スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

貧乏旅行ダイエット in ペルー 2009・12

やっとボリビアに入れると思ったらこの企画。


これをやる度に遡ってずーっと前の写真を探さないといけないで地味に時間がかかる。
そしてもうただの料理紹介コンテンツとなっている。
でもこれもやり始めたことなのでちゃんとやりますです!


前回体重を量ったのはコロンビア
中米から続いていたポジョ(鶏肉)地獄からエクアドルに入り少し変わってきた。



そーす


確かこれは魚のフライだった気がする。
それでもソースがかかっていて、さらにエビとかも入ってる。
中米の国の料理と比べれば格段に手が込んでいる。


くえんか


エクアドルのクエンカで食べたスープ。
牛の内臓のスープだっただろうが、これも美味しかった。
左に見えるのはたぶんとうもろこし的なもので、茹でてある。
たぶんこれはエクアドルに来て初めてだった様な気がする。
ここら辺まで下ってくると、もはやとうもろこしで作ったトルティージャは見かけなくなってきた。


くえんか朝めし


久しぶりにコンチネンタルブレックファースト的な物を食べたいと思い頼んだけど、たったこれだけ。
グラスに入っているのはインスタントコーヒーで、自分で入れる。
これだけでも2US$(180円)ぐらい取られた気がする。ふざけとる。


しかしエクアドルの物価はコロンビア、ベネズエラに比べると安い。
田舎に行けば行くほど安いし、最初に着いた街で食べたスープなんかはたったの0.75US$(70円)だった。
たいだいエクアドルも1.5US$くらいから、セットのご飯が食べられた。




そしてペルー。
はっきり言ってペルーの料理は種類も多いし、そして美味い!!


いんかこーら


ペルーの代表的ジュース「インカコーラ」
どこかで飲んだ事があるような味で、ペルーに入っては普通のコーラよりもよく飲んでいた。


とるひーよ


トルヒーヨで食べたセビチェと魚のフライのセット。
18Sol(550円)
ビーチ沿いのレストランで食べたのだが、これはイマイチだった。
セビッチェは白身魚だけの物よりも色々入っている物の方がおいしいと思う。
結構値段したのにね。


とるひーよ せびちぇ


上のリベンジとしてまたしてもトルヒーヨでセビチェを食べた。
こちらは魚介がてんこもり入ってて美味かった。


あ、忘れてたけど、セビチェは中南米で食べられるマリネで、ぺルーが本場。
たまねぎやトマトなどが入っていることもあり、味はレモンと塩、コリアンダー等の香草で味付けしてある。
さっぱりしていて、酒のつまみにもちょうど良かった。


ろもさるだーど


こちらもペルーでは有名料理のロモサルタード。
牛肉、たまねぎなどの野菜と何故かフライドポテトが入っている。
主食としてご飯も付いてくる。
でもね、炭水化物×炭水化物ですよ。


オレはフライドポテトとご飯という組み合わせがあまり好きでなくて、最初はポテトを除いて食べていたけど、そうすると後からお腹がすぐ減ってくるので、ポテトも一緒に食べるようになった。
やはり郷に入れば郷に従えですね。


くし


肉を串に刺して焼いて食べるアンティクーチョ。
いえば焼き鳥みたいなものだんだけど、こんなシンプルな料理が今までの中南米ではあまり見かけない。
これも酒のつまみとしてよく食べた。


わすれた


パパ・ア・ラ・ワンカイーナ。
茹でたジャガイモにチーズソースをかけ、茹で卵を添えたもの。
これもクリーミーな味が美味い!!
そして皿は中華風。


たじゃりん


これはタジャリン・サルタード。
パスタの麺のようなものに牛肉、パプリカ等の野菜を絡めたもの。


ペルーに入って初めてこのような麺料理が出るようになった。
これも美味い!!
他の中南米諸国よ、ペルーを見習え!!
個人的にはロモサルタードよりもこちらの方が好きで、よく食べていた。


めぬー


ペルーのごはん屋もエントラーダ(前菜)、セグンド(メイン)そしてジュースと提供される。
しかしその完成度は驚くなかれ、上記のパパ・ア・ラ・ワンカイーナ、タジャリンは1回のセットなのだ。
1回のご飯でこれだけ食べられればお腹もいっぱいになるし、何よりも美味い。


そして安い!!
だいたい3~8Sol(90円~240円!!)ぐらいで食べられる。
たったの100円ぐらいで2品ついて、ジュースも付くなんて安すぎると思いませんか!?


そぱでまりすこす


こちらはソパ・デ・マリスコス(魚介のスープ)
これがまた美味い!!
マジで美味かった。
これも驚くなかれ、これは1回の食事の中での1品だ。


ちゃーはんてきなもの


セグンドはこれ!
魚介入りチャーハン!!
うーんこのコンボはたまらんわ~。
この時のご飯普段よりは少々高くついたけど、全然問題無し!!
大満足!!


なまえわすれた


これはヒガディートと言い、牛のレバーを炒めたもの。
安いところであれば1Sol(30円)ぐらいで食べられる。
これも良く酒のつまみにして食べた。



ナスカではオレとらくださんだけ体に出来物ができてアレルギーが出た。
二人の共通点は酒をよく飲む為、ヒガディートやアンティクーチョをつまみとしてよく食べていた。
全く同じ時期に出来物ができたので、たぶんこのヒガディートかアンティクーチョが原因だと思う。
ヒガディートかアンティクーチョを食べる時にはよく火が通っているものを選びたい。


あひでかじーな


こちらはアヒ・デ・ガジーナ。
鶏肉を細く裂いたものと玉ねぎなどの野菜を入れたシチュー的な物。
これもペルーの代表的料理。
美味い!!


IMG_3890.jpg


さんざん美味いと言っているが、ロモサルタードやタジャリンはこの調味料だけで作っていると思われる。
塩、砂糖、しょうゆ的なもの、しょうが汁、味の素!!
ペルーでも味の素はポピュラーに使われているみたい。
でも海外でうまけりゃ何も文句は言わないわ。


うずら


こちらは町中で売っているうずらの卵を茹でたもの。
オレは塩だけつけてスナック菓子感覚。
30円くらいで食べられたと思う。


でざーと


オレはあまり甘い物が好きではないので、ケーキなどは食べないがペルーはスイーツも豊富。


ペルーは本当に食には困らないので自炊をする事はあまりなかった。
安くて!美味くて!早いかは知らないがペルーは大満足。


中国人も多いらしく、チャーハンなんかは中華料理店に行かなくても食べられる。
ペルー人が作ってたりするのでかなり中国料理も浸透しているのだろう。
中華料理の影響かはわからないが、とにかくレベルは高い。
でもお皿は中国製の物が多い。


今までの中南米のメシなんかゴミだ、ゴミ!!
本当にペルーを見習って欲しい。



という訳で体重行きまーす!
前回量ったコロンビアから約1カ月経ってます。
体重は57㎏。
ペルーのリマでも体重量り屋さんがいました。

安いね


1回10センターボ(3円)
安い!!

それでは体重どん。





体重ー


58㎏かな。
先月よりも1カ月増。


飯はうまいっていってもムチャクチャ食べまくってる訳でもないのだけど、増えました。
基本暑くないところばかり行ってるからそんなに減らないのかも。
暑かったら食欲落ちるしねー。


お腹はぽっこり出ています(笑)




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 


コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。