スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ナスカで墓とかサンドボードとかするの巻

ナスカは地上絵を見てサッと抜ける旅行者が多い中、なぜか3泊もしてしまった。
そのナスカでは古代インカ人の墓を見に行った。


なんもない


そこの墓はナスカ市内から車で1時間もしない所にある。
周りはこれまた木もなく殺伐としている。
すごく暑そうな感じがするけれど、空気は乾燥しており、日本の様な蒸し暑さはないので日差しは強いがさほど暑さは感じない。



ならんでるね~

このようにミイラが並んでいる。
乾燥している気候の為か、保存状態はいいみたい。


毛もあるよ


ちゃんと髪の毛もあるよ。

つつまれてます


これは子供のミイラ。
頭の方にある白いのは

綿花


この綿花で作ったものを巻いている。
本当はなーんも無いところに骨があるって聞いていたので、ちょっと残念。
まあこんなもんかと宿に帰った。


しんせつね


宿にはブドウがなっていて、あれ食えるのって宿のスタッフに聞いたら食えるっていうから、じゃあ食わせろよってもいでもらった。


あまかったよ


ワインになるとか言ってたけど、本当かな~??
でも甘かった。


そしてみなさんはサンドボードって聞いたことがあるだろうか。
砂の上でやるスノーボード。
聞いたことはあったのだけど、やった事が無くて1回やってみたいと思い参加!
ツアー料金は60sol(1800円)


しかしこのツアー何時に始まるのって聞いたら夜中の2時から!
本当に2時かよーって思ってたら、本当だった。


まっくらすよ


ナスカ市内から車で行き、途中からは真っ暗な中を滑るポイントまで歩いて行く。
早朝からボードを担いで歩くので疲れる。
そこで出たのが


はっぱ


コカの葉。
コカの葉はペルー、ボリビアなどでは疲労回復の為に用いられてる。
これはペルーでは簡単に手に入るものだ。
でも日本に持って帰ったら捕まります。


これを口に入れて噛むのだが、苦くておいしくない。
しかもずっと噛んでても別に気分がよくなるだとかそんなもんもない。
でもペルー人は噛んでるんだよなー。


朝日


朝を迎えて日が出てくる。


砂漠ですね


すると全くの砂漠。


ぬりぬり


ボードにはワックスの代わりにロウを塗る。



すべるよ


それをこの上から滑る。
ツアーは場所をよく考えており、激しく登ったり降りたりしなくても滑れるようになっている。
もちろんだが、リフトなんてもんはない。


難しい


滑ってみるものの、全然雪とは違って滑らない。
斜面の途中で止まってしまうので、おー滑ってるーって感じがない。


よっぽどロウを塗ってないと板は全く走らん。
止まったところでまたロウを塗ったりして滑った。
はっきり言ってスノーボードの方が楽しい。


しょーりゅうけん


そして宿に帰ってストⅡ。
キーボードで昇竜拳を出すのは難しい!!                                   


                                       2009・12
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。