カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「インド 」カテゴリ記事一覧


インドに着いたの巻

天国のバンコクから、インドのコルカタまで飛行機で約3時間。

きたでーインド!やっぱり汚いなぁ。。。そしてインドは夏にあたる季節なのでコルカタは湿気があるので蒸し暑い。何もしてなくても汗がダラダラでます。

空港からタクシーで、コルカタの安宿サダルストリートへ。
バンコクの安宿街カオサンに比べると、暗いし、インド人ばっかり。
まあ、カオサンの辺りが旅行客ばかりでかなり特殊なんでしょう。

ヤギの群れが歩く
サダルストリート


ご飯もインドにきたらカレー三昧だと覚悟してたのですが、中華やサンドイッチもあるので、あえてカレーを食べようと思わなければ、食べれないぐらいです。

コルカタは思った程人も物乞いもしつこくなく、野良牛もそれほどいないので、これがインドなんかって感じです。

歩いていると勝手に道案内をするインド人が現れて、こりゃー目的地に着いた後に金をくれといわれるなぁと思っていたら、着いた後にそのままどこかに消えていなくなったり、どこでご飯を食べようか考えていると話かけられ、話すと案内してくれてそれだけで終わりだったりと意外と親切。
これはBRICsの余裕なのでしょうか。

いままでインドは人がうざいだの物を買うのにも戦争だと聞かされてきたので、かなり疑ってきたのだけど、拍子抜けするぐらいに親切なので、インド人を疑っている自分がちょっとイヤになります。

コルカタで見たものはカーリー女神寺院。ここでは神様に捧げるために毎日ヤギの首が刎ねられるのですね。ヤギは首を木の棒に挟まれるわけですが、やっぱね、ヤギも殺されるのがわかるのか、
めぇめぇ泣くんですわ。んで、斧で首をスパっと。首がごろんってなっても、体はまだぴくぴくと結構な時間動くのですね。

そのあと、胴体とそこからはなされた首は別の場所に移され、これがまた見事に解体されるのです。
胴体は柱に吊るされて、皮を剥がされ、内臓をきれいに取り除かれます。頭部はナタみたいなものでまるで何かの果物を割るように裁断されます。割ってると目玉が飛び出して、地面に転がるのですが、その目玉をそこらへんにいるカラスがつまんで食べていきます。
これを見て、かわいそうだとか思う以上に作業としてあまりにも淡々としているのですごいなぁと思います。ちなみに写真はとれません。

ヤギが捧げられています
カーリー女神寺院

マザーテレサのいたマザーハウスでボランティアをしようと思ったのですが、前日に黄熱病の注射のせいか、すぐに治ったものの軽く熱をだしてしまい参加できなかったのが心残りです。

人力車のリキシャはなくなるそうです
リキシャのおっさん



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ブッダが悟りを開いた街のインド

ブッダガヤにてバラナシ行きの電車の予約をとろうと思い、外国人用オフィスに行く。
電車の発車時刻がわからないので、出発日のみを申し込み用紙に書いておっさんに渡す。


おっさん「フルだ。電車の予約はできん」

すこんぶ「なんでだ?」

お「できんもんはできんからガヤのオフィスまで行け!」

ガヤはブッダガヤの最寄の駅だが片道約12キロはある。とてもじゃないが歩いてはいけない。
そういってる間にも他の人のチケットはどんどん出されている。

す「んじゃいつまで予約がいっぱいなのさ?」

お「ん~15日後かな」

おっさんよ、今考えて言っただろ!
15日って言えば諦めると思って言っただろ!!

しかし、買えないものは仕方がない。
途方にくれていると、同じ宿に泊まっていた日本人の青年登場。

青年「どうしたんすか?」

す「切符が買えんのよ」

青「ここのオフィスのやつ、まじ腐ってるらしいですよ。
  宿に泊まってたカナダ人が言ってました。
  電車の時間がわからないと買えないらしいですよ。
  時間教えてもらったから書いてだしてみたらどうですか」

彼に教えてもらって申し込み用紙に時間を書いて再び渡す。

お「ふふ。152ルピーだ」

ふふじゃねーよ!何そのよくやったなみたいな笑みは!
おりゃドラクエの謎解きしてんじゃねーよ!
だいたい14時まで営業してないのに、13時30分まで昼休みしてんじゃねぇ!
ほんまにJRのみどりの窓口で15年ぐらい研修してこい!

あーめんくどせぇ!


ブッダガヤはくそ暑い
ブッダが悟りを開いたという菩提樹



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

バラナシに着いたの巻

ヨガのおっさん
今からやるからちょっと待ってろ!


ぐっどです
おりゃ!すごいだろう!!
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

バラナシのハナシ

バラナシ暑い。ブッダガヤも暑かったけど、バラナシも暑い。
バラナシであった韓国人の話によると45℃くらいあるらしい。
そりゃインド人も昼間は歩かんわな。

バラナシではとにかく暑いので、朝か夕方からガートの方をブラブラ歩くという毎日を送っております。

朝と夕方は人多い
ダシューシュワメート・ガート

まあ、ちょこちょこ気づかない程度にぼられてるとは思うのですが、いろいろ言ってくるインド人もちゃんと拒否すればそこまでしつこくありません。

野良牛も、もっとわんさかいるかと思いきやそこまでいないし。
バラナシ自体もインド人のにーちゃんに言わせるとここ10年でずいぶんと治安もよくなったの事。
でも、バラナシは細い路地が多いので夜中の路地はちょっと怖いかなぁと思います。



インドで見つけたカープファンの子供
おまい顔がこわいぞ
今年のカープはやってくれると思いますと語ってくれました




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

行きたくない店アワード2009inバラナシ

1ルピー=約2円

再びバラナシに帰ってきた。
相変わらずのインドテイストだ。。。

帰ってきてからはまだガンジス河で沐浴してなかったので、沐浴をした。

たいしてやることもないので河のガートをブラブラしていた。

するとガートで1年に1回!?のクリケット大会、「バラナシカップ」が開催されていた。

盛り上がってまいりました!
大人がやっているのでレベルは高い

近寄って見物しているとブッタガヤで会ったTクンと再会した。
ブッタガヤではお互いたいして話はしてなかったのだが、Tクンは一つの街に必ず2週間以上は滞在するというスローライフな人だ。


やはりバラナシでも、もう2週間いるという。
せっかくなのでメシでも一緒に食いますかという事になった。


いつもどこで晩ご飯食べてるのと聞くと「ソナルの店」とTクンは答えた。
え~あんなマズイとこで毎日食ってんのとボクが言うとそれは仕方がないとTクンは言う。


ちなみにバラナシはたくさんの日本人旅行者がいるので、日本食を食べられる店も多い。
しかし、ネパールのカトマンズに比べればかなりクォリティは下がる。


そんな中スパイシーバイツという店があって、そこには冷やし中華もありレベルは高いほうだ。
そしてスパイシーバイツの近くにTクンの通っている「ソナルの店」がある。


フツーだったらマズイのでスパイシーバイツにみんな行く。
ソナルの店はいつもガラガラだ。


しかしソナルの店の前を通るといつもおっさんがうるさいので、ボクもバラナシに着いた当初、ソナルの店をのぞいてみた。
日本人が書いたであろう日本語で書かれたメニューが貼ってあって、そこでビールが130ルピーで飲めると書いてあるではないか。ワインもあると書いてある。
バラナシはヒンドゥー教の聖地でもあり、他の都市と違ってあまり酒を気軽に買えない。
飲めてもビール瓶はテーブルの上におけず、隠して飲まなければならない。


おービール飲めるんじゃん!!と思い、つまみになるような料理もあるので1回食べに行ってみた。
いろいろ頼んだのだがこれがマズイ。
しかも1品1品出てきてこれまた遅い。


ラーメンがまた秀逸で、袋のインスタントラーメンを作って出していると思うのだが、どうやったらこんなにマズイラーメンが作れるのかが不思議なくらいマズかった。
オレがキッチンに入ってちゃんとお金は払うから自分で作った方が絶対にうまいと思う。


おそらく付いている粉末スープを入れてないような気がする。
キッチンの中には使われてない粉末スープの袋がごった返しているのが容易に想像できる。
まじで彦龍のラーメンよりマズイと思う。


日本語で書かれたメニューには「うまい、早い、安い」と書かれてあったが、これを書いた日本人をまじで小一時間説教してやりたい。


そんな店なのにTクンは夜な夜なソナルに通っている。
理由を聞くとTクンはビールが大好きなのでソナルで飲んでるらしい。

ボクがソナルじゃなくても他のレストランでもビールは飲めるし、しかも80ルピーぐらいで飲めてソナルよりも安いよというと、知らなかったという。


なのでその日は当たり前のようにソナルをスルーし、他の店で飲んで食べた。


メシを食いながら話していると、Tクンがソナルの店に行くのは仕方がないと言っていたので、ビールの事だけかと思っていたら、驚くべき事実が発覚した。


ソナルの店で食べて支払いをすると、お釣りが返ってこないという。
お釣りが返ってこないのは困るじゃん、どうしてと聞くと


「お釣りが返ってこないというか、積み立てられてるのよ」


???

積み立てられる??

どういう事かというと、精算をするとお金が返ってこずに紙が渡されるらしい。
そこにお釣りの額が書いてあり、また次回食べたときにそこから引かれるらしい。

それはヒドイ!!
なんちゅうシステムや!!
ちゅうことはちゃんとキレイに支払いをしないと永遠ループじゃん!!
いくらインドがヒドイと言ってもボクもそんな店には出会った事はない。

これが噂のソナル


おまいはうるさいし、もう少し料理をどうにかしろ
ソナルのおっさん、毎回うるさい


それはヒドイわぁ~と聞いていて、しかしメシもマズイしねぇと話していると、さすが毎晩通っているのでメシを作っているヤツとも話した事があるらしい。


Tクンが聞いた話によるとそのソナルの店のコックは自分でオレは毎日忙しくて、この前150人のケータリングをして来たと言う。


ぜっっっーーたいにウソだ!!
頼んだ料理が全部出てくるまで1時間以上はかかるのに150人のケータリングなんかできるワケがない!!
つーか、スパイシーバイツで勉強させてもらってこい!!


おまいはもう少し勉強しろ
たまに表に出てくる自称コック


ソナルのおっさん、地球の歩き方にも紹介文が載ると豪語していたが、それはオレが許さん!!
酒井法子に執行猶予が出て許されたとしても、絶対にソナルだけは許さん!!



ソナルの店、おそるべし。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)