デスロードツアーに行ってみるの巻

ボリビアには「デスロード」という「死の道」がある。
なんで「死の道」なのかというと、その道はバスが一台通るのが精一杯であり、ガードレールもある訳もなく年間200人以上も崖に落ちて死んでいる道なのでそう言われている。


その道を



ちゃり


自転車で駆け下りて行こうというふざけているこのツアー。


やまです


このツアーは標高4700mから始まる。寒い。
そして1200mまで駆け下りる。
その標高差3500m、このツアーは始まる前からそ高度の高さゆえ、高山病になってしまう人もいるというまさに「死の道」



みなさん


今回参加の皆様。


らくだのおっさん


最近人気者のらくだのおっさんと2人で参加。


ええにおい

 
コンパにいたら今日の1番人気であろうアルゼンチン人のおねーちゃん。
これは写真写りが良くないので残念である。


みち


最初は舗装された道からスタート。



再びやま


この日は天気が悪かった。
天気が良ければ気持がいいのになぁ~。


はやいよ


基本的に下りばかりなのでスピードが出る。


みちほそい


いよいよ道が狭くなってきて、舗装もされなくなってきた。


道せまい



ちょっとだけあぶない


道は細いのでスピードをつけてカーブが曲がりきれないと崖に真っ逆さま。
死ねる。


えらい


休憩中にはスタッフがツアーメンバーの自転車のチェックをしている。
えらい!!
ブレーキ効かなくて崖から落ちたら死ぬ事になるからな。



がけっぷち


ここに突っ込んだら死ねることであろう。


みずたまり


時にはこのような水の上も渡りながら下る。


てんきがよい


高度が下がると天気も回復してきた。


上にあったアルゼンチン人のおねーちゃんの後ろで自転車を漕いでいると、シャンプーのすごく良い匂いがする事が判明!


それをらくださんに伝えると、らくださんも必死でおねーちゃんの後ろをついてまわってた。
エロらくだめ。


めし


到着後はシャワーも浴びれ、昼飯もビュフェでかなりしっかりしてる。


おねーちゃん


到着地にはプールもあった。
この写真はツアーのスタッフが撮っているのだが、もうちょっと近くに寄って水着姿を写してもらいたい。


いまわしいやつめ



ツアー後にはTシャツも貰えた。
プラスツアー中の写真も貰える。
朝食も出たからな。
海外の現地ツアーで36US$(3300円)でこれなら大満足であろう。


しかしこのTシャツ、洗濯をすると色落ちがひどい。
半年以上経った今でも色落ちが激しく、せっかく買って帰った他のTシャツにも色移りし全てがダメになった。
どんな染料を使っているのだ、ボリビアよ。
このツアーでもらったTシャツを洗濯する際には本当に気をつけたい。






                                          2010・01
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

www アルゼンチンお姉さんキレイ!w

すごいー過酷な道を走ってるなー汗

ほんと突っ込んだら死にそうなとこだね。
Re: タイトルなし
ゆみっぺさん

コメントありがとうございます!


徐々に慣れてくるとスピードも出せれるもんなんですよ。
人間の慣れは怖いですね~。

またこちらに来られる際にはご連絡くださいませ~。


コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)