スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

明けました、おめでとうです&めりーくりすますの巻

明けましておめでとうです。


えーっと日本でお雑煮とか食ってる人は、のどにモチを詰まらせて正月から掃除機で口を吸われたらいいと思っています。




それでクリスマスイブの日にペルーはクスコに来た。

人がウザイ


昼間からすごい人がいたが、夜中にはそこまで人はいなくなった。
花火はあげていたけど。


朝起きたらプレゼントがありませんでした


日本人の中には海外のクリスマスはすごく盛り上がると思う人がいると思う。

クリスマスを狙って海外に行く人もいるかもしれない。
でも、海外でクリスマスに旅行はしない方がいいと思う。


特にキリスト教の国ではそうだ。


なぜなら、クリスマスは家族で家にてパーティをする為、日本みたいに外で騒いだりはしない。
ましてや恋人同士ホテルで、あんなことやそんな事でにゃんにゃんする日ではない。



イギリスのロンドンにいたっては、イブの夜からは公共のバスも動かなくなるし、ほとんどの店も閉まる。
物は買いにくいし、町には誰もおらんし、どこにもいけないしでその時期に旅行するとがっかりすると思う。



キリスト教徒にとってクリスマスは日本における正月なのだ。


年末年始に移動するのはイヤだったので、マチュピチュに行った後にまたクスコに帰ってきた。







かぶりモノは得意です
鍋をしたりして年末を過ごした。(写真は調理例です)





違う宿に泊まっている人の部屋でNHKが見られたので、31日の朝の5時(ペルーの時差は14時間。日本が早い)から紅白歌合戦を見た。







春日が美川を完璧に食ってます

なんで春日!?





我々の受信料の一部はこの衣装代に使われてます
もう本人も引っ込みがつかないのじゃなかろうか


そして、カウントダウンはクスコのちょい市外でパーティがあるので気合を入れて行った。ちゃんと買う物もかったし、準備万端!!


が、17時スタートにも関わらず、18時に着いてもまだ全然準備ができなかった。

しかし、一向にオレら以外の客はこない。

雨も降ってきて、すごく寒い。クスコの標高は3300m以上だ。

22時16分、年越しまであと2時間を切った。

客はオレらを含めて15人もいただろうか。



寂しい限り
誰も踊っていない


おれ「今から人がたくさんくると思う?」

2人「ん~」

おれ「ねーもしね、今クスコ市内にいたら、この雨の中タクシーで20分もかけてここに来る?」

2人「来ないねぇ。。。」




よし!帰ろうww





夜は写真がブレマス




帰って広場の方に行くと、すごい人がいて大盛り上がりだった。

帰ってきてよかった。。。雨も止んでいた。
あのままだと悲惨な年越しになっていただろう。
オレらの決断力に乾杯!!
Yes or Noしかないのだ。





2010 new year in Cuzco



広場は軽く戦場になっており、中国製のロケット花火やら打ち上げ花火をみんながやっていた。


カウントダウンが始まり、あけおめー


その後も広場をウロウロしてた。

が、ロケット花火や爆竹をそこらへんでやっているので危ないし、怖い。


と、思っていたらやりました!!
ちょいグロ 閲覧注意

↓↓↓↓↓


























まじで痛い

たぶん何かが一緒に飛んできたのだろう。


音だけの花火が近くで鳴ったと思ったら小指が痛かった。

今年もいいスタートが切れました。。。



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

Twitterを始めましたの巻

つい昨日、サイフをスラれた、すこんぶ☆たろうです。
全くいい新年です。


表題通り、始めてみました。
もう到底リアルタイムのブログは書けないでだろうので、こっちでつぶやいています。
よかったらフォローしてくださいな。


http://twitter.com/sukonbutarou



追記   
Twitterは旅行者にとってもしかしたらすごく有用なツールなのかもしれません。
旅行者のみなさんもTwitterしませんか?
(いま旅行してる人でここ見てる人ほとんどおらんけど)
                                          2010.1.7
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

クンカクンカ

もう最近時系列がぐちゃぐちゃなので、今回のフライトが不安だった件↓http://sukonbutarou.blog20.fc2.com/blog-entry-37.html




ついにインドを離れる時が来た。

タクシーで空港に向かう。



いつも通りです



が、いつものように車が壊れたので直して行くとの事。
オレは急いでるのに最後の最後までインドでいてくれた。



空港はキレイです


着いても不安が残るなぁーっと思いつつ空港へ向かう。

空港に着いてチェックインの為、航空会社のカウンターに並ぶ。
並んでいると航空券のチェックが入る。
空港間の移動があるだけで、何も問題があるはずがない。
インド人職員に余裕のポーズで見せ付ける。











「おめーこのチケットじゃ行けねーよ。」




な、なんですとー!?

ふざけんなー!!行けないワケないじゃないかー!
オレは行くっていったら行くんだよ!!
とりあえずテメーじゃ話にならんからマネージャー呼べー!!



インド人職員「まあ、落ち着け。お前はアメリカに行って、その後メキシコにいくんだよな?メキシコから出るチケットは持ってんのか?」



んなもんも持っとるワケないじゃないかー。
おりゃーメキシコから陸路で中南米行くんだよ。


インド人「アメリカ経由でメキシコに入る場合、メキシコから出るチケットが必要だ。持ってんのか?あん?」


なんだそれー!そんなん聞いてねー!
必ず出て行ってやるから!!なんならメキシコに居座って麻薬王にでもなるから!!
それはダメか。
まあ落ち着けよ。



はっ、待てよ。なんかガイドブックに書いてあったような気がする。。。
あーどうしよー!金もないし。。。



つーか、まじアメリカめんどくせー。
アメリカ入る前にわざわざネットで何か申請せんとダメだし。
なんかお前らのせいで世界中の飛行機のボディチェックも手荷物審査も厳しくなるし。
アメリカ死ね!!まじで2、3回死んで来い!!



えーまじで乗れんのとダダこねてもダメだったので、んじゃ、どーしたらいいのと聞くとメキシコから出るチケットをここで買えと。
予想した展開だわ。



ここでチケットを買わないと乗せてくれなさそうだったので、んじゃ一番安いのをくれと言ったのにお前が決めろと。
えー急に言われてもわかんねー。
じゃあ、グアテマラ!!(地図を見ながら、どこここ?と思った)



インド「よし。メキシコシティからグアテマラで、2週間後でいいな。金は230US$(23000円)ぐらい。じゃあ、チケット発券するから付いてこい」



言われるがままに付いて行くとKLMのカウンターに着き(搭乗する会社はコンチネンタル)、何やら話をしてたらガーガーガーと印刷し始めた。
渡されると、中学生の時、テストの用紙だった紙に、青いインクで1970年代風に旅程が印刷してある。



よし戻ろうと言われ、カードか、金を出せといわれると思い気や、そのまま金も払わずチェックインし、ボディチェックも受け、イミグレを通り、免税店をインドの物価にすると高けえなと一人でブツクサいいながら、腹が減ったのでサンドイッチ食べたら727円※もして、飛行機に乗って、座席の前にある会社の情報誌みたいな本みて、意味わかんねーとか思って、もういいわ。


なワケでアメリカ到着~。
























アメリカ!アメリカ!アメリカ!アメリカ!あめりかぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!アメリカアメリカぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!アメリカたんのふわふわパツキンの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
アメリカたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!



どこにでもあると思うけど、アメリカは違うと思いたい


アメリカはすごくいい匂いがした。先進国の匂いだ。
インドみたいなうんこの匂いや、ゴミの匂いがしない。
今ならアメリカに抱かれてもいい。
死ねなんて決して言ってません。



イミグレで待たされるものの、航空券のことはいっさい触れられず、無事入国。
Taxiに乗ってジョン・F・ケネディ空港へ。
色々調べると公共交通機関でも行けるみたいだが、時間が限られているので安パイ策をとった。
そしたら、105US$(10500円)もかかった○| ̄|_
結局スペシャルオファーでもいつもと変わらん値段になった。



あまりえろいのはない
アメリカといったらこれだろうと思って買った



無事JFK空港にも着き、晴れてアメリカをわずか5時間で後にした。
ちなみに今回ブログをUP時点で、航空券お金の事は一切何もない。
さすがインドマジック。






※高かった記憶があったので、カードの明細をわざわざ調べてみました。
 

めんどーなので、1US$=100円で計算してます。
あとインドの航空会社の職員さんは、最初はムカついたけど、航空会社の人あってとても紳士的でした。
会話は意訳です。
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻①~メキシコシティ~

アメリカからのフライトも無事着陸し、メキシコシティに着いた。


7があるだけで少し興奮した
空港には7イレブンがあった


こちら方面に来るのは初めてで、中南米は治安が悪いと聞いていたのでかなりビビッていた。
ちなみにガイドブックを開いてみて、メキシコシティの治安を調べてみると



・一人歩きは危ない
・Taxiはどこかに連れ去られる事があるので利用しない
・バス、地下鉄はスリ等が多い



おいおい、どーやって行動したらいいのですか?



有名な日本人宿、ペンションアミーゴまでは一応念のためTaxiで行こうと思ったのだが、アメリカのTaxi代がえらい高かったので、ビビリながら地下鉄で行くことに。
地下鉄ならどこまで行っても2ペソ(16円)。



とりあえず、空港の外に出るが地下鉄の場所がわからないのでそこら辺の人に聞く。
が、全く英語が通じない。。。
スペイン語は全くわからん。



久し振りに身振り手振りでどーにか聞きだして歩き始める。
歩いていると銀行の前には銃を持った警備員がいる。
アジアにはなかった風景だ。
やっぱ治安悪いんやなーっと思いつつ地下鉄に着いた。



そこでもやはりどうやって宿の最寄の駅に行けばいいか分からなかったが、たまたま英語の話せる人がいて、丁寧に教えてくれた。
はい、メキシコ人20点アップ。



駅を降りてもやはり宿が分からなかったので、道行く人に聞くが、返ってくるのはスペイン語。
ちなみにメキシコでどれだけ英語がわからないと言うと、TimeやWatchすらもわからんレベルだ。
そんなん日本の小学生でも知っとるだろう。



どーにかこーにかペンションアミーゴに辿り着いた。



もっといい角度から撮れよ。。。



タイトルの事をちゃんと書こうと思ったけど、今夜は16時間のバスが待っているので今日のところは勘弁しといてやろう。
次回に続く。






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペンションアミーゴとゆかいな仲間たちの巻②~メキシコシティ~

登場人物紹介


Nクン…父親が韓国人。母はたぶん日本人。高校からアメリカ育ち。ドラッグ大好き。

二等兵…日本人。26歳。元自衛隊ってだけでNクンに二等兵と名付けられる。ドラッグ大好き。

アニキ…謎の人物。日本食大好き。

Sちゃん…Nクンの彼女。両親のどちらかが中国人と日本人のハーフ。元キャバ嬢。





2009年6月某日

なんだかこちらへんの感じがよくわからないので、しばらくいる事にする。

やたらと話しかけてくるNクンと知り合う。
髪は長く、体がタトゥーでいっぱいだ。

Nクンは以前もアミーゴに来たことが数回あるらしい。
聞いてもなのに、ドラッグをやってこの宿を3回出入り禁止になったことをしきりに話してくれた。

「まだ22歳のときだからそんなんわからないじゃないっすか」

いやいや、分からんこともないだろうと思って聞いていた。

「でももう30になったから大丈夫」

彼も大人になったのだろう。




6月某日

週末なので、Nクンが物売りに行くらしい。

Nクンはオレと同じでインド、ネパールを経てメキシコに来たみたいだ。
オレも見た事がある、インドグッズやネパールグッズを持っている。
それが商売の商品だ。

信号を待っているときや、バスを待っている時などで本当に手売りしてる。

これで生計を立てているらしいが、この人も何をしてるのかよーわからん。



6月某日

夕方、ベッドでウダウダしてると何やら下の方が騒がしい。

何事かと思うとNクンがビールを飲んでいる。
オレも勧められて飲む。

このビールは誰が買ったの?と聞くとNクンがあのおっさんと。 

朝青龍似の恰幅の良い知らないおっさんが立っている。

たぶん今さっき宿に着いたのであろう。

Nクン「あのおっさんを飲ませて日本食食わせてもらいに行く!」と豪語してた。

そんなに着いてからは時間は経っていないだろうが、そのおっさんはパスポートを無くした事をNクンは知っていた。

Nクンはパスポートの再取得を手伝って日本食を食べに連れて行ってもらう算段か。

しかしこのおっさん、ここにはどうやって来たのか、何故パスポートを無くしたのか聞いてもなぜかスペイン語でしか話さない。
日本語も話すのだが、何故かカタコトだ。


コイツ何人?


とにかく、おっさんの事を「アニキ」と呼ぶことにした。

その日の夜、アニキ宛に電話がかかってきた。
なぜかNクンが取次ぎアニキが話す。
Nクンによると中米のニカラグアから父親から電話がかかってきたらしい。


コイツ何人??


また電話がかかってきた。
今度はまた同じ中米エリアのホンジュラスの友達から。



コイツ何人???










ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。