カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「グアテマラ 」カテゴリ記事一覧


グアテマラで独立記念日の巻

メキシコ、サンクリストバル・デ・ラスカサス(以下サンクリ)から次なる国、グアテマラへ向かう。


グアテマラは9月15日が宗主国、スペインからの独立記念日だ。
ちなみにメキシコは翌日の16日。


どうも独立記念日のあたりは少々治安が悪くなるというメールを先にグアテマラに入っていた、カンクンで出会ったN子さんから貰っていた。


出発するのはちょうど15日。
自力で行くよりも多少移動費が高くなるが、サンクリの日本人宿サンクリカサカサからグアテマラのシエラにある、これまた日本人宿のタカハウスまで直通で行ってくれるサービスを利用した。料金は300ペソ(2400円)


朝8時に車が迎えに来た。
そして3時間後にはグアテマラ国境に着いた。


到着!


無事にイミグレーションも通過し、グアテマラに入国!
が、乗り換えの車が来ず、待ち。


高かった。。。


その間にメキシコ側で最後のタコスを食べた。
そうこうしてる間に2時間程で乗り換えの車が来た。


約2ヶ月半いたメキシコともおさらばだ。
さらばメキシコ。
メキシコ楽しかったなぁ~。


車は走り、その日の17時にはタカハウスに到着。
約9時間の移動。
あーでも楽だった~。


15日になる前から街でお祭りをやっているというので宿のみんなと行った。


人いっぱい


街は人で溢れ、楽奏隊等も出ておりとてもにぎやかだった。


どこにでもあるカテドラル


外は寒いのですがね


花火も打ち上げられ、0時はまだかと待っていたら、いつの間にか0時になっていた。



[広告] VPS



そーいえばらくださんとも再会したのだった。


おっさん


ねずみ男みたいだな、おっさん。


次の日もグアテマラはお祭り。


にぎやかです


踊っておりました


そして宿のみんなで屋台を出した。
我々日本人が出した屋台は


もうボッタくりですよ


おわかりであろうか?
グアテマラ人の名前を漢字の当て字で書く商売。
もうぼったくりの域に近い商売である。


それでも1枚3ケツァール(1Q=11円、33円)
ここグアテマラは物価がすごく安いのである。


初めてのお客さんはtaxiドライバーの人だった。
どうやら気に入ってもらえたらしく


よろこんで

車のダッシュボードに飾ってくれた。


もらえてよかった
マウロさんですね


その後も結構繁盛した。


おもしろいっすか?
アドリアさんと、マルティンさんですね


今こうやって見ると暴走族のようでもある。


そしてもう1つやっていたのが「おやき」
3個で10Q(110円)


おいしいよ、たぶん


インディヘナ(先住民)の子供も興味津々である。


繁盛してますな

当て字商売もおやきもこっちが忙しくなる程、人が並ぶ事があった。
おやきもそこそこ売れたが、当て字商売の方が人気があった。


夕方近くに雨が降ってきたので早々に切り上げたが、1日の上がりは400Q(4400円)


これは遊びみたいなものだけど、日本人を10人近く動かしてこの数字とは、いかにグアテマラの物価が安いということがわかる。
日本だったら人件費だけで赤字だ。
その儲けたお金でその夜、中華料理を食べに行った。


グアテマラもメキシコのサンクリと同様にインディヘナが多い。
その後振り返ってみると、民族衣装を着たインディヘナよりも普通の人のほうがよく買ってくれた様に思う。


この現代において、自分の文化を守り続けているインディヘナは、外国の文化に対してもやはり保守的なのかなとこの屋台を通じて思った。



                                             2009・9
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

グアテマラの神様に会いに行く!の巻

グアテマラに「サンシモン」という神様がいるとの情報が入った。
キリスト教と土着の宗教が混じった神様らしい。


是非とも神様に、彼女ができますように!、子供の頃好きだったビッグカツ(30円)をいっぱい食べるのが夢なので叶えてください!とお願いしに行く事にした。


ロスバーニョスという所に温泉があるのでその前に、スニルに寄って神様を拝みに行く。

バスに乗って行く。
バス代がこれまた4Q(44円)とクソ安い。


いろんな種類があります


バスの中は民族衣装を着たインディヘナがたくさんいる。


スニル着きました


1時間程度走っただろうか、スニルの村に到着。


相変わらずの風景


バスを降りて人が行く方に付いていく。
しかし、どこにサンシモンという神様が祀り上げられているのかがわからない。

そこら辺のおっさんにタバコを1本あげたら、こっちだこっちだと案内してくれた。
おっさんに付いて行って到着。
家というか小屋みたいな所だった。


なぜか入場料を払わせられる。
5Q(55円)
信者以外のヤツには払わせるのか。
中に入る。


がらーん

がらーんとしていて、しかも殺風景だ。


敬虔な信者

じいさまが祈っている。
よほどご利益のある神様なのだろう。
オレも一生懸命お祈りしなくては!!


そして神様とご対面。
さー祈るぞ!!
祈り倒してやる!





なんでだよ。


優雅に座ってますね。


オーノー!コレガ神サマデスカ??


神様業界広しといえどもこれはかなりの異端児だ。
業界内も騒然である。


マネキンにサングラスをかけさせて、タバコを咥えさせとる。
これはふざけているのかと。


どーいう過程でここに落ち着いたのか、信者を小一時間程問い詰めたい。
なんかビッグカツの事なんてどうでもよくなった。


神様に対して失礼なのだが、はっきり言ってすごく笑いたいのを抑えている。
しかし、信じている人は本気だ。
下の写真を見て頂きたい。


文明ですね


少しわかりにくいのだが、携帯電話を耳にあてがって話させてる。
きっと遠方にいて体が悪い等の理由で、ここまで来る事ができない人が電話の向こうにいるのだろう。
うーむ、サンシモン大人気だな。


こわい、こわい


このサンシモン、ふざけている姿をしているがやる事はやっている。
無数のろうそくには色が付いていて、赤は恋愛、青は仕事、水色は学業、ピンクは健康等の祈願の意味が込められている。


そして黒いろうそくは、ムカツク奴を呪う意味なのだそうだ。
人を呪う事もできるサンシモン、あなどれない。


何も関係ないよね


神様が祀り上げられている神聖な場所にも関わらず、ちょっとHな写真も飾られているというこの絶妙なバランス感覚。まさに異空間。


サンシモンさんにもお腹いっぱいになったし、温泉に行って帰った。
サンシモン、不思議な神様だったぜ。


きもちよかったす

15Q(165円)
本当に久し振りの湯船はちょー気持ちよかったっす。


                                              
                                             2009・9

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

動物マーケットに潜入してみるの巻

グアテマラはインディヘナのメルカド(市場)がいろんな所で結構毎日のように開かれている。なのでメルカド巡りに忙しい。


サンフランシスコエルアルトという所で、家畜市があるというので行ってみた。
まあ動物市である。


インディヘナのメルカドは朝っぱらからやってるので、6時くらいに起きてバスで向かう。


重そうですね


ここのメルカドは結構大きく、家具を売ってる所もあった。
お目当ての家畜市に向かう。


いくらやったん?


近づいてくるともう家畜を買った人が。


子牛を乗せて~♪


牛も買われた模様。
ドナドナだ。


家畜市は小高い丘のような場所の広いグランドのような所で開かれていた。


おっさん&おばはん






それでは今日の商品ラインナップを紹介しよう。
エントリーナンバー1はヤギ。


やぎ


ぶた


そしてブタ。


うま


この馬は5万円ほどで買えるらしい。
すごく馬が欲しかった。
馬で旅行してるなんてかっこよすぎるでしょ。


いぬ


犬などはもちろん食べる訳ではないだろう。


ねこ


猫もいる。


へびのおっさん


へび使いのおっさんは売り物ではなかった。


しちめんちょう


七面鳥って見た目グロイですね。


あひる?


あひるのようなヤツ。


やってるねぇ


ちょっと目を離すとこのザマだ。
しかし、このブタを買って、子供が出来てたらちょっとラッキー。


ひつじ


めえめえ泣いておった、ひつじ。


にわとり(小)


にわとりの小さいのかな?


こども


子供&赤ちゃん。
もちろん売り物ではない。
でも場合によったら買えそうな気がするのがグアテマラの怖いところ。
しかし良く見るとこの赤ちゃんすごい角度で背負われてるな。
直角だ、直角。


まだまだ色々いたけれど、まあこんなもんだろう。
お腹が減ったのでごはんを食べる。


めしや


売られているにわとりを使っているとしたら新鮮極まりないな。
ごはんを食べて、家畜市を後にし、ブラブラする。


たまご


餃子の王将もびっくりの卵の量。


あでぃd


「アディd」


もう本物とか偽物だとかそういうレベルではない。
もしかしたらこういうブランドがあるのかと目を疑ったわ。
びっくりするほどの手抜き仕事。


グアテマラ人よ、しっかりやろうや。
こんなもん日本に着て帰ったら即没収だぞ。


でも「アディd」って言うグアテマラのブランドなんっすよ!って言い切ったら大丈夫かな?いやでもやっぱ無理だろう。
もうどっちでもいいわ。


ひとしきりツッコミも入れたし、もう帰る事にする。
バスに乗り込むと買い物を終えた人がチラホラ。


なんでもかんでも


なるほど、バスの荷物棚には七面鳥も置けるのかー。
荷物棚って便利だなぁ。
その発想は無かったわ。


バスに乗せる


おやおや、窮屈そうにちょろっとお顔を出してるのはブタさんかな。
ブタってバスに乗れるんだなぁ。
生まれて初めてブタとバスに乗ったわ。


なんでもかんでも公共の交通機関であるバスに乗せやがって。
もうツッコミ疲れたわ。





                                           2009・9
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スペイン語のお勉強をする!の巻

前回の家畜市に行った後、風邪をひいてしまい、シエラを離れられなかった。


やっと体調が戻った所で、アティトラン湖の近くにあるサン・ペドロ・ラ・ラグーナ(以下サンペドロ)に向かった。


グアテマラはスペイン語学校がたくさんあり、しかも授業料が安い。
サンペドロも授業料が安いのでスペイン語を勉強する事にした。

シエラからはバスで約5時間。
アティトラン湖が見えてきた。


眺めいいっす
アティトラン湖


サンペドロは小さな村でとても静か。


メキシコに入った当初はスペイン語をバリバリ勉強するつもりだったのだけど、なんだかめんどくさくなったので値段だけで学校を探した。


すると2人で月曜~金曜の1日3時間を2週間で130USドル(11700円)の所が見つかった。安い。


学校は朝9時~12時。
毎日決められた時間に起きるという事が旅行中にはないので、すごくしんどい。
日本に帰ったらちゃんと生活できるのかと思った。


学校~


授業~


先生はエルヒオという男の先生。

初日は挨拶とあと4フレーズのみで終わった。

エルヒオは別に悪くはないのだが、やる気が無い日は全然やる気がない。
まあ、オレもやる気があまりないのでいいけど。


一応勉強してます



毎日めんどくせーといいながらもあっという間に2週間が過ぎた。
2週間しか勉強しなかったが、それでも学校に行くのと行かないのでは少しは違うかなっと思った。


                                            2009・9
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

サンペドロ・ラ・ラグーナでの日々

サンペドロ・ラ・ラグーナ(以下サンペドロ)は2週間いたので、その間にいろいろあった。

サンペドロからアティトラン湖を渡って行けるパナハッチェルにも行った。


いつものメルカド


メルカド(市場)で買い物したりした。


おっさん


みんな夢中


ゲーセンは大盛況。



この手の乗り物は結構どこでもあるのね


タイにもある三輪バイクタクシー。





ちょっと寒い


学校の先生達とアティトラン湖で泳いだりした。
湖は結構水が冷たく寒かった。


気持ちよかた


宿の近くにあった温泉プール。
これも気持ち良かった。
温泉、温泉!と言って騒いでしまうのはやはり日本人ですな。



同じくサンペドロからアティトラン湖を渡って行けるサンティアゴ・アティトランに行った。


タイタニックのつもりか
男の人は日本語ペラペラのメキシコ人、ホアンさん


例のやつ


ここにもスニルで出会った神様業界の異端児、「サンシモン」さんがいると聞いたので行ってみた。


こっちはあまり迫力ないですね


スニルのサンシモンの方が素晴らしかったな。


made in 木


ここのサンシモンはどうやら木製らしい。
でもこっちのほうがまだ神様らしい気がする。


スニルのサンシモンさんはこちら


お子様


サンシモンの近くにいた女の子。
この子もサンシモンの信者なのかなぁ。






うま乗る


初めて乗馬というものもやってみた。
2時間で50Q(550円)
これまたリーズナブル。


楽しかった


この日は天気も良く、初めての乗馬は楽しかった。


サンペドロにN子さんとらくださんがやって来て一緒に飲んだ。
2人はこの後の中米を駆け抜けてベネズエラのロライマ山に行くらしい。


らくださんはこの夜もかなり酔っ払い、宿まで送りに行ったにも関わらず自分の宿の鍵が開けられなかった。
おかげで1つのベッドで3人で寝ることになった。


おっさん。。。


サンペドロで衝動買いしたスイカエプロンで裸エプロンにされたらくださん。
意外とノリノリでサービスしてくれました。


2人がロライマ山に行くというのを聞いて、オレもロライマに行ってみようと思った。
2人が先に行ったのでオレも追いかける為に、先を急ぐ事になった。


2週間いたサンペドロを出発し、次なる国エルサルバドルに向かう。



                                            2009・10


追記

本日、日本を出発して1年が経ちました。
特に何事もなくここまで来られてよかったです。


1周年という事で特別な記事を書ければ良かったのですが、そんな余裕なんてありませんでした。。。
ブログもボチボチやって行きますので、よろしくお願いします。<(_ _)> 
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)