カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「チリ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

いざチリへ!!の巻

アルゼンチンはメンドーサから、チリの首都サンチアゴに向けて出発。
9:00発のミニバスに乗る。
この頃チリで大震災が起きていたが、旅行には差し支えないと判断した為だ。



IMG_5616.jpg


運よく助手席に乗れたので眺めが良い。


やっぱりマテ茶


ミニバスの運転手は運転しながらやっぱりマテ茶。
この運転手の人ね、あのラピュタの「ムスカ」にめっちゃ似てたんだよ。
「バロス」って言ってもらえば良かったよ。


なんかいい


街路樹が植えてありなんかヨーロッパみたいで良い感じ。
ここまでこんな風景はなかった。



南米最高峰の山、アコンカグア(6962m)を見れるルートなので、運転手にアコンカグアはどれだと聞くと



「あ!?もうとっくに通り越したぞ」


と言われる。。。
オレが持っているバックパックにアコンカグアって書いてあるから、ちょっと楽しみだったのに。。。



岩山達


ヨーロッパーみたいだなーって思ってたら、いきなりゴツゴツとした岩山の道に戻ったりもする。
ダイナミック・ザ・南米!


チリ国旗


9時にメンドーサを出発し、4時間後のお昼13時にチリの国境に到着。


国境


クソ山の中


ここの国境は標高1200mの場所にあり、ミニバスから降りると肌寒い。


イミグレ内


毎度のごとく出入国の手続きをする。
別に大した事はないのだが、毎回ちゃんと出入国のスタンプが貰えるか少し緊張する。


もう少し考えろ


チリの入国スタンプをゲット!!
ご丁寧にページのど真ん中に押してくれてらっしゃる。
もう少し考えて押して欲しい。


都会っぽい


グランツーリスモっぽいトンネルの道。
チリは都会っぽいなー。
これも他の中南米では見かけた事が無い。


16時30分にサンチアゴ着。
7時間半、何てことはない国境超えだった。
ミニバスを降りて荷物を受け取る。



ん!?何か濡れてるし、臭いぞ!!



嗚呼、ブラジルで買った500mlの醤油が全部バックパックの中でこぼれてる。。。○| ̄|_→ブラジルで買った醤油




やっぱなー乗る時にこの荷物の乗せ方はもしかしたら危ないかもなーって思ってたんだよ。。。
予感は的中。全部こぼれてた。。。


もう500ml買ったらこの旅行で醤油は買わなくて良いと思ったんだよ。。。
キッコーマンの醤油はどこで手に入れられるか解らないからこの先がツライ。。。
つーかどれだけキッコーマンの醤油が大切なんだよ!って話だわ。


宿にチェックインして、バックパックから荷物を引っ張りだし、醤油汚染されたバックパック及び荷物をキレイにする。
あーなんでここで醤油が無くなるんだよー!


チリは魚介類が美味しい所なんだよ!
それなのになんで、なんで。。。


キッコーマンの醤油だけでこれだけ落ち込む事は日本にいたらあるまい。
それだけキッコーマンの醤油は貴重なのだ。
もし、キッコーマンで働いている人がいれば、これだけ宣伝しているのだから醤油を1年分送って欲しい。





                                         2010・3・13
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

チリの首都・サンチャゴの巻

何を思ったかちょうど2年振りに更新!


生まれたばかりの子供は2歳でカワイイお年頃になり、小6だった子は無事、厨2病に罹り、50代の方は「オレもそろそろアラカン(アラウンド 棺桶)かー」と月日が経つのは早いものですが、みなさんご機嫌麗しゅう?


僕はこの2年間、番号で呼ばれる施設に入所しておりました!!
ウソです、でも本当に信じる人がいるのでまあ僕はそんなイメージなのでしょう。
それでは2年振りの続きをどうぞー。



なんばーぷれーと



というワケでチリの首都、サンチャゴに着いた。
この頃、日本でもニュースになっていたチリの大地震があって、旅行しても大丈夫かなーと思っていたが、着いてみると無問題。
チリはあれだったら回避しようかと思ったが、やはり現地に着いてみないとわからないもんだな。


あるます


いつものアルマス広場。もうこの旅行で何回アルマス広場に出会ったことか。
中南米はとにかく街の中心にはアルマス広場。
はいはい、アルマスアルマスー。
もう飽きた。


ひろば



ちりじんたち



そこらへんのどうろ



どうろ



グランツーリスモの都市地下トンネルから出たとこらへんの道路。
サンチャゴはとてもキレイで洗練されている。



あっぷる



アップルストアもある。
サンチャゴは都会なのだ。



まち



サンチャゴにいる女の子はカワイイ。
中南米でカワイイ子がいる国は「3C」と呼ばれ、コスタリカ、コロンビア、そしてこのチリである。今までの中南米の中でもオシャレさんが多く服装も洗練されている。
カワイ子ちゃんの写真見たいでしょー?ねー?










おまえらふざけるな!カワイイ子ちゃんの写真などない!!
探しても1枚たりともなかったわ!




シャイなオレが写真撮らせてくれなど言えるワケがない!
そんなにカワイ子ちゃんが見たければサンチャゴに行ってくればいいじゃない。
でも安心してくれ、ちゃんとオレの心の中で彼女達は生き続けている。
ちゃんと写真撮ってくれば良かった。。。



えき



駅から地下鉄に乗り、魚介類がうまいと言われるチリで魚市場に向かう。



ちかてつ



おっさん



魚市場に到着~。
おー魚がいっぱいおる。
中南米では魚をあまり食べないので、こういう魚専門の市場があることは珍しい。



さかな



ムール貝とか



さかなしんでる



この市場内も地震で大きく揺れたらしく、働いているおっちゃんが聞いてもないのに


「めっちゃ揺れてよー上から物が落ちてきてさーこれ見てこれー」


と頭に出来たタンコブを見せてくれた。
なぜかは知らないが、おっちゃんはうれしそうだった。



こっちがしんでるんだった



この日はアジ?2匹900チリペソ(158円)とサーモン1キロ4000チリペソ(700円)を買ってアジは焼いて、サーモンは刺身にして食べた。



前回の移動でキッコーマンの醤油をバックパックに漬け込んでしまったのだが、幸いにもメンドーサで出会った日本人の女の子とサンチャゴで落ち合う事が出来たので、どうにか2010年醤油問題は解決できた。
アジは焼いて失敗したものの、サーモンの刺身は美味かった。



そういえばボリビアで別れたらくださんが近くの都市にいると言うので落ち合おうと言う話になった。
らくださんにサンチャゴで辛ラーメンを10個買って来てくれと言われたのだが、10個って多いわ。
らくださんの謎に多い荷物の中には必ず辛ラーメンがストックされている。



結局辛ラーメンは見つからなかったのもあるし、らくださんは裏切って違う所に行ってしまったので買わなくて良かった。
あのウソつきらくだめ!!
らくださんは、知りもしない事を適当に言うのでバックッパッカー界では「ウソつきらくだ」とも呼ばれている。
しかし人が好く、人徳があるのが腹立たしい。



たいむあうと



サンチャゴから次の都市に移動する夜行バスは、乗ってから降りるまでずーっと「Timeout」と電光掲示板が光っており、オレの人生の事か、うるさいわ!と思いながら眠りについたのだった。

                                          



                                          2010・3・14
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

海鮮三昧!プエルトモン

チリのプエルトモンは海鮮が市場で安く手に入るから、行った方がいいよと言われプエルトモンに来た。


うみ



ふね



港町で海がすぐ近く。
南半球で終わりかけとはいい夏の3月なのだが、緯度が低くなってきているので肌寒い。



寝てるひと



第一寝てる人発見!!
いいねーいいねー。



市場



早速魚介類を求めてメルカド(市場)にやってきた。



たこ



たこやら



かんぐれほ


カングレホ(カニ)


かい



貝やらを売っている。
この日は昼過ぎくらいにメルカドに来たので品揃えがあんまりなのかなーっと思っていたのだが、結局サンチャゴの方がたくさん色んな物が売っていた。でも、少しだけサンチャゴのよりも値段が安かったかなー。



おみせ



メルカド内には食堂もあり、食べに行ってみる。



むきむき



ちゃんとチリ人も働いているんです!



かき



生カキをオーダー。
チリでは生カキも食べられるんだけど、結構小粒。



わいん



生カキにはチリ産白ワインでいただく!!
カキ5000チリペソ(880円)ワイン4000CP(700円)
今計算してみるとワインの方がカキよりも安いのね。。。
さすがワインどころ。
カキは広島出身のオレとしては何か物足らない。
やっぱり広島産カキがおいしーわ。


くらんと



ここプエルトモンの名物料理はこのクラント4000CP(700円)
何かムール貝やらホタテやらジャガイモとかが入った具だくさんスープ的な料理。
スープはおいしかったんだけどねぇ~。



たそがれ



何か視線を感じるとそちらを見るとおっさんが。



おっちゃん


食堂で働いていたおっちゃん。



「カキ食ってたらまだまだ夜の方も現役よー」



と一緒にいてた女の子にアピールしてました。
ご飯を食べた後は再びメルカド内に戻り、晩御飯の食材を買いに。



りっぱなさーもん



さーもん



日本の回転寿司で使われてるサーモンはチリ産が多いらしい。



うにむき



ウニむき。



うに



はたらくおっさん




うに



ウニは一ビン1500CP(260円)!
めっちゃ安い!!



かわいこちゃん



メルカドに居てたカワイ子ちゃん。



しなさだめ



外に出ても売っているので品定め。



ひもの



貝の干物1500CP(260円)を売っていたので買って帰る。
買ってはみたものの、どうやって食べたらよいのかわからず、炙って食べたけどなんだかイマイチだった。
そじて晩御飯ー!


うに・さーもん



サーモン&ウニ



かい



貝のワイン蒸し


めし



違う日にはあのウニ丸ごと一ビンを使って豪快にウニパスタ。
サーモンと貝は美味しいのだけど、ウニはなんだかイマイチ。。。
味が薄い。
やっぱ日本のちゃんとしたウニの方が味が濃厚で美味い!
でも、日本の回転寿司ではこの安いウニが使われてんだよねぇ~。



おっさんと子供



このおっさんの家の2階が宿になってて泊まったんだけど、家族でもキッチンを使うのでメシ時になると家族のご飯作ってて、いつも待たされてキッチンが使えないから不自由だった。。。
プエルトモンではちゃんとした宿に泊まるべし!




しかしプエルトモンは海鮮が安く手に入るというだけで特に見るべきものはない。



なぞのにんぎょう



謎のカップルのバカでかい人形があり、ここの行政は何がしたいのかと異国の地で思う。



いたずら



このようなイタズラは万国共通なのですね。



えびちゃん



え。。えびちゃん。。。??
いつの間にやらチリデビューなさっていたのですね。
どうでもいいけど最近えびちゃん見ないなー。
なんならオレが結婚してあげるのに、シャイガールなんだからー。



いえ



町を歩いていると、家の外壁がウロコみたいな1枚の板で繋ぎ合わせてあっておもしろい。



いえ2



他ではあまり見たことがないからこの地方の特有の建築方式なんだろうなー。



ゆうやけ



宿もイマイチだったし、魚介類も思っていたほど種類が少なかったし(時期的なもの?)そういうワケで満足したのか、満足してないのかわからないままプエルトモンを去るのであった。





                                       2010・3・16~19
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。