スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 13日目

9月28日(日)


おはよーございます!
雨は通り雨でたいした事はなかったんだけど、またしても濡れました( ;´Д`)
まだまだテント張る場所が甘いんだろうなぁ。。。


きらめっせ


5時30分に起き、朝食は何もなかったので、カロリーメイトと佐喜浜で買ったうるめいわし。
カロリーメイトはやっぱりチーズ味が好きです。


海女


支度をしていると、海に潜る気マンマンの地元の人が。
何採るって言ってたっけな?忘れたww


27 朝 道

7時30分出発。
今日は27番の札所まで行って、そこに通夜堂があるのでそのまま1泊する予定。
札所までは約26km。
通夜堂は今まで泊まった事もないし、歩く距離的にも丁度いいので今日もまったりと行きます。


27 集落


吉良川町の集落に入ると、町ぐるみで保存されている昔の建物が多くあった。


27 集落


昔の人はこういう家に住んでいたんかー。
結構広々してるけど、冬は寒そうだな。。。


立石家


ここのお墓、全部「立石家」ww
立石家の人もどれが本家のお墓なんかわからないんじゃないか?


27お接待


歩いていると車が後ろから来て、クラクションを鳴らされた。
すると車から降りて来て、お茶をお接待して頂いた。
これ、ある意味初めてのお接待やんかー!
ありがたやー。
でも唐突だったんで、納札を渡すの忘れた(>_<)


27ターメン


羽根の集落に入って来て、朝もまともに食べていなかったのでコンビニで間食。
本当に不思議だが、こういうジャンクな食べ物がすごくおいしい。


27 中山峠


羽根の集落を抜けると、国道をショートカットする峠に入る。
地図によるとこの中山峠は国道に行くよりも1.2km短いとある。
そりゃーこっち行くでしょー。


27 中山峠2


峠はだいたい人気がないが、この峠は地元の人が畑やってたりしてる。


27 中山峠3


一番標高が高い所で110m。
およそ30分ぐらいで峠を越える。


27みかん


道沿いに果物屋さんがあってみかんが100円だったので思わず購入。
1袋5、6個入っていて、あまり荷物を増やしたくない歩き遍路にも丁度いい。
遍路道沿いなのでそうやって売っているんだろう。


27エロ


ワァォー♡な建物を発見w
最近こういうの見かけなくなったよなー。
オレが中学生ぐらいの時はよくあって、遠い場所なのに自転車でわざわざ買いに行ったもんだ。


だいたい最近はネットで簡単にエロが手に入り過ぎや。
子供の頃のエロとはそこらへんに捨ててある雑誌を拾っ(略
でも中では何も営業していないという事もあるので、これは要チェックや!


27エロ2


おおー!ちゃんと営業してるww
こういうエロ本っぽい、エロ本は最近あまり見かけなくなった。
最近は本にDVDやら(略


あーでも一冊欲しいなーww
しかしお遍路道にこういう物を設置するとは、さすが「修行の地 高知」
お遍路を誘惑するとはなかなかやるわ。
まあ、でも荷物が重くなるから今回は見逃してやろう!


奈半利2


奈半利の町に入ると、ちょうど昼時に休憩所があったので少し休憩。


奈半利


たまたまここを管理されてる方が居て、冷たい水とお菓子をお接待してくれた。
ありがたやー。
今日は今さっきも食べたし、これが昼食かなー。


27乾かす


休んでいる間に濡れたテントを乾かしておく。
12時50分、再出発。
奈半利の町を抜け田野町に入っていく。


27鉄砲


「鉄砲火薬店」??
今は営業していないみたいだけど、鉄砲やら火薬を売っていたんか??
普通の町の中にこんな店があるのは初めてみたよΣ(っ゚Д゚;)っ


27タワー


立派な避難タワーが。
本当にここら辺に住んでるひとは津波を警戒しているね。
備えあれば憂いなしだわ。


27資料館


安田町に入ると、高知の維新の志士展をやっていたので少し寄り道。
しかも入場無料だもんね。
館内はキレイで当時の手紙なども展示してある。


27おかし


館員の人にお菓子をお接待してもらう。
今日は多いな。てか、こんなにお接待してもらったの初めてや(。´Д⊂)うぅ・・・。
ありがたやー。


ここで初めて納札を渡す事ができた。
歩き始めて2週間もなろうかというのに、こんなにお接待ない人も珍しいと思う。
オレからはお接待してやりたくないオーラでも出てんのかな。。。_| ̄|○


27 看板


コレ、おっぱい強調しすぎやろww
ここまで何回か見かけてきたけど、書いた人はワザとこういう風にしたんだろw
エロいわー。


27 なはり道


安田町の住宅地を抜けて行く。
今はちょうど15時。
通夜堂はあまりに早い時間に着いてしまうと、利用できないらしいのでゆっくり行けば良い。
このペースで行けばいい感じの時間に着くだろう。


27 寺 看板


ここから標高430m登ったところに27番の札所がある。
ゆっくり登って1時間ぐらい見ておけば着くだろう。


27 坂道


道はアスファルトであるが、お四国さん安定の山道。
もう今までこんな道どれだけ歩いてきただろうか。


27 坂道2


あと1500mかぁ、まだまだあるなぁ。
時間も時間だからお参りを済ませた人が下りてくるが、ほとんど空荷だ。
ここを参拝する人は麓の宿にチェックインして、荷物を預かってもらって登るらしい。
まあ、オレは節約しなきゃだから宿にはそうそう泊まれないんだけどさ。。。


27 入口


遍路道は車道を通らずに、山中を登れるようになっている。
こっちの方が時間はかからないもんねー。


27番


27番2


16時25分、27番札所 神峯寺到着!!
札所の下にあった茶屋で少し休んでたから、かかった時間はだいたい1時間かな。
結構大きくて立派なお寺だわー。


このもうちょっと上には同じ名前の神峯神社もある。
明日の朝、時間があったら散歩がてら行ってみようかな。


お参りを済ませて納経所へ。
納経所で通夜堂に泊まりたい旨を伝えに行く。
時間は16時45分、ちゃんと泊まらせてくれるかなぁ∑(=゚ω゚=


す:「すいませんが、こちらの通夜堂で1泊させて頂きたいのですが」

寺:「ここは通夜堂ではないんですよ。でもまあいいですよ」

す:「あ、通夜堂じゃないんですね、でもありがとうございます」

( ;´Д`).。oO(通夜堂じゃないとかよくわからんけど、全然ウェルカムな感じがしねぇ。。。


27通夜堂


17時が過ぎて人がいなくなるまで通夜堂?の前で待つ。
座っていると下の茶屋で少し話したおじさんが来た。


おじさんは自身の体も悪く、障害者手帳も持っているのだが一人でお四国を周っている。
パッと見はなんともなさそうだが、自分で排泄もできないと言った。
公共の交通機関を使いつつ、歩ける所は歩いているらしい。


話しているとポツポツと自分の事を語りだした。
自分の体も悪いが、息子が引きこもりでもう数年家から出ない。
実際に自分の子供がそういう風になったらどうにもできない、と。


普段生活をしていても、人にはそれぞれ悩みはある。
そして様々な事を抱えながらお遍路まわりをしている人も多い。


しかし、毎日の生活の中でそれらを人に簡単に話す事は少ないと思う。
ましてや全然知らない他人にだ。
お遍路まわりをしているとたまに人の悩みを聞く事がある。
お遍路にはそういう雰囲気を持ち合わせているのだろう。
悩んでいる事も1人で抱え込まずに、誰かに聞いてもらうと少しは気が晴れることもあるだろう。
人に聞いてもらって心を癒す、それがお遍路まわりの良い所の1つではないかと思う。


おじさんは麓の宿で1泊するという。
まだ陽はあるが、最近は暗くなるのも早くなって来た。
おじさんの決して早くはない足で無事下まで下りていけるか心配だった。
ではお気をつけてと言い、おじさんは山を下りていった。
さてオレもお寺に人気も無くなったので、そろそろ中に入ろうかな。



27通夜堂2


中はキレイだね。
寝具も揃ってるから、今日は布団で寝られるかな。


27通夜堂3


机もあるし、水場もあるな。
でも外に水場があるからここで顔とか洗うなって張り紙があるわ。


27まきずし


今日の晩御飯は途中で買っておいた巻きずし。
食べているとお寺の人が来て


寺:「ここの話は聞きましたか?」

す:「はぁ、少し聞きましたが。。。」

寺:「なら明日の朝は早く出て行ってくださいね!」


( ;´Д`).。oO(やっぱりウェルカムな感じが全然しない。。。来るんじゃなかったかなぁ。
          明日早く行かなくちゃだから、もう寝よう。。。おやすみなさい。。。
         









ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。