スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

明けました、おめでとうです&めりーくりすますの巻

明けましておめでとうです。


えーっと日本でお雑煮とか食ってる人は、のどにモチを詰まらせて正月から掃除機で口を吸われたらいいと思っています。




それでクリスマスイブの日にペルーはクスコに来た。

人がウザイ


昼間からすごい人がいたが、夜中にはそこまで人はいなくなった。
花火はあげていたけど。


朝起きたらプレゼントがありませんでした


日本人の中には海外のクリスマスはすごく盛り上がると思う人がいると思う。

クリスマスを狙って海外に行く人もいるかもしれない。
でも、海外でクリスマスに旅行はしない方がいいと思う。


特にキリスト教の国ではそうだ。


なぜなら、クリスマスは家族で家にてパーティをする為、日本みたいに外で騒いだりはしない。
ましてや恋人同士ホテルで、あんなことやそんな事でにゃんにゃんする日ではない。



イギリスのロンドンにいたっては、イブの夜からは公共のバスも動かなくなるし、ほとんどの店も閉まる。
物は買いにくいし、町には誰もおらんし、どこにもいけないしでその時期に旅行するとがっかりすると思う。



キリスト教徒にとってクリスマスは日本における正月なのだ。


年末年始に移動するのはイヤだったので、マチュピチュに行った後にまたクスコに帰ってきた。







かぶりモノは得意です
鍋をしたりして年末を過ごした。(写真は調理例です)





違う宿に泊まっている人の部屋でNHKが見られたので、31日の朝の5時(ペルーの時差は14時間。日本が早い)から紅白歌合戦を見た。







春日が美川を完璧に食ってます

なんで春日!?





我々の受信料の一部はこの衣装代に使われてます
もう本人も引っ込みがつかないのじゃなかろうか


そして、カウントダウンはクスコのちょい市外でパーティがあるので気合を入れて行った。ちゃんと買う物もかったし、準備万端!!


が、17時スタートにも関わらず、18時に着いてもまだ全然準備ができなかった。

しかし、一向にオレら以外の客はこない。

雨も降ってきて、すごく寒い。クスコの標高は3300m以上だ。

22時16分、年越しまであと2時間を切った。

客はオレらを含めて15人もいただろうか。



寂しい限り
誰も踊っていない


おれ「今から人がたくさんくると思う?」

2人「ん~」

おれ「ねーもしね、今クスコ市内にいたら、この雨の中タクシーで20分もかけてここに来る?」

2人「来ないねぇ。。。」




よし!帰ろうww





夜は写真がブレマス




帰って広場の方に行くと、すごい人がいて大盛り上がりだった。

帰ってきてよかった。。。雨も止んでいた。
あのままだと悲惨な年越しになっていただろう。
オレらの決断力に乾杯!!
Yes or Noしかないのだ。





2010 new year in Cuzco



広場は軽く戦場になっており、中国製のロケット花火やら打ち上げ花火をみんながやっていた。


カウントダウンが始まり、あけおめー


その後も広場をウロウロしてた。

が、ロケット花火や爆竹をそこらへんでやっているので危ないし、怖い。


と、思っていたらやりました!!
ちょいグロ 閲覧注意

↓↓↓↓↓


























まじで痛い

たぶん何かが一緒に飛んできたのだろう。


音だけの花火が近くで鳴ったと思ったら小指が痛かった。

今年もいいスタートが切れました。。。



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

スゲーな
今年もヨロピク

おー真一クンじゃないっすかー!
お元気ですか?彼女はできましたか(笑)
今年からは地元にいるので、よろしくお願いしますー。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。