小屋に着く。

『最近この街道で新興宗教の勧誘でお遍路さんに付きまとう者がいます』との張り紙がある。

昨日のおっさんの事か?w


ここの遍路小屋は裏にトイレもあるし、水場もあるので快適に野宿出来そう。
休んでいると一台のトラックが止まり、おばあちゃんが降りてきた。
挨拶をすると、時々お接待する為にここに来るそう。
クーラーボックスなど重そうなので荷卸しを手伝う。


691.jpg


692.jpg


こうやって地元の方が飲み物やらお菓子などを置いてくれるんですね !
オレもありがたくお接待を頂いた。
おばあちゃん、もう80歳も越えているとの事なので、お元気にお過ごしください (*´∇`*)
元気をもらって再出発!


693.jpg


めっちゃデカいミミズがいた。
きっと土地が肥えているんだろな。
今までもたくさんミミズが死んでるの見たんだが、なんでミミズはアスファルトに出てきて自殺するんだろう。


694.jpg


ほどなくして須崎市内に入って行く。


695.jpg


大型店舗がたくさんある須崎の町を通り過ぎていく。
町を外れてこの先に道の駅があるな。


696.jpg


10時、道の駅 須崎に到着。


697.jpg


ここの道の駅はカツオのタタキを食べられる所もあるし、色々品揃えがよろしい。
でも今日は大正市場に行くのでまだ我慢我慢。


698.jpg


ここからは長らく歩いて来た55号線から56号線に変わる。
そして松山の文字が!
256kmってまだあと何日あるんだよ。。。
でも、松山まで行ったらお遍路も、そろそろ終わり感が出るんだろうなー。


699.jpg


このまま56号線を行けっていうことですね。
地図見ても峠行ったら遠回りになるからこのままでいいや。


701.jpg


ここはちゃんとタスキがあるね。
トンネルの中は歩道がないから、気を付けないと危ないわ。


703.jpg


12時4分、中土佐町に入る。


704.jpg


トンネルを抜けてしばらく歩くと東屋がある。
あの座椅子なかったらテント張れるかな?
最近は東屋を見ると、寝れるかどうか無意識にチェックするようになったw


706.jpg


土佐久礼の町に入る手前にまた休憩所が。
どうやらここは個人でやってるみたい。


705.jpg


中にはベッドもある。
お遍路ノートを見ると、ウワサに聞いているカワイ子ちゃんがここに泊まったみたい。
2日前に泊まってるから、オレのペースじゃもう追い付けないだろうな。


707.jpg


12時57分、土佐久礼の町中に入る。
土佐久礼は漁師町として国の重要文化的景観になっていて、どことなくそれっぽい。


708.jpg


カメの手が売ってる!
店先で売ってるのは今まで見た事がないなぁ。
これは土佐久礼、期待できる!!


709.jpg


「りゅうきゅう」?初めてみる野菜だな。
美味しいのかな?


710.jpg


萩森のおっちゃんに是非行って来いと言われた、久礼大正市場に到着!


711.jpg


100mくらいしかない商店街に店が並んでいる。
大漁旗が飾ってあって雰囲気出てるね!


728.jpg


店とは別に露店もやっているんだな。
手作り感もあってなんか面白い。


727.jpg


露店には干物などが売っていて、うるめの干物を買おうと思ったら炙って食べるんだよと言われた。
佐喜浜で買った時はそのまま食べてたんだけどな。。。
おばちゃんと色々話していると、手作りの飴をお接待してもらった。


719.jpg


そしてやっぱり魚!
1000円の魚ってカツオ?
どれも美味しそうだな (*´∇`*)


713.jpg


魚は刺身にしてあって、この場で食べられる。
見ていると、おばちゃんがお接待してあげるから、選んで食べていってと言ってくれた!


716.jpg


ご飯とお味噌汁までつけてもらって、今日のお昼は刺身定食 (*´∇`*)
勢いあまってビールも買ってしまうw


717.jpg


田中鮮魚店の女将さん、ありがとうございました!


724.jpg


商店街の中には野菜も売っている。
みょうがあの量で100円って安いな!
ウチの近くのスーパーだったら3個で100円以上するときがあるぞ。


732.jpg


甘味処にはたくさんの女子小学生がいる。
なんか雰囲気が昔っぽくていいねぇ。


さて、時間はもう14時。
ってかさ、なんかもう今日は歩く気しねぇなw
この町も気に入ったし、今日はここで1泊しようかなww


商店街は17時前までやってるから、寝場所の下見でもしてこようかなー。
ここから近くに萩森のおっちゃんが、野宿できるって印つけてくれた所があるから行ってみよう。


725.jpg


ここはバス停だな。。。
まだバス来るようになってるし、


726.jpg


ここって結構町中なんですけどw
この先には駅があるから、駅前の通りでテント張るってちょっとアレだなぁ。。。
ここって夜中になってしまって、これ以上どーしても進めないっていう時のファイナルウェポンだと思うわ。。。
時間もまだ早いし、ここはちょっと無理だな。
まだこの先に野宿ポイントあるから、とりあえず市場に戻ろう。


722.jpg


723.jpg


戻ってみるとカツオをさばいているお店がある。


721.jpg


ここのカツオも美味しそうだな~。


720.jpg


わら焼きタタキかー。
ちょっとここのも食べてみようか!


729.jpg


おお!身がすごくキレイ!!
スーパーで買うカツオのタタキとは全然色が違う!
新鮮なんだろうな!


730.jpg


やっぱカツオのタタキには、にんにくだよね♪
美味しいー (*´∇`*)
一皿500円でこの鮮度なら安いもんでしょう~☆


712.jpg


さて、今度は晩御飯を買って帰ろう。
今日は干物を焼いたのにするかな!
しいらとか面白いね。


735.jpg


ここの商店街はだいたいお店に並んでいる魚を買って、その場で調理してもらって食べる事が出来る。
そういう食べ方はとても楽しいよねぇ~。


今日は土曜日という事もあって、昼時は大変にぎわっていた。
今、日本の小さな商店街はさびれている所が多いが、ここはとても活気がある。
元気がない商店街もここみたいに頑張って欲しいよなぁ~。


734.jpg


干物は持って帰って食べるつもりなので、焼けるのを待っているとお味噌汁をお接待してもらった。
白ご飯もパックに入れて持たせてもらった。
今日はお接待祭りやわ (*´∇`*)
干物も焼きあがったから、宿泊地に行きますかー!


736.jpg


町からほとんど離れてないのに川がキレイだわー。
市場から15分ぐらい町はずれを歩くと東屋が見える。
トイレも近くにあるし、あそこなら寝れるな。


737.jpg


16時30分、今日の寝床完成!


738.jpg



晩御飯はカマス、しいらのミリン漬け、沖うるめ干物とイカの刺身、カンパチの南蛮漬け\(^o^)/
カンパチの南蛮漬けはお接待してもらった。
これで600円!
大正市場、大満足でした (*´∇`*)






今日の歩行距離:約22km
今日の宿泊場所:土佐久礼町はずれの東屋








ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 18日目

10月 3日(金)


おはよーございます!
昨日はほとんど進まなかったので4時30分起床。


640.jpg


身支度をして、少し部屋の中を掃いて5時45分出発。
霧が濃ゆいねぇ~。
次の札所までは13.9km。


道が良くわからないので、昨日来た道を戻り、コンビニで地図のコピーを取った。
今までは地図をそのまま使っていたのだが、このままだと雨が降ると濡れるし、取り出しにくい。
この先数日分歩くだけ、コピーしてジップロックなどに入れておくと、かさばらないし見やすい。


641.jpg


小さな橋がたくさん架かってておもしろいなぁ。
昔はどんな風景だったんだろう?


643.jpg


地元の人に聞きながら歩くと、遍路道に戻ってこれた。


644.jpg


遍路道は39号線に入る。
天気はあまり良くはないが、今日は雨の予報はない。


645.jpg


うん、ちゃんとヘルメットかぶってるし、交通安全だね!


647.jpg


8時14分、塚地の休憩所に着いた。
昨日は調子が良ければ、ここも宿泊地として考えていた。
テントも張れるし、トイレもあるけど、トイレの水道は飲めないとあった。
近くに湧き水があったけど、あれは飲めるのかな?


休憩しているとおっさんがやって来て、一方的に話して行ってしまった。
なんだんだ、あのおっさんは??


646.jpg


ここの駐車場めっちゃぬこがおる。


648.jpg


道を真っ直ぐ行くと塚地坂トンネルを通ることになるのだが、ここは昔ながらの塚地峠を行きましょう!


649.jpg


【塚地峠上り口案内板・「みちの移り変わり」】


この塚地越えは、往時の商業の道であり、漁村を結ぶ産業文化の道でもあった。
遠い昔、宇佐で造られた塩は、この峠を越えて穀物と交換されるなど郷と浦の人々を結ぶ生活道であった。
又、通勤の道でもあり、宇佐方面に勤める人達はよくこの道を越えていった。


竜の不動祭や大相撲、潮干狩り、海釣りなどの時には高岡方面と宇佐を結ぶ最短の道でもあった。
明治時代の終わりに中島から新居を経由して宇佐に通じる郡道が開通してからは塚地峠を行き交う人々はだんだん減っていった。


戦後、自動車交通が普及するようになってからは徒歩のお遍路やハイキングの人達の道になった。
平成の時代になって、この道は「塚地坂トンネル」という形を変えて私達の前に姿を現した。
全長八三七・五㍍のトンネルの開通により塚地峠をわずか二分間で通り抜ける。


(´-`).。oO(峠を毎日通勤してたってすげぇ。昔は移動するだけでも大変だわ。


651.jpg


【塚地峠上り口案内板・鰹の夜売りの道】


「宇佐の鰹」。これはその昔から多くの人に新鮮な魚として知られてきた。
塚地の峠に山つづじが咲く頃は、ことに初鰹で港は賑わった。早朝港を出た船が次々に帰ってくると、いきのいい鰹が砂浜にあげられ競(せり)にかけられる。
待ち構えていた行商人たちは鰹を入れた荷籠(にご)に檜(ひのき)の葉っぱをかぶせて、一斉に商いに出る。


氷が自由でない時代は、先を争って、新鮮な鰹を食卓に届けようと高知市や高岡の町を目指して韋駄天(いだてん)のように日暮れの塚地峠を越えた。
漁師と町の人々とを結んだコースが「夜売りの道」である。塚地峠の他にも高知方面には、新居坂を越え十文字の渡しを通り西畑から弘岡に出るコースや、仁淀川の河口を渡り仁ノから秋山を経由するコースがあった。


(´-`).。oO(昔は大変なことしてカツオを運んでいたんやなー。さぞかしにぎやかな峠だったんだろうな。


650.jpg


それでは歴史のある峠を登っていきますかー!


652.jpg


(´-`).。oO(カツオの行商人や、通勤する人はどんな気持ちでこの道を行ってたんだろうな。
最近歩いていると妙にノスタルジックになるw


653.jpg


この道は今はハイキングコースとして石畳の道もあり整備されている。


655.jpg


およそ15分で峠に到着。


654.jpg


この峠のすこし上には展望台があるが、面倒くさいのでスルー。


656.jpg


さて、下っていきますか。
この道、ところどころに野仏やお墓があるんだけど、たぶん行き倒れたお遍路さんの供養なんだと思う。


657.jpg


宇佐の町が見える。
昔の人もここで足を止めて、この風景を見ていたのかなぁ。
峠はだいたい30分ちょっとで越えられた。


658.jpg


659.jpg


【安政地震・津波の碑】


この碑は、宝永四年(1707)に発生した保永地震及び、安政元年(1854)に発生した安政地震に伴う津波による犠牲者の追善と被害の教訓を後生に伝えるために、安政五年(1858)に地元の衆議により潮先に近いこの地に建立されたもので、碑の前面には当時の状況が詳細に刻まれている。
後年発生した南海地震の際は、この教訓が生かされ、津波による死者は僅か1名のみであり、今後も津波への備えを語り続ける貴重な史跡である。


オレはこういうのがあると必ず立ち止まって読んでしまうw
この教訓は後世に伝えていかなきゃならんね。


歩いているとおっちゃんが話しかけてきて


お:「峠の展望台には登ったか?」

す:「いや、登ってないですよー」

お:「なんで登らなかったんやー。もったいない、絶景だったのに。歩いても1分だったんだぞ」


との事なので行かれる方は是非登ってみてください。


660.jpg


峠を越えると遍路道は23号線に出る。


661.jpg


次の札所はあの赤い橋を渡って、打戻りだ。
近くにコンビニがあったので一休み。


668.jpg


橋を渡るとしばらくして「急な坂道ですが30分です」と看板がある。
これは時間短縮できるんかな?


662.jpg


ここからは登り。
ちょっと坂道キツいけど、それよりもここの道すごく蚊が多い( ;´Д`)
腕に4匹いっぺんに止まってきたりする。
峠を下るととアスファルトの道になる。


663.jpg


11時30分、36番札所 青龍寺到着!


664.jpg


この階段の上が本堂か( ;´Д`)
本堂の写真は撮っていないw


お参りを済ませ出発。
次の札所までは58・5kmとまた遠い。。。


665.jpg


帰りも同じ峠を越えて、あの蚊の大群の中を行くのはうんざりしていたので、今度は海沿いを歩く。


666.jpg


天気がいいし、人がたくさん釣りしてるなぁ。


667.jpg


安定のバスの本数の少なさww
しかしこのルート、峠通っても海外線沿い通っても時間が変わらねぇ( ;´Д`)
峠通ってもただしんどいだけじゃん!
ここのルートはわざわざ峠通らなくても良いと思います!!


669.jpg


橋を戻ってきた食堂で昼食、カツオ丼(1000円)美味い!
今回高知で初カツオだ (*´∇`*)


食事を終えて13時30分再出発。
そろそろ今日はどこまで行くか考えなきゃな。


670.jpg


野宿リストにも乗ってあったバス停を改造した遍路小屋。
何回か行き違っている、朝早く出るおっちゃんと、もう一人おっさんがいた、
まだ14時だし、もう二人もいるからここには泊まれないな。


671.jpg


ついに88番への道しるべが!
88への道しるべはここまでで初だが、まだあと750kmもあるぞ。。。
まだ半分も来ていないって事なのね。。。


672.jpg


向こうに見える小屋まで直線で行けたら、10分ぐらいで着くのになぁ。


673.jpg


浦ノ内の湾岸をただひたすら歩く。
日陰もない。。。_| ̄|○


675.jpg


今さっき見えた小屋の所まで来た。
時間がもっとかかるかと思ったけど、30分くらいで着いた。


676.jpg


今さっきからよく看板を見かけるけど、「釣りイカダ」ってなんだ??


677.jpg


ああーあれが「釣りイカダ」かな。
海の上にイカダを浮かべてそこで釣る、海の中の釣堀みたいなもんか。
でも、面白そうだから1回やってみたいなー。


678.jpg


無人販売があったので、みかんを1袋ゲット!
無人販売もあったら、ついついのぞいて見てしまうw


679.jpg


しっかしこのルートも全くお店もないし、休憩できる所がない( ;´Д`)
もう2時間ぐらい歩きっぱなしで、さすがにしんどいから、そこらへんで休憩。


680.jpg


目の前には競走馬の牧場が。
馬の姿は見えないが、鳴き声だけはしてる。
しかしもう疲れてきたし、そろそろ今日は止めたいな。。。


682.jpg


休憩して20分程歩いていると、船が上に乗った一風変わった小屋が。


681.jpg


野宿リストにも載っていた小屋かー。
一人なら寝れるな。
でも、ここトイレもないし、水場もない。テントを張らないと蚊がすごそうだな。
あんま快適そうじゃないから、もう少し歩くか( ;´Д`)


683.jpg


浦ノ内トンネルを抜ける。
このトンネルも歩道がないから危ないわ。
しっかし今日どこ泊まるかな。須崎の遍路小屋があるけどここからまだ5~6kmはあるぞ。。。


トンネルを抜けて歩いていると、トラックが1台止まっていておっさんが一人立っている。

(´-`).。oO(こんな誰も人がいない所で何やってんやろ。


おっさんはオレを見つけるとこちらに歩いてきた。


お:「お兄ちゃん、気悪くさせるつもりじゃないけど、ちょっと話聞いてーや」

(´-`).。oO(なんやねん急にこのおっさん。まあ、ヒマやからちょっと相手してやるか。ただ、立ち止まっては聞かねーよwちょっと運動させてあげようww



お:「お遍路するのもいいけれど、まだ若いから正しい知識を身に着けて欲しいのよ」

(´-`).。oO(あーやっぱりまたこのパターンねw



す:「あーわかった、わかった。じゃあそちらは何て念仏唱えるの?」

お「南無妙法蓮華経だね。知ってる?」

す:「それならそ○かだね。オレの友達にもいて、部屋に大作先生の本が並んであったよw」

お:「それならその友達に話を聞くといいね。!それでね(略」



話を適当に聞きながら、楽しく会話して歩いてるとおっちゃんもう結構ツラそうw
そろそろ解放してあげよーかなww



す:「ねぇねぇ、おっちゃん停めてあった車で来たんでしょ?結構歩いてるけど、早よ帰らな日が暮れるよw」

お:「そ、そうやなwじゃあ戻るか。なんなら車で乗せて行ってあげようか」

す:「いーよw戻るの面倒くさいしww」

お:「じゃ、じゃまたね」

す:「あざーしたww」



30分くらい楽しく運動させてあげたわw
話を聞いてもらうにはまず立ち止まらせないとダメですねww
おっちゃん帰るのもしんどかっただろうなぁ。
しかしあんな所で待ち伏せてたら女の人とか怖いんじゃないかな。
まあ良い暇つぶしになりました (*´∇`*)


ほどなくして浦ノ内の集落に入る。
集落の入口にはコンビニがあったので食料を買っておく。
萩森のおっちゃんが地図に書いてくれた情報によると、ここから1km先ぐらいにも野宿ポイントがある。
そこを見て、ダメそうだったら今日はどこまで行けば良いのやら。。。


しばらく歩いていると海岸線が遊歩道になっている場所がある。
この遊歩道の突当りならテントが張れそう。
ってことで、


684.jpg


685.jpg


17時24分、テント設営完了!
ロケーションはいいが、今日も屋根はないw
また雨が降らないことを祈るばかりです!


686.jpg


上に行くとトイレもある。
ここら辺静かだけど、不審者いるんか!
まあオレも不審者みたいなもんかww
テントはこのトイレの裏にも張れそうだから、そこでもいいかもしれない。


687.jpg


今日の晩御飯はコンビニで買った弁当。
今日は久々に長く歩いたからちょっと疲れたなー。
それと週末あたりに台風も来るみたいだから、ちょっと考えないとだな。
まあ今日は朝も早かったし、もう寝よう。おやすみなさーい。





今日の歩行距離:約28.9km
今日の宿泊場所:浦ノ内の砂浜










ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 17日目

10月 2日(木)


おはよーございます!
5時30分起床。


おっちゃんと沖縄の子は6時過ぎには出て行った。
早いなぁ~。


624.jpg


朝のお寺はちょっとした社交場で、近所の方がラジオ体操してる。
今日は雨降るかもだけど、まだ降ってない。
どこまで行こうかなーっと地図を見ながらダラダラしていると、出発が7時を過ぎてた( ;´Д`)
次の札所までは6.3km。


625.jpg


高知はやっぱり維新の志士なんだなぁ。


途中、昨日お坊さんに貰った手首に着ける数珠がない事に気が付いた。
手首に対してヒモが緩かったから、どこかで落としたんだ。


お寺を出てからは約30分ぐらい歩いている。
戻ろうかどうしようか悩むが、せっかくもらった物なのでお寺まで戻ってみる事にする。
ちょうど神社があって社の裏に荷物を置けそうなので、空荷にして戻る。


来た道を戻るが落ちていない。
お寺まで戻って、通夜堂の中、納経所の人に聞いてもやっぱりなかった。。。_| ̄|○
もっとキツくしとけばよかったなぁ。。。


626.jpg


荷物を無事ピックアップして、再出発。
すっかり高知市内を離れて、いつもと変わらない遍路道になった。
途中から、雨が降り出したが、まだそこまで降ってはいない。


627.jpg


10時10分、34番札所 種間寺到着!


628.jpg


納経所に行くと歩き遍路の人にはお接待と言ってお饅頭をくれた。
歩き遍路の人は見たらわかるのよーっと言っていたが、これだけ日焼けもしていればわかるだろうな。
雨は強く降ったり、弱くなったり。
弱くなった時を見計らって出発。


629.jpg


しかし、雨がだいぶ強くなってきたので、今回初めてのカッパを着る事に。
今回の雨対策は悩んだが4000円くらいの安物にした。
安いカッパは蒸れるので、もちろんゴアテックスなどの良い物がいいに決まってる。
もちろん季節にもよるだろうが、仮に40日歩いたとしてもカッパを着ることは10日にも満たないだろう。
値段が張るものを買って、今後も使う予定があるのならお金は惜しまないが、今度いつ使うかもわからないので、簡易的な物で抑えておいた。
それにそんなに降るのであれば早々に、その日の予定を切り上げる方がいいと思う。


630.jpg


雨が降っていて注意力が散漫になっていたのか、どこかで道しるべを見失ってまた道に迷う。
地元の方に聞くと、戻るよりかはこのまま行った方が近いとの事。
雨が止んできたのでカッパを脱ぐ。
やっぱりカッパを着る頻度はこんなもんだよなー。


631.jpg


あの橋を渡るのかー。それにしても結構あるぞ( ;´Д`)
きっと地元の人は車の感覚で近いと言っているんじゃないか。。。


632.jpg


地図上の遍路道を大きく迂回して、仁淀川を渡る。
結構な時間のロスだ。


633.jpg


橋の上で土佐市に入る。


634.jpg


改めてみると大きな河だなぁ。
本来ならば向こうの橋を渡ってたのかもしれない。
しかし、こんな大きな河だったら昔は対岸に渡るのも苦労しただろうなぁ。
だって今でも苦労してるんだから。。。


635.jpg


橋を渡り行き過ぎているので南に進路を取ると、お遍路マークがあった。
やっと戻って来れたよー(。´Д⊂)うぅ・・・。
ここから140m程登ると札所がある。


636.jpg



15時15分、35番札所 清瀧寺到着!
もう雨も降ってるし、道に迷ったからもう今日はここで打ち止め!


639.jpg


灯篭に車をぶつけて警察が来てたw
なんでぶつけるんだよ( ;´Д`)


638.jpg

ここが通夜堂かー。
納経所に1泊したい事を伝えると


納:「通夜堂はどなたでも利用できますので、どうぞお使いください」


と、まだ時間も早いのに神対応!
どこぞやのお寺とは違うな!実際ここのお寺は快適に過ごせるとお遍路さんに人気らしい。


637.jpg


部屋も二部屋あり、男女別で使用できる。
今日は誰も来なかったので、1人で伸び伸びと使わせてもらった。


ずっと思ってたんだけど、洗濯してもすぐ服が臭くなる。
きっとバックパックの方の肩の部分に汗が染みこんで臭いんだと思う。
今日は時間もあるので洗ってやったわ (*´∇`*)


山の上は携帯電波悪いから(ていうかソフトバンクは四国でどこでも悪い)おやすみなさーい。





今日の歩行距離:16.1+@km
今日の宿泊場所:35番 清瀧寺・通夜堂









ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 16日目

10月 1日(水)


おはよーございます!
快適に6時30分起床。


今日から10月かー。
このペースで行っても十分10月中には結願できるでしょう!


30 朝


朝ごはんを頂いた。
お風呂も入れたし、洗濯もしてもらったから全身がキレイだわ!
おにぎりも持たせていただいた。
昨日いた、30番の札所まで送ってもらい、今日は9時出発!
どうもありがとうございました!


31 バス停


高知市内からちょっと外れるだけでこのバスの本数のなさ。。。
次の札所までは6.6km。
今日は遅めの出発だけど、昼前には着くでしょう。


沖縄の子は歩くのが早いので先に行ってもらった。
だって調子良かったら6kmのペースぐらいで歩いてるって言ってたもん。
荷物背負ってそんなペースでは、よー歩かんわ。


31 市内電車


高知って路面電車走ってるのねー。
遍路道は44号線から376に抜けて、住宅地を通って行く。


31 かめ


めっちゃカメが甲羅干ししてるw


31 あさがお


もう10月なのにこれはアサガオ??
だいぶ次の札所に近づいたなと思ってた時に、おばさんと小さな子供連れのお母さんに声をかけられた。


お:「この前お遍路さんのテレビを見たんですよ。何で歩いているのか聞きたいんです」

す:「まーいろいろ考える時間も欲しかったんで、歩いているんですよー。歩いていると体にもいいですしね」

お:「そうなんですか~私も昔はいろいろ悩みもあってねぇ」


このおばさんだけは話してくるが、子供連れのお母さんは何も話さない。


お:「私、宗教とか大嫌いで今でも何も信じてないの。でもある時勉強会に誘われてねぇ。お金もかからないからって」

(´-`).。oO(あ、これアカンやつや。。。


お:「その勉強会に行って話を聞くと今までの悩みが全部解決してねぇ(略」

す:「そ、そーですか!それは素晴らしいですね!僕は宗教は否定しませんよ。でもちょっと行かないとですから」

お:「じゃーこれ読んでみてくださいね!それでは頑張ってね!」

す:「はーい。ではー」


今度はエ○バかよ。小さな子供連れてたから油断してもうたわ。
子供を使って油断させる作戦だな。なかなかやるわ。
こんな所で時間をロスしてしまった。


31 のぼり


10時20分、31番に向かう登山道の入り口着。
ここからは120m、登ることになる。


植物園


少し登ると何でか植物園の中に出るw
植物園に入るにはもちろんお金はかかるが、そんなもの払ってはないw
遍路道に無理やり作ったんだろうなぁ。


植物園2


せっかくなので、温室館に寄っていくw
あ~マイナスイオン出てるわ~。


609.jpg


山門に着いた。
緑がキレイだねー。


31寺


10時57分、31番札所 竹林寺到着!


608.jpg


ここのお寺は五重塔や庭園もあって結構でかい。
お参りを済ませ、出発。
次の札所までは5.7km。
そんなに時間はかからないな。


610.jpg


途中、武市半平太の生家があったので寄ってみたんだけど、これ、誰か住んでるよ。。。
なんかわざわざ入って行く程ファンでもないので、中には入らなかった。


612.jpg


キレイな資料館もある。


611.jpg


武市半平太のお墓があるんだけど、どれだかわかんねーや( ;´Д`)


613.jpg


ちょうどお昼時になってたので、朝に貰ったおにぎりを頂く。
おにぎりを食べていると、1人男の人がやって来た。
ここは特に観光地化されてるワケではないので、ちょっとびっくりしたが、話を聞いていると歴史家の人みたい。
ネットで調べてみてと言われたんだけど、歴史家の人なんて初めてみたわー。
面白そうなのでゆっくり話を聞きたいが、今日は時間がないので急がしてもらいます。


614.jpg


遍路シールがないので適当に歩いていると、道に迷うw
地図を見て、携帯のGPSをみながら軌道修正。
昔のお遍路さんはGPSもないし大変だったんだろうなぁ。


615.jpg


ここの札所も登って降りてこないといけないから、荷物を置いて戻ってこようと思ったのだけど、たまに下りてくる道が違うことがあるので、やっぱり担いでいく事にした。
登りはそんなにしんどい事もない。


616.jpg


道に迷いながらも14時8分、32番札所 禅師峰寺到着!
お参りを済ませ、納経所へ。


さてここで次の札所までは2ルートある。
桂浜を通って行く道と、船で行く道。
桂浜は昔行った事があるし、この先快適に眠れそうな所は次の札所の通夜堂。
16時5分の船に乗らなければならない。
乗り場までは約6km、ちょっと急がないと。
下りて行くと結局同じ道に戻ったので、荷物はおいていけばよかった( ;´Д`)


617.jpg


途中またもや道がわからなくなったけど、地元の人に聞きながら15時50分に乗り場に着いた。
これもりっぱな遍路道なんですよー。
船着き場には沖縄の子もいた。
もっと早く行ってると思ったのに、途中でオレとは違う宗教の人の話を1時間も聞いていたらしいw
お遍路やってると色々宗教の話に捕まるなぁ~。


618.jpg


619.jpg


船は無料で、地元の人の足にもなっている。
約10分程で到着。
船を降りると真っ直ぐに1kmくらい歩く。


622.jpg


16時30分、33番札所 雪蹊寺到着!
納経所で泊まりたい旨を話すと心よく迎え入れてくれた。


623.jpg


ここが通夜堂かー。


621.jpg


中に入ると、前も出会った早く起きるおっちゃんもいた。
今日は3人。
どちらも知っているから気が楽だな。


今日からは足のマメに絆創膏張らずに歩いたんだけど、もう大丈夫!
大した事にならなくて良かったわ~。
晩御飯は途中で見かけたお店で買ったお弁当を食べて、おやすみなさーい。



今日の歩行距離:約19.8km
今日の宿泊場所:32番 雪蹊寺・通夜堂










ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 15日目

9月30日(火)


おはよーございます!
今日は6時起床。


歩き始めて2週間経ったが、相変わらず体は快調。
足のマメは水ぶくれにもならず、早めに対処した為か絆創膏を貼っておけば痛くはない。
体も何も悪くはないのだが、今日でお風呂に6日間だけ入っていないだけだ。


28 朝


宿の前の海ではちりめんを採っていた。
今日には高知に着けると思い昨日、8日目に出会った高知のお坊さんに連絡した。
彼が高知に来た際には連絡くださいと言ってくれてたので、近くなったら連絡しようと思っていた。
30番の善楽寺に着いたら連絡することになっているので、今日は約29km歩く。
7時出発。


ちなみに、朝早くから萩森さんはやってきていろいろと皆の世話を焼いてた。
萩森さん曰く、ネットであることないこと書かれて困ってるって言ってた。
まー人それぞれ思いはあるけれど、オレは快適に過ごせました!


オレが思うに萩森さんはこのお接待が生き甲斐になってるんだと思う。、
話を聞いていると皆に活用してもらいたいという気持ちが伝わってくる。
ブログでも宣伝してくれって言ってたから、機会があれば行ってみてください。
女性は萩森さんの自宅に泊まらせてもらえるそうです。


やす


7時30分、「道の駅 やす」に到着。
まだ開いてない。
お遍路していると、朝早いから都会とは違って開いてないお店が一杯あるんだよなぁ~。


ごめん


土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線は、昨日のサイクリングロードもそうだが高架の上を走っている。
電車が高架の上を走っているのはきっと津波対策なんだろうなぁ。


28小屋


しばらく歩くと遍路小屋が。
まだ歩き疲れてないからスルーしようかと思ったけど、せっかくだから寄っていこう。


28小屋2


小屋の中に飲み物が入ったクーラーボックスがあった。
ありがたく頂く事にする。
萩森に泊まっていた人達が追い付いてきたので、少し話して出発。


伊能忠敬


旧赤岡町に入る。
伊能忠敬さん、お疲れさました!
今日も僕は忠っちさんと同じように歩いて(目的は違うけど)おります!


赤岡


赤岡の町は昔は交通の要衝で、香宗川の舟運も活かして商業が栄え、近年まで周辺地域の産業・交易の中心地として賑わっていたらしい。
歩いていると、面白そうな店もあり、色々と観光促進に力を入れている町みたい。


28城


赤岡の町を抜けて歩いていると、山の上にお城が見える。
もしかしてあれが次の札所か!と思い、地元の人に聞いてみると、アミューズメントパークだったみたい。
今は営業はしていないが地元では有名な心霊スポットとして、違う意味でのアミューズメントパーク化しているらしい。


28 寺のぼり


遍路道は55号線を22号線に入り、札所の前で少し上る薮道になる。


28 寺


10時24分、28番札所 大日寺到着!
思っていたより早く着いたな。
大日寺っていう名前は徳島でもあったなー。


お参りを済ませると昨日一緒に泊まっていたTクンがいたので次の札所まで一緒に行くことにする。
30歳のTクンはこの先の人生色々迷っていて、結願すると何か変わるんではないかと今回のお遍路にきたらしい。
色々悩むことはたくさんあるよねぇ~。でも経験上、人間ってそうそう変れないんだよねぇ。。。
ただ、30歳でDTはちょっと頑張った方がいいかもしれないNE!







歩いていると、道に迷ってる様なお遍路さんがいた。
近づいてみると沖縄の子だった。


す:「歩くの早いから、かなり先に行ってると思ったよー」

沖:「一緒に話した時に、確かにこのペースで行ったらすぐ終わってしまうと思って、駅とか面白そうな所があると、寄り道してるのよねー」


Σ(っ゚Д゚;)っ.。oO(遍路道から外れて歩いて、それをまた戻ってきてるのか!オレにはそんなマネできねぇ。。。さすがワイルドだぜぇ~。


沖縄の子は昼ごはんをすでに食べてたみたいなので、オレとTクンで少し遍路道から外れた「ながおか温泉」に併設されているレストランに昼食を取りに行く事にする。


29めし


Tクンは「釜揚げしらす丼」

29めし2


オレは本日のランチ「シイラのフライ定食」
ご飯のおかわりはできなかったが、おかずが色々食べられてよかった。
13時30分に再出発。


29道


もう少しで札所に着くかなって時に、また安定の田んぼのど真ん中を歩く遍路道w


29寺


14時、29番札所 国分寺到着!!
静かなお寺でした。
次の札所までは7km。ここからTクンとは別れ、また一人で歩きだす。


30車


ここのトラック、右から日野・マツダ・日産・トヨタ・三菱と各社が揃い踏み!


30 高知


15時56分、高知市に到着。


30墓地


高知市内をが見える場所で休憩。
もう本当は歩きたくないが、頑張るぞ!


30寺


16時15分、30番札所 善楽寺到着!
納経書の人が感じのよい人だったなぁ~。
着くと沖縄の子もいたので、今日お坊さんのところに泊まるから一緒にいかないかと誘い行く事に。
お坊さんに電話をすると迎えに来てもらえる事になった。


迎えに来てもらうと、一週間ぐらいしか経っていないのに、すごく懐かしい気がした。
お坊さんはお師匠さん達と新しくお寺を作っているそうなので見学させて貰う事に。


30お坊さん


ただいま絶賛着作り中な感じで、廃材やら集めてきて作ってるらしい。
新しくお寺を作るとなると、色んなしがらみがあるだろうけど楽しそう。


589.jpg


その晩はお坊さんが夕ご飯をお接待してくれた。
高知で有名な「鳥心」のチキン南蛮!
ご飯を大盛りにしたら、想像以上に大盛りでワロタww
大変美味しく頂きました!


高知 夜景


高知 夜景2


その後せっかくだからと高知の夜景スポットに連れて行ってくれた。
野郎三人でww


高知 夜景3


お坊:「うおーめっちゃ見えるー!」


野郎三人で来ているところに、デートスポットによくある南京錠が痛々しいw
今日は6日振りのお風呂も頂き、布団でも寝れる幸せ♡
まさに一期一会ですね!


お坊さんからこの後の情報を貰い、23時に雨の心配もせずに就寝!
おやすみなさーい!





今日の歩行距離:約29.6km
今日の宿泊場所:お遍路中に出会った高知市内のおぼうさんのおウチ








ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 14日目

9月29日(月)


おはよーございます!
朝は早く出て行ってくださいと言われたので、5時起床。


久しぶりに布団で寝られるかと思ったのだけど、カビ臭くてダメだった。
昔からそういうのには敏感で、鼻が詰まったりして寝られない。


28 朝


朝にゆっくり時間があるなら、上の神峯神社に散歩がてら行こうかなと思ったがやめた。
通夜堂の部屋の中をサッと掃いて、5時55分出発。


28 くだり


昨日登った道を下る。
途中右手に農道?があって、そちらに行くと唐浜の駅の方に行けるみたいなので、そちらへ向かう。
こっちの方が前進してるからね。


唐浜


唐浜の駅に到着。
駅には昨日話したおじさんがいた。
もうホームに居たから行かなかったけど、今思えば少し話していけば良かったなぁ。


わら


側道を抜けると今日も55号線に入っていく。
次の札所までは37kmほどあるので、今日中には無理だから途中までだね。


途中、道の駅大山で休憩していると、佐喜浜の食堂にいたおばちゃんに出会った。
ここで会うとは、こんな事もあるんだなぁ~。
出会ったのは3日前だから、車ならかなり行ける距離なのでやはり歩きって移動範囲が知れてるんだろな。ここで今日の寝床の善根宿にも連絡しておいたので、ここから約18km、ゆっくり行っても大丈夫。


安芸市


7時44分、安芸市に入る。


たっすいが


たっすいがはいかん??
どういう意味??


ここで休憩していると、おじさんお遍路さんが来て前に出会った北海道の女の人の話になった。


す:「彼女には薬王寺の所でぶっちぎられたから、当分先に行ってるんでしょうねぇ。

お:「なんか足痛めたからもうちょっと先で休んでるってメールが来てたけどねぇ」

Σ(っ゚Д゚;)っ.。oO(おっさんのクセにメアドゲットしてる!オレなんか何も知らないのに!おっさんやるな・・・。

お:「他にも26才のカワイイ女の子が野宿で1人歩いてるよ」

(´-`).。oO(オレもカワイ子ちゃんとお話したひ。。。


ま、まあ年の差があった方が声かけやすいし、あっちもあまり警戒しないんだろうからな!
いちお修行だし、そういう事にしておこう(。´Д⊂)うぅ・・・。


弥太郎


岩崎弥太郎は安芸市出身だったんかー。
弥太郎さん、前の大河ドラマででだいぶ有名になって良かったよなぁ。
下半身不随になってるけど。


分担


店先に何か果物が売ってあった。


分担2


うお、結構高いな。
8玉ぐらい入ってて、4500円かー。


分担3


写真を撮っているとお店の人が戻ってきて、写真だけ取らずに食べて行ってくださいとお接待して頂く。
甘さがクドくなく、みずみずしくてさっぱりしていて美味しい。


店:「これは「水晶分担」と言うブランド物で、今の時期の二週間ぐらいしか市場に出回らないんですよ~」

す:「そうなんですか!じゃあ僕はこの時期にここ来てなかったら食べられなかったんですね!」

店:「もう収穫も終わってますからねぇ。」


内川


内川さんとこの文旦、みなさんも買ってみてください。
美味しかったです、ありがとうございました^^


28 55


高知まで42kmかぁ。
明後日には高知に入れるな。


28 鯉


川に鯉?がいて持ってた甘納豆放り込んだらめっちゃ寄ってきたw


安芸市1


遍路道は安芸市内に入る。


安芸市2


小さいながらも飲み屋のビルがあって、久しぶりの街っぽい街だ。


28 うどん


安芸市内を外れるとお店が少なくなりそうなので、ここで食べようかかなり迷ったがうどんで昼食。
量が若干少ないし、ご飯のおかわりは別料金。
ちょっと不満足。


昼食を済ませ、10秒歩くと「しらす釜揚げ」の店が!
あ~失敗した。。。_| ̄|○
今さっきのうどん屋がイマイチだったので、本当に悔しい!
1時間前のオレよ、なんでもうちょっとだけ歩かなかったのか( ;´Д`)


28浜


すげー長い琴ヶ浜の砂浜!
なかなかこんな長い砂浜は見かけないなー。
端から端まで何kmぐらいあるんだろう??


赤野の休憩所で休んでいるといると途中すれ違った中年外国人の夫婦が来た。
久しぶりに外人と話してみるかー。


す:「出身はどこで、今日はどこまで行くの?」

外「ニュージーランドから来て、今日はハギモリっていうフリーの所に泊まるのよ」

す:「オレも今日はそこに泊まるから一緒やねー。つかさ、その情報もだし、お遍路はどこで知ったの?」

外:「お遍路の事は数年前に神戸で働いていて知ったの。宿泊場所の情報はインターネットで調べたんだけど、情報が古いから無くなっていたところもあるわ」

(´-`).。oO(へーネットにそういう情報が英語で載ってんのかー。外国人もチラホラいるもんなー


す:「じゃあ先に行ってるからねー旦那さん疲れてるようだけど頑張ってね!」

外:「ありがとう。じゃあまた後でねー」


28サイクル


55号線を歩いていたが、よく見るとサイクリングロードになっている遍路道があった。
ずっと日向で暑かったから、日陰があると助かるわ。


28海岸


28ひなた


しかし、この道も延々と続くなぁ。
しかも日陰なくなって暑いよ。。。


歩いていると後ろからクラクションを鳴らされた。
こんな道でなんだと後ろを振り向いたら、電動車いすに乗ったおじいちゃんだった。


す:「えらい静かに車いす動くんですね。全然気づかなかったですわ」


おじいちゃんは車いすの速度を落とし、並走した。


お:「2kmとか4kmとか変えれるし、最高で6km出るよ」

す:「6kmって言うたら僕が歩くよりも早いですねぇ」

お:「電源もかなり持つし、遠くまで行けるよ。本当は歩きたいんだけど、もう歩けないんじゃ。。。」

(´-`).。oO(そうやなー、オレも今はこうやって元気に歩けるけれど、年取ったら歩けなくなるんだろな。。。 普通に歩けるっていうのもありがたいもんだな。


しばらく並走して話していると


28おじいちゃん


お:「じゃあ頑張って歩いてな。これが6kmじゃーー!」と言ってファーっと行ってしまったw


Σ(っ゚Д゚;)っ。oO(は、早えぇーあれが6kmの実力か!


28おじいちゃん2


おじいちゃん、元気に長生きしてください。


5581.jpg


15時頃、今日の寝場所の善根宿に着いた。


萩 3


ここのオーナーの萩森さん。
着くや否や、萩森さんが


萩:「あの地図持っとるか?今からの泊まれる情報教えてやるわ」

す:「おお、ならお願いします」

萩:「ならここに東屋があって・・・」

す:「なるほど」


萩森さんはどんどんページをめくり地図に書き込んで行く。


萩:「んで、ここはテントが張れる・・・」

(´-`).。oO(あれ?この近くだけかと思ってたら、愛媛の方に行ってるぞ。。。

萩;「んで香川のここには善根宿がある・・・」

(´-`).。oO(ああ、もう88番まで行っちゃったwもう一周しちゃったよwww
        情報ありがとでーす。さて、これで終わりかなー。

萩:「それで1番の霊山寺の近くには・・・」

( ;´Д`)。oO(ええーw最後まで行って結願したのにまた1番から行ってるぅ~w





萩:「んで、ここが萩森な、よし!」

す:「あ、あざーっすww88で終わりかと思ったのに、マジ周りしましたねww」

萩:「まあな(ドヤッw」


image12.jpg


書き込まれた地図。
たぶん1時間近くレクチャーしていたと思うw

萩 部屋


部屋は手作り感が満載w
ちょっとずつ建物を増やしていったらしい。
荷物を置いて少し買い物へ。


萩2


帰って来てみると、また新たな受講者がw
しばらくすると今さっき話したニュージーランドの夫婦も来た。


萩 海


この宿の前には海岸にベンチと机があってくつろげるスペースがある。
来た時には気づいてなかったのだけど、やっぱり外国人ってこういうのすぐ見つけるよなー。
そら世界中の風光明媚な所をどんどん開拓していくわ。


萩 夕日


やっぱり15時くらいに荷物を置けると、ゆっくり出来ていいわー (*´∇`*)
眺めもいいしビールでも飲もw


萩 いしえる


そしてまた新たな受講者がww
英語わからんから話してくれと言われたが、もう関係なくレクチャーしてたw


その後、今日ここに泊まっていた日本人達と話をして就寝。
それではおやすみなさーい。



今日の歩行距離:約24km
今日の宿泊場所:萩森善根宿









ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 13日目

9月28日(日)


おはよーございます!
雨は通り雨でたいした事はなかったんだけど、またしても濡れました( ;´Д`)
まだまだテント張る場所が甘いんだろうなぁ。。。


きらめっせ


5時30分に起き、朝食は何もなかったので、カロリーメイトと佐喜浜で買ったうるめいわし。
カロリーメイトはやっぱりチーズ味が好きです。


海女


支度をしていると、海に潜る気マンマンの地元の人が。
何採るって言ってたっけな?忘れたww


27 朝 道

7時30分出発。
今日は27番の札所まで行って、そこに通夜堂があるのでそのまま1泊する予定。
札所までは約26km。
通夜堂は今まで泊まった事もないし、歩く距離的にも丁度いいので今日もまったりと行きます。


27 集落


吉良川町の集落に入ると、町ぐるみで保存されている昔の建物が多くあった。


27 集落


昔の人はこういう家に住んでいたんかー。
結構広々してるけど、冬は寒そうだな。。。


立石家


ここのお墓、全部「立石家」ww
立石家の人もどれが本家のお墓なんかわからないんじゃないか?


27お接待


歩いていると車が後ろから来て、クラクションを鳴らされた。
すると車から降りて来て、お茶をお接待して頂いた。
これ、ある意味初めてのお接待やんかー!
ありがたやー。
でも唐突だったんで、納札を渡すの忘れた(>_<)


27ターメン


羽根の集落に入って来て、朝もまともに食べていなかったのでコンビニで間食。
本当に不思議だが、こういうジャンクな食べ物がすごくおいしい。


27 中山峠


羽根の集落を抜けると、国道をショートカットする峠に入る。
地図によるとこの中山峠は国道に行くよりも1.2km短いとある。
そりゃーこっち行くでしょー。


27 中山峠2


峠はだいたい人気がないが、この峠は地元の人が畑やってたりしてる。


27 中山峠3


一番標高が高い所で110m。
およそ30分ぐらいで峠を越える。


27みかん


道沿いに果物屋さんがあってみかんが100円だったので思わず購入。
1袋5、6個入っていて、あまり荷物を増やしたくない歩き遍路にも丁度いい。
遍路道沿いなのでそうやって売っているんだろう。


27エロ


ワァォー♡な建物を発見w
最近こういうの見かけなくなったよなー。
オレが中学生ぐらいの時はよくあって、遠い場所なのに自転車でわざわざ買いに行ったもんだ。


だいたい最近はネットで簡単にエロが手に入り過ぎや。
子供の頃のエロとはそこらへんに捨ててある雑誌を拾っ(略
でも中では何も営業していないという事もあるので、これは要チェックや!


27エロ2


おおー!ちゃんと営業してるww
こういうエロ本っぽい、エロ本は最近あまり見かけなくなった。
最近は本にDVDやら(略


あーでも一冊欲しいなーww
しかしお遍路道にこういう物を設置するとは、さすが「修行の地 高知」
お遍路を誘惑するとはなかなかやるわ。
まあ、でも荷物が重くなるから今回は見逃してやろう!


奈半利2


奈半利の町に入ると、ちょうど昼時に休憩所があったので少し休憩。


奈半利


たまたまここを管理されてる方が居て、冷たい水とお菓子をお接待してくれた。
ありがたやー。
今日は今さっきも食べたし、これが昼食かなー。


27乾かす


休んでいる間に濡れたテントを乾かしておく。
12時50分、再出発。
奈半利の町を抜け田野町に入っていく。


27鉄砲


「鉄砲火薬店」??
今は営業していないみたいだけど、鉄砲やら火薬を売っていたんか??
普通の町の中にこんな店があるのは初めてみたよΣ(っ゚Д゚;)っ


27タワー


立派な避難タワーが。
本当にここら辺に住んでるひとは津波を警戒しているね。
備えあれば憂いなしだわ。


27資料館


安田町に入ると、高知の維新の志士展をやっていたので少し寄り道。
しかも入場無料だもんね。
館内はキレイで当時の手紙なども展示してある。


27おかし


館員の人にお菓子をお接待してもらう。
今日は多いな。てか、こんなにお接待してもらったの初めてや(。´Д⊂)うぅ・・・。
ありがたやー。


ここで初めて納札を渡す事ができた。
歩き始めて2週間もなろうかというのに、こんなにお接待ない人も珍しいと思う。
オレからはお接待してやりたくないオーラでも出てんのかな。。。_| ̄|○


27 看板


コレ、おっぱい強調しすぎやろww
ここまで何回か見かけてきたけど、書いた人はワザとこういう風にしたんだろw
エロいわー。


27 なはり道


安田町の住宅地を抜けて行く。
今はちょうど15時。
通夜堂はあまりに早い時間に着いてしまうと、利用できないらしいのでゆっくり行けば良い。
このペースで行けばいい感じの時間に着くだろう。


27 寺 看板


ここから標高430m登ったところに27番の札所がある。
ゆっくり登って1時間ぐらい見ておけば着くだろう。


27 坂道


道はアスファルトであるが、お四国さん安定の山道。
もう今までこんな道どれだけ歩いてきただろうか。


27 坂道2


あと1500mかぁ、まだまだあるなぁ。
時間も時間だからお参りを済ませた人が下りてくるが、ほとんど空荷だ。
ここを参拝する人は麓の宿にチェックインして、荷物を預かってもらって登るらしい。
まあ、オレは節約しなきゃだから宿にはそうそう泊まれないんだけどさ。。。


27 入口


遍路道は車道を通らずに、山中を登れるようになっている。
こっちの方が時間はかからないもんねー。


27番


27番2


16時25分、27番札所 神峯寺到着!!
札所の下にあった茶屋で少し休んでたから、かかった時間はだいたい1時間かな。
結構大きくて立派なお寺だわー。


このもうちょっと上には同じ名前の神峯神社もある。
明日の朝、時間があったら散歩がてら行ってみようかな。


お参りを済ませて納経所へ。
納経所で通夜堂に泊まりたい旨を伝えに行く。
時間は16時45分、ちゃんと泊まらせてくれるかなぁ∑(=゚ω゚=


す:「すいませんが、こちらの通夜堂で1泊させて頂きたいのですが」

寺:「ここは通夜堂ではないんですよ。でもまあいいですよ」

す:「あ、通夜堂じゃないんですね、でもありがとうございます」

( ;´Д`).。oO(通夜堂じゃないとかよくわからんけど、全然ウェルカムな感じがしねぇ。。。


27通夜堂


17時が過ぎて人がいなくなるまで通夜堂?の前で待つ。
座っていると下の茶屋で少し話したおじさんが来た。


おじさんは自身の体も悪く、障害者手帳も持っているのだが一人でお四国を周っている。
パッと見はなんともなさそうだが、自分で排泄もできないと言った。
公共の交通機関を使いつつ、歩ける所は歩いているらしい。


話しているとポツポツと自分の事を語りだした。
自分の体も悪いが、息子が引きこもりでもう数年家から出ない。
実際に自分の子供がそういう風になったらどうにもできない、と。


普段生活をしていても、人にはそれぞれ悩みはある。
そして様々な事を抱えながらお遍路まわりをしている人も多い。


しかし、毎日の生活の中でそれらを人に簡単に話す事は少ないと思う。
ましてや全然知らない他人にだ。
お遍路まわりをしているとたまに人の悩みを聞く事がある。
お遍路にはそういう雰囲気を持ち合わせているのだろう。
悩んでいる事も1人で抱え込まずに、誰かに聞いてもらうと少しは気が晴れることもあるだろう。
人に聞いてもらって心を癒す、それがお遍路まわりの良い所の1つではないかと思う。


おじさんは麓の宿で1泊するという。
まだ陽はあるが、最近は暗くなるのも早くなって来た。
おじさんの決して早くはない足で無事下まで下りていけるか心配だった。
ではお気をつけてと言い、おじさんは山を下りていった。
さてオレもお寺に人気も無くなったので、そろそろ中に入ろうかな。



27通夜堂2


中はキレイだね。
寝具も揃ってるから、今日は布団で寝られるかな。


27通夜堂3


机もあるし、水場もあるな。
でも外に水場があるからここで顔とか洗うなって張り紙があるわ。


27まきずし


今日の晩御飯は途中で買っておいた巻きずし。
食べているとお寺の人が来て


寺:「ここの話は聞きましたか?」

す:「はぁ、少し聞きましたが。。。」

寺:「なら明日の朝は早く出て行ってくださいね!」


( ;´Д`).。oO(やっぱりウェルカムな感じが全然しない。。。来るんじゃなかったかなぁ。
          明日早く行かなくちゃだから、もう寝よう。。。おやすみなさい。。。
         









ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 12日目

9月27日(土)


おはよーございます!
5時30分起床。
昨日は5時にサイレンが鳴って起きたのに、今日は鳴らなかった。
一昨日に買ったパンを食べ、6時45分出発!
行く前に昨日柿を貰った酒屋のお店に納札を置いて行った。


24 佐 朝


24番の最御崎寺(ほつみさきじ)まではあと18km。
今日もひたすら55号線を行く。

24 佐 海


遠くに特徴的な岩が見える。


夫婦岩


近づいてみると夫婦岩だった。
この写真を撮った直後に波が来て、そこら辺が水浸しになった。
危ない、危ない。ホンマここら辺は何が荒いわー。


夫婦岩2


札所まであと15km!
室戸100kmという標識見てた時は、めっちゃ遠いわ。。。と思っていたが、やっと近づいて来た。


24 室 海


今日も良い天気。
今日の道は集落も通るし、自販機もあるので苦行ではない。
本当に一昨日はしんどかった。。。


24 大師前


行く手に他のお遍路さんもチラホラいる。
その先には大きな像が見える。


24大師


室戸青年大師像の前まで来た。
かなり大きい。
この像の近くまで行けるんだけど、行くのが面倒くさいのスルー。


室戸岬


やってきたぜ、室戸岬!!


460.jpg


ザッパーン!!


室戸岬2


この先は何もない太平洋が広がる。
雄大だなぁ。


身蔵人4


身蔵人


お大師さまが修行したといわれる御厨人窟(みくろど)。


身蔵人2


中は社になっている。


身蔵人3


お大師さまはここから見える空と海に感銘を受け、自ら空海を名乗ったといわれる。
1200年経った今では、、、車が見える。。。


24入り口


札所の入口に到着!
行く前に少し寄り道をする。


中岡


中岡慎太郎じゃきに!
寄り道終了~。
来た道を戻り、お寺へ。


ひねり岩


少し上るとこれまたお大師さまお得意の伝説残し「捻り岩」がある。
ここは大師の母君である玉依御前が、大師の身を案じて男装して訪れた際に、嵐が巻き起こったため、大師が真言を唱えて風を静め、岩を念じ伏せた、という伝説が残っている。このことから女人禁制となったと言われる。


24 のぼり


札所までは165m登らなければならない。
言ってもそこまではしんどくはない。


24 到着


12時、24番札所 最御崎寺到着!!
あ~やっと着いた~。4日かかったよ。。。
久しぶりに線香とロウソクを出してお参り。
お参りした後は、残ってたパンを食べ出発!


25 下り


25 下り2


せっかく165m登ったのにまた下って行く。
次の札所までは6.5km。
ここからは住宅地を歩いて行く事になる。
今までは何もなかったのに大違いだ。


25 つ


14時42分、25番札所 津照寺到着!
本堂はこの階段の上にある。
お参りを済ませたらもう15時は過ぎていたから、ここら辺で今日は打ち止めにしたいんだけど、もう少し頑張る。


27川


次の札所までは3.8km。


27 道


この道を真っ直ぐ行くと札所に繋がる登りになる。


27 山


ここも160m登った所に札所がある。
ここもそこまでキツくはない。


わらじ


山門には大きなわらじが。


26


16時15分、26番札所 金剛頂寺到着!
ここまで来て思い出したのだが、今年の4月に祖母が亡くなった。
これからは祖母の供養も併せて巡礼する事にしよう。


26宿


この札所は宿坊も併設してある。
どんなものか1回くらいは宿坊も泊まってみたいなぁ~。


26地蔵


本堂の外れにたくさん像があるけど、これは何かな?


26 hebi


ヘビが死んでる。
踏まれたらかわいそうなので、道の端っこに避けてやった。
成仏してください。


26道


160m登ったのにまた下っていく。
この下に道の駅があるので、今日はそこを寝床にしようと思う。


485.jpg


これどっちが遍路道なんだよw


26夕日


あー今日も終わっていくなー。


26テント


18時5分、道の駅 キラメッセ室戸にてテント設営完了!
芝生の上なのでフカフカする。でもコオロギがめっちゃ鳴いているw
屋根がないのが気にはなるが、今日は天気予報も雨が降らないって言ってたから大丈夫だろう。


26夕日2


夕日がキレイだなぁ~。


くじら


今日の夕ご飯は道の駅に併設されているくじら料理!
しかしラストオーダーが19時30分と異常に早い。


く メニュー


メニューは色々あるんだけど、鯨のチャップ煮に決定!!


九りょうま


店内にはお土産もたくさん売っているんだけど、高知と言ったらやっぱり「坂本龍馬」なんだな。
高知の観光はよく龍馬に結び付けたものが多いし、キューバのゲバラに通じるものがあるな。


けっちゃぷ


チャップ煮登場!うまい!!
食べていると、持ってきて貰った店員さんとは別の歩いていた店員さん二人に

「ご飯とお味噌汁はおかわり出来ますよ」

と言われる。普段はそんな事いわれないけど、きっとめっちゃ日に焼けてて黒いから、食べそうに思われるんだろう(笑)
ご期待通りおかわりしたったwお腹一杯ww
大満足でした!


なんか今日は疲れたしもう寝るかー。
20時就寝。おやすみなさーい。







「ポツポツポツ・・・・」


あ。。。雨降って来た( ;´Д`)
屋根がないからこのままじゃマズイ。。。
でも、もうどうしようもない。
きっと、通り雨だよね、、、これ以上降らない事を祈って寝よ。。。








ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

試験に出る!お遍路用語まとめ!!

お遍路をしていると普段使わない用語が出てきます。
そこで少しよく使われるお遍路用語を勉強しましょう!
レッツお遍路!!


Kukai2.jpg
<弘法大師・空海・お大師さま>(774-835)

「一夜にして井戸を掘る」「弘法大師が杖を立てると、そこに池が生じて田を潤した」などの伝説を残す、もはや人間ではない真言宗のトップリーダー。治水関係を得意とした伝説を残す所をみると日本におけるダウジングのパイオニアとも言える。香川の満濃池は治水関係でも有名である。

中国より真言密教を持ち帰り、各地で修行した後、真言宗を開く。
ちなみに今年は密教の道場が開かれてから1200年目のメモリアルイヤー。
各地に伝説を作り、その伝説の多さからも当時から並外れたバイタリィティの持ち主と思われる。
「大師号」を持つ人は27人いるが、一般的に「大師と」いえばほとんどの場合「弘法大師」を指す。
「弘法も筆の誤り」と言われるように、能書家としても有名。
とにかく人間ではない。



<順打ち・逆打ち・通し打ち・区切り打ち>

1番札所から四国を時計周りに周る事を「順打ち」という。もっともポピュラーな巡拝の仕方。
逆に最終寺の88番から周る事を「逆打ち」という。また「逆打ち」の方が功徳が大きいとされている。その理由として、

・弘法大師が順打ちで四国を巡っているので(現在でも)、逆打ちのほうが大師に出会いやすい
・へんろ道が順打ちを基本として作られている為、逆打ちのほうが巡礼することが難しい

などが挙げられる。閏年にはさらに功徳が高いとされている。
1回の巡拝で周り切ってしまう事を「通し打ち」、数回に分け四国を訪れて巡る方法を「区切り打ち」という。


<初めてのお遍路さん会話例>

太郎「こんにちわ~今日はどこからですか?」

ボブ「○○寺からです。通しですか?」

太郎「いえ、区切りで○日までの予定です。」

ボブ「僕は通しで逆打ちなんですよ。」

太郎「Oh-great!」


さあみんなもレッツトライ!
「打つ」の語源は、昔はお寺を参拝した際に巡礼者が柱や壁に木製・銅製の納札を打ち付けていたことに由来している。


23 オレ
<歩き遍路・自転車遍路・車遍路・ツアー遍路>

現代では様々は巡拝の仕方がある。歩き遍路、自転車遍路、車遍路は字の如くだが、ツアー遍路は大型バスで30人くらいの人が先達(ガイド)とともに参拝する。
30人くらいが一気に押し寄せるので境内、納経所が混雑する。


<打戻り>

来た道を戻る事。基本的に四国巡礼は、同じ道を戻ることなく、ぐるっと四国を一周するようになっている。
しかし巡礼が始まった昔は、厳しい地形に阻まれ、どうしても道を造れず元の道を戻るしかない所ができてしまった。
36番青龍寺から37番岩本寺までのコースや38番足摺岬の金剛福寺までのコースが代表的である。


納経本
<納経・納経所>

お寺に着くとお参りした後に「納経所」に行って朱印をしてもらう。
本来「納経」とは、文字通り「経」を「納める」ということで、お参りしたときに写経を納めて、その「受取証」として朱印を頂くことをいうが、現代では朱印を頂き、その対価として代金を支払う、ということになっている。
代金は上のような納経帳で300円。掛け軸やら他の物へも書いて貰える。
現代では「大人のスタンプラリー」とも呼ばれる。
ちなみに今なら納経帳に1200年記念スタンプを押してもらえる。(平成27年5月31日まで)
お遍路マニアは要チェックだぞ!
納経所は7時~17時まで。


10808370_648500208597237_998513185_n.jpg
<納札>

お遍路の名刺のようなもの。
札所を参拝したときに、本堂と大師堂へそれぞれ1枚ずつを納める。
またお接待を頂いた時のお礼、お遍路同士の名刺代わりにも使われる。
納札はお遍路周りをした回数によって色が変わる。
右端の物は100回以上周った方の錦の納札。


<お接待>

お四国でお遍路さんは、「お大師様と同じ」また仏様と同じと扱われる。道中で果物やお菓子、路銀などをお接待として手渡してくれる。お接待は基本断ることはしない。お接待を受けたお礼に納札を渡すのが慣わし。


23 小屋
<東屋(あずまや)・遍路小屋>


東屋とは庭園などに眺望、休憩などの目的で設置される四方の柱と屋根だけの簡素な建屋。
お四国では野宿遍路の宿泊場所としても使われる。
遍路小屋とは主に巡拝するお遍路さんの休憩場所として遍路道に点在している。
施設はトイレや水場、宿泊の可否、管理者も個人、団体など様々である。

参考:「 四国八十八ヶ所ヘンロ小屋プロジェクト」を支援する会


23 シール
<遍路道・遍路シールwikipedia

遍路道を示す歩き遍路の為の道しるべ。形状は何種類かあり他言語の物もある。
歩き遍路道はワケのわからない道を行くこともあり、地図も大雑把なのでぶっちゃけこれがないと道に迷う。
このシールをしばらく見かけないと「間違ったルートを通っているのではないか?」とめっちゃ不安になる。
他言語であろうが何でもいいが、とにかく貼ってあるとお遍路さん達には心強い。


栄タクシー
<善根宿>

お遍路さんの為に善意で宿泊できる施設。
設備はお風呂や洗濯もできる所もあるが様々。
基本無料だが、心づけとして金銭を渡す場合もある。
お接待の一部でありホテルや旅館ではないので、利用する際には気を付けたい。


26宿
<宿坊・通夜堂(つうやどう)>

お寺に併設されたお遍路さんの為の宿泊施設。
宿坊は有料で、食事、洗濯等普通の旅館と変わらないサービスを受けることができる。
料金は1人6000円~8000円。


通夜堂とは、夜を通して仏事を勤行するために、寺の境内に設置されたお堂。
基本的に歩き遍路に開放され無料で宿泊できる。 設備は様々。
しかし近年では減少傾向にある。


<職業遍路>

お接待文化がある為、お遍路をそのまま職業にした者。
昔では病気や障害、貧困のほかに罪や偏見などによって故郷を追われた人々などもお遍路となった。
遍路道を歩いていると行き倒れたお遍路の無縁仏が各地にみられる。


<結願(けちがん)・満願>

四国八十八ヶ所すべてのお寺を周りきる事。
八十八ヶ所を周り終えると、高野山の奥の院にいるお大師さまにお礼参りに行くのが慣例。



※自分の知識と調べて書きましたが、間違いがあった場合はご了承くださいm(__)m









ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)