スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

さらばブラジル!!の巻

サントスから再びサンパウロに戻ってきて、今夜ウルグアイへ行くバスに乗る。


しっかしサンパウロはずーっとパラパラ雨が降っていて天気が悪い。
なんだか日本の梅雨のようである。(ちなみに季節は夏)
だが、日本のような天気とサンパウロという関係はあながち無関係ではないみたい。


ブラジルは多民族国家で、サンパウロは日系人が多い事は以前にも述べた。
不思議な事に移民は自分たちの出身地と同じ緯度(南北は逆)に住みたがる。


そのためブラジル国内では、南部3州(アルゼンチン寄り,高緯度側)はドイツ系移民が多くを占め、リオ、サンパウロ(南緯23.4度あたり)は日系人、赤道直下のマナウス、フォルタレーザは黒人の人が多い。


自分たちの出身地と同じ緯度に住むので、天候も似ていて暮らしやすいのかも知れない。
ためになったねぇ~。ためになったよぉ~。


人間ってやはり故郷を忘れられないんですねー。


雨が小ぶりになったので、外に行く。


おくはらさん


オクハラさん通りっていうのもあるんですねー。
オクハラさん何した人だろうー。


落書き


なんだか落書きも日本風。


ブラブラ歩いてショピング街へ。
そして今回来てみたかったのはここ!!



かんばん


ハワイアナスでーす
ちょーカワイイ!!


ってやると女の子みたいだな。
アクセス上がるかな。


うし


ハワイアナスはブラジルのビーチサンダルブランド。
ポルトガル語では「Ha」を「ハ」とは読まずに「ア」と発音するので、正確には「アヴァイアナス」
その他サッカー選手の本田は「ホンダ」でなくて「オンダ」と呼ばれます。


店内



店内はキレイですなー。


びーさん


ハワイアナスのオンリーショップでオリジナルなビーチサンダルを作れます。
ベースを決めまして、


ばっじ


自分の好きなピンを決めれます。


ぷらいす


トップが17.90レアル(895円)、一番安いピンが5レアル(250円)
1000円強でオリジナルのサンダルが作れるんですねー。
ちなみにブラジルの通貨の呼び方はレアルではなく、単数形で「ヘアウ」複数形で「ヘアイス」です。


なのでブラジルで「レアル」と言っても通じません!


と言いたいところだが、別に大丈夫だと思う。
金出せば解ってくれる、そんなもんよ外国語って。


それで買ったのがー


購入


ハイ!コレ!!既製品!!
ここまでオリジナルビーサンの買い方を説明したのに、何ゆえ既製品。


でも左のはサンパウロでしか手に入らないサンパウロリミテッド!!のはず!!
これはお土産として買って帰った。
そしてもう既に配り終えたので、コメント欄に下さいって!!言われても残念ながらありません。


いやー今見てもサンパウロリミテッドのはかわいいなー。
自分には買ってないのだけど。



宿に帰り、夜行バスの時間までパッキング&ダラダラしてバスターミナルへ。


地下てつ


ターミナルへは地下鉄を使って行く。
しかし久々に市内交通に地下鉄がある国に来たな。
コロンビア以来違うか?


車内


車内は広々としていて、電光掲示板などもありさすが都会のサンパウロ。
しっかし、5足もビーサンを持っているとバックパックがクソ重い。
ハワイアナスのビーサンは、作りがしっかりしていてソウルが厚いので重いー!!


自販機


クソ重いバックパックを背負いながら、ターミナルに着くと、何故かボールペンの自販機が。
そんなにボールペンの需要はあるものなのか。



あ、でもこれは「BIC」ってブランドなんだけどこれはちょー重要。
なんでかっていうと、BICはライターも販売してるのだけど、クオリティが全然良い!



中南米では、もっと言うと中米、特にひどいのがグアテマラのライターですぐぶっ壊れる。
オレが使ったライターの中で最短の命を遂げられたのはたったの2回



他の人に聞くと


「地面に落しただけで爆発した」


ってのもあった。


そんなちょっとした手榴弾的な物を持っているなんてどこの戦場よ!?
うかうかポケットに入れてたらち○こをふっ飛ばしかねないじゃないっすか。


大概ガスが無くなるまで使い切る事ができる、「BIC」だけはどこの国に行っても変わらない安定感を発揮してくれるのだ。


というワケでみんなも海外に行った際にはBICを持つ事をオススメする。
ちょっと値は張るけど、すぐぶっ壊れる安いライター何個買ってもしゃーないっしょ。


おばちゃん


サンパウロに着いた時にバスのチケットを予約していたのだが、このおばちゃんはオレの顔を覚えててくれ、すぐにチケットを差し出してくれた。


なんかうれしかったなー。


ブラジルは18日間の滞在だったが、カーニバルもあり1000US$(92000円)以上使った気がする。


物価もすげー高いから、いっつも自炊しててブラジル料理も食べてなかったしなー。でもあんま大したもんは無いだろうけど。日本にいる時話したブラジル人が、ブラジルの有名料理はバーベキューだって言うてたからなー。



しかしもうブラジルみたいな遠い所に来ることもないだろう。
それなのにブラジルは充実感が薄かった。
なんか人の巡り合わせもあんま良くなかったしなー。


でも最後の最後、このおばちゃんのおかげで少し救われたような気がしたよ。



ありがとう!おばちゃん!!



さて次なる国、ウルグアイに行くぞー!!
さらばブラジル!ありがとうブラジル!!


バスの時間が来たのでバスに乗り込む。
夜行バスにはもう何回乗ったことだろう?


何回も夜行バスには乗っているハズなのに、バスの車内はどうだろうか、隣の人はどんな人だろうかとちょっとの期待と不安が入り混じる瞬間でもある。これも旅行の醍醐味。


自分の席を探す。










ばす


!?




おい、シートの前に洗面器がついてるぞ!!
これは遠近短!!(もはやパニくって意味不明)
しかも蛇口の水は出ない。


とりあえずまあ落ち着けよ、オレ。
こんな風流な席が今夜のオレの席なワケないじゃないか。


すんませーん乗務員さん、ボクの席なんかちょっと風変わりな設定になっているんですけどー。


乗務員さんは力強く


「ここがお前の席だ」


とビシーっとおっしゃられました。


ああ、そうっすか、ここがボクの席っすか。




ちなみにウルグアイの首都、モンテビデオにはいつ着くのだと聞くと



「29時間かかるぞ」



○| ̄|_



マジふざけんじゃねー!!
テメー、なんの修行なのか言ってみろよ!!





と、言ってはみたものの、そのままバスは出発したよ。
うん、やっぱりブラジル死んでいいよ


                                        2010・3・1
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

ためになったでやんす(‘o‘)ノ
魔太郎さん

コメントありがとうございます。
僕の携帯番号わかりましたか?
またこちらにも遊びに来てくださいね~。
ちゃんとブログ書いてるねwww
Re: タイトルなし
yomeさん

書いておりますよー。
でもマジで今年中に終わらなそう。。。
だいたい日曜日に更新してます。
サザエさん的なブログを目指しています(笑)
たまには覗いてみてねー!!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。