スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

旅の持ち物について

おっす、おらニート!!
新社会人のみなさんお疲れ様です、すこんぶ☆たろうです。

今回は旅の持ち物について書いてみようと思います。

ぶっちゃけ極端なことを言うと、パスポートと現金、カードなどがあればコンビニでもらうビニール袋1枚でも持っていけばどーにかなります。
お金さえあれば現地でほとんどのものは揃います。
むしろ日本で買うよりも割安で揃えることができるでしょう。


すこんぶたろうはバックパックをてにいれた!

すこんぶたろうは無駄にでかい意味のない置物をてにいれた!

パスポートを捨てた!→それを捨てるなんてとんでもない!

パンツは装備しないと意味がないぜ。ここで装備して行くかい?


などちょっとしたドラクエ気分も味わえそうで楽しそうです。
ドラクエで思い出したのですが、エジプトに行った時、確か首都のカイロより南のルクソールで何泊かしました。
チェックアウトの際、部屋の鍵を返すのを忘れていることに後から気付きました。
(宿の人間も気づけやって感じですが)
そしてカイロに帰ってきた時に、その宿でももちろん鍵をもらいしっかり部屋には施錠しておりました。

ですがよく見てみると鍵穴がルクソールで泊まった部屋と似ています。
エジプトの安宿の鍵はな感じで穴もな感じで絵文字で表せるほど異常に単純でちゃちい作りなのです。
何軒か宿をとったのですが、どの宿も鍵穴が似ていました。
こりゃ開くかも。。。。

ガチャガチャ、カチ。

ちゃららちゃっちゃちゃ~ん♪

すこんぶたろうは盗賊の鍵を手に入れた!!

うおーまじで開いた!
まさかリアル盗賊の鍵をゲットするとは!!
他の人の部屋も了承を得て試してみましたが、開きました。。。
ちなみにカイロとルクソールは数百キロは離れています。
部屋の鍵って気休めでしかないんですね~。


もうエジプトはこの鍵でほとんど開くといっても過言ではない!!

盗賊の鍵はルクソールに行くって人に返してもらえるよう預けました。
その後その人が盗賊になってない事を祈るばかりです。

っていうことで持ち物はこんな感じでいいでしょう。

。。。

。。。

。。。

だからね、日本でしか買えない物や、日本でしか売ってないような便利グッズ、あとは海外で買うと高額なもの(パソコンやらデジタルカメラなどの電化商品)とかだけ買ってバックパックにぶち込んでおきゃいいのよ!!
あと荷物は少なくね!どうせ旅先で荷物は増えるし、荷物が増えると単純に重いし、移動するのがめんどくさくなるからね!これでわかったでしょ!!

持ち物については旅先で他人の持ち物を見て、これは便利そうだなーって物を紹介しつつ、ボクもやっぱ持ってくりゃよかったなーっと悔やんでいる姿をリアルタイムでお届けするよ!!
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

果たしてガイドブックは必要か?

ちゃっす。
旅をする人には全然役に立たない事を書いている、すこんぶ☆たろうです。

みなさんは旅行の際はガイドブックは持っていきますか?
海外旅行の場合は持って行く場合が多いと思います。
代表的なものでは地球の歩き方などがあります。

ボクは20ぐらいの頃、初めての海外旅行へバックパックを背負い一人で行きました。
その昔に深夜特急やらアジアンジャパニーズとか読んでいて行こうと決めました。
沢木耕太郎はガイドブック持って行かんかったから大丈夫でしょうと思い持っていきませんでした。

もうそりゃ英語はできんし(今も)、ワケわからんし怖かったですよ。
でもいろんな人に話を聞かせてもらったり、どーにかなりました。

少しして宿で仲良くなった子が日本に帰るというので、旅行人ノートというガイドブックをもらいました。
心の中ではは「ガイドブック!?ちっ、そんな甘い旅なんかしてられねーよ、おれはさすらっていくんだよ!」と思いましたが、もらいました。


うん、もらってよかった。


つーか感謝してます。あの時貰わなかったらもっと苦労してただろうし、やっぱ便利です。

あの頃はネットも今ほど普及しておらず、ホント何も知らずに行ったのでガイドブックがなければ観光名所など見逃していたでしょう。
実際にタイで観光といえば人や金玉がえらいでっかくなってる物がホルマリン漬けになってるとこしか行ってません。(でかい大仏が寝てるなどあまり興味がなかったのもありますが)

ごはんもそうなのですが、別にガイドブックがなくてもそこらへんで食えます。
腹が満たされればいいというだけならいいのですが、せっかくならいろいろ食べてみたいので、そういう時にも写真付きで載っているとわかりやすいです。

移動する際にも、こういうルートがあるなど先々の事をあらかじめ知ることができるので予定が立てやすいです。
町の地図などもあらかじめ知っていると楽です。
町にはツーリストインフォメーションもあるので、着いてからでも地図などもゲットできるのですが、そこに行くまでがめんどくさかったりしますw

あとは慣れない英語などでいろいろ聞いたりするのは疲れたりもします。仮にこちらが英語などペラペーラでも現地の人がわかんねーってこともあります。
国にもよるとは思いますが、現地の人に道などを尋ねると親切に?してやろうと思うのか、知りもせんのに説明してくれたりして、うそ情報を教えてくれたりもしますw知らんのやったら知らんって言ってくれりゃーいいのにぃ~!

それとその国についての歴史なども書いてあることがありますので、訪れた国に対して少し知識を深めることもできるでしょう。暇つぶしできますしね。

しかし、ガイドブックにも欠点があります。「地球の歩き方」は俗に「地球の迷い方」とも言われております。何故かというと、書いてあった宿がなかったり情報が違うことがあるからです。
確かにあると思って行ったも物がなかったり、情報が違うとがっかりします。
ネットと違い本は常に新しい情報が更新されないので、それは仕方がないと割り切るとしかないと思います。
あとは数カ国周るとすれば、何冊も持っていれば単純に重いですw


持って行かないor持ってない人に話を聞くと、ガイドブックを見て名所に行くと感動が薄れるだとか言ってましたが、それもあると思います。
ガイドブックに関わらず有名なところはテレビで見過ぎていてほんとにあるんだな!って思うだけだったりします。

もうこれは人それぞれのスタイルですね。

結論からするとガイドブックはあれば便利ですが、無くても旅はできると思います。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

貧乏旅行ダイエット

水戸黄門は里見浩太郎でなくて、やっぱ西村晃さんですよね、すこんぶ☆たろうです。

ここ最近外にも出ず、飲んだり食ったりしてたら、そりゃもー体重がえらい増えましてヤバいことになっております。今まで生きてきた中で一番の体重になってます。


4/4
↑まじで63はねぇ。。。


ボクは身長が164cm(たぶん)ぐらいなのでこの体重はまじでヤバいです。
10年前よりも10キロ増えてます。

ボクは特に好き嫌いはないのですが、基本和食が好きで海外の食べ物は大して興味がなかったりします。特にインドではカレー漬けになるらしく痩せる方は痩せるらしいです。

若い頃は貧乏旅行というものを楽しんでいたこともあり、ベトナムで節約の為US1$のオレオを買うのすらもためらっていた事もあります。
しかし、今回は昔に比べ年を食ったので、欲望が強くなっております。
食いたいもんは食いたいし、飲みたいもんは飲みたいんじゃーい!!

それでも資金的に余裕もないので節約をすることには迫られます。

そこで今回、貧乏バックパッカーをするとどれくらい痩せるものかをお伝えしようと思います!

果たしてどれくらい痩せることはできるのか!?

帰国した時にピタリと当てた方にはなにかプレゼントをしたいと思っております。
ぜひ体重がいかほどになっているかコメント欄にでも書いてみてください!




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

いよいよ出発なのです!

やっとこさパッキングが済んだ、すこんぶ☆たろうです。
部屋が汚すぎて結局当日まで荷物を詰めておりませんでした!

今回は成田発で、東京まで深夜バスで向かい、予定では新宿に5日朝8:30分に着きます。
それから、午前のタイ便にはチェックアウトが間に合わないので、夜便に乗り5日の夜23:45分に着きます。

いきなり26時間ぐらいの移動になります。。。

もー深夜バスイヤだぁ・・・(;´Д`)ウウッ…

次回はタイからの更新になると思います。

さて~行ってきますよぅ~☆

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

バンコクに着いたの巻

お久しぶり、すこんぶ☆たろうです。


飛行機は遅れたものの、バンコクはカオサンに夜中の2時に着きました。
バンコクはうだるような暑さを覚悟してたのですが、そこまで暑くないし蚊もいないので結構快適!
カオサンは相変わらずで賑やかですな。

ipodのアップルストアがあったのはびっくりした。
基本的には変わってないものの、ほんとに不便はしない感じになっております。
今回は特にカオサンに泊まりたいというワケではなくて、なんかスタートはカオサンかなって気持ちできたのです。

カオサン
ソンクラーン仕様のカオサンロード


バンコクではインドに行く準備などをするだけで今回も特に何もしていません。。。
つーか今回タイに来たのはソンクラーンというタイの旧正月を見るためなのです。
今年の旧正月は4月13~15日まで。
通称水掛け祭りと言われていて、街ではみなが知らない人に対しても傍若無人に水をかけまわる祭りだそうで。

チェンマイのほうが盛大にやるらしいので、水掛け祭りの期間はチェンマイに行ってきます!!

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

貧乏旅行ダイエットinバンコク伊勢丹 4月8日

さて貧乏旅行ダイエットです。
前回日本で63kgありましたな。

1日のごはんは、朝昼兼ねてのごはんをラーメン、小腹が減ると屋台で本能のおもむくままに、フルーツなどを食べ、夜は夜で海老やら、貝やらを食べてビールをガバガバ飲むという生活。

つーかタイでもどこの国でもなのですが、大して外国の料理よりも和食が好きなのですが、タイの食いものうめーよ!!こんなにうまかったけな?
しかもお安い!!

1B=2.9円

タイめし


ムール貝60B也
ミドリ貝60B也

手長えび120B也
手長えび120B也

こんな感じで食いまくっております。

はい、体重どどん!!




伊勢丹の体重計

なんということでしょう、1週間も経たないうちに1.9Kgも減りました!
なんか服装がタンクトップに短パンで身軽になっただけのような気もしますが。。。
よーし今からも食いまくってやせるで~!!(え




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

水掛け祭りinチェンマイ

はっきり言って町の中でおしっこをもらしてもわからないレベルである。
というかもらした。

祭りは13日から15日までなのだが、11日の昼からもうやり始めていた。
ほんとにタイの観光政府から命令でもされてるかのような水の掛けられっぷりである。
街にはバケツや水鉄砲が溢れ、霧吹きまで持っている輩もいる。

高かった。。。ちゃんと値切ればよかった。
攻撃用の水鉄砲とバケツ

タイに住んでいる人達で水を掛けられるのが嫌な人はこの時期は国外に出て行ってしまうというぐらい激しい。たしかに昼間はどこを歩いていても水を掛けられるので、準備をして出掛けないと全部が水びたしになる。

水汚い。
チェンマイは堀があって、そこから水を補給できるのでいくらでも水を掛けられる


車からやられる。
車の荷台に人が乗って、そこからも水をかけられる
そして走り去って行く。実に憎たらしい

冷たい元凶。
たいがい車の奴らは氷をいれてめちゃくちゃ冷たい水をかけてくるので、不意に後ろからやられるとびっくりする

今後行く人がいれば、ほんとに赤の他人にガンガン水を掛けられるので、防水をしっかりやっておくべきである。写真をしっかりとろうと思うのなら、防水したカメラでないとほとんどとれない。
服装も水着でいいと思う。パンツなんか何枚あっても足りない。


楽しいがさすがに5日間もすると疲れるぞ。


写真があまり撮れなかったので動画をアップしようと思ったのですが、できなかったので機会があればまた動画をアップします。






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。