スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

日本みたいなサンパウロの巻

ほぼおねーちゃんの水着だけ見て2泊でリオを出る。


さらばリオ


山の上に建っているキリスト像ともお別れだ。
別に何の感傷もないが。
バスでサンパウロに移動。


リオ~サンパウロはたったの6時間!!
久しぶりにそんな短いバスに乗る。
料金は68レアル(3400円)


豪雨


バスの休憩の時に急に台風みたいな豪雨と風が。
でもすぐ止んだ。海外ってがーってなってすぐ収まるってパターン多いね。


世界最大規模の日系人社会があるサンパウロ。
サンパウロに着いてからは事前に予約していた鹿児島県人会へ。
サンパウロはペンション荒木という宿が有名だけど、サンパウロでは鹿児島県人会が最安だろう。


鹿児島県人会
住所 : Rua Itajobi, 54 Pacaembu Sao Paulo
TEL : 11-3862-2540
Email: kagoshimabr@terra.com.br
1泊ドミ25レアル(1250円)


ちょっと書いておきたいのだけど、鹿児島県人会は「宿」ではない。
善意で空いている部屋を旅行者に提供しているみたい。


必ず事前にメールなりで連絡をとっていきましょう。
オレが来る前に飛び込みで来て、断られた人がいたみたいなので。


あと管理人さんがいないと入れないので、夜中に来るのも迷惑みたい。
実際オレが宿泊中、真夜中に飛び込みで来た人がいて困ってた。


なんか思うんだけど、貧乏旅行者(ホントはお金あるけど)を装って、節約する為に人の善意を踏みにじっているような旅行者もいるように思うのよね。
カーニバルの時も鹿児島県人会はすごい人が集まって大変だったみたい。


ぶっちゃけ言うと鹿児島県人会の人は旅行者が泊りに来る事を、すごいウエルカムな感じでは思っては無いように思えた。オレはだよ、みんなはどう思ってるか知らないけど。


ブラジルに弓場農場ってとこがあって、そこに行ってきた人の話を聞いた。
全てではないけれど、ご飯がタダだからって来て、がんばってお手伝いしないような人もいて、弓場の人はみんながみんな来て欲しいとは思ってないみたいって言ってた。


貧乏旅行者っても実際はお金持ってんだから、節約ばっかり考えて動いてたらタダの乞食になるよ。


あまりにマナーとか考えない旅行者が増えると、鹿児島県人会みたいな所がなくなっちゃうしね。オレもだけど、みんな気をつけよーね!


よろい


県人会にある鎧。
こんなん日本でもあんま見んわ。
んで良く見るとさすが鹿児島だけあって島津家なのな。


ぷーる


なんとプールもある。
でもずーっと雨がしとしと降っていてサンパウロは寒かった。
旅行しててこんなに毎日雨が降る所はあまりないよなー。


ところで鹿児島県人会には住んでいて、そこから仕事に行っているような人がたくさんいるみたい。


NANATシャツ


NANATシャツ!
この女の子はブラジル人なんだけど、日本語もペラペラ。


新聞


サンパウロ新聞。
サンパウロには日系人がたくさん住んでいる。
内容をちょっと見たんだけど、あそこの県人会はどうたらこうたらとか、やっぱ日系人コミュニティ内でも色々あるみたい。


はっきり行ってサンパウロは都会で見所はそんなに無い。
しかし日系人が多いサンパウロで行くべき所はリベルダージ。


とりい


はいーここはブラジルですよー。
なんで鳥居があるかと言うと、リベルダージには東洋人街がある。
昔は日本人街って言われてたけど、中国人や韓国人も多くなってきたので、東洋人街に名前を変更したみたい。


銀行


銀行もそれっぽいでしょ?


まちなみ


街頭も鈴蘭の形をしている。


寺もあるよ


なんかZENって書いてあってちょっと違う様な気もするけど寺もある。
チャイナタウンって結構どこでもあるけど、日本人街はアメリカのロサンゼルスぐらいしかないからとても貴重な場所だと思う。
やっぱ中国人と比べて日本人は横の繋がりが弱いからあまりそういうのできないのかな?


日本語が


フツーに日本語で看板が出ている。


たこ焼き


たこ焼き!!
東洋人街ではスーパーがあり、いろんな日本の物を売っている。
店に入った時も何か聞きたい事があれば、店員さんにためらいもなく日本語で話せるぞ!


ビールとともに


たこ焼きとビール!!
日本の裏側でたこ焼きが食べられるとはー!
たこ焼きが6レアル(300円)、ビールが2レアル(100円)


女の子情報 サンパウロでは本番1回30Rこれは安い方でも場所は行くのが難しい


他の国にある日本系スーパーでもあまりこういう和菓子系は売っていない。
さすがだ。


ブラジルは物価が高いので、ずーっと宿のキッチンを使って自炊している。
なのでここぞとばかりにキッコーマンのしょう油500mlを買った。
8.5レアル(425円)


自炊しているとしょう油はかなり重要なのである。
しょう油があればなんちゃって日本食っぽい物も作れるしね。


そしてキッコーマンのしょう油はどこででも手に入るワケではない。
中国系のしょう油は結構手に入る事は多いのだけど、キッコーマンが大切なのだ。
中国のしょう油は全然味が違うので、日本食を作るにはちとキツイ。


日本人旅行者はどこで安くキッコーマンのしょう油が買えるか情報交換するくらいだぞ。


しかし500mlもあればこの旅行でもう、しょう油を買う事もあるまい。
よかった、よかった。


あれ、なんでオレは旅行じゃなくてキッコーマンのしょう油を熱く語ってるんだ?





                                    2010・2・24~26
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

サントスでフットボールを観るの巻

みなさんも知っての通り、ブラジルはフットボールが強い。
宿にいた人がフットボールが好きで、サンパウロ近郊の町サントスまで試合を観に行くと言うので付いて行くことにした。


バスで2時間でサントスに着いた。
はっきり言って2時間しかバスに乗らないなんて物足りなさ過ぎる!!


バスって常に20時間以上乗る乗り物でしょ??


もはやバスに対する感覚が狂いまくってる。
もっと寝たかったのにー!


あ、それとバスチケットの釣り銭ちょろまかされた。
やっぱり旅行中は一瞬も気が抜けないぜ!!


さんとす


試合までヒマだったので観光がてらビーチに。
サンパウロも毎日天気が良くないが、こちらも天気が悪い。


そしてここでカメラにSDカードが入っていない事に気が付く。
なので今回の写真は全てもらいものです。


試合の時間が近づいてきたのでバスでスタジアムまで行こうと思ったのだが、相変わらずブラジル人は適当で、どいつに聞いてもどのバスで行けばいいのかわからない。
ビーチからスタジアムまでは結構距離はあるのに結局歩いて行く事になった。


さぽーたー


会場に近づいて来ると多くのサポーターが酒場的なところでたむろしている。
今日はサントス対コリンチャンスなのだが、ここにコリンチャンス・ユニで行ったらフルボッコにされる事は請け合いであろう。


どうも


近くまで行くと絡まれそうなので遠くからカメラを向けると


「見ろよ、チーノ(中国人)が写真撮ってるぜー!」


と言われてはないが、たぶんそんな雰囲気が、かもし出されている思い出の1枚です。


サントス


今回ホームチームのサントス。
その昔、前園やキング・カズ事、三浦知良が在籍していたチームである。


ユニ


今はブラジル代表でもある、ロビーニョが看板選手。


すたじあむ


スタジアムに着いたものの、ここでチケットは買えねーぜ!と言われ、歩いて約10分くらいかかる遠くに離れたチケット売り場まで、買いに行かせられた。
なんでスタジアムとチケット売り場がそんなに離れてるんだよ!!


しかも一番安い席でも80レアル(4000円)もした。
一番高い席はなんと250レアル!!(12500円)


行く前は40レアルぐらいで行けるって聞いていたので、予想外の出費になった。
おかげでレアルが無くなった。
そんでもここまで来て、高いから観ねーよなんて言えないでしょう。


警備


スタジアムの周りは銃まで持った警備がなされている。
そんでもさ、スタジアムの周りはマリファナの匂いがプンプンするんだよ。
マリファナ吸ってフットボール観戦なんて世界では結構当たり前なんだと思う。


コート


あいにくの雨。
席に屋根はないであろうと、カッパを買っていたのが正解でした。


お二人


ホームがサントスなんで、もちろんサントス側の席に座ったのだけど、対するコリンチャンスは9ロナウド、6ロベルト・カルロスが在籍するチーム。
一昔前だとすげー豪華。


ちなみにコリンチャンスはその昔、セルジオ越後が在籍していたチームでもあります。


おねーちゃん


試合前にはおねーちゃん達が盛り上げます。


ろなうどさん


ロナウドさん。
ロビーニョが試合に出なかったのでちょっと残念。


夜


結局試合はサントスが2-1で勝利。
ロベカルは後半レッドカードで退場になり、コリンチャンスは更に1人退場で最後9人になっていた。


ロナウドはなんか動きが緩慢だったけど、ロベカルは走りまわっていた。
ロベカルのFKを見れたのだけど、これは今だ健在って感じだった。


なんかフットボール好きな感じで今回書いたけど、ホントはオレってフットボール全然知らねーのな。




                                       2010・02・28
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

さらばブラジル!!の巻

サントスから再びサンパウロに戻ってきて、今夜ウルグアイへ行くバスに乗る。


しっかしサンパウロはずーっとパラパラ雨が降っていて天気が悪い。
なんだか日本の梅雨のようである。(ちなみに季節は夏)
だが、日本のような天気とサンパウロという関係はあながち無関係ではないみたい。


ブラジルは多民族国家で、サンパウロは日系人が多い事は以前にも述べた。
不思議な事に移民は自分たちの出身地と同じ緯度(南北は逆)に住みたがる。


そのためブラジル国内では、南部3州(アルゼンチン寄り,高緯度側)はドイツ系移民が多くを占め、リオ、サンパウロ(南緯23.4度あたり)は日系人、赤道直下のマナウス、フォルタレーザは黒人の人が多い。


自分たちの出身地と同じ緯度に住むので、天候も似ていて暮らしやすいのかも知れない。
ためになったねぇ~。ためになったよぉ~。


人間ってやはり故郷を忘れられないんですねー。


雨が小ぶりになったので、外に行く。


おくはらさん


オクハラさん通りっていうのもあるんですねー。
オクハラさん何した人だろうー。


落書き


なんだか落書きも日本風。


ブラブラ歩いてショピング街へ。
そして今回来てみたかったのはここ!!



かんばん


ハワイアナスでーす
ちょーカワイイ!!


ってやると女の子みたいだな。
アクセス上がるかな。


うし


ハワイアナスはブラジルのビーチサンダルブランド。
ポルトガル語では「Ha」を「ハ」とは読まずに「ア」と発音するので、正確には「アヴァイアナス」
その他サッカー選手の本田は「ホンダ」でなくて「オンダ」と呼ばれます。


店内



店内はキレイですなー。


びーさん


ハワイアナスのオンリーショップでオリジナルなビーチサンダルを作れます。
ベースを決めまして、


ばっじ


自分の好きなピンを決めれます。


ぷらいす


トップが17.90レアル(895円)、一番安いピンが5レアル(250円)
1000円強でオリジナルのサンダルが作れるんですねー。
ちなみにブラジルの通貨の呼び方はレアルではなく、単数形で「ヘアウ」複数形で「ヘアイス」です。


なのでブラジルで「レアル」と言っても通じません!


と言いたいところだが、別に大丈夫だと思う。
金出せば解ってくれる、そんなもんよ外国語って。


それで買ったのがー


購入


ハイ!コレ!!既製品!!
ここまでオリジナルビーサンの買い方を説明したのに、何ゆえ既製品。


でも左のはサンパウロでしか手に入らないサンパウロリミテッド!!のはず!!
これはお土産として買って帰った。
そしてもう既に配り終えたので、コメント欄に下さいって!!言われても残念ながらありません。


いやー今見てもサンパウロリミテッドのはかわいいなー。
自分には買ってないのだけど。



宿に帰り、夜行バスの時間までパッキング&ダラダラしてバスターミナルへ。


地下てつ


ターミナルへは地下鉄を使って行く。
しかし久々に市内交通に地下鉄がある国に来たな。
コロンビア以来違うか?


車内


車内は広々としていて、電光掲示板などもありさすが都会のサンパウロ。
しっかし、5足もビーサンを持っているとバックパックがクソ重い。
ハワイアナスのビーサンは、作りがしっかりしていてソウルが厚いので重いー!!


自販機


クソ重いバックパックを背負いながら、ターミナルに着くと、何故かボールペンの自販機が。
そんなにボールペンの需要はあるものなのか。



あ、でもこれは「BIC」ってブランドなんだけどこれはちょー重要。
なんでかっていうと、BICはライターも販売してるのだけど、クオリティが全然良い!



中南米では、もっと言うと中米、特にひどいのがグアテマラのライターですぐぶっ壊れる。
オレが使ったライターの中で最短の命を遂げられたのはたったの2回



他の人に聞くと


「地面に落しただけで爆発した」


ってのもあった。


そんなちょっとした手榴弾的な物を持っているなんてどこの戦場よ!?
うかうかポケットに入れてたらち○こをふっ飛ばしかねないじゃないっすか。


大概ガスが無くなるまで使い切る事ができる、「BIC」だけはどこの国に行っても変わらない安定感を発揮してくれるのだ。


というワケでみんなも海外に行った際にはBICを持つ事をオススメする。
ちょっと値は張るけど、すぐぶっ壊れる安いライター何個買ってもしゃーないっしょ。


おばちゃん


サンパウロに着いた時にバスのチケットを予約していたのだが、このおばちゃんはオレの顔を覚えててくれ、すぐにチケットを差し出してくれた。


なんかうれしかったなー。


ブラジルは18日間の滞在だったが、カーニバルもあり1000US$(92000円)以上使った気がする。


物価もすげー高いから、いっつも自炊しててブラジル料理も食べてなかったしなー。でもあんま大したもんは無いだろうけど。日本にいる時話したブラジル人が、ブラジルの有名料理はバーベキューだって言うてたからなー。



しかしもうブラジルみたいな遠い所に来ることもないだろう。
それなのにブラジルは充実感が薄かった。
なんか人の巡り合わせもあんま良くなかったしなー。


でも最後の最後、このおばちゃんのおかげで少し救われたような気がしたよ。



ありがとう!おばちゃん!!



さて次なる国、ウルグアイに行くぞー!!
さらばブラジル!ありがとうブラジル!!


バスの時間が来たのでバスに乗り込む。
夜行バスにはもう何回乗ったことだろう?


何回も夜行バスには乗っているハズなのに、バスの車内はどうだろうか、隣の人はどんな人だろうかとちょっとの期待と不安が入り混じる瞬間でもある。これも旅行の醍醐味。


自分の席を探す。










ばす


!?




おい、シートの前に洗面器がついてるぞ!!
これは遠近短!!(もはやパニくって意味不明)
しかも蛇口の水は出ない。


とりあえずまあ落ち着けよ、オレ。
こんな風流な席が今夜のオレの席なワケないじゃないか。


すんませーん乗務員さん、ボクの席なんかちょっと風変わりな設定になっているんですけどー。


乗務員さんは力強く


「ここがお前の席だ」


とビシーっとおっしゃられました。


ああ、そうっすか、ここがボクの席っすか。




ちなみにウルグアイの首都、モンテビデオにはいつ着くのだと聞くと



「29時間かかるぞ」



○| ̄|_



マジふざけんじゃねー!!
テメー、なんの修行なのか言ってみろよ!!





と、言ってはみたものの、そのままバスは出発したよ。
うん、やっぱりブラジル死んでいいよ


                                        2010・3・1
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。