スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻③~メキシコシティ~

話の始まりはここから→http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-52.html




6月某日

アニキが腕時計が欲しいというのでNクンが付き添って買い物にいったらしい。

1500ペソ(12000円)の時計を買った。
しかもゴールドカードで。

パスポートと持ち金を全て無くしたと言っていたのに、金は持っている。

その後、またアニキが服が欲しいと言い出した。
それを聞いたNクンが、ネパールで買ってきたパチもんノースフェスの服を700ペソ(5600円)で売りつけていた。

どう考えても高すぎる。




6月某日

持ち金とパスポートを全て失った理由が判った。

メキシコ人の女の子と飲みに行って、何かしらの薬物を盛られ、そこで失ったらしい。
カードは送ってもらったらしいが、やられてカードを送ってもらうまでの間、どこで何をしてたかさっぱりわからん。

基本的にアニキはこちらが質問しても、答えない。
自分の事は話したがらない。
しかもスペイン語で話すので、さっぱり意味がわからん。

NクンがアニキのことをLoco(スペイン語で狂人、アホの意)といい始める。
確かにちょっと知恵遅れの子みたいな人ではある。

年齢が判った。
38歳、しかし発言、行動ほんまLocoである。
よくここまで一人でこれたなぁと思う。





6月某日

ペンションアミーゴはMAXで40人ぐらいは入るだろう。

今日もまた1人、旅行者がやってきた。
二等兵だ。

二等兵はグアテマラからLSD(向精神薬)を200枚も送ったらしい。
アホすぎる。




6月某日

アニキが髪を切りたいと言い出した。

二等兵がバリカンを持っていたので、Nクンが切ってやると言って屋上へ。

本邦初公開、アニキの姿!!


モヒカンにされていた。





6月某日

アニキは国籍が未だ不明なのだが、日本食が好きだ。

アニキが日本食が食べたいと言い出したので、Nクンと彼女で食いに行ったらしい。
寿司や、天ぷらなどなんと18000ペソ(14400円)も食ってきたらしい。

国籍も何をしにここに来たのかもわからない謎の人物だが、とりあえずホントに金だけは持っているらしい。
しかし、収入源がどこにあるのかがわからない。
謎だ。





6月某日

アニキは買い物が好きだ。

日本製のボールぺンが欲しいなどという。
発展途上国の子でもあるまいに。

Nクンを連れてウォールマート(大型衣食品スーパーマーケット。西友、イオンみたいなもの)に買い物に行った。
すっかりNクンは子守役だ。


そしてまた、たかがウォールマートで2300ペソ(18400円)も買い物をしてきた。
その買い物の中に


安宿でこの姿はおもしろすぎるやろ


なぜかバスローブが入っていた。
一泊70ペソ(560円)の安宿でバスローブを着て優雅にいる人を初めてみた。
しかも似合っている。
だが、モヒカン。


Nクンも色違いの青色バスローブを買ってもらっていた。
しっかりNクンは利益を享受している。







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻④~メキシコシティ~

話の始まりはここから→http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-52.html




6月某日

アニキはメシを作らない。
なのでSちゃんらが作った料理を食わしてもらったりしている。
カップラーメンですら自分で作れない。


そして外にも一人では出ない。
たいがいNクンと二等兵を連れて出る。
まあ、二等兵はNクンに強制的に連れて行かれるのだが。


一人じゃ何もできないのか?




6月某日

アニキがプータ(スペイン語で売春婦)を買いたいと言っているとNクンが騒いでいる。
が、アニキはそんな事は言ってなかった。
Nクンがしきりにアニキへ「ねぇ、プータ欲しい?プータ?」
と言っていたのをオレは聞いていた。
Nクンはどこかの店のポン引きなのか??


ちなみにオレが初めて覚えたスペイン語はもしかしたら「プータ」かも知れない。
ろくでもない。


しかしアニキもそのうち「ん゛~欲しい、買う」とか言い出した。


22時を周った頃にNクン、アニキ、二等兵、オレでTaxiにて出かける。
やはり危険なメキシコシティ、夜にはそんなに出かけない。
ましてやそういう地域は治安が悪いところが多い。


Nクンがドライバーにどこどこに行けと伝える。
オレは自分がどこに向かっているのかわからなかった。


15分ぐらい走っただろうか。
ある場所で降りた。


暗い。雰囲気は悪い。
やっぱちょっと怖い。
だが道にたくさん女の立ちんぼがいた。
ワンブロックに20人ぐらいいる。


暗いのであまり顔は見えないが、とりあえず物色。
あまりかわいいのはいない。
つーかメキシコ人の女は太ってるのが多い。


Nクンがどの女がいいの?とアニキを急かす。
アニキは「うーんうーん」とただ唸っている。


アニキが中々決めないのでNクンが痺れを切らし、あの女はどうだ?と勝手に話を始める。
スペイン語で何やら話している。


「ねえねえアニキ、この女150ペソ(1200円)だってよ。値切ればもっといけんじゃね?」



安うっっっ!!!



クオリティはサイボーグのような体つきをしていて最悪だが、メキシコの物価からするとかなり安い。


相場がわかったところで10数分物色して歩いたが、結局アニキは買わなかった。
何をしに行ったのかよくわからない結果となったが、アニキがタク代を出さされているので面白い社会見学となった。




6月某日

アニキがペンションアミーゴに来て数日経った。


アニキは意味がわからないし、ちょっと気持ち悪い人なので他の宿泊者も元々絡む人は少なかった。
アニキの事を怖いという人すらいた。
確かに意思疎通がうまくとりにくいのでわからなくもない。


そんな感じなのでこの頃にはアニキに絡んでいく人は

Nクン
二等兵
オレ

の3人しかいなくなった。


アニキもオレら3人以外には接触を持とうとはしない。


Nクンはアニキのような人間と絡むのは得意だと言っている。
オレも得意な方なのでアニキとは話すし、絡んでも行く。


Nクンはスペイン語も理解できるので、必然的に世話をすることになる。(別に世話する必要は無いのだが)

とにかくNクンは世話をすることで利益を得る事も多く、そしてアニキもNクンを信頼しているのか、今のところお互いにギブ&テイクの関係であることは間違いない。




6月某日

またNクンが騒いでいる。
何事かと話を聞いてみる。


するとアニキの荷物の中からカードIDが出てきたらしい。
それが何故かアメリカのID。



















そのIDの名前はミッチェル


















どの顔を持ってミッチェルとほざくのであろう。
そーいえばアニキはたまに英語も話す。


おいおいアニキ、まじで何人やねん。。。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻⑤~メキシコシティ~

話の始まりはここから→http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-52.html



6月某日

最近、Nクンの様子がおかしい。
あまり酒は強く無いハズだが、ビールやワインを昼夜問わず飲んでいる。
そして朝起きるのがえらい早い。


オレは遅くても10時ぐらいまでには起きるのだが、Nクンは7時くらいには起きていたりする。
結構遅くまで起きているのにも関わらずだ。

でも、昼は見かけない事も多い。

晩にこれと言われ、ペロっと舌を出された。
小さな紙のようなものが舌の上で踊っている。


LSDだ。


二等兵が持っていたものだろう。
おそらく夜は寝ずに朝を迎え、昼間寝ているのだろう。
そして、やたら酒を飲んでいるのはそのカモフラージュの為か。


ホントにドラッグ好きだなぁ。





6月某日


アニキがまた買い物に行きたいと言い出した。


今度は何が欲しいのかというとエロDVDだ。
宿でも盛んにエロ本が無いのかと言っていた。
しかも日本のモノがいいという。


メキシコには日本のエロDVDなんて無いとみなさんは思うであろう。
が、あるのである。


メキシコのテピートと言われるクソでかいメルカド(市場)には何でもある。
衣服、ちょっとした家電、文房具、安いタバコ、もちろんドラッグも。


そこでは海賊版のDVDがたくさん売られている。
確か1枚10ペソ(80円)も出せば、様々な映画、音楽DVDが売られている。


ちなみにメキシコシティにいた頃にマイケルジャクソンが死んだ。
海外でマイケルジャクソンと言えば日本よりも格段にスターである。



マイコーは死んでも大人気!!
死んだ日から何日かは地元新聞の1面を飾っていた



海賊DVD屋の店先にはテレビが置いてあり、そのモニターにはマイケルジャクソンのDVDの映像がどの露天にも流れていた。
マイコーは改めてすごいなと思った。




話を戻す。


アニキにどんなんがいいの?と聞くと、アニキは日本の熟女モノと制服などのコスチュームモノが欲しいと言いやがった。
ジャンルを指定するなんて、メキシコで日本のエロDVDが手に入るだけでもありがたいと思え!!
そしてまた、Nクンと出掛けていった。


帰ってきたので今日の収穫品を見せてもらう。
和モノDVDが2枚に、洋モノエロ本が4冊。






しかし、エロ本は4冊のうち、2冊は何故かゲイモノだ。






アニキは両刀使いなのだろうか?
エロの事まで謎だ。
つーか、もうアニキは意味がわからん。


ネタを仕入れたら観たくなるのが男のサガ。

アニキは談話室にあるテレビで観ようとしてたが、プレイヤーがうまく動かなくて観れなかったらしい。
たくさんの人が泊まっている場所の公共テレビで、エロDVDを観ようとするとはアニキはナイスガイ過ぎるぜ!





6月某日

夜に一本の電話がアニキ宛にかかってきた。
いつものようにNクンも電話の会話に混じっている。


電話が終わった。
Nクンに話を聞く。


「アニキのお母さんから、電話があった。日本からだった。」



!!



アニキのお母さんはちゃんと日本語も話すし、フツーの人らしい。


そしてアニキは











芸術家らしい








アニキが芸術家!?
えー芸術家って「この壷は違う~!!」ってガチャンと地面に叩きつけて割る職業の人でしょ!?
Nクン曰く、陶芸をしたり絵を描いたりしてるらしい。




つーか芸術家で世界を放浪してるなんて、現代のリアル山下清かよ!!




なんか言動や行動も似てるしなぁ。。。



しかもお母さんが、アニキを迎えにメキシコまで来るらしい。
38歳のおっさんがお母さんに迎えに来られるってどういう事やねん!!
しかもメキシコまで!!



謎だらけだったアニキの素性がだんだんと明かされてきた。



こうしてペンションアミーゴの夜は今日も過ぎていく。




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻⑥~メキシコシティ~

話の始まりはここから→http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-52.html


6月某日

結局、アニキのパスポートは日本のものであると判ったので、アニキはNクン達と一緒に再取得に行った。
日本人でよかったと思った。(いいのか?)





6月某日

アニキはここのところ買って来たエロ本ばかり見ている。
ベッドに寝ながらずっとだ。


昼間オレは自分の部屋のベッドでうだうだしていた。
ヒマなのでアニキを冷やかしにアニキの部屋に行く。





オナニーしとる。





昼間から堂々とドミ(1部屋に数人で泊まる部屋。プライベートは無い)でオナニーしてる人をオレは初めて見た。


しかし、オレに見られようが、アニキの右手の高速運動は止まらない!!


そんなん見ててもおもしろくないので、部屋に帰った。


数時間後、Nクンがオレに外付けDVDドライブを貸してくれと言ってきた。
何に使うのか尋ねると、アニキが買ってきたエロDVDを観たいというので貸してくれと。
オレのパソコンを使われるワケでもないので貸す。


数分後どうやらうまく観れなかったらしく、Nクンがオレにパソコンを貸してくれという。
えーイヤだなぁ、と思ったが、どーしても貸してくれと言われるので貸した。


というか、アニキは自分の事なのに、何故自分で頼みに来ないのだろう。
そしてNクンも、どーでもいい事なのにアニキの為になんでそんなに熱心なれるのであろうか。


今度はオレのパソコンとドライブなのでちゃんと観れたようだ。
一緒に観てても仕方ないので部屋に戻る。


そろそろオレも信長の野望の続きがやりたくなったので、返してもらいに行く。


またオナヌーしとる。


アニキの性欲は底なしだぜ!!


つーかアニキ、オレのパソコンを腹の上に乗せてオナヌーするのやめてください!!
オレのパソコンが犯された。。。○| ̄|_





6月某日


メキシコ在住で日本語を教えてる人達の勉強会が、メキシコシティーであるらしく、その先生が泊まりに来た。


先生がみんなとリビングで話をしてた。


するとNクンとアニキが来た。
見知らぬ女性が座っていたので、Nクンがアニキにあの人どうよ?話かけてみなよとけしかけた。




「コーヒー飲みますか?」



!!


そして自ら湯を沸かしに行った。


普段は何もしないアニキが動いた。
そしてアニキは意外にもノリノリで話かけ始めた。
アニキがオレら以外と自ら話しかけるはすごく珍しい。


その後もどこから来たのだの色々話かけていた。


どういう経緯でそういう話になったのか、アニキが絵を描いて先生にプレゼントする事になった。
今ここでアニキの本領が発揮される!!


ドラえもんを描くと言って描き始めた。
普段は本当にアホみたいな人だが、どんな上手い絵を描くのか興味深々で見守っていた。


うーん、うーんと唸りながらアニキが描き始める。


「ここが難しいんだよねぇ」と言うので、プロにはドラえもんにもこだわりを持って描いているのかと覗いてみると


うーん、うーんと唸りながら、ドラえもんの「ヒゲ」の部分を描いていた。


難しいって、そこかよ。。。


しかも全然上手くない。
誰もが「本当に芸術家なのか?」と疑うレベルの絵だった。


が、先生はうまく褒めて絵をもらっていた。
みなさんにも見てもらいたいのだが、写真に収めるのを忘れてた。


しかし先生もアニキをあやすのが上手いので、だんだんアニキが障害を持ったクラスの生徒に見えてきた。




6月某日


二等兵も髪を切りたいと言ってきたので手伝う。
バリカンで髪を刈る。
が、途中で充電が切れた。



ただの変態やん


ただの変態になった。




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

パラグアイのカーニバルは帰れないの巻

たまにはね、リアルタイムで昨日の事でも書いてみようと思う。



パラグアイはシウダーデルエステに来た。

ここら辺はややこしいのだが、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイと3つの国境が隣合わさっている。


昼間にブラジル側のイグアスの滝を見て、シウダーデルエステの宿に帰ってきた。


晩飯を食い宿に戻ると、昼間にテレレ(パラグアイ、アルゼンチンのお茶)を一緒に飲まないかと誘ってくれた何人なのかわからない、同じ宿の男が「今日はカーニバルあるよ」と言ってきた。


最近また旅行がおもしろくなくなってきている。

こういう突発的なお誘いにも、絡んでみるのも悪くない。
久々に外国旅行者と絡んで見るかと思った。


旅行は知らない人と絡んで行くとたまに面白い事がある。
旅行とは人との繋がりなのだ。


でも、外人の所に日本人1人で行くと疲れる事も多い。
そしてたまに人を選ぶ判断を間違えると、トラブルにも会う。


まだ20時前。一緒に行くかと誘われたので、しょーもないカーニバルだと思うが行って見る事に。


外に出て歩きながら会場に向かう。
彼の名前はアルベルト。出身はパラグアイの首都、アスンシオン。
年は30半ばぐらいだろうか。


どうやらアクセサリーを売りながら移動しているらしい。
次はブラジルのリオに行くと言っていた。
今からブラジルもカーニバルが始まるので、いい商売になるのだろう。


このメリーゴーランドは人が回して回ります


会場近くに着いた。
どうやら、カーニバルの会場の中に入るには入場料がいるらしい。
会場には入らずに、その周りもいろいろ盛り上がっているので歩いて見て周る。
しかし、本格的に盛り上がるのは深夜だという。


アルバルトの友達?のアクセサリー売りの奴らとだべる。
その間にも知らない奴らとすぐ握手して、話をする。
こっちの奴らはすぐ友達になる。
まさにラティーノ。


小一時間だべって(全然話はわからない)、またフラフラ歩く。
オレはもうこの時すでに歩いて1人で宿に帰れなくなっていた。


こういうときに、外人は何を今目的に歩いているのかなどわからないので困る。
言われるがままに歩く。
まだ時間的にも迷いながらも帰れるかもと思ったので、もう少ししたら帰ろうと思っていた。



するとまた違うアルベルトの友達が。
またわからん奴らが登場する。


パラグアイ人2人、アルゼンチン人1人、3人の野郎共だ。
ビールをもらいながらだべる。


アルベルトが二人でまたどこかに行こうという。
どこに行くのかもわからず歩く。


人気の無い、会場の離れの方に歩いていく。
まさか、犯される!?


ただ楽しくなるタバコを吸いに来ただけだった。
ありがたくオレも頂く。
今さっき歩き周っていたのはこれを捜していたのだろう。


また今さっきの3人の所に戻る。


戻ると、楽しくなるタバコのおかげでえらい楽しくなってきた。
こりゃ何か違うもんが混じってるんじゃないか?というぐらいの効き具合だ。


すると、アルベルトはオレにこの3人と居ろと言ってどこかに行ってしまった。
オレも一緒に行くからと行っても、こいつらと居ろと。
オレ1人じゃ歩いて帰れないんですけど。


気がつくと時間は23時を回っている。
そして周りを見ると音楽もガンガン鳴り、俄然盛り上がってきた。
あれ



ケツがプリプリなんすよ


なんか


米米クラブにこんな人いなかったけ?
これって、結構カーニバルなんじゃない??


こんなとこのカーニバルだと思ってたらしっかりしてる。



3人が行こうというので歩き始める。

まさにラテンって感じでノリノリで撮らせてくれた

会場の周りではスプレーが売られていて、みんながかけあっている



汗と混じって気持ち悪くなるよね
もうぐちゃぐちゃになってる


楽しいタバコのせいもあってかオレも俄然楽しくなってきた。


すると3人、会場の中に入るという。
仕方ないからオレも行って見ることに。
ダフ屋からチケットを30000G(600円)で買う。



しっかりチェック

偽物でないかを確かめる為にわざわざ入り口までダフ屋の兄ちゃんを連れてきた



会場に入るとまた、友達が来た。
女の子2人と、男1人。


おー女の子が来た。
ずっと男ばかりでむさ苦しかった。


移動している時、ホントにホントに少ーしだけ英語が話せるアルゼンチン人の男がオレにこっそり耳元でささやいた。



「フリーセックス」


!!!!!



ん、今なんとおっしゃいましたか??




「フリーセックス」

   ↓

「無料でセックス」

   ↓
    

「<タダで女の子とえっちな事ができる!!」




ああ、フリーセックス。
なんという素晴らしい響きなんだろう。


カーニバル、なんて隠微な言葉。
本当にカーニバルに来てよかった!!
Vivaカーニバル!!



今ならなんでもイケます!!
この子らが今夜楽しませてくれる女の子なんですね!!



というかこの会場、そのまんまカーニバルだった。

うまく撮れないのよね。。。
ちゃんとスタンドもあったし、行列で踊ってた




今からブラジルに行くっていうのに、もうカーニバル見ちゃった。
そりゃブラジルのカーニバルの方が人も多くて、大掛かりなんだろうだが、これはこれでもう満足してしまった。
つーかここで、これだけ盛り上げってるんなら、ブラジルはもっと大変なんだろな。。。


そんなこんなしてるうちにもう深夜2時になった。


今日は朝も早かったし、宿を出て6時間以上もフラフラしてるので疲れても来た。
明日はエンカルナシオンに移動の為、朝も早い。



そろそろ帰る事を告げる。



すると道は知ってるのかと言われる。
知らないが帰るというと


「オレらは朝6時に帰るので、それまで待て」


えーあと4時間もあるじゃん!!
待てねぇよ。


ここは南米パラグアイ。
シウダーデルエステのバスターミナル付近に宿を取っていたのだが、その周辺はバラック小屋が建ててあり、ちょっとしたスラムで治安は良くなさそうだ。


オレの安否を気遣ってくれているのかと思い
1人で帰ると危ないのか?と聞く。


別に危ないとも、何とも言わず、とにかく6時までここに居ろと言われる。


なんでーなんで帰してくれないのー。


そんなやり取りをしている内にオレは気付いた。
どうやら1人で帰ると危ないだとかそういうワケではないらしい。


オレが考えるにたぶんあいつらの脳内では、


『なんでお前はカーニバルなのに帰るんだ?朝まで踊って、飲まなきゃダメだろう!だから6時まで待て!!』


という事みたいだ。
オレの安否よりも、カーニバルを楽しむ事が大切なのだ。
カーニバルを楽しまない奴らは人間じゃねえ!
1人の脱落者も許さん!と言わんばかりだ。


頼む、帰らせてくれ。。。


すると1人がアルベルトをどこからか見つけて来た。
このアルベルト、何をしてたかというと自分の商売、アクセサリーを会場内で売っていた。


おおーどこに行ってたんだー。
オレを宿まで連れて帰ってくれ!!アルベルト!!
アルベルト曰く、


「後から一緒に帰ろう。それまではこいつらと踊って、飲んでいろ」


この人もですか。。。○| ̄|_
つーかそれ何時間後よ!?
6時か!?


またタチが悪い事に、アルベルトさんオレが帰るというと怒る。
殺す!!と言わんばかりに怒る。


なんでオレが怒られてんだよぅ。。。


とにかくアルベルトさんがいる間は帰れなさそうだ。
仕方がないのでアルベルトがアクセサリーを売りに行った隙に帰ろうと思い、時間を過ごす。


もういなくなったと思ったので、帰る旨を伝える。
やはり引き止められるが、でも、もう疲れたし、明日も早い。


強引に帰ろうとする。
が、その1人がちょっと待てとどこかへ行った。



またアルベルトさん、連れて着てくれた。。。○| ̄|_



なんで商売しに行かずにだべってんですか!


アルベルトさんが、なんで踊って、飲まないんだ!!と烈火のごとく怒る。
頼むから帰らせてください。。。


アルベルトさんは怒っている。
アルベルトはオレの宿の部屋を知っているので、帰って来てからも怖いが、もー帰る!!


ありがとうと言ってその場を立ち去る。


やっと解放された。
えらい疲れた。
Taxiで無事宿に着く。
宿に着くと深夜4時近くになっていた。



緑の縞々、21歳。見えんわー
みんなどうもありがとう

















あれ!?フリーセックスは??






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻⑦~メキシコシティ~

話の始まりはここから→http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-52.html


2009年7月某日


Nクンと彼女のSちゃんが最近よくケンカをしてる。


Nクンがアニキの事ばかりかまっているので、Sちゃんが面白くないらしい。

オレの目の前でNクンが彼女に殴られていた。


Sちゃんは怖い。



7月某日

アニキが買い物に行くと言ったら、Nクンや二等兵ら以外の人間も付いていった。

オレは行かなかったのだが、いつもは全然絡まない奴らもアニキに色々買ってもらっていた。

ある女の子が制汗剤を買ってもらっていた。

あくる日、アニキがその女の子にあのシャンプーどうだった?と聞いたらしい。

アニキは自分と話さないヤツにモノを買わされているのが解っている。
アニキはそういう性格だから、ハッキリ言えないんだろう。


オレも、みんな絡まないクセにそういう時だけは付いて言って、モノだけ買わせてヒドイなと思った。

乞食じゃないんだから。



7月某日

毎日こんな感じ


朝、寝ているとまた外でNクンが騒いでいる。

なんなんだろうと思い、起きて聞いてみるとアニキが


ウンコ


を漏らしたらしい。


38歳にして、うんこを漏らすなんて初めて聞いたわ。




7月某日

アニキのお母さんがメキシコに来た。

宿の近くにホテルを取ったみたいで、Nクンと二等兵が訪ねて行ったので、オレも一緒に行った。

お母さんにアニキの話を聞く。どうやらアニキは


・アメリカへ大学の特待生として絵を勉強しに行った。

・その後、アメリカからスペインやメキシコ等へも特待生として勉強しに行った。

・アメリカに帰ってきてから、ニューヨークで活動していた時にイッセイ・ミヤケのコレクションに参加。そこで結構なお金をもらったらしい。

・昔はフツーの人だったらしいが、30ぐらいからちょっとおかしくなった。


なんかすごいな。

お母さんがアニキのインタビューが載ってる雑誌も見せてくれた。
あんなアニキが雑誌のインタビューに載ってるとは、さぞかしインタビュアーも大変だったに違いない。


お母さんはアニキを連れて帰りたいのだが、アニキは帰るのを嫌がっているらしい。

それをNクンが取りまとめるという話になった。


はっきり言って、アニキはちょっとフツーの人とは違う。
まともに説得しても聞いてはくれないだろう。
専門家が必要なぐらいだ。


しかしNクンは

もう酒を飲ませて説得するしかないですね!!


おいおい、それで説得させるるもりかよ!!

が、お母さんもそうですね!と。

なんか話おかしくないか??酒飲ませてその時に帰ると言わせるって。
そんなんでアニキは納得するのか?


結局、3000ペソ(2万8000円)も飲食費としてお母さんから貰った。


帰って、Nクンと二等兵とアニキが出かけて行った。
オレは何か気が引けたので行かなかった。


深夜にNクンと二等兵だけが帰ってきた。
アニキはいない。

話を聞く。

アニキの大好きな日本食でも食べながら、話をしてきたのかと思いきや、何故かディスコテカ(クラブ)に行ったらしい。
そんな音楽がガンガン流れている所で話なんてできるワケがないだろう。

その後、アニキがまたプータ(売春婦)が買いたいと言ったらしいので、そういう店に行ったらしい。
今アニキがいないのはお楽しみ中。


なんじゃそら。


ただ、お母さんから貰ったお金で遊んできただけじゃないか。


Nクン、本当はもっと早い時期にメキシコのラパスに行くと言っていた。

が、ここにきてラパスの航空券のチケットを買ってたのに、アニキの面倒を見てたから行けなかった、それをアニキのお母さんに補填してもらわなければなどとと言い出した。
オレはNクンが航空券を買ったなんて話は1回も聞いた事がない。


アニキはNクンに面倒を見てくれなんて事は言ってない。
好き好んでNクンがやり始めた事だ。


結局、航空券代(彼女の分も)とアニキが来てからの宿代もお母さんから引き出したらしい。


なんだかワケがわからなくなってきた。



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻 完 ~メキシコシティ~

話の始まりはここから→http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-52.html




7月某日

ペンションアミーゴにはメキシコ人も宿泊というか、もう住み着いているビセンテという人がいる。

彼は宿の近くでタコス屋台を営んでいる。


宿の中を歩いていると日本語が書いてある1枚の紙切れを見つけた。



ひらがなが書いてある。

かるね 1040$
さる  7$
いえろ 40$


「かるね」は肉
「さる」は塩
「いえろ」は氷


なるほど、タコス屋の材料費を日本語で書いてある。
日本語を勉強していると言っていたので、勉強も兼ねて書いたのだろう。

タコスを作るのにこれだけ材料費が掛かるのかと読み進めると


タコス屋も大変ですな


やくざ!?

しかも2つ!!

2つのやくざ団体からショバ代を取られている。

合わせて400ぺソ(3200円)

日本もメキシコも変わらないのだなぁと思った。





7月某日

初めてアニキとNクンと3人で出かける。

アニキが市内の方に行きたいと言ったので、行き先を調べて地下鉄に乗る。


熱心に調べているけどー


地下鉄に乗り移動。


が、アニキはいきなりここで降りるという。
全然違う所で降りてしまった。


ここどこよ??


結局降りた場所がわからないのでTaxiで移動。

アニキが腹が減ったというのでまた日本食が食べられる所へ。
メキシコはアニメやマンガ好きな人が多い。
店はまるでオタクが集まるような店だった。


それよりも今日はNクンの様子がおかしい。
いつもは元気いっぱいなのに今日は元気が無い。
何かを考えいるのか、憂鬱な顔をしている。


Nクンが不意に話出す。

「彼女に子供が出来た」

ええー!!

だから憂鬱だったのか。

これからどうするの?子供は産むの?と聞く。


「出来たものは仕方ない、でも金が無いから、今からは悪い事でもして働くしかないな」


ええー!!
だからってそんな事して育てたら子供に悪影響が。。。


ある意味すごい取り合わせ
左は参ってるNクン

人生は何が待っているか解らない。





7月某日


オアハカでお祭りがあるのでそろそろ行かなければと思っていた。


記念にアニキにオレの絵を描いてもらおうと思った。
アニキ自分の事も言わないし、絵も描けないと言うがムリを言って描いてもらった。


オレはカープの帽子を被っている(別に熱烈なファンでもない)
アニキがカープの帽子を被っていた方がいいというので、それで描いてもらうことにした。


んーんーと唸りながらアニキが描いてくれる。


最初はオレの方をちゃんと見てくれながら描いてくれていたのだが、だんだんオレの方を見てくれなくなった。
オレは不安になり描いてる絵を覗きこんで見た。



芸術家はよーわからん


全然描いてないじゃん!!
そして何でかひらめきマークが。
もう自分の世界に入っとる。


見ながら描いてくれてたのはカープの帽子だけだったんか。。。



アニキの事を観察している間に、ペンションアミーゴに来て3週間も経っていた。
オレもそろそろ本気でオアハカに行こうと思った。



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

貧乏旅行ダイエット in メキシコシティー 2009・6月

もうすっかり忘れていたこの企画。

メキシコに入ってからというものの、ずいぶんとご飯が変わりました。
牛肉食えるもんね。

メキシコと言えばタコス。
値段は様々ですが、5個で15ペソ(120円)とか。



これは安かったよ
これは中身が少ない。


メキシコに来て物価が上がったので、自炊をする事が多くなりました。
でも、タコスはメシにならない!!
食べたその時はお腹いっぱいになるものの、腹持ちが良くないのですぐ腹が減ります。


もうホントに名前覚えてない
これはエンチラーダだったかな

まあーこってりしたもののが多くなりました。


こってりです
なんかチーズ溶かしたやつ

↑のはとてもじゃないけど、これだけじゃ食えなかった。


そーいうワケで、はい体重!!






メシがねぇ~


56kgですね。
前回インドで量った時が59.7kg。


約1ヶ月ちょいで3.7kg減。

もうずいぶん前の事だけど、3.7kgも減ってたのか。

やっぱインドは痩せるな!!

たぶんネパールのヒマラヤ&インドで熱、下痢、嘔吐で痩せたと思われる。


インドで調子崩した後は54ぐらいだったかもしれない。
そういう時にしっかり記録を残してないのが、やる気の無さを伺えます。


メキシコに来た最初の頃もインドで調子崩したのを引きずってたからなー。
インド恐るべしです。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

いよいよ旅行も終盤戦!!

どうも、すこんぶ☆たろうです。


今日、ブラジルはリオ☆デ☆ジャネイロに着きました。


旅行が始まってからブラジルのカーニバルには行くと決めていましたが、ついに終わりました。

南米に入ってからというものの、このカーニバルのおかげで、ずいぶんと急ぎ足になってしまいました。


クスコを除き、3泊以上できない状態が続きえらく疲れました。


カーニバルが終わった今、もーこれでゆっくりできる!!


旅行はゆっくりするものです!!


あと南米で行くところはウルグアイ、アルゼンチン、チリ。
しかし、ボクの旅行も野球で言えば8回のウラを終わったところ。
カープで言えば永川が出てきて、ひと波乱起こしてくれるところ。

でも、もーゆっくり周る。
もームリです。急ぎ足はムリなんです。
だって、楽しくないもん。


帰国予定も決めました。
ゴールデンウィーク明け!!


でも、もー金ないよ!金ないよ!!


こりゃね、親に借金ですよ、借金。
借金したくないけど、しゃーないわ。
ムリムリ、ちょー節約とか、もームリ!!


食いたいもんは食いたいし、酒も浴びるほど飲みたいんじゃー!!


ホントは南米も飽きたから、ぜんぜーん違う所に行ってやりたいんですがね。
中近東とか。


つーことで、あと3ヶ国旅行して帰ります!


あと誰か、現地人とも日本人旅行者とも絡みたくない病を治してください。。。


あ、旅行のゴールは南米大陸最南端、アルゼンチンはウシュアイアです。
遠いなぁ。。。







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

今となっては何をしてたかよく解らないオアハカ

さて、話はメキシコに逆戻り。


長く居過ぎたメキシコシティに別れを告げ、オアハカに。
7月にはゲラゲッツアというお祭りがある。


ゲラゲッツアは豊作を願い、民族衣装を着て踊る祭りである。


ゲラゲッツアまで少し時間があったので、モンテアルバンという遺跡に行った。


モンテアルバンについて-wikipedia



遺跡ですよ、遺跡


メキシコシティでも決してアニキだけを観察していたワケでは無く、テオティワカンという遺跡を見に行った。
でも、みんな同じに見えるのよね。。。


矢を射ってやりたいですな



行った時にはウィキを見て行かなかったのだが、改めてみるとおもしろい。
Wikipedia様様である。


みなさんも遺跡を見に行くときはWikipediaを見て行って頂きたい。
何故ならここらへんの遺跡は全部同じに見えて、面白くなくなるからである。
ぶっちゃけ、もう遺跡はいいかなと2つ目の遺跡で思った。



町はお祭りムードムンムンである。

[広告] VPS



そしてゲラゲッツア当日。
良い席はちゃんとそれなりの値段で買う事になる。


だからタダで観れる自由席を取りに朝から行った。


あれがコロッセオか!


遠めから見ても人が多い。


遠いもん。。。


無事、会場内に入る事はできたが、いかんせん遠い。
そして日陰もないのでクソ暑い。
やはりそれなりである。


近くで観れなかった為、眠たくなって寝てしまった。
おかげで上の写真しか撮ってない。
何たるやる気のなさだろう。


だが、オアハカピーポーの心意気は十分感じられたので良しとしよう。
そしてゲラゲッツアは終わった。


こちらに着てからというものの、何があるかさっぱりわからなかった。
アジアならばまだ聞いた事がある名所などがあるが、いかんせん日本ではあまり中南米の情報は入ってこない。


ペンションアミーゴでサンホセ・デル・パシフィコっていう所があるからそこに行ったらいいよと聞いていたので、次はこの長ったらしい名前の所に行く事にした。

ちなみにここの名前を覚えるのに3日かかった。


サンホセ・デル・パシフィコのバスチケットを買いに行ったものの、全然買えん。
サンホセ・デル・パシフィコ!サンホセ・デル・パシフィコ!!と連呼していれば買えると思ってたのに、あっちが何か言ってきて、それがさっぱりわからんので、全く買えん。


オレも「明日」とか「何時」という言葉すらスペイン語がわからないので、チケット売り場のおねーちゃんとコントをやってるみたいだった。


メキシコシティでは、スペイン語がわからなくても過ごしていけたので全く勉強していなかった。
スーパーに行っても品物出せば買えたしね。


3日間、毎日行っても買えなかった。
何故買えないのか全く理解できなかったが、我ながらもう少しがんばれよと言いたくなった。


結局、出発する日に無事買えて、サンホセ・デル・パシフィコに向かう事になった。






                                            2009・07
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

きのこ三昧?サンホセ・デル・パシフィコ

バスチケットも無事買え、サンホセ・デル・パシフィコ(長ったらしいので以下サンホセ)に向かった。


サンホセにはポチュトラ行きのバスに乗り、途中下車しなければならない。
なので、ドライバーにサンホセに着いたら教えてくれと頼んでいた。


サンホセは山の中にある小さな集落だ。
山の中をバスは行く。


そのうち寝てしまって、ふと起きるとサンホセという標識が見えた。
もしかしたら、ここがサンホセではないかと思い周りの人間に聞いてみるとそうだという。


あぶねー、ポチュトラまで行くとこだった。
やっぱり信用できんな!


山の中だから霧が濃い


バスを降りるが、何もない。
ホントに小さな集落だった。


なんかカッコよかた


しかも標高が高いので寒い。
小さな村だが散策をする。


こーいうのは誰が書くのだろね?


腹が減ったのでレストランを物色。


サンホセは違うキノコの名産地でもあります。1Hit70ペソ。でもオレはあんま効かなかった


すると一軒の店がマツタケ、マツタケと言ってきた。
メキシコでマツタケってほんまかいなーと見せてもらう。


キノコの他にも草の名産地です。たくさんあって200ペソ。チョコ5g250ペソ。質は良い。


形はでかいが、匂いはマツタケだ。
でも、香りは薄い。


確かにここらへんではキノコの置物などキノコをモチーフにした土産物がたくさん売っていた。


マツタケパスタがあるというので、150ペソ(1200円)と高いが試しに食べてみる。


この情報はなかった


味はまあまあ。
見た目以上に結構ボリュームがあったので、卑しくもマツタケを集中的に食べた。
今見るとキノコのナフキン立てかわいいな。


こんな何もない(ホントはあるけど)所なのに、宿代がマツタケパスタと同じ値段もするので2泊で移動をする事に。


じいさん、いい味出してる

宿の近くにいる何を話しても反応が薄いじいさんに別れを告げ、今回の旅行初めてのビーチに向かった。



                                           2009・7
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。