スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻④~メキシコシティ~

話の始まりはここから→http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-52.html




6月某日

アニキはメシを作らない。
なのでSちゃんらが作った料理を食わしてもらったりしている。
カップラーメンですら自分で作れない。


そして外にも一人では出ない。
たいがいNクンと二等兵を連れて出る。
まあ、二等兵はNクンに強制的に連れて行かれるのだが。


一人じゃ何もできないのか?




6月某日

アニキがプータ(スペイン語で売春婦)を買いたいと言っているとNクンが騒いでいる。
が、アニキはそんな事は言ってなかった。
Nクンがしきりにアニキへ「ねぇ、プータ欲しい?プータ?」
と言っていたのをオレは聞いていた。
Nクンはどこかの店のポン引きなのか??


ちなみにオレが初めて覚えたスペイン語はもしかしたら「プータ」かも知れない。
ろくでもない。


しかしアニキもそのうち「ん゛~欲しい、買う」とか言い出した。


22時を周った頃にNクン、アニキ、二等兵、オレでTaxiにて出かける。
やはり危険なメキシコシティ、夜にはそんなに出かけない。
ましてやそういう地域は治安が悪いところが多い。


Nクンがドライバーにどこどこに行けと伝える。
オレは自分がどこに向かっているのかわからなかった。


15分ぐらい走っただろうか。
ある場所で降りた。


暗い。雰囲気は悪い。
やっぱちょっと怖い。
だが道にたくさん女の立ちんぼがいた。
ワンブロックに20人ぐらいいる。


暗いのであまり顔は見えないが、とりあえず物色。
あまりかわいいのはいない。
つーかメキシコ人の女は太ってるのが多い。


Nクンがどの女がいいの?とアニキを急かす。
アニキは「うーんうーん」とただ唸っている。


アニキが中々決めないのでNクンが痺れを切らし、あの女はどうだ?と勝手に話を始める。
スペイン語で何やら話している。


「ねえねえアニキ、この女150ペソ(1200円)だってよ。値切ればもっといけんじゃね?」



安うっっっ!!!



クオリティはサイボーグのような体つきをしていて最悪だが、メキシコの物価からするとかなり安い。


相場がわかったところで10数分物色して歩いたが、結局アニキは買わなかった。
何をしに行ったのかよくわからない結果となったが、アニキがタク代を出さされているので面白い社会見学となった。




6月某日

アニキがペンションアミーゴに来て数日経った。


アニキは意味がわからないし、ちょっと気持ち悪い人なので他の宿泊者も元々絡む人は少なかった。
アニキの事を怖いという人すらいた。
確かに意思疎通がうまくとりにくいのでわからなくもない。


そんな感じなのでこの頃にはアニキに絡んでいく人は

Nクン
二等兵
オレ

の3人しかいなくなった。


アニキもオレら3人以外には接触を持とうとはしない。


Nクンはアニキのような人間と絡むのは得意だと言っている。
オレも得意な方なのでアニキとは話すし、絡んでも行く。


Nクンはスペイン語も理解できるので、必然的に世話をすることになる。(別に世話する必要は無いのだが)

とにかくNクンは世話をすることで利益を得る事も多く、そしてアニキもNクンを信頼しているのか、今のところお互いにギブ&テイクの関係であることは間違いない。




6月某日

またNクンが騒いでいる。
何事かと話を聞いてみる。


するとアニキの荷物の中からカードIDが出てきたらしい。
それが何故かアメリカのID。



















そのIDの名前はミッチェル


















どの顔を持ってミッチェルとほざくのであろう。
そーいえばアニキはたまに英語も話す。


おいおいアニキ、まじで何人やねん。。。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。