四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 4日目

9月19日(金)


5時30分起床。


朝ごはん


朝ごはんをしっかり食べる。
なんかちゃんとした朝ごはんをは久々だなぁ~。
普段はしないのに、ご飯おかわりしちゃったよ。


すだち 物産


昨日は着くのが遅かったのでわからなかったが、すだち館では色々売っている。
元々はすだちを作っていただけだったのだが、お遍路さんや観光客に色々販売するようになり、そして善根宿もする事になったみたい。


須田痴漢 おにぎり


出発前におにぎりもお接待で頂く。


すだち ヒーさん


有名人ヒーさん。


すだち館 スタート


7時15分に出発。
天気は曇り。雨じゃなきゃなんでもいいわー。
今日は16番くらいまで行けたらいいかなー。


13番 上り


焼山寺で標高700mまで登っていたので、今日はずっと下りかなと思っていたら、軽いアップが。


玉峠


8時25分、玉ヶ峠に到着。


玉 通や同2


小屋がある。


玉 通や同


中は3~4人くらい寝れるような広さだ。


玉


実を言うと昨晩はここで寝ようと思ってた。
しかし実際来てみると、周りにはなーんもなく夜になると本当に真っ暗だろう。
ここで1人で一晩過ごすなんて怖すぎる。。。
時間的にもここまで来てたら道中も真っ暗になっていたと思う。
すだち館に泊まって良かった。


山間のまち


麓に小さな集落が見える。
玉ヶ峠でヒーさんが追い付いてきた。
道は車道で緩やかな下り坂なので一緒に色々話しながら歩く。



栗


普段生活していると栗がなっているところなんかあまり見ないけど、歩いている最中にはたくさん見かける。秋ですなー。


山間のまち した


ヒーさんはまたテレビの人と歩くらしいので別れ、山を下りてようやく集落へ。


吉野川 標識


なんか久しぶりに標識見た。
遍路道を歩いていると、このような標識を見かける事がないので、正直言ってここまで自分がどこにいるのか全く把握していなかった。


人形


しばらく歩くと等身大の人形が見える。


人形2


人形1


なんかわからんけど、ここいっぱいおるww
夜ここ通ったら少し不気味かもしれない。。。


彼岸花


この時期歩いていると彼岸花がたくさん咲いている。
彼岸花もあまり普段見る事なかったなぁ。


鮎くい 沈下


鮎喰川を渡る橋がある。


鮎くい川


鮎喰川の由来はやっぱり鮎が多く獲れ、住民がこれを食べていたからみたい。
川キレイだもんねぇ。


鮎くい 沈下 壊れてる


渡り切ってみると壊れてるww
さすがお遍路の道は険しいわ。
橋を渡ってからは県道20号線をひたすら歩く。


途中お遍路さんが前に居て、追い抜くと若い女性だった。
シャイなオレは「こんにちはー」だけ言って歩き去った。
しばらくするとお店があったのでそこのベンチですだち館で貰ったおにぎりでお昼にした。


徳島市


13時15分徳島市に入る。


おやすみなしてい


遍路小屋があったので休憩。
先ほどの彼女がいたが丁度入れ替わりになった。


みかん?


遍路小屋の中にみかん?があったのでありがたく頂く。
他にもお茶や水が冷蔵庫に冷やしてあり細かな気遣いがある遍路小屋だ。


13 大日時


14時30分 13番札所 大日時
すだち館から17.4km。
結構時間がかかっているが、まだまだ自分のペースが分かっていない。
団体のお遍路さんが来て随分とにぎやかになったので早々に退散。


13 神社


大日時の前には神社があるのに誰もいない。
八十八か所のお寺にはたくさん人がいるのにねぇ。


14 常楽寺


15時25分 14番札所 常楽寺
大日寺からここまでは常楽寺までは2.3kmしかない。
次の15番 国分寺へもわずか800m。


ここの区間は立て続けにお寺がある。
しかし、連続であるとロウソクやら出したり閉まったりが面倒くさい。


14 古い地蔵


鎌倉時代から戦国時代の石碑ってなんかロマンを感じるなぁ~。


15 国分寺


15時50分 15番札所 国分寺
お参りをすると16時を周っていたが、次の札所までは1.8km。
余裕でいけるでしょう。


お寺を出ると金剛杖に付いている良い鈴の音が後ろから聞こえる。
たぶん昨日すだち館に泊まっていたお坊さんだ。
昨晩は話さなかったが、今日の朝出発が同じになった時にバックパックの背負い方が難しそうだったので、こうやったら楽に背負えますよとアドバイスしてあげた。


次のお寺はすぐに着くし、お寺まで一緒に歩きましょうと声を掛けた。
お坊さんは島根の臨済宗お寺の息子さんで、1ヵ月ほどの予定で周るらしい。
オレはお遍路やるまで恥ずかしながら、お遍路周りが真言宗のものだと知らなかった。
他宗なのにお遍路周りはなんでやるの?と聞くと


「これも修行のうちですから」


おー28歳でまだ若いのにえらいねぇ~。
だって納経もオレみたいに納経帳じゃなくて、掛け軸にしてもらってたもん。


普段生活していると、あまりお坊さんと話す事もないので色々聞く。
お坊さんは今回のお遍路周りをする前に、今年の8月まで京都のお寺で修行していたらしい。
まだ先月の話だ。


修行は厳しいらしく、京都の寒い冬でも裸足で雪駄、作務衣で過ごす。
朝は3時起き、夜は夜中の12時近くまでお経を唱えてたり、座禅を組んでたりするらしい。
ご飯も粗食で、麦飯と野菜の汁、漬物だけだとか。
それを3年間するなんてすごいねぇと感心する。


す:「臨済宗のお寺が14番と15番の間にあったけど、やっぱりお参りしてきたの?」


坊:「いえ、あれは派閥が違うから行ってません(笑)」


派閥とかあるんかよ!
しかも派閥が違ったらお参りしないとかww


す:「あれだ、坊さんネームあるじゃん、何ていうの?黙念とかさ」


坊:「玄峰(げんぽう)といいます、でもお寺の中では陳念だったらチンちゃんとか、私だったらぽーちゃんって呼びますよ(笑)」


修行厳しいのに意外とそこら辺はフレンドリーなんだなww
上下関係もあるから、全てではないんだろうけどさ。
色々話しながら歩いていると、狭い路地に入り、オレらも普段目にする町中のお寺が見えてきた。


16 観音寺


16時40分、16番札所 観音寺到着。
お参りをしていると、17時前ギリギリにヒーさんがやってきた。
テレビの人はいない。その代わりにヒーさんの友達の女性と一緒だった。
今夜の寝床は近くに善根宿があるのでみんなで一緒に行きましょうという事になり、しばらく歩く。


栄タクシー


17時25分、今夜の善根宿に到着。
ここの周辺にはコンビニやスーパードラッグストアもあり大変便利な立地だ。


栄タクシー 部屋


建物の2階には2部屋あり、片方は女性2人が寝る事になった。
1人おっちゃんの先客がいたが、男3人でも全く問題ない。
お風呂も洗濯もさせてもらいとても助かった。


ポーさんが荷物が重い重いと言うので、じゃあオレが仕訳してあげるわと言って荷物を見せてもらった。アウトドア用のコンロやら鍋、いろいろ入っている。


す:「自炊するの?」


ぽ:「いや、しないw」


なんで持ってきたんだよw


あと細々したものを仕訳して、コンビニで家の方に送り返した。
ぽーさん、いやー良かったわーって言うてたけど、そりゃあれだけあったら重いわw


栄タクシー ひーさん


ヒーさんがお接待と言ってビールを買ってきてくれた。
先客のおっちゃんにも一緒にどうですか?と勧めたのだが、いやもう寝るって言って寝てしまった。
まだ18時過ぎなのに。
その後ヒーさん達は予定があるとの事で、オレとぽーさんは


「徳島と言ったら、徳島ラーメンでしょう」


と思い宿の人に聞いたら近所にあるからと食べに行った。


徳島ラーメン


んーフツーのラーメンだねぇ。。。
宿の人、徳島ラーメンも色々あるって言うてたから、そんなん聞いた事ないぞって思ってたんだけど、やっぱりね。。。
ヒーさん達、今日は中華って言うてたから、そっちいけばよかったよ。。。


しかしぽーさんはよく食べる。
チャーシューメンとチャーハン。


修行中は本当に粗食で味が付いてないものばかり食べていたから美味しくて仕方がないらしい。
野菜の汁もダシとか味噌を使わない本当に野菜汁。
たまにうどんが食べられて、それも醤油の味しかしないけれどそれが一番のごちそうだったと言っていた。
こういう味が濃い物は本当に美味しいらしい。


オレさ、先月までそういう食事してたのにやけに体格いいなと思ってたんだよ。
今朝のすだち館の朝ごはんもオレとぽーさんだけおかわりしてたからな。
帰ってきてからすっかり体格が戻ったらしい。
俗世に帰ってきてからのこの堕落ぶりww


出発してからの事を話していて、一昨日はどこに泊まったのと聞くと


「街中に宿をとって、朝、宿の人にお寺まで車で乗せて行ってもらいましたw」


ちょw全然修行じゃないじゃんwww
お遍路開始3日目にして早くも車wwww


これを境に


「生臭坊主 ぽーさん」


と命名される事になる。






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)