スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

メキシコにいるのです。

お久しぶりです、すこんぶ☆たろうです

ちゃんと生きております。

いきなりですがメキシコのカンクンにある日本人宿、カサ吉田で1ヶ月ほど管理人をすることになりました
カンクンはインフルエンザと経済的なものが重なって泊まりに来る人が少ないです。。。

夏休みの予定が決まってないあなた!!

まだ間に合います!遊びにおいで



<カサ吉田HP>
http://www.paginasprodigy.com.mx/casayosh/





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

ネパール・ヒマラヤトレッキング

どうも、すこんぶ☆たろうです。

メキシコのカンクンで管理人をしながら毎日をだらだら過ごしています


最近はホテルから徒歩15秒のコンビニに行くだけでもだるいです


ヒマを持て余しているので、止まっているこの腐れブログでも書いてみようと思います


インドのバラナシで止まってますが、その後ネパールのカトマンズまで行きました。


特に何も考えてなかったのですが、そーいえばエベレストが見れるんだったなぁと思いこの機会に行ってやろうかと。
目の前に世界一があるのだからこれは行かないテはないでしょう


が、何も考えてなかった&ガイドブックを持ってなかったので行く方法などがさっぱりわからずいろいろ調べてみると、エベレストを見るためにはまずカトマンズからではなく、まずルクラというとこまで飛行機で行ってそこから登り始めるらしい。


カトマンズのタメル地区はツーリスト街になっていて、ちょっと薄暗いカオサンのようです。
そこいら辺の旅行代理店やネットで調べてみると、5500mのカラパタールというところまで15泊16日で1400$。これは高い。つーか行けねぇ。

参考資料 日系の代理店
http://www.himalayanactivities.com/trekking_itinerary.htm


しかし、個人で手配して一人でも歩いていけるようなので自分で手配することにしました。


航空券が往復180$。


入山するためのパーミットをツーリストインフォに行って申請。


富士山や長野の御岳山には登ったことがあるのですが、荷物があるとしんどいのでガイドはいらないけどポーターだけは雇うことにしました。


食料や水が高いらしいので食料を買って、さすがに寒そうなのでジャケットも買いました

菓子いっぱい


ポーターは現地のルクラでも雇えるらしいので現地で交渉することにして、一応準備は整いました。


それでは行ってきます






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月14日 ヒマラヤトレッキング 1日目 ルクラ(2804m) 

朝4時に起き、5時に空港に到着。
まだ空港が開いてなかったのでしばし待つ。
空港税170ルピー。

7時ぐらいの飛行機に乗る

ルクラへ行く飛行機は朝以外だと天候不良で飛ばないことも多いし、たまに落っこちるらしい
ちいこいセスナ




食べるものではありません

飴ちゃんと白い物が配られる。白いものは綿菓子かなんかだと思って食べたら耳栓用の脱脂綿でした。。。こんなところでもトラップがあるとは!!



狭い機内
乗って左側のほうが飛行機からヒマラヤ山脈がよく見えます。




生活大変そう
まじでここに住んで良い事があるのかわからないところに住んでます。


フライトは30分ぐらいで到着。
ここでも満足かも
あらキレイあの山がエベレストだと言ってもばれなさそう







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月14日 ヒマラヤトレッキング 1日目 ルクラ(2804m)~パクディン(2610m)

ちず


ルクラに降り立ちポーターを捜さなくてはと思っていたら、一人の男が声を掛けてきた。

シェルパ族の人でジャムゾさん(36)。ガイド兼ポーターだ。

交渉の結果、考えてたよりも少し高いが1日US12$で今回のトレッキングに付いてきてもらった。
ガイドも兼ねてやってくれるそうなのでよしとした。



トレッキングについて少し説明したいと思う。


エベレストにはもちろん素人では登れないので、エベレストを間近で見れるポイントまで歩いて行く。

最低でもナムチェ(3440m)まで行かないとエベレストは拝むことはできない。

しかし、ナムチェでは見えたとしてもかなり遠いところから見ることになる。

時間のある人はナムチェよりもう少し先のタンボチェ(3867m)まで行く。

トレッキングとして素人が登れ、かつエベレストが一番近く見えるポイントはカラパタール(5545m)。

最初はお金もないし、タンボチェまででいいかなぁ~っと思っていたが、どうせなら一番上を目指してやろうと思い11泊12日のカラパタールまで登るプランを採用した。

ツアーを組むと食事代及び宿代などもツアー料金に含まれているが、今回装備品も含め(ジャケットしか買ってないけど)自己調達してるのですべてその時払い。


8時頃にルクラを出て今日の宿泊ポイントパクディンまで行く。

ジャムゾさんが仕事でお金が入ったので俺らをほっといて早速お買い物をしてた。
大丈夫かな?このガイドさん

熱心に選んでました


ジャムゾさんのお買い物も終わりいよいよ出発!!

トレッキングは登山とは違うので現地人の生活道を通って行く。
感覚的にいうと毎日目的地の村まで行って宿泊し、また次の日に村を目指す。
これを繰り返してカラパタールまで行く。

人がたくさんいます


まだまだ標高が低く、ハイキング程度の道が続く。
景色も山々に囲まれ、近くの山は木が生い茂っているが、遠くの山は雪山だ。

景色はいい


山登りってずっとUPのような気がするが、パクディンは標高2610m。
いきなり200m下る。下るってことはまた下った分登らなきゃならない。
結構下ったので帰って来る時は結構な登り。しんどいなぁと思いながら下る。

ジャムゾさんは英語しかできないが、日本語でゆっくりゆっくりと言って約3時間でパクディンに着く。

村々にはちゃんと宿泊施設があり、ジャムゾさんが捜してきてくれる。

昼ぐらいには着いた。今日はここまででゆっくりする

ダルバートを食べておやすみなさい

病み付きになります


ジャムゾさんはまた明日7時半に来ると言って1回家に帰っていった。

明日はルート上一番大きい村のナムチェを目指す。





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月15日 ヒマラヤトレッキング 2日目 パクディン(2610m)~ナムチェ(3440m)

ちず

7時半にパクディンを出発する。

今日も今のところそんなにキツイ道ではない。

キレイですけどね

標高は高いが天気がいいので汗をかく。

お仕事お疲れ様です

道には僕ら登山者の為に食料を運ぶ現地の人間がたくさん行きかっている。
ナムチェでバザールがあるからそれ用の物も運んでいるんだろう。
荷物が多くてよく運べるなぁと思う。

昼前に今から登りが続くというので軽く昼食を摂る。

こんなとこでよーやります

600m程急な坂を登って行く。
これはキツイ
そんなところを木を担いで登っている現地人に会う。
息を切らしながらやっとこナムチェに12時半に着く。


大変だと思う
ナムチェの村から見た木を運ぶ人達。

今日もジャムゾさんが宿を決めくれる。100ルピー。

どうもここらへんは大抵値段は同じぐらいらしい。

高度順応の為、明日もナムチェに一泊。
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月16日 ヒマラヤトレッキング 3日目 ナムチェバザール(3440m 高度順応の為1泊) 

今日はゆっくり休みかと思えば、ジャムゾさんが今日は土曜日でバザールをやっているのでそれを見て、博物館に行って、エクササイズをするという。

町並み
ナムチェの風景


物は豊富
ナムチェではトレッキング用品も買える。高いけど。


思ったほどではない
ナムチェバザール


ヤクヤク☆
ヤクの肉と共にリュックも買えるという便利さ!!
3000m以上の場所にあるというのにとにかく物が溢れている。

思ってたほどバザールはにぎやかではなかったが、さっと見て坂を登って博物館に行く。
これがまたキツイ
息があがる。
あーおむすび食べたい!めっちゃめちゃ食べたい!!
やっとこさ博物館に着く。

こわいんだよ、てめえ

中身は山のことや、シェルパ族の事が紹介されていたけど、全然大したことなかった。
まあ無料やし、しゃーないな。


ここで今日は終わりかと思いきやジャムゾさんがいきなり
えーめんどい
この丘を登るという
シャンボチェ(3800m)。
ジャムゾさん、こりゃ丘ちゅうよりか山でっせ
とりあえず登り始めるが、つーかしんどいよ
これから先、ジャムゾさんのエクササイズで泣くことになる。

30分程で頂上に着く
本当ならここからでもエベレストは拝めるのだが、天気が悪すぎて何も見えず
しかし富士山以上の標高だ。これからは未知の世界である。

まるっきり山道
明日は遠くに見える細い道を歩いて行くらしい。

帰りは別ルートを通って宿まで帰る。
よー走るわ
するとこんな高所なのにも関わらず、走っとる!!
ジャムゾさんに聞くとエベレストにアタックする為の練習らしい。
よーこんなとこ走るわ
さらにここは空港らしい
ただの更地にしか見えん!

キレイですね
ナムチェの村を上から望む

11時半ぐらいには宿に帰り、もう少しナムチェの村をブラっとする。
小さい村なのであっという間に終わる。

出発してからというもののシャワーを浴びてないし、服もほぼそのままなので体がくさい&かゆい。
シャワー浴びてぇ
シャワーを浴びると宿代と同じかそれ以上お金がかかったりする。
しかもあんまお湯が出ないらしいので、冷えて風邪を引きそうだ。
とりあえず今日も早く寝る

かわいそうに
今日の晩御飯になるのかなぁ







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月17日 ヒマラヤトレッキング 4日目 ナムチェ(3440m)~タンボチェ(3867m)

ちず


朝起きると雨だった

雨の時の装備なんて持ってきてない

ジャムゾさんに相談しに行くと、タンボチェまで行くという。

準備をして外に出ると雨は小降りになっていた。
これなら行ける。

7時半に出発

天気が悪いので景色ももちろん悪い
道は狭い
道も狭いし、下に落ちたら大変!


大変ですな
ヤクさんも大変です

しばらくすると降り始めた。谷底には川が流れている。
一気に300mくらいは下っただろうか。
これをまた下がった分プラス300m上がる。
ここの坂もキツイ

登っても登ってもまだあんのかよって感じ。
あーフライドポテト食いたい!ちょー食いたい!!

もう勘弁してくれっと思ってたら、ジャムゾさんがあと15分ぐらいでタンボチェに着くという。
11時半頃タンボチェに到着

初めてエベレストがみえた



あんま見えんなぁ
真ん中のポチっとでてるのがエベレスト右がローツェ

宿をとりメシを食う

メシを食いながらジャムゾさんと話しているとやっぱり山賊がでるらしい。
ジャムゾさんは5日前オーストラリア人と登ったのだが怪しい奴がいたからポリスに通報したと言ってた。
ジャムゾさん、丸腰なのにも関わらず、しかもそこいら辺にポリスなんかいないのにやるぜ

今まででもずっとジャムゾさんに言われてたんやけど、昼間は寝るなと言われる。
高山病になりやすくなるからだ。
っても山ん中でやる事はないし、朝早くから出て眠いので寝てしまう。

だので、4時に村にあるゴンパ(チベット仏教の寺)に行くからと言われる。
どーしても眠くなるので、寝てしまうのだが起きる

起きてまで行くことはない
タンボチェのゴンパ


寂しいですな
全然お坊さんがおらんかった


あんまやる気はない
マニ車


今まで何もなかったのだがその晩、寝る前に急に後頭部のほうが重くなった。
軽く高山病の症状が出てる。
明日治ってくれなかったら困るなぁ。。。




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月18日 ヒマラヤトレッキング 5日目 タンボチェ(3867m)~ディンボチェ(4350m)

ちず


朝起きるとすごく天気がよかった

やっとまともに見えた
左からエベレスト、ローツェ、アマダブラムも見える


昨日重かった後頭部も治ってた。
ディンボチェに向けてまた7時半に出る。


ドラゴンボールみたい

4000mを超えてくると木がなくなってくる。
そして歩いていても汗をかかなくなった。

気持ちはよかった

道は平坦で歩きやすい。
しかし、オフシーズンの為か歩いている人がめっきり減った。
シェルパの人間もそんなに見かけなくなった。

山ですな
アマダプラムだと思う

天気よい

久し振りに天気がいいので快調に歩ける。
あーからあげ食いたい!むちゃくちゃ食いたい!!
ディンボチェに12時くらいに着く。

写真は撮れなかったが夜、外にでるとすごい星がキレイだった


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月19日 ヒマラヤトレッキング 6日目 ディンボチェ(4350m 高度順応の為1泊)

昨日ジャムゾさんと話してて、行けそうであればもう少し先のトゥクラまで行きたかったのだが、
やはり高山病予防の為にディンボチェに1泊することを薦められた。

僕的には早く行きたいのだが山の男がそういうのなら致し方あるまい

そして今日もまたジャムゾさんのエクササイズが始まる

今日はあの山に登ります!
またエクササイズっすか
ナンガサン(5100m)

まじっすか、ジャムゾさん
700mもまた登るんですか。。。
それオレの地元にある灰ヶ峰っていう山と変わんないんっすけど。。。
5000m以上ってまるっきり未知の世界なんですけど。。。


登るねぇ

問答無用で進む。
ナガドゥンゴンバを経由して頂上のナンガサングリーへ。
前も思ったのだが、ジャムゾさんのエクササイズはいつもの行程よりもキツイ。

またまたハァハァ言いながら登っていった。
あーすき焼き食べたい!モーレツに食いたい!!
1時間かかっただろうか?登頂に辿りついた。

おーこりゃすげえな

名前覚えてないんよなぁ
たぶんローツェ(8516m)

そこには360度の大パノラマが広がっていた

ここもなぁ
全然山の名前を覚えてない。。。



高いねぇ
ここらへんで見える山は6000m以上の山々だ。
ヒマラヤには、エベレストを含む、地球上で最も高い14の8000m級ピーク(独立峰)がある。
付属峰も含めるとヒマラヤには7000m級の山が100以上も存在する。


ジャムゾさん&山
山の男ジャムゾ(36)

ナンガサン、おまえはよかったぜ~
来た甲斐がありました!!
ホントは動画もあるんやけど、容量オーバーで載せられず。。。
みなさんにお伝えできないのが残念。

頂上を満喫し、ゆるゆると降りる。

帰り道に山の中腹で休憩をとる。
そこでなぜかジャムゾさんが中国で不法労働をしていてその時にできた彼女の話とかを30分ぐらい聞いたちなみにジャムゾさんは嫁と2人の子持ちである。
なにゆえにこんな山の中でジャムゾさんの話を熱心に聞いていたのかわからない。。。

8時過ぎに出て12時半ぐらいに宿に帰ってきた。
標高は高いが天気がいいと気持ちがいい。
頭がかゆいのと足がくさいのでトレッキングが始まって以来初めて洗う。


洗うジャムゾさん
ジャムゾさんいわくシェルパは1ヶ月に1回しかシャワー浴びんっていってた。ほんまかなぁ。
でもジャムゾさん、靴下を洗っていたがドロドロだった


まじよかった
俺も洗う。すごい気持ちよかった


キレイやったよ
夕日に染まるアマダブラム


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月20日 ヒマラヤトレッキング 7日目 ディンボチェ(4350m)~ロブチェ(4930m)

ちず


今日も快晴

7時半にディンボチェを出発し、今日はロブチェを目指す

少し登りを歩いて行くと眼下にぺリチェ(4252m)の村が見えた。
上から望む
ディンボチェでなく、ぺリチェを経由して行くルートもある。


今日は楽
今日も天気がいいし、平坦な道が続くので楽しく歩ける。


お墓
途中でエベレスト登頂にポーターとしてアタックして命を落としたシェルパのお墓があった。


ジャムゾ休む
休憩するジャムゾさんと僕に名前を忘れられた山々達。

トゥクラ(4620m)のホントに小さな村を経由して歩き続ける。
トゥクラを少し過ぎた後に登りがあったが、ジャムゾさんのエクササイズのおかげかそんなに辛くなかった。


また名前が。。。
目の前の名前を忘れた山にアタックするためにキャンプをしている。

それからも楽な道が続き快調に歩く。
しかし、焼き鳥が食べたい!!居酒屋に行ってビール飲みたい!!
ビールも高山病予防の為、出発してから1滴も飲んでない。。。飲みたい。。。

するとロブチェ(4930m)の村が見えてきた。
ジャムゾ歩く
11時にはロブチェに着いてしまった。
今日は案外物足らないなぁと思うぐらいだ。

宿をとり昼食を摂ってまったりしてると、またジャムゾさんが「エクササイズ行くかんね!」

ジャムゾさんのエクササイズは普通の行程よりもツライのだ
何やらピラミッドがあるから、そこに行くという。
なんでこんなクソ山の中にピラミッドがあるのだろう。
よくわからんがとにかく連れて行かれる。
歩いていると後頭部が重い。また軽く高山病の症状が出ている。

しばらく歩くとあった。
寂しいところにある
何やらこの建物はイタリアが建てて観測かなんかをやっているらしい。
秋ぐらいのハイシーズンの時はたくさん人がいるらしいが、今はローシズンの為あまり職員がいなかった。
入り口を覗いていると職員が出てきて中に入れてくれて少しだけ案内をしてくれた。
今日はこれでエクササイズも終わりか~と思っているとまたジャムゾさんが

今からあそこの上まで登るかんね!!
またっすか、先輩
またここ登るんですか!?
なんて名前ですか、この修行!!
もう歩きたくないんすよ、先輩。。。
行きたくはないが、渋々登る。


着いた
ジャムゾさんがここで5200mあると言っていた。

ここの丘の上から氷河が見えた。
氷河だねぇ
山の下の方にで白くなってるのが氷河

おーあれが氷河と言う物かと関心する。
明日はあちらの方に歩いて行くという。
程なくして宿に帰る。1時間半のエクササイズ。
今日のエクササイズも疲れた。

今日のジャムゾさん
やりたいの?
宿の人間がカードゲームをしててそれをやりたそうに見てるジャムゾさん(36)



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月21日 ヒマラヤトレッキング 8日目 ロブチェ(4930m)~ゴラクシェプ(5150m)~エベレストBC(5364m)

ちず


今日で1週間が過ぎた。
もちろんのことだが毎日山だ。
やっぱり飽きてくるものは飽きてくる。
都会に行きたい。。。

朝起きるとロブチェは雪がちらちら降っていた
それも次第に止み、7時半にロブチェをでてゴラクシェプに向かう。

ロブチェからも最終目的地カラパタールやエベレストBC(ベースキャンプ)にも行けるが
今のシーズン午後になってしまうと天気が悪くなる。
よってカラパタールにはゴラクシェプに1泊して登ることにした。

またわからんのよな~
今日も僕に名前を忘れ去られた山々は何千年も変わらずそびえ立っている。

行程的には今日もツラくはなかった。

しかし、かわいい女の子と遊びたい!!
かわゆい女の子と手をつないでデートがしたい
んであわよくばあんなことやこんなことや・・・
つーか人込みはキライだけど、一瞬でいいから都会に行きたい!!
妄想が膨らむ。
もう俗物以外なんでもない。

ジャムゾさんがあれが明日登る最終目的地カラパタールだと言う。
おーつ、ついに
右の山じゃないです、左のです。
やっとここまで来たかと感慨深く思う。


ゴラクシェプには予定よりもだいぶ早い9時半には着いた。
今日はこのあとにエベレストBCに行くのだ。
僕の当初の予定ではBCには行くつもりはなかったのだが、せっかくだから行って見ることにした。
というか、ジャムゾさんのプランに勝手に組み込まれてた。

軽くメシを食い、11時過ぎにゴラクシェプを出る。

ゴラクシェプからBCに行く道。
BCへの道

やはり宿に着いてから動くのはしんどい。
また軽く高山病の症状が出る。


ここにも!
BCに向かう途中に衝撃的な事実が発覚した!!
なんとジャムゾさん、俺の名前を覚えてなかった。。。○| ̄|_

もう1週間以上経ってるっていうのに。。。
確かに俺の事をマイフレンドとか適当な事言ってたもんなぁ。
まあ、結構俺もジャムゾさんの名前うろ覚えだったけどさ。。。

ここにも!!2
こんな山の奥深くにまでこんな荷物を持って!


道をどんどん進んで行く。やっぱりしんどい。。。
するとジャムゾさんがここらへんは一見普通の道に見えるが地面の下は全部「氷」だという。
氷河だ。

すごいね
なるほど、すごい!!
こう見るとまさに氷河を歩いている。
ジャムゾさん曰く、地球温暖化のためか年々氷河は溶けており、毎年道が変わるという。
STOP 温暖化!!

13時にBCに到着。
アタックします♪
エベレストにアタックする為の人達のテントが並ぶ。

結構エベレストって登っているのだなぁと思った。
実際ジャムゾさんが今まさに山に登っている人がいると言う。
あそこにいるだろと山を指差して言われるがさっぱりわからん。
あんた目がいいなぁ。


ジャムゾさんに聞くとエベレストに登る為の入山料は1人US16000$もかかるらしい。
大抵エベレストには1人で行くことはないから、ポーターなど登る人をサポートする人達も160万ずつお金がかかるらしい。すごいお金がかかる。
6000mを超える山に入るにもUS4000$いるらしい。
ちなみに僕らは1600円ぐらい。

やはり今のシーズンの午後はダメらしく、曇っていてほとんどエベレストを見ることはできなかった。

時折ゴーっという音がする。
なだれ
山に雪崩が起きていた。


地面からにょきにょき氷が突き出てる。
にょきにょき
ちょっとしたクレバス(氷の裂け目)もここらへんにはあるらしい。


すごい力
氷が岩を持ち上げている

ジャムゾさんがまたBCの奥まで連れて行ってくれた。
ほんとだよ
僕が書いたワケではありません。
BCの入り口までが5364m、僕らが行った奥の方まで行くと5440m


そろそろ日が暮れてくるし、天気も悪くなるので帰る。
死ねますね
上から岩が落ちてくると死ねると思う。

結局、宿に帰ってくるともう15時半になっていた。
今日は今までの中で1番歩いた日だった。
ぶっちゃけ疲れた

ついに明日はカラパタールだ。
晩飯を食ってジャムゾさんと明日の事について話をする。
夜、ゴラクシェプは曇っていた。
もちろん天気が悪ければ見ることはできない。

エベレストのトレッキングのシーズンは秋。
5月は今から雨季に入るので天気は良くない。
エベレストを見るにはいい条件ではない。
6月に入ると登る人はほとんどいなくなるらしい。

何日も掛けてやっとここまで来れた。
カラパタールからエベレストを見る為にここまで来たのだ。

否が応にも緊張する。
天気の事はどうすることもできない。
晴れてくれることを祈るのみだ。

ジャムゾさんが明日の5時に天気が良ければドアをノックして起こすからと言う。
つーことはジャムゾさんが5時に来なかったら見えないってことだ。

未だ空は曇っていて、星も見えない。
明日のすべては神のみぞ知るである。
ホントに晴れてくれるように祈って寝る。
じゃないと降りたくてもいつまで経っても降りられないんだよぅ!!

次回ついに完結!?
「部屋とYシャツとジャムゾさん」
こうご期待!!



今日のジャムゾさん
いろいろ見つけるのよね
道端に落ちてたしゃもじを見つけてご満悦

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月22日 ヒマラヤトレッキング 9日目 カラパタール(5545m)~ゴラクシェプ(5150m)~ペリチェ(4252m)

ちず


朝、ドアをノックする音がする。

時計を見る。5時だ。

しかしノックの音がしただけで部屋のドアは開かなかった。

天気はどうなってる!?部屋の窓を見てみる。

真っ白だ。ダメだったか。。。

ジャムゾさん天気悪かったけど、一応起こしてくれたのかなと外に出てみる。

うおー昨日は全然見えんかったヌプチェ(7864m)がはっきり見える!!
よかった~
おー神よ、俺をカラパタールまで行かせてくれるのですね!

急いで支度をして登りはじめる。


いくぞー
プリモ(7165m)がどーんと待ち構えている。

6時を周ると朝日が昇ってきた。
朝日が昇る
そしてエベレストが!!黒いヤツ。
んでもあんま見えねぇな。。。

今日はジャムゾさんのペースが速い。
いつもなら待ってくれるのだが、今日は追いつけるようにがんばって登る。
カラパタールの上の方はゴツゴツした岩場だ。
しかしジャムゾさんの今までのエクササイズのせいかそんなにツラくはない。

右手にはヌプツェ(7864m)がでかでかと立ちそびえ、その横にある世界最高峰のエベレスト(8848m)は時間を追うごとに姿を大きくしてゆく。その隣にもローツェ(8516m)がそびえ、正面にはプリモ(7156m)が見える。すごいとこにいるなぁと思う。

約1時間半でカラパタール(5545m)にたどり着く。
やっと着いた~
ここに来たかったんですよ~!!
ジャムゾさんと無事ここまで来れたことを喜び会う。

カラパタールのピークは切り立っていて、高所恐怖症の俺はてっぺんのてっぺんまでは行けんかった。。。
外人が行っていたが、見るからに危なそうで風であおられて落ちたら終わりだ。


でかいなぁ
左からエベレスト(8848m)ローツェ(8516m)ヌプツェ(7864m)


キャンプ
昨日行ったBCが見える。


プリモ
カラパタール(5545m)からプリモ(7165m)がものすごく大きく見えた。


こんなところで意外な人に会いました。
こ、こんなところで
カープの前田が来てました。ケガしてたんじゃなかったけ?
早く試合に出てください!!

時間が経つとどんどんタンボチェの方から雲が迫ってきた。
2時間程カラパタールの頂上を満喫し下り始める。
正直、頂上を極めた時うれしかったが、裏腹にこれでもう登ることは無い、やっと帰れるとも思ってた(笑)
カトマンズに戻って思う存分日本食食ってやる!!

降り始めた8時頃にはすっかりエベレストは見えなくなってた。
もう終わりです
降りる途中で同じ宿に泊まってたインド人2人のおっちゃんがようやく登り始めてた。
もー遅いよ、早起きしねーと見えねえよ
結局その日は1日中晴れることはなかった。

俺はラッキーだったと思う。
この季節でもちゃんとエベレストをカラパタールから見ることができた。
ナンガサンに行ったときもすごい晴れててキレイに山々を見渡す事ができた。
ジャムゾさんもユーはラッキーだと言っていた。

9時に降りてきて朝食を食べる。
登って来たものはもちろん降りなければいけない。
もうこの日から降り始める。
今日見えなかったら、まだまだ何泊ここですることになったことだろう。
恐ろしいことだ。

ロブチェ(4930m)に向かって下る。
帰る
ホントに朝あれだけ天気が良かったのにすごく悪くなった。

ロブチェに11時半に着く。
ジャムゾさんはここで1泊の予定だった。
今回のトレッキングには同行者がもう一人いた。
その人がロブチェで泊まるのはイヤだとゴネはじめた。
そしてペリチェ(4252m)まで行きたいという。
俺がジャムゾさんにその旨を伝えると、いいよと言ったものの不満そうだった。

少し休憩してからまた下り始める。
ひたすら帰る

順調に下って行く。
しかし、ジャムゾさんがご機嫌ナナメになり始めた。
「今日はどこまで行くんだ?」から始まり「今日はジャングルで寝るのか?」とか「ペリチェは宿代が高いぞ」などと言われる。

同行者は英語が全くできない為、俺が全部ここまでやってきた。
そして今はジャムゾさんの愚痴を俺だけ聞くハメになった。。。○| ̄|_

道は楽なものの、ジャムゾさんの機嫌を取り繕いながら歩く。
さすがにジャムゾさんも疲れたのか、それとも無言の訴えをしているのかわからないが休憩が多くなった。

雨もポツポツ降り始めた15時半頃ペリチェに着いた。
ペリチェに着いてからもジャムゾさんは
「もっと行くのか?どうなんだ!」と言われた。
もちろんここでいいっすっていいました

一気に1km以上下った。
朝エベレストを見たことなんてすごい昔の事のように思えた。



今日のジャムゾさん
がんばれ!ジャムゾさん
歯磨きをしながらタンクの凹みを直すジャムゾさん(36)


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月22日 ヒマラヤトレッキング 10日目 ペリツェ(4252m)~ナムチェ(3440m)

ちず


今日もひたすら帰る。

ペリツェを7時半に出る。

ひたすら帰る

ペリツェからタンボチェに向かう道も最後の登りがちょっとキツかっただけで楽に歩けた。
タンボチェ着11時半。
朝から天気は悪かったが、しとしと雨が降り始める。
しかし気になる程ではない。
軽くメシを食い12時過ぎにタンボチェ発。

神様
山の壁に描かれた神さまの絵

行きの時に下った坂を登ったが全然楽だった。
それよりも下りの方がツラい。
元々ヒザがよくないのだが、それが痛み始めた。
そんなに速いペースでは降りられない。

天気が悪くて何も見えないが無事ナムチェに15時着。
やっとナムチェに帰って来れた。ナムチェがすごい町に感じる。
ナムチェで1泊。

今日のジャムゾさん
興味しんしん丸
外国人のデジカメが気になってしょうがないジャムゾさん(36)


5月23日 ナムチェ(3440m)~ルクラ(2804m) 最終日

ついに最終日。ルクラまで戻ればもう歩くことはない。
天気がよくて汗ばむぐらいだった。
7時半発。

見納め
見納めのエベレスト


手書きなんすね
マニ石
この石の側を通るときには必ず右側通行しなければならない。


かさほしい
途中でいた子。

順調に帰る。
風景が植物の緑の色でいっぱいになる。
昼過ぎから天気が悪くなるが無事2時半にルクラに到着。

やっと帰ってこれたぁ~!!
あとは帰りの飛行機を予約してカトマンズに戻るだけ。


もう二度ときません

長かったなぁ~。。。
カトマンズに帰ったら12日振りに風呂入って、日本食食ってやる!!


どろどろですな
12日間着てたTシャツ


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

エベレストトレッキングのまとめ

ちず


みなさん、お盆休みはいかがでしたか?
毎日が夏休み&お盆休みのすこんぶ☆たろうです。

軽くトレッキングのまとめを書いておきたいと思います。
1ネパールRs=1.6円



【ツアー&費用について】

まずシーズン的に僕が行った時期は雨季に入り始めだったので天気は総じて悪かったです。
僕は運がよかったのでカラパタールでエベレストを1発で見ることができました。
エベレストトレッキングのベストシーズンは10月、11月です。


エベレストトレッキングのツアーはたくさんカトマンズで頼むことができます。
日本からでもwebを通して、または日本の代理店で申し込むこともできるでしょう。


が、時間があって少しの英語力、少しのトレッキングの経験があれば自分で手配したほうがかなり安くあがります。


実際僕の場合では11泊12日カトマンズ~ルクラの飛行機代込みで総費用US400$ぐらいですみました。
カトマンズの代理店で話を聞いていたのですが、タンボチェまでの5泊6日飛行機代別でUS420$だと言われました。ハイシーズンになるともう少し高くなるのかもしれません。


しかし、US400$で世界最高峰の山を見れるのならかなり安いと思います。


あとネパールRsはカトマンズでしっかり替えて行った方が良いでしょう。
ナムチェにも両替屋はありますが、カトマンズに比べるとレートが悪くなります。
最悪ルピーが切れてもドルで支払うことはできると思いますが、レートが悪くなりそうです。



ハイキング気分
天気がよけりゃ気持ちいい




【ガイド&ポーターについて】

ガイドやポーターも現地で調達できます。
僕の場合はルクラでジャムゾさんを雇いいれましたが、カトマンズの代理店でガイド&ポーターだけを雇う事も可能です。


基本的なことですが、代理店を通してツアーを組む場合何件か廻り比較検討する事。
そして何が含まれてて、何が含まれてないのかなど契約事項をしっかり確認する事。
ルート的なこともしっかり自分で把握しておくことが大切だと思います。


僕の場合何も下調べもしてなかったもんだから、現地に行ってみてルートが確立したりして、ジャムゾさんに対しても自分はこう行きたいというのがうまくできませんでした。
無知ほど怖いものはないです。
ちゃんと自分で把握しておけばガイドなどと余計なトラブルは回避できるでしょう。


ガイド&ポーターの中にはやはり酒を飲んでいたり、カードゲームばかりやってるような輩もいるそうです。
雇いいれる時に酒は飲むのかなどしっかり聞いておいたほうがいいでしょう。


ガイドとポーターは明確に役割分担が決まっているそうです。
ジャムゾさんも普段はガイドに専念してあと荷物を持つポーター数人でやっているみたいです。
ポーターは基本的に荷物を持つだけの人と考えていてよいでしょう。


トレッカーにはガイドもポーターも付けていない人もたくさんいます。
しかし、US10$前後で1日人を労使できるのであれば安いもんです。


1人というのは安全性の面からもあまりよくはないでしょう。
実際タンボチェを過ぎた頃からローシーズンなのもあるのでしょうが、歩いている人が少なくなりました。
ディンボチェからも道らしい道がなくなる事もあって下手したら道に迷うこともあります。
ミッシング(行方不明)になってる人の張り紙も見ました。


歩いていても詳しくなければ山の名前もわかりませんし、現地の人間と話したり歌いながら歩くのも楽しいもんです。
僕は結果的にジャムゾさんに来てもらってよかったと思ってます。


誰も住んでません
ディンボチェ




【装備品について】

装備に関しては3000mぐらいまでは天気が良ければ歩いていて暑いです。
宿の部屋に入ると寒いですが、半袖Tシャツと長袖Tシャツ2枚、下は普通のズボンでOKでした。
靴も普通のスニーカーです。


装備品はカトマンズでも買える&レンタルできるので必要な物は現地でも調達できます。
寝袋をナムチェでレンタルしようと思ったのですが、毛布を貸してもらえるので必要ありませんでした。
しかし、ローシーズンで人が少なかったから貸してもらえたのかもしれません。
10月や11月など、ハイシーズンの時は結構寒い事が予想されるので、もう少し装備を充実させたほうがいいと思います。


ちいさいよ
高山植物




【宿&食事】

宿はだいたいどこでもダブルで100Rs。唯一一番上のゴラクシェプが150Rsでした。
外人がお金を落としていくので、部屋はシンプルですがきれいです。
しかし壁がだいたいどこでも薄かったと思います。
隣の部屋の「屁」の音が聞こえるぐらいです(笑)
でも、みんな朝が早いし山を登りに来ているのでそんな騒いでいる人はいません。


きれいでしょ
パクディンの宿


ご飯は結構メニューが豊富です。ジャムゾさん曰く10年前ぐらいはダルバート(ネパールの定食みたいなもん)ばっかみたいですが、今はだいぶ変わったと言ってました。
僕はだいたいチャーハンか焼きそばを食べてました。
味もそんな悪くないです。


しかし標高が上がれば上がるほど物価が高くなります。
ロブチェぐらいまで行くと350Rs以上は出さないとまともな物が食べれません。
カトマンズでチョコバーやクッキーなどを買い込んで行くと良いでしょう。
あとトイレットペーパーも買って置いたほうがいいでしょう、高いですから。


水も高いです。
水を飲めるようにする錠剤(名前を失念)が売っているので宿で水をもらって飲み水にすると安く上がります。
僕はケチって生水を飲んでいましたが、なんともありませんでした。
あそこらへんの水はヒマラヤの雪解け水らしいのですが、やはり良くはないようです。
ジャムゾさんによく大丈夫だなっと言われました。


まあまあだと思う
チーズのせ焼きそば





【トレッキングについて】

これはかなり個人差があると思うのですが、1日歩いてもだいたい5時間ぐらいで終わります。
ジャムゾさんがゆっくりゆっくりと言っていたので、無理せず自分のペースで行った方がいいでしょう。
あと乾燥しているので水分補給はこまめに摂った方がいいでしょう。


個人的に辛かったのはナムチェへの登り坂、タンボチェへの登り坂の2つです。
あとエクササイズがつらかった(笑)


まあ、エクササイズのおかげで高山病も大しておこらずよかったのかもしれません。
宿に着いたらやることもないのに寝るなと言われるので、体を高度に順応させる為にそこらへんを歩くのがいいと思います。
僕は単純に年をとったらしんどいのだろうと、今まだ体が十分動けるうちに行っておこうと思い行きました。行こうと思い立った時が吉日です。



少しでもお役に立てれば幸いです。
もしジャムゾさんと一緒にトレッキングに行きたいと思った方は連絡ください。
最後に少しお金の事で揉めましたが、仕事はマジメにやってくれるいい人です。
一生に1回は登ってみてもいいと思いますよ!!



でかかった



最後に、山の名前を全然覚えてません。。。
載せてる写真の山の名前違ってるよ!!とかこれは何々って山ですよ!!っと知ってる人がいたらお教えくださいませ。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

やっと帰ってきたカトマンズ

やっと街中に帰ってこれた。


うわーうれしいよぅ~街だ街だ!!

朝の7時半にカトマンズに着いたので、朝メシを食いにおふくろの味に行く。

まじうまかった
朝定食

うぎゃ~これは目が腐る!!

まじでうまい。卵かけごはんなんて久し振りすぎる。

今回の旅行の中で一番おいしかったものはと言われたらトレッキングから帰ったあとのおふくろの味での朝定食だと言い切れる!!

毎日チャーハンか焼きそばしか食ってなかったもんな。。。

12日振りにシャワーを浴びる。

が、お湯が出ねぇ。。。○| ̄|_

宿のヤツに聞くと天気が悪いから、ソーラーでお湯が沸かないとかいいやがる。

んじゃ、天気が悪かったら一生お湯シャワー使えねえじゃねぇか!!

しかもカトマンズは肌寒い。

結局、水シャワーになった。













ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。