スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 21日目

10月 6日(日)


おはよーございます!
昨晩飲んだソジュ(韓国の焼酎)が今だ少し効いてる。。。
台風は思ったよりも大したことはなく、今日は全く問題なさそうだ。


769.jpg


民宿の方が軽い朝食をお接待で出してくれた。
台風が来ていたというのに、宿泊者はオレ以外誰もいなかった。
民宿はおばあさん一人がやっているみたいだが、濡れた靴を乾かす為に新聞紙をくれたり、気を使ってもらった。
今回はあまり接することは無かったが、きっと良い宿だと思う。


770.jpg


「民宿 村の家」外観。
普通の家で、昨日来た時は民宿だとわからなかった(笑)
8時出発。


771.jpg


今日は良い天気の岩本寺。
今日、支度をしていると白衣がなかったので、ヒーさんに連絡するとやっぱり洗濯の中に紛れ込んでいた。
ヒーさんは岩本寺の宿坊に泊まっていたので取りに来た。


772.jpg


岩本寺の住職さん。
朝から飲み物をお接待して頂きました。


さて、次は札所最長区間、足摺岬にある金剛福寺。
ここから距離は80.7kmある。
たぶん4日くらいかかるだろうなぁ。。。
8時30分、ヒーさんと共に出発。


775.jpg


遍路道は国道56を片坂峠へと歩く。
その岐路にお大師さまがいる。


776.jpg


よく見るとお大師さまの足元には生首が。。。
これ何か意味あるの?
怖いわ( ;´Д`)


781.jpg


またもやヒーさんの友達がいるからと訪ねて行く。
ほんま友達多いわぁΣ(っ゚Д゚;)っ


777.jpg


コーヒーをお接待して頂き、お話中。
この友達も前に歩いた時に知り合ったらしい。
何回も歩いてたら、普通こんなに知り合い増えるもんなんかねぇ。


778.jpg


ここの方は糀(こうじ)の工房やっており、どぶろくも作っているので頂いた。
どぶろくはあまり飲んだことはなかったのだが、結構おいしい。


779.jpg


大酒飲みが多いといわれる高知の盃、べく杯。
お酒を注がれると飲み干すまで、下に置くことができないような作りになっている。
オレも前高知に来た時に買った。


782.jpg


今日、ヒーさんは歩いて行ける所まで行ったら、車で迎えにきてもらいここまで戻ってきて今晩はこちらにお世話になるらしい。なので荷物はここに預けていく。オレは今日ももちろん外で野宿。


荷物無くていいなぁ~っと思っていると、お友達の提案でオレもここで荷物を置かせてもらい、ヒーさんを迎えに行くときに一緒に持って行ってあげようと言ってもらった。
それ、めっちゃグッドアイデア!
一回、毎日宿泊まりしてる人ぐらいの装備で歩いてみたかったんだよねー!


荷物を預け11時10分、再出発!
去り際に袋チキンラーメンをお接待でもらったんだけど、調理器具ないしどうしよう。。。


783.jpg


荷物が無くなった所で元気に峠へ入っていく。
空荷はめっちゃ体が軽い (*´∇`*)

784.jpg


トンネルの上を通る素敵な遍路道w
ここの峠、ずっと下りで今までちょっと標高高い場所にいたみたい。


785.jpg


786.jpg


峠を下ると休憩所があり、トイレも併設されている。


787.jpg


74.1kmって遠いなぁ( ;´Д`)
ここからは56号線沿いのあぜ道を通ると車も通らないから歩きやすいよと言われていたのに、すっかり忘れてた。。。


788.jpg


12時48分、佐賀の遍路小屋に到着。
ここの遍路小屋には隣に温泉があるのだけど、まだこれからも歩くのでスルー。
ここに来るまでに、また歩いているお坊さんに出会い話をする。


このお坊さんはお金も持っておらず、托鉢しながらまわっているらしい。
体を洗うのも川で洗うって言ってた。
お遍路まわりしてると、お坊さんに会う確率高いけど、色々なお坊さんがいるんだねぇ。
でもお坊さんはよく話す人が多いw
やっぱそれも仕事だからかな?


789.jpg


ここでまた遍路道は56号線を外れ、伊与喜川の反対に渡る。


791.jpg


790.jpg


歩いていると何やらみなさんが話していたが、呼び止められお接待して頂く。
ヒーさんといるとお接待率が高い。
オレ一人だったら、お接待なんて都市伝説並にないのになぁ。。。


792.jpg


ここに来て初めて「逆打ち 遍路シール」が!
ヒーさんも初めてみたと言ってたから、比較的新しいものだのだろう。
逆打ちのひとはこういう道しるべもあまりないから大変なんだろうなぁ。


793.jpg


看板によると56号線を行けば早いとあるが、せっかくなので昔ながらの遍路道を行く事にする。


794.jpg


お遍路さんに人気のトンネルってなんだよ。


795.jpg


お遍路さんに人気のトンネルに到着。


798.jpg

【熊井トンネル】

明治28年(1905)年12月に工事が完成し、長さ90メートルあり、「トンネルというものは入口は大きいが出口は小さいものぢゃのう」と言った人があるという。
レンガは佐賀港から1個1銭の運び賃で小学生などが1~2個ずつ運び、熊井側入口の石張は2人の職人が右と左にわかれ腕前を競ったと言われる。
昭和14年(1939)までは県道として利用され、現在はわずか土地の人の通行に利用されているのみである。


796.jpg


中は真っ暗で明かりもない。
周辺にも人気がないので、一人で歩いたらちょっと怖かったかも。。。


799.jpg


800.jpg


トンネルを抜けると土佐くろしお鉄道の線路が見える。


801.jpg


しばらく歩くと四国ではおなじみのコンビニ「スリーエフ」
ここでしばし休憩。


802.jpg


10月だから、こういうお祭りが各地であるのを目にするんだけど、一回くらい当たってみたいなぁ。
ヒーさんはもう少し先まで歩くと言ってここでお別れした。


809.jpg


803.jpg


スリーエフから少し歩くと「道の駅 なぶら」がある。
時間は16時。
ここでもテント張れそうだから、今日のキャンプ地をここにする!


804.jpg


中は食堂があり、わら焼きカツオが食べられる。
他にも魚屋やお土産も売っているので楽しいかも。


17時過ぎに荷物を持ってきてもらい、ピックアップ。
ありがとうございました!
今日は大変楽に歩けました!!
お友達はヒーさんを迎えに行き、オレは道の駅の営業時間が終わるまで待つことにする。


807.jpg


待っている間そこら辺をブラブラ歩いていると、またオレの好きな道中の物語看板がある。


806_201411251206074f1.jpg

【しばてんの話】

橘ン迫(たちばんざこ)に男渕ちう深渕があり、この深渕から上へ真如竹等が茂っていてとてもさびしい。
その上側から大川へ出て川原を少し下って、男渕との間にある川原から浅瀬を渡り、柳原へ通ずる道が昔の大通りとなっていた。この柳原への大川ばたに角力をとるのによい砂原が少しあって提には真如竹が茂り、時には「さぶん」と何者かが川に飛び込む音がすることもあり。子供達はおぢけづいて、夜は一人ではとおれないようなさびしいところであった。


そこにはしばてんがおって、夜な夜な出て来て、ここを通る若者に「角力とろか」と言うてくるとの事。
このしばてんにかかって角力が始まったら、いくらとっても止めないので、ぐたぐたにされて患う人もいたという事だ。
ある人がこのしばてんにかかって角力になった時「さあ、来い」とて両手につばけ(唾)をはきかけて構えたら。もう、しばてんは見えなかったそうな。


この事があって後々は、「角力とろうか」と来たら、「手につばけをはきかけたらよい」と言われた。
このしばてんとはどのような動物だったろうか、正体をみたものもないが人間に化けて「角力とろうか」というてでて来るものだと話である。


下谷春吉著「佐賀谷昔ばなし」から


しばてんは高知の妖怪?だそうだが、相撲をとりすぎて患うとは恐ろしい。。。
てか、いくらヒマといえども、これを書き写すオレもそ相当妖怪だわ(笑)


808.jpg


男渕はあそこら辺かぁ。
今でもここら辺あんま人いなさそうだし、昔だったらもっと寂しいところだっただろうな。
ちょっとその男渕みてみたかったな。
四国の道のルートにはなっているけど、遍路道ではなかったのが残念。


810.jpg


811.jpg


道の駅の真ん前に焼き鳥屋さんがあったので、お持ち帰りにしてこれを晩御飯にする。
ここの道の駅は近くにコンビニもあるし、申し分ない。


ただ、テントを張るのを待っている間、風が強くてかなり寒かった。
お遍路始めてこんなに寒いのは初めて。
防寒着は持っていないので、カッパを防寒着代わりにする。
早くテント張りたいなぁ。。。


812.jpg


営業時間も終わった、20時45分テント設営完了!
今晩は後からきたお遍路さんも加わって二人の設営。
しかし本当に寒い。
今日はちゃんと寝られるかなぁ。。。







今日の歩行距離:約18.3km
今日の宿泊場所:道の駅 なぶら








ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。