四国八十八ヶ所歩き遍路の旅 7日目

9月22日(月)


6時起床。
体育館はよく眠れました!


さかもと あさめし


6時30分より朝食。
まともなご飯はありがたい。
またまたヒーさんに朝ごはんはお接待してもらったので、晩御飯代の2000円で済んだ。
ありがたやー。


もえきゃら


お遍路にも萌え文化の波が。


20くるま


車で20番への入り口付近まで送ってもらう。
また車乗ってんじゃん!と思われるかもしれないが、別格はいいのです!(笑)


車の中で運転されてる方とお話ししてたら、「さかもと」の施設は村の人々が協力して運営しているみたい。
こういう運転も手が空いていたりする人が手伝ったりするらしい。
運営には行政も関わっていないので、本当に村の人たちの手作り感に溢れている。
廃校を利用して何かをやっているのはテレビでよく見かけるが、ここの施設はその中でも成功しているケースだと思う。


20 いりぐち


7時35分、20番札所の入口到着。
3kmかー。
明け方に雨が降っていたが、今は降っていない。
まーボトボチ行きましょー。


20 いりぐち2


次の札所は標高500mの山のてっぺんにある。
登りの住宅街を行く。


20 へんろこや


遍路小屋がある。
歩き始めてまだ10分も経ってないので華麗にスルー。


20 のぼり


山道に入り、登りは続く。
しかし今日はなんでか体が重い。
しかもめっちゃ汗をかく。


あわへんろみち


ほうほう、この区間のお遍路道は650年前の南北朝時代の道しるべが残されているとな。
はーやっぱお遍路の歴史は長いなぁ~。


20 いど


8時、水呑大師を通過。
ここの弘法大師さんが杖をついたら水が出てきたという、人間離れしたイリュージョンを披露した場所である。
しかし、弘法大師さんはよく井戸作ったり、水回りの事をよくされてらっしゃいますね。
現代だったらそういう職業で大活躍できるのではなかろうか。


20 おうえん


「時間こそ最も賢明な相談相手である」


ええこと言いますなー。


20 へんろいし


これが今さっき看板に書いてあった650年前の道しるべかー。
石はすごいなー。
何百年経っても変わらないもんなー。


20 つうやどうあと


通夜堂跡。
通夜堂とはお寺が建てた無料宿泊施設だが、昔の人はここで寝ていったんかー。


20 げんそうてき


霧がかかっていて幻想的。


20 かくりんじ


8時43分、20番札所 鶴林寺到着!
ホンマこんな山の上に寺作りやがって。。。
登り始めて1時間15分か。
お参りを済ませ、次の札所へ向かう。
次の札所までは6.7km。


20 くだり


今から下って、次の札所も標高520mの山の上にある。
今日は山二つを越えていかなければならない。
朝イチは体が重かったが、だいぶこなれてきた。


21 こもれび


ここで遅れを取っていたヒーさんが追い付いてきた。
ぽーさんは先に行ってしまいすでにいない。
きっとヒーさんはオレと一緒に歩きたいのだろう(笑)と思い一緒に歩く事にする。


ヒ:「私まだ沖縄の人に出会った事がないから会いたいなー」


す:「今日すれ違ったお遍路さんが、2日前に沖縄の男の人と出会ったよって言ってたからここら辺にいるかもねー。」


ヒ:「沖縄行きたいから沖縄の人に会いたいなー」


なんて言いながら歩いていた。


257 ちゃんす


「チャンスは貯蓄できない」


これまたええこと言いますね。


しばらく歩いていると休憩できる東屋が見えた。
そこに菅笠が置いてあった。
たぶん誰かが忘れていったのだろう。
どうしよう、下まで持っていってみようか?などと話していると、誰かが坂道を登ってくる。
おそらくこの菅笠の持ち主であろう男性がこちらに近づいてくる。


めっちゃ沖縄顔してるw


?:「無いと思って慌てて登ってきたんですよ、ありがとう」


やはり菅笠は彼の物だった。


す:「きっと沖縄の人だから、聞いてみなよw」


ヒ:「沖縄の人ですか?」


沖「そうですよ、なんでわかったの?」


ヒ:「今さっき沖縄の人に会いたいって言ってたんですよ、会えるなんてスゴいなー!」


確かに今さっき話していて、こうやって会えるのはスゴいww
ヒーさんは自分でも言っていたが、なかなか引きが強い。
3人で下まで一緒に歩く。


21 へんろこや


下まで行くと東屋があったので3人で休憩。
休憩していると続々と人が集まってきた。
沖縄の彼は昨年の4月に沖縄を出て、カブで日本を周っていて、その締めにお遍路周りをする事にしたらしい。
今年ではなく、昨年からなのでもう2回周ってしまったらしい。
すかさずヒーさんが電話番号を聞いていたので、会ったばかりなのにすぐに電話番号聞くなんてスゴいなと思った。
2人が話している間に、昨日別格に行かなければテントを張ろうと思っていた場所を見に行く。


21 しょうがっこう2


東屋から歩いて5分、小学校が見えた。


21 しょうがっこう


ここは廃校をお遍路さんに解放しているらしく、野宿できる。
昨日、別格に行かなければここで連泊してやろうかと考えていた。
出発して1週間弱経つので少し休みたかったのだ。


テントを朝から晩まで張りっぱしでいれる所はそうそうない。
しかしここであれば人は来ないのでゆっくり休める。
ただ問題があり、ここら辺は店がないので、2日分の食糧を持ってくる必要がある。
山登りで2日分の食糧を持つのは少ししんどい。
いずれにせよまだ10時過ぎなので、今回は進む事にする。


ながかわ


東屋に帰ってくると沖縄の人はすでにいなかった。
またヒーさんと歩き始める。


ながかわ2


那賀川を渡る。
キレイな川だわー。


まだげんき


「まだ元気ですよ by横山」
誰だよ。


21 やま


また山の中へ入って行く。


21 おやつ


お腹が減ったので休憩も兼ねて、ヒーさんがさかもとで頼んでくれたおむすびをおやつにする。


21 やまのぼり


さらに登って行く。
ホントに誰だよ、こんな山の中に寺作りやがって!


21さわがに


沢ガニがたくさんいる。


21 ぶつそう


これもきっと古いお地蔵さんなんだろうなぁ。


21タイリュウジ


山門が見えてきた。


21 たいりゅうじ


12時30分、21番札所 太龍寺到着!!
ここのお寺も昔は四国八十八ヶ所の難所の一つだったが、今はロープウェイもあり楽に参拝できる。
ロープウェイからの眺めはなかなか絶景らしい。


21 かんばん


ほうほうなるほど。


21 りゅう


龍の天井絵。


ここで駐車場に止めておいたオレの車に接触して傷を付けてしまったと電話がかかってきた。
ヒーさんには先に行ってもらい、電話で処理をする。


21 わきみず


お寺を出ていくと湧水があったので水分補給する。


22 やま


次の札所までは11.6km。
車道を歩いていく。


22とうげ2


15時43分、国道195を交差して峠道に入る。
200m登るみたいだけど、さほど険しくはない。


22 とうげおわり


16時14分、峠を抜ける。


22 へんろこや


峠を抜けるとすぐ遍路小屋があったので少し休憩。
ジェンガみたいな面白い建物だなぁ。

22 ひがんばな


ここもキレイ彼岸花が咲いている。
お地蔵さんとのマッチングも良い。
しばらく歩くと、「お遍路さーん」と呼ぶ声がする。
先に行っていたヒーさんだ。


22 かき


ヒーさんはここでおじさんから柿のお接待を頂いていた。
オレもありがたく頂く。
おじさんは柿はもっとあるからあげるわと言って先に車で行った。


22 かきとる


わざわざ家の前に生っている柿を切り落としてくれた。
ありがたい事です。
もう少し話したかったが、時間があまりない。
急いで歩いていく。


22ビョウドウジ


16時50分、22番札所 平等寺到着!
はーまたギリギリだった。。。
急ぎたくはないのだけど、着けて良かったわ。


22 びょうどうじ2


お参りを済ませる。
ヒーさんは宿を予約をしており、オレはこの近くの善根宿に泊まる事にした。


キクヤ てつだい


今日の善根宿をされてる方はお店を営んでいる。


す:「すいません、今夜一泊させて頂きたいのですが」


善:「じゃあ軽作業してもらうから、荷物置いてきて」





キクヤ てつだい2


善:「じゃあこれにお水あげて、棚にもどしてね」


(´-`).。oO(これが噂に聞いていた軽作業か。。。


15分程働く。
ここは軽作業をするとカップラーメンを貰える。
今日の行程はここまで全くお店がなかったので、これを晩御飯にする。


キクヤ こや


ここが今日の寝床ですね。
ここの裏手にシャワーもあるが100円で5分間使えるシステム。
洗濯も出来たが、洗剤まではないのでシャンプーを入れた。


キクヤ へや


中は結構広いね。
今日は沖縄の人もここに来ており二人で泊まる。
彼は結構早くここに着いたので、軽作業として草抜きをがっつり1時間ぐらいやったらしいw
二人でカップラーメンを食べ少し話をする。


日本を原付で二周しているのは先ほど触れたが、彼は35歳で今回は人生再出発の旅らしい。
カブで日本を周ることはさして驚くことではないが、彼は道の駅でヘビをさばいて食べたり、ニワトリを譲ってもらってキャンプ場でこれまた自分で捌いて食べたりしてたらしいw
ワイルドすぎるww


オレが日記を書いてたら、


「これ見てよ!美味しそうでしょ!!」


と携帯の写真を見ると彼の手には大きなカエルがw
今日歩いててみっけたらしい。でも今はお遍路やってて殺生は禁止だから、今は食べないってww
改めてワイルドすぐるやろww


日記を改めて書いていると


「これ捌いたヘビなんだけどさーこのヘビ何てヘビか知らない?沖縄にはいなくてさーなんくるないさー」


と写真を見せてくれたのだけど、オレが知るワケないだろwwww
しかも結構デカいww
そんなんばっかり見せてくれるから日記が全く書けねぇwwww


あと沖縄では家を建てたり、お祝い事があると必ずヤギを一匹捌いてみんなで食べるらしい。
彼曰く、2つしかないヤギの金玉が美味しいらしいw
じゃー安室奈美恵とかも食べてたんだねぇと言うと絶対食べてたって言ってたww
すげーなと感心していると、逆にお祝い事でヤギ食べなかったら、本土の人は何食べるのと聞かれて、お寿司とかフツーのごちそうだよって言うと納得していたw
やっぱり沖縄はちょっと日本じゃない部分があって面白い。


23時就寝。
おやすみなさい。







寝ていると頭の方を

「ブーン」

と何かが飛ぶ音がする。
彼は寝ているのでライトで照らしてみるとめっちゃゴキブリがおる。。。
ああ、彼の方が先に着いていたので、オレが水場の方に寝たのが悪かったのね。。。


ゴキブリがいる事は構わないんだけど、頭の辺りを飛ばれるのはちょっとイヤだ。
彼に了承を得て、電気を付けて深夜のゴキブリ退治。
殺虫剤はないのでほうきで叩く。
何匹かは仕留めたが、逃げられたのもいた。
今日はこのへんにしといてやろう。



てか、寝ている間に顔に止まるのとかはヤメてね。。。






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)