ぶらりラパスの街の巻

コパカバーナからラパスに移動。


IMG_4237.jpg


途中、湖を渡るためバスを降りる。


IMG_4241.jpg


なかなかに凄惨な絵が描かれている。


コパカバーナからラパスへは約3時間。
ボリビアの首都はスクレだが事実上はラパス見たいなもんである。


IMG_0813.jpg


ラパスの街も標高3600mぐらいあり、寒いし空気が薄い。


IMG_4478.jpg


IMG_4475.jpg


3600mの高所にありながら、結構都会である。


IMG_4242.jpg


町の中で電柱に人形がくくり付けられて吊るされてあった。
意味はよくわからないが、ちょっと不気味。


IMG_4431.jpg


リャマのミイラ。
ボリビアではリャマのミイラなどがお呪いの道具として売られている。


IMG_4244.jpg


夜の町もなかなか綺麗である。
とても富士山と同じぐらいの標高があるとは思えない。


この日の夜に宿にいたアルゼンチン人10人以上に誘われてらくださんとディスコテカ(クラブ)に行った。
中に入ると日本人が2人だけいて、こんなところに来るなんて珍しいと言われ一緒に飲んだ。
その一人はボリビア在住の地球の歩き方にコラムを書いていた、フォルクローレ(ここら辺の音楽)の歌手の人だった。


さんざん飲んでらくださんが帰ると言いだしたのでディスコテカを出て、タクシーを拾うが2人とも宿の名前を覚えておらず、らくださんは何故かドライバーに逆ギレをしてタクシーを降りてしまった。


降りた場所もどこだかわからず、しかも治安もよくない夜3時。
本当に帰れないと思ったが、何とかオレが名前を覚えだしタクシーに乗って無事帰れた。
マジであんな時間にフラフラしてたら危ない。
しかし自分が宿の名前を覚えてないのに、逆切れをするらくださんはすごいと思った。


IMG_4271.jpg


ラパスで日本人旅行者が必ずと言っていいほど行く、日本食料理屋「ケンチャン」


IMG_4274.jpg


トゥルーチャ(マス)定食43Bs(560円)
結構ボリュームもあり、久々のまともな日本食はうまい。
海外で560円なら安いっしょ。


IMG_4292.jpg


皿までなめる意地汚い男、らくださん。
本当にこの男の行動は常軌を逸している。


IMG_0792.jpg


現地の人間にも好評らしく、昼時にはたくさん人がいた。


IMG_4276.jpg


無駄に金がかかってるタクシー。
ウィングなんかつけてどれだけ疾走する気か。


IMG_0804.jpg


おなじみのメルカド巡り。


IMG_0803.jpg


高地にも関わらず、フルーツなど色々な食べ物が売っている。
しかも安い。


IMG_0807.jpg


ボリビアはほとんどがインディヘナ(先住民)だ。
ペルーから思っていたのだけど、山高帽子、三つ編みされた髪、裾の広いスカートは「天空の城ラピュタ」に出てくる「ドーラ」じゃないかと思う。
やっぱラピュタはマチュピチュをイメージしてる気がする。


IMG_4278.jpg


ボリビアは内陸国で海はないが、チチカカ湖で捕れるのであろう魚も売っている。


IMG_4277.jpg


歯ブラシがダメになったので歯ブラシを買ったが1本1Bs(13円)と激安だ。
しかしボリビア人は値引き交渉にあまり応じない。
交渉しても下がるのはわずか。


まあ元々がそんなに高くないから仕方ないのかもしれないが、タクシーなどは言い値で乗らなければ、交渉に応じるドライバーが少ない。
ペルーもインディヘナが多い国だが、ボリビアは人があまり良くない感じ。




                                       2010・01

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

高地なのにえらい都会で、
南国のような色合いのフルーツがあり、
不思議な都市ですな。

ラピュタはカンボジアのタプロム説があるんだけど、
マチュピチュの写真を見るとマチュピチュ説もありえそうだね。

ラピュタ好きとしては行ってみなければ。
ちゃきちさん

高地ゆえに坂を登っていると疲れますがね。
それでも結構都会でしたね。

ラピュタは諸説ありますが、やっぱマチュピチュなんじゃないかと思う今日この頃。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)