カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「エクアドル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

エクアドルでマヨネーズ強盗に遭うの巻

イピアレスを昼に出る。
イピアレスの街からエクアドル国境はタクシーで15分ぐらいで着く。


国境~


特に問題も無くイミグレを通過し、エクアドルに入国。
国境から、ミニバス、バスを乗り継ぎエクアドルの首都キトに向かう。


19時にキトに到着し、安宿のスクレに向かう。
スクレはたったの3US$(280円)で泊まれる。
しかもシングルだ。


新市街では8US$ドミ(740円)ぐらいが相場なのでそれを考えるとかなり安い。
しかし、スクレは治安の悪い旧市街にあり、宿では盗難があったりと評判はあまり良くない。
一応行ってみたがベッドが無かったので、新市街の方で宿を取る。
ちなみにエクアドルの通貨はアメリカドルである。


次の日、N子さんとらくださんと、後1人コロンビアのカリから一緒になった男性とで新市街の方を昼間ブラブラ4人で歩いていた。
すると男性が


「あっ!!」っと声を上げた。


何事かと見ると手に白い液体が付いている。
スペルママヨネーズだ。


通りを歩いていてすれ違ったヤツに背後からかけられた。
どいつがやったのだろうかと探してみるけれど、もう人込みに紛れてわからなかった。


そのまま歩き続ける。
すると、前から2人のおっさんがやってきて何やらこっちに話かけてこようとした。
しかしオレ達4人は華麗にスルー。
そのまま歩き続けた。


あーこれがウワサに聞いてたマヨネーズ強盗か~。
ケチャップ強盗とも言うけど、今回はマヨネーズだった。


手口はわざとマヨネーズをかけて、服が汚れているよと声をかけてきて、親切を装い拭いてくれるのだが、その間にお金などをスって行くというものだ。
今回はかけられた瞬間にすぐわかったので、未遂に終わった。
これは結構有名なやり口で、オレらは知っていたので何か話しかけてこようとした男2人に取り合わなかった。


マヨネーズ強盗はアルゼンチンがメッカだと思ってたのに、エクアドルでもあるんだな。
キトでも比較的治安が良いとされる新市街の昼間、大通りで結構人通りも多かった。
しかもこちらは4人で歩いているから、あっちは相当自信があるんだろうな。


などと感心していると、ん何かおかしいぞ??











いやらしいわ~


うひょーオレもかけられとる!!


歩いているときは↓みたいに歩いてた。

  店・・ 道
  店・・ 路
   ↑↑ 
  オレ男性


道路側からかけられたハズだから、こりゃオレもとばっちりを受けたな。
オレはメキシコに入ってからは、外を出歩く時にカバンを持つのをやめた。

男性は一眼レフのカメラを入れたバッグを持っている。
たぶんそれに目を付けられたんじゃないかと思う。


何も盗られてないのはいいのだけど、帰ったら洗濯せんとダメじゃないかー!
手洗いで洗濯するのちょーめんどくさいのに!!
あームカツク!!!


まあ、ちょっとネタになって良かったなとは思っている。
しかし、未だ旅行おもしろくない病が治らない。
最後の長旅になるのだから、楽しみたいのだがどうも気分が乗ってこない。


これはもしや最近1人じゃないからか?と思った。
カンクンから長い間1人きりになった事がなかった。


今後、N子さんはさっさとペルーに行きたいと言ってるし、らくださんは今までガラパゴスの「ガ」の字も言ってなかったのに、もう1人の男性と急にガラパゴスに行くと言い始めてた。


オレは12月の6日に、ここキトでお祭りがあるのでそれを見たかった。
しかし、6日まではまだ2週間弱あった。
キトで2週間いてもやる事は無いので、先にエクアドルの都市を周って再びキトに戻って来て、一気にペルーまで抜けようと考えていた。


次の日、1ヶ月ちょっと一緒にいたN子さんとらくださんに別れを告げ、一人バスターミナルに向かった。



                                      2009・11
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

エクアドルでヒッチハイクをやってみるの巻~グアヤキル~

Oh-!1人はフリーダムだ!
誰かと一緒にいるのも楽しいのだけど、1人になっての移動はちょっとドキドキする。
このドキドキ感を忘れていたのだ。


バスターミナルで待ってる時にトイレに行きたくなっても誰か一緒にいれば


「荷物見といてね~」


で済むけれど、1人だったら全部持ってトイレに入らなければいけない。
不自由なのだけど、これがまたイイ!


そんな感じでグアヤキルに到着。
グアヤキルは暑い。
エクアドルの首都、キトは標高2850mあるが、グアヤキルは海に面しているのでほぼ海抜0。


ガイドブックに載っていたHotel NiucancheUS4$(370円)のシングルに泊まる。
たったの4US$でシングルに泊まれるとは!!
コロンビアなんてドミでも10US$ぐらい取ってたぞ。


エクアドルは物価が安い。
今までドミでできなかったあんなことやこんなことができる!


昼間に市場に行ってみる。


ゲロ安


ここグアヤキルの名物はカングレホ(カニ)。
これなんぼなん?って聞くと、これ全部で20US$(1840円)なんですって!

写真で数えただけでも30匹以上はいるぞ!!
クソ安い。


本当はこれを買って帰って自分で調理すればいいのだけど、(30匹はいらん)宿にはキッチンがないので、後からレストランで食べる事にした。


グアヤキルにはイグアナ公園なるものがあるらしいので行ってみた。


あまり好きでもありません


ちょっと気持ち悪い


おー!うようよいる!!
ここは野放しにされてるようで、これはまさに野良イグアナだ。



オレにはムリだな


市民はイグアナと触れ合っている。

そしてカングレホを食べられる店を宿で聞いて、レストランに向かった。


うまいかしら?


カニ2杯で4US$(370円)!


んーイマイチかな


見た目はちょー美味そう。
早速食べてみるが、なんだろう普通の塩茹でじゃなくて、なんか香草で味がついている。
それがうまければいいのだが、オレにはちょっと違った。


宿に帰ってゴロゴロしながら、何か面白い事はないかとガイドブックを読む。
おや、温泉がある。


温泉の名前はバーニョス・デ・サン・ビセンテ。
ガイドブックにはグアヤキルの西の小さな村とある。
久しく風呂に入ってないので、これは行ってみなければなるまい。


しかも行き方を見てみるとバスで途中まで行って、そこからはヒッチハイクと書いてある。
ヒッチハイクか、これはかなり刺激的な言葉だ。
もしかするとあの暑い夏の日以来のドキドキが味わえるかも知れん。


さっそく次の日行ってみる。
まずはSalinas行きのバスに乗る。


バスの運ちゃんにバーニョス・デ・サン・ビセンテに行きたいから途中で降ろしてくれと伝える。
バスの運ちゃんは


「よし!わかった!!任せとけ!!」


バスに揺られて行く。
街中から風景は変わり、田舎の風景になった。


ガイドブックには1時間半ぐらいと書いてあったのだが、その予定時間を過ぎても運ちゃんからお声はかからない。
ちょっとおかしいなーっと思っていると、バスが止まった。
終点のSalinasまで行っていた。


バスの運ちゃんは「あっ!!」という顔していた。
ふざけんなー!ちゃんと言ってただろう。


そしたらバスの運ちゃんに違うバスに乗れと乗せられた。
もちろんまた金を取られた。
実にふざけとる。


今度は本当に頼むぞと言ってバスは走りだした。
30分経たないぐらいでここだと降ろされた。


なんもない


Oh-!
見事に何もない。
まさかここまで何もないとは思ってなかった。


もうどこに行くにしてもヒッチハイクしなければならないこの状況。
とりあえずやってみる。


車が来るのを見て、グッと右手を挙げヒッチハイクポーズをとって見る。
全日本ヒッチハイク協会(JHA)によると、足はしっかりと前後に踏みしめ、右手を天高く突き親指を立て、笑顔を持って行うとある。


それを実践してみると、本当に1発で車が止まった。
おばさん2人だった。
バーニョス・デ・サン・ビセンテに行きたいのだけどーと言うと後ろの荷台に乗れと。
ヒッチハイクを始めて5分も経たないうちに成功。
すごいぜ!全日本ヒッチハイク協会(JHA)!!


荷台


荷台に乗せられガタゴト行く。
それなりに距離はあるとかと思ったけど、ものの10分も走るとここだと言って降ろされた。


ありがとうー


乗せてくれたおばさんにお礼を言い別れる。
温泉は向こうだからと言われたので歩いてみる。


期待できねー


Oh-!
本当に小さすぎる村だ。
周辺も歩いてみる。


廃墟だ廃墟


教会がポツンとあるだけで、まるで北斗の拳の世界みたいだ。
これはもう温泉だけしかなさそうなので温泉に行く。


入り口


入場料は2US$(180円)


まあいつもこんなもんですよ


そして係員がやる気が0である。
まあそんな事はどうでもいい。
とりあえず風呂じゃー!
白色が同化して写真が切れてるように見えるな。


だれもいねー


行ってみると客はおっさん1人。
日本のとは違い、水着を着て入る。
入ってみる。


おおう、ぬるい。
全くもってぬるい。
グアヤキル市内と違ってここは涼しいので、それなりに熱くないと外に出ると寒い。


そして深い。
写真にある木の棒につかまってないと、足が届かない。
少し漬かって場内を歩いてみる。


ここは寒い


もう一つプールがあった。
どんな具合か手を入れてみると、冷たい。
そういえばガイドブックに冷泉もあると書いてあった。
しかし、こんな涼しいところでこれに入ると風邪を引く。


結局戻ってぬるい温泉に漬かる。
全然体が温まらなかった。
なんかもー全然気持ち良くないし、ムカついてきた。
もう帰る!!


帰りももちろんヒッチハイクで帰らなければならないのだが、全然車が来ない。
すると1台着たので行ってみるとタクシーだった。
もう面倒くさので乗ってバスターミナルまで行ってもらった。
しかしおっさんの車はボロい。


ぱっかり


なんか車の回線がボロボロ出てる。


おっさん頼みますよ


おっさんが右手で引いているのはサイドブレーキではなくて、アクセルだった。
こんな車に乗ったは初めてだ。
近くのバスターミナルまで行ってもらいグアヤキルに帰る。


もーなんだかんだで1日10US$以上使ってしもうたわー!
温泉も大したことなかったし!!
バーニョス・デ・サン・ビセンテなんか行くもんじゃないわー!


もうグアヤキルには用は無い。
帰って荷物をまとめ次の日に別の町に行く準備をした。


ちなみに今回登場した全日本ヒッチハイク協会(JHA)などという組織は存在しないのでググらないで頂きたい。

                                         
                                         2009・11




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

リオバンバで何もできなかったの巻

グアヤキルを早朝に出発する。
またしても降りるべきバスターミナルを乗り過ごし、高速道路?の入り口と思われる所で降ろされる。


おーこれはどうやってまたバスターミナルまで戻ればいいのか。
またヒッチハイクでもして戻ろうか。
中南米の移動は結構楽にこなしているので、最近はこんなハプニングが楽しくて堪らない。


すると警察が来て、バスを停めてくれた。
ヒッチハイクしようと思っていたのにちょっと残念。


宿に荷物を置き、市内を散策。


飽きたわ


なんかこういうのも見飽きてきた。
リオバンバでは高山列車に乗るのが目的だった。
しかし、もう席が埋まっていて乗ることができなかった。



乗れませんでしたー


南国~


仕方ないので町をブラブラする。
果物屋では赤道直下の為かパイナップルなど暑い場所を連想させる果物がたくさん売られていた。


こぎれいですね


市場にも足を伸ばしてみた。


食べればよかった


どうやらここは豚の肉をウリ物にしているらしく、たくさんの食堂が豚肉を売っていた。


遅れてますねぇ


季節はもう11月であったので、スーパーの店員さんもサンタクロースの帽子を被って働いていた。
高山列車が乗れないのではもうここには用がない。
1泊だけしてキトに戻ることにした。
                                       
                                         2009・11
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

再びキト

リオバンバから再びキトに戻る。
15時ぐらいにキトに着き、キトで最も安い宿と思われる「スクレ」に再び行ってみるがやはり泊まれず。
次の日の10時に来いと言われたので、新市街に宿を取る。


翌日、再びスクレに行ってみるがやはり部屋が無く、待ってろと言われたのでその時間を使って、前回歩いていなかった旧市街を歩く。


いつもの感じ


サン・フランシスコ教会。
教会内は美術館になっており入館してみたが、宗教画ばっかりで大して面白くなかった。


はいはい、広場広場


キトの旧市街は世界遺産になっている。
もうコロニアルな街並みはオレにとってはあまり興味が無い。
ヨーロッパと同じでどこも同じように感じられるのだ。


スクレにあった情報ノートに塔の上まで行ける教会があるというので行って見た。


もう教会は飽きたのだ


結構高い。


高いです


これはちょっといいかなと思った



階段を登り中腹まで来た。



怖かった


一番上まで来ると市内が見渡せる。
オレは高所恐怖症なので高い所は苦手。
子供の頃はなんともなかったのになー。


はいはい、教会教会


教会内部は結構広い。


これはちょっときれい


確かに塔の上からの眺めは良かったのだが、もう教会とかは本当に興味が無い。
スペイン人が侵略してこなかったら、ここはどうなってたんろうな。


再びスクレに帰ってみるが、やはり部屋は空いてなかった。
3回来て、泊まれないと言うことはもう縁がないと言うことなのだろう。


キトのお祭りを待つ為には宿代の安いここに泊まる事が条件だったのに、泊まれないとは。
なんかもうお祭りどうでも良くなったわー!
もーエクアドルはオレを必要としてないと思った。


                                       2009・11
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

エクアドルは赤道直下の国なのですの巻

エクアドルには赤道が通っている。
エクアドルって赤道って意味だったのね。知らなかったわ。
でもそのまんまだな。

キトから約22km離れた場所に赤道は通っているのでバスを乗り継いで行って見る。


はい、きましたよ


到着。


ここですか、偽物は


ここが赤道だ!と言いたいところだが、実はここは違うらしい。
GPSでちゃんと計測したところ、実際は200mほどずれていたらしい。
こんなに立派なもの建てたのに、先走りすぎたな、エクアドル政府。
本物の赤道ラインに立つために行ってみる。


こっちが本物なんですね


本物の赤道ラインの所は博物館になっており、今さっきもお金をはらったのにまたしても金を取られる。
敷地内に入るとどうやらガイド付きで案内してくれる。


おーアナコンダ


アナコンダのホルマリン漬けや


わざわざご丁寧に


ありがとうございます


昔ここらへんには首狩族が住んでいたらしく、ご丁寧に首の狩方を説明してくれる。
そして出来あがったのがこれ。


えらくしぼみますね


人間の頭ってえらく小さくなるもんなんですねぇ。


ほんとにオレはちんことか好きだな、子供だな


先住民が住んでいたところを復元したり、マネキンが置いてあった。
一通り説明が済んで、いよいよ本物の赤道へ。


こっちが本物ですね


おーここが地球の真ん中かー。
赤道直下ってすごい暑いのかと思っていたけど、標高も高いせいかそんなに暑くはない。
赤道では様々な変化が起きるらしく、その実験をする。


これはウソみたいです


北半球と南半球では台風や水を流した時の渦の巻き方が反対になるらしい。
初めて知ったわー。
そして赤道上ではどうかというと、渦を巻かず水が流れる。
これを「コリオリの力」というらしい。


そしてお次は赤道上では卵が釘の上に立つ!!


ええ、おれは不器用ですから


おねーちゃん成功!!
赤道の上では重力が均等に働くので釘の上にでも卵が立てやすいらしい。
ちなみにオレは不器用なので卵を立てる事ができなかった。
卵を立てることが出来ると証明書がもらえるのだが、オレの心の中では立ってたので頂戴した。


1人だとこういう時気軽にできないんですよね



赤道上では上から力を加えられても簡単に下がってしまう。
ちょっとずれるとそんなことはないのにね。


これはオレ、ちゃんと歩けましたよ


あと赤道上では真っ直ぐ歩けないという実験。
でも、オレは歩けたわ。
つか、目つぶって歩いたら他の場所でも真っ直ぐ歩きにくいんジャマイカ。


っとまあ色々な実験が本当かウソかは別にしといて楽しむ事ができた。


キトの祭りを待つには3US$のスクレに泊まる事を条件にしていたのだが、3回行ってもダメだったので、もういいやーと思いキトを離れる事にした。
きっとキトはオレの事がキライなんだー!


バス停に行くとたくさんの荷物が積まれてあった。


ほんまこれどうすかと思ったら


これ全部トランクに入るのかよっと思っていると


バスん中へー


車内でした。

                                      2009・12
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。