5月14日 ヒマラヤトレッキング 1日目 ルクラ(2804m)~パクディン(2610m)

ちず


ルクラに降り立ちポーターを捜さなくてはと思っていたら、一人の男が声を掛けてきた。

シェルパ族の人でジャムゾさん(36)。ガイド兼ポーターだ。

交渉の結果、考えてたよりも少し高いが1日US12$で今回のトレッキングに付いてきてもらった。
ガイドも兼ねてやってくれるそうなのでよしとした。



トレッキングについて少し説明したいと思う。


エベレストにはもちろん素人では登れないので、エベレストを間近で見れるポイントまで歩いて行く。

最低でもナムチェ(3440m)まで行かないとエベレストは拝むことはできない。

しかし、ナムチェでは見えたとしてもかなり遠いところから見ることになる。

時間のある人はナムチェよりもう少し先のタンボチェ(3867m)まで行く。

トレッキングとして素人が登れ、かつエベレストが一番近く見えるポイントはカラパタール(5545m)。

最初はお金もないし、タンボチェまででいいかなぁ~っと思っていたが、どうせなら一番上を目指してやろうと思い11泊12日のカラパタールまで登るプランを採用した。

ツアーを組むと食事代及び宿代などもツアー料金に含まれているが、今回装備品も含め(ジャケットしか買ってないけど)自己調達してるのですべてその時払い。


8時頃にルクラを出て今日の宿泊ポイントパクディンまで行く。

ジャムゾさんが仕事でお金が入ったので俺らをほっといて早速お買い物をしてた。
大丈夫かな?このガイドさん

熱心に選んでました


ジャムゾさんのお買い物も終わりいよいよ出発!!

トレッキングは登山とは違うので現地人の生活道を通って行く。
感覚的にいうと毎日目的地の村まで行って宿泊し、また次の日に村を目指す。
これを繰り返してカラパタールまで行く。

人がたくさんいます


まだまだ標高が低く、ハイキング程度の道が続く。
景色も山々に囲まれ、近くの山は木が生い茂っているが、遠くの山は雪山だ。

景色はいい


山登りってずっとUPのような気がするが、パクディンは標高2610m。
いきなり200m下る。下るってことはまた下った分登らなきゃならない。
結構下ったので帰って来る時は結構な登り。しんどいなぁと思いながら下る。

ジャムゾさんは英語しかできないが、日本語でゆっくりゆっくりと言って約3時間でパクディンに着く。

村々にはちゃんと宿泊施設があり、ジャムゾさんが捜してきてくれる。

昼ぐらいには着いた。今日はここまででゆっくりする

ダルバートを食べておやすみなさい

病み付きになります


ジャムゾさんはまた明日7時半に来ると言って1回家に帰っていった。

明日はルート上一番大きい村のナムチェを目指す。





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

んまそー!!!



ジャムゾさんはそれからまた歩いてっどかに消えていったのね。。。
ゆうたろうクン

ダルバート、不思議と食いたくなります。
山に住んでる人の「足」はハンパねぇっす!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)