スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

いざキューバに向かわん!!

約1ヶ月の管理人生活も終わった。
管理人が終わったらどこに行こうと考えていた。


カンクンはキューバへ行く人の拠点になっている。
宿泊者の何人かがキューバへ行って帰ってきた。
話を聞くと誰もが良かったと言う。
でも何が良かったの?と聞くと、ん~雰囲気?等と言われ何がいいのかはあまりわからない。


オレは旅行に出発した時、全然キューバに行く事など予定に入れてなかったが、1回行ってきたMちゃんも一緒に付いて行ってくれるという事なので1週間の予定で行く事にした。


さて、みなさんはキューバと言えば何を思い浮かべるだろうか。
オレの知っている所では、チェ・ゲバラ、フィデル・カストロ、社会主義国、パワプロのキューバチームがクソ強い、中学生の頃ゲーセンでやっていた「スーパーバレーボール」でキューバがクソ強い等である。


この「スーパーバレーボール」ゲーセンではあまり人気が無かったが、オレはすごく夢中になっていた。
1人時間差攻撃、クイック攻撃、バックアタック等様々な技がありオレを虜にさせた。


あの時代ゲーセンはとても治安が悪い場所であった。


ロンリープラネットに日本は治安がいい国だが、ゲーセンと呼ばれる場所は治安が悪いので持っていくお金は最小限にしようと書かれていてもおかしくないぐらいに治安が悪い。
カツアゲ、恐喝、それにも負けずにオレはゲーセンに向かい「スーパーバレーボール」をやり続けた。


しかし、いつやってもキューバで負けてしまうのである。
キューバは中学生のオレにいつも大きく立ちはだかった。
そんなキューバに行く事なんて中学生の時には考えてもなかった。
実に感慨深い。




自分でもよく見つけてきたなと思う
「スーパーバレーボール」日本対キューバ


カンクンからキューバの首都ハバナまでは飛行機で約3時間。
飛行機はボロく、クソ狭かった。

こんな飛行機は初めて


ハバナ到着。

ハバナ着いた~



早速両替をする。
このキューバ、キューバ国民用のペソ・クバーノ(BCC)、我々外国人が使う兌換ペソ(CUC)と言われる通貨の2種類ある。昔の中国と同じだ。
店によって使い分けるのだが、どこでどちらの通貨が使えるのかわかるには時間がかかる。
国民用のペソ・クバーノで物を買えると安く済む。
ぶっちゃけ話を聞いても、行ってみないとよくわからなかった。


ちなみに3泊4日でキューバから戻ってきたらくださんは、その滞在時間の短さ故にペソ・クバーノの存在を知ることができず、そんな通貨はない、都市伝説だと言っていた。


キューバは普通の宿に泊まると高い。
旅行者にとっては物価も高い。
なので闇宿というものがある。
聞いていた闇宿に行ってみる。

これは見つけるのも大変
闇宿マーク


が、フルと言われた為違う宿を紹介してもらう。

あんなことやこんなことをね
1人15CUC(1500円)

キューバは宿は高いものの、部屋は良い。
やはり外国人に対して社会主義というものを良く見せたいのだろうか。


そうこうしてるうちに今日はもう遅くなったのでチャイナタウンでご飯。
社会主義国家同士なので仲も良いのだろう。


中国人はどこにでも町を作る
この写真は後日撮りました


1人20USもしたYo!
調子に乗って紹興酒も飲んだ


キューバは1週間の予定なのでのんびりはしてられない。
次の日はトリニダーに移動だ。



                                            2009・9
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。