カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ネパール・ヒマラヤトレッキング

どうも、すこんぶ☆たろうです。

メキシコのカンクンで管理人をしながら毎日をだらだら過ごしています


最近はホテルから徒歩15秒のコンビニに行くだけでもだるいです


ヒマを持て余しているので、止まっているこの腐れブログでも書いてみようと思います


インドのバラナシで止まってますが、その後ネパールのカトマンズまで行きました。


特に何も考えてなかったのですが、そーいえばエベレストが見れるんだったなぁと思いこの機会に行ってやろうかと。
目の前に世界一があるのだからこれは行かないテはないでしょう


が、何も考えてなかった&ガイドブックを持ってなかったので行く方法などがさっぱりわからずいろいろ調べてみると、エベレストを見るためにはまずカトマンズからではなく、まずルクラというとこまで飛行機で行ってそこから登り始めるらしい。


カトマンズのタメル地区はツーリスト街になっていて、ちょっと薄暗いカオサンのようです。
そこいら辺の旅行代理店やネットで調べてみると、5500mのカラパタールというところまで15泊16日で1400$。これは高い。つーか行けねぇ。

参考資料 日系の代理店
http://www.himalayanactivities.com/trekking_itinerary.htm


しかし、個人で手配して一人でも歩いていけるようなので自分で手配することにしました。


航空券が往復180$。


入山するためのパーミットをツーリストインフォに行って申請。


富士山や長野の御岳山には登ったことがあるのですが、荷物があるとしんどいのでガイドはいらないけどポーターだけは雇うことにしました。


食料や水が高いらしいので食料を買って、さすがに寒そうなのでジャケットも買いました

菓子いっぱい


ポーターは現地のルクラでも雇えるらしいので現地で交渉することにして、一応準備は整いました。


それでは行ってきます






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

5月14日 ヒマラヤトレッキング 1日目 ルクラ(2804m) 

朝4時に起き、5時に空港に到着。
まだ空港が開いてなかったのでしばし待つ。
空港税170ルピー。

7時ぐらいの飛行機に乗る

ルクラへ行く飛行機は朝以外だと天候不良で飛ばないことも多いし、たまに落っこちるらしい
ちいこいセスナ




食べるものではありません

飴ちゃんと白い物が配られる。白いものは綿菓子かなんかだと思って食べたら耳栓用の脱脂綿でした。。。こんなところでもトラップがあるとは!!



狭い機内
乗って左側のほうが飛行機からヒマラヤ山脈がよく見えます。




生活大変そう
まじでここに住んで良い事があるのかわからないところに住んでます。


フライトは30分ぐらいで到着。
ここでも満足かも
あらキレイあの山がエベレストだと言ってもばれなさそう







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月14日 ヒマラヤトレッキング 1日目 ルクラ(2804m)~パクディン(2610m)

ちず


ルクラに降り立ちポーターを捜さなくてはと思っていたら、一人の男が声を掛けてきた。

シェルパ族の人でジャムゾさん(36)。ガイド兼ポーターだ。

交渉の結果、考えてたよりも少し高いが1日US12$で今回のトレッキングに付いてきてもらった。
ガイドも兼ねてやってくれるそうなのでよしとした。



トレッキングについて少し説明したいと思う。


エベレストにはもちろん素人では登れないので、エベレストを間近で見れるポイントまで歩いて行く。

最低でもナムチェ(3440m)まで行かないとエベレストは拝むことはできない。

しかし、ナムチェでは見えたとしてもかなり遠いところから見ることになる。

時間のある人はナムチェよりもう少し先のタンボチェ(3867m)まで行く。

トレッキングとして素人が登れ、かつエベレストが一番近く見えるポイントはカラパタール(5545m)。

最初はお金もないし、タンボチェまででいいかなぁ~っと思っていたが、どうせなら一番上を目指してやろうと思い11泊12日のカラパタールまで登るプランを採用した。

ツアーを組むと食事代及び宿代などもツアー料金に含まれているが、今回装備品も含め(ジャケットしか買ってないけど)自己調達してるのですべてその時払い。


8時頃にルクラを出て今日の宿泊ポイントパクディンまで行く。

ジャムゾさんが仕事でお金が入ったので俺らをほっといて早速お買い物をしてた。
大丈夫かな?このガイドさん

熱心に選んでました


ジャムゾさんのお買い物も終わりいよいよ出発!!

トレッキングは登山とは違うので現地人の生活道を通って行く。
感覚的にいうと毎日目的地の村まで行って宿泊し、また次の日に村を目指す。
これを繰り返してカラパタールまで行く。

人がたくさんいます


まだまだ標高が低く、ハイキング程度の道が続く。
景色も山々に囲まれ、近くの山は木が生い茂っているが、遠くの山は雪山だ。

景色はいい


山登りってずっとUPのような気がするが、パクディンは標高2610m。
いきなり200m下る。下るってことはまた下った分登らなきゃならない。
結構下ったので帰って来る時は結構な登り。しんどいなぁと思いながら下る。

ジャムゾさんは英語しかできないが、日本語でゆっくりゆっくりと言って約3時間でパクディンに着く。

村々にはちゃんと宿泊施設があり、ジャムゾさんが捜してきてくれる。

昼ぐらいには着いた。今日はここまででゆっくりする

ダルバートを食べておやすみなさい

病み付きになります


ジャムゾさんはまた明日7時半に来ると言って1回家に帰っていった。

明日はルート上一番大きい村のナムチェを目指す。





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月15日 ヒマラヤトレッキング 2日目 パクディン(2610m)~ナムチェ(3440m)

ちず

7時半にパクディンを出発する。

今日も今のところそんなにキツイ道ではない。

キレイですけどね

標高は高いが天気がいいので汗をかく。

お仕事お疲れ様です

道には僕ら登山者の為に食料を運ぶ現地の人間がたくさん行きかっている。
ナムチェでバザールがあるからそれ用の物も運んでいるんだろう。
荷物が多くてよく運べるなぁと思う。

昼前に今から登りが続くというので軽く昼食を摂る。

こんなとこでよーやります

600m程急な坂を登って行く。
これはキツイ
そんなところを木を担いで登っている現地人に会う。
息を切らしながらやっとこナムチェに12時半に着く。


大変だと思う
ナムチェの村から見た木を運ぶ人達。

今日もジャムゾさんが宿を決めくれる。100ルピー。

どうもここらへんは大抵値段は同じぐらいらしい。

高度順応の為、明日もナムチェに一泊。
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

5月16日 ヒマラヤトレッキング 3日目 ナムチェバザール(3440m 高度順応の為1泊) 

今日はゆっくり休みかと思えば、ジャムゾさんが今日は土曜日でバザールをやっているのでそれを見て、博物館に行って、エクササイズをするという。

町並み
ナムチェの風景


物は豊富
ナムチェではトレッキング用品も買える。高いけど。


思ったほどではない
ナムチェバザール


ヤクヤク☆
ヤクの肉と共にリュックも買えるという便利さ!!
3000m以上の場所にあるというのにとにかく物が溢れている。

思ってたほどバザールはにぎやかではなかったが、さっと見て坂を登って博物館に行く。
これがまたキツイ
息があがる。
あーおむすび食べたい!めっちゃめちゃ食べたい!!
やっとこさ博物館に着く。

こわいんだよ、てめえ

中身は山のことや、シェルパ族の事が紹介されていたけど、全然大したことなかった。
まあ無料やし、しゃーないな。


ここで今日は終わりかと思いきやジャムゾさんがいきなり
えーめんどい
この丘を登るという
シャンボチェ(3800m)。
ジャムゾさん、こりゃ丘ちゅうよりか山でっせ
とりあえず登り始めるが、つーかしんどいよ
これから先、ジャムゾさんのエクササイズで泣くことになる。

30分程で頂上に着く
本当ならここからでもエベレストは拝めるのだが、天気が悪すぎて何も見えず
しかし富士山以上の標高だ。これからは未知の世界である。

まるっきり山道
明日は遠くに見える細い道を歩いて行くらしい。

帰りは別ルートを通って宿まで帰る。
よー走るわ
するとこんな高所なのにも関わらず、走っとる!!
ジャムゾさんに聞くとエベレストにアタックする為の練習らしい。
よーこんなとこ走るわ
さらにここは空港らしい
ただの更地にしか見えん!

キレイですね
ナムチェの村を上から望む

11時半ぐらいには宿に帰り、もう少しナムチェの村をブラっとする。
小さい村なのであっという間に終わる。

出発してからというもののシャワーを浴びてないし、服もほぼそのままなので体がくさい&かゆい。
シャワー浴びてぇ
シャワーを浴びると宿代と同じかそれ以上お金がかかったりする。
しかもあんまお湯が出ないらしいので、冷えて風邪を引きそうだ。
とりあえず今日も早く寝る

かわいそうに
今日の晩御飯になるのかなぁ







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。