スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ブッダが悟りを開いた街のインド

ブッダガヤにてバラナシ行きの電車の予約をとろうと思い、外国人用オフィスに行く。
電車の発車時刻がわからないので、出発日のみを申し込み用紙に書いておっさんに渡す。


おっさん「フルだ。電車の予約はできん」

すこんぶ「なんでだ?」

お「できんもんはできんからガヤのオフィスまで行け!」

ガヤはブッダガヤの最寄の駅だが片道約12キロはある。とてもじゃないが歩いてはいけない。
そういってる間にも他の人のチケットはどんどん出されている。

す「んじゃいつまで予約がいっぱいなのさ?」

お「ん~15日後かな」

おっさんよ、今考えて言っただろ!
15日って言えば諦めると思って言っただろ!!

しかし、買えないものは仕方がない。
途方にくれていると、同じ宿に泊まっていた日本人の青年登場。

青年「どうしたんすか?」

す「切符が買えんのよ」

青「ここのオフィスのやつ、まじ腐ってるらしいですよ。
  宿に泊まってたカナダ人が言ってました。
  電車の時間がわからないと買えないらしいですよ。
  時間教えてもらったから書いてだしてみたらどうですか」

彼に教えてもらって申し込み用紙に時間を書いて再び渡す。

お「ふふ。152ルピーだ」

ふふじゃねーよ!何そのよくやったなみたいな笑みは!
おりゃドラクエの謎解きしてんじゃねーよ!
だいたい14時まで営業してないのに、13時30分まで昼休みしてんじゃねぇ!
ほんまにJRのみどりの窓口で15年ぐらい研修してこい!

あーめんくどせぇ!


ブッダガヤはくそ暑い
ブッダが悟りを開いたという菩提樹



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

今店長とタローで飲んでるぶぁい
Re: タイトルなし
天才さん

店長は元気ですか?仕事は忙しいですか?
タローの高い料理が恋しいです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。