カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「キューバ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

いざキューバに向かわん!!

約1ヶ月の管理人生活も終わった。
管理人が終わったらどこに行こうと考えていた。


カンクンはキューバへ行く人の拠点になっている。
宿泊者の何人かがキューバへ行って帰ってきた。
話を聞くと誰もが良かったと言う。
でも何が良かったの?と聞くと、ん~雰囲気?等と言われ何がいいのかはあまりわからない。


オレは旅行に出発した時、全然キューバに行く事など予定に入れてなかったが、1回行ってきたMちゃんも一緒に付いて行ってくれるという事なので1週間の予定で行く事にした。


さて、みなさんはキューバと言えば何を思い浮かべるだろうか。
オレの知っている所では、チェ・ゲバラ、フィデル・カストロ、社会主義国、パワプロのキューバチームがクソ強い、中学生の頃ゲーセンでやっていた「スーパーバレーボール」でキューバがクソ強い等である。


この「スーパーバレーボール」ゲーセンではあまり人気が無かったが、オレはすごく夢中になっていた。
1人時間差攻撃、クイック攻撃、バックアタック等様々な技がありオレを虜にさせた。


あの時代ゲーセンはとても治安が悪い場所であった。


ロンリープラネットに日本は治安がいい国だが、ゲーセンと呼ばれる場所は治安が悪いので持っていくお金は最小限にしようと書かれていてもおかしくないぐらいに治安が悪い。
カツアゲ、恐喝、それにも負けずにオレはゲーセンに向かい「スーパーバレーボール」をやり続けた。


しかし、いつやってもキューバで負けてしまうのである。
キューバは中学生のオレにいつも大きく立ちはだかった。
そんなキューバに行く事なんて中学生の時には考えてもなかった。
実に感慨深い。




自分でもよく見つけてきたなと思う
「スーパーバレーボール」日本対キューバ


カンクンからキューバの首都ハバナまでは飛行機で約3時間。
飛行機はボロく、クソ狭かった。

こんな飛行機は初めて


ハバナ到着。

ハバナ着いた~



早速両替をする。
このキューバ、キューバ国民用のペソ・クバーノ(BCC)、我々外国人が使う兌換ペソ(CUC)と言われる通貨の2種類ある。昔の中国と同じだ。
店によって使い分けるのだが、どこでどちらの通貨が使えるのかわかるには時間がかかる。
国民用のペソ・クバーノで物を買えると安く済む。
ぶっちゃけ話を聞いても、行ってみないとよくわからなかった。


ちなみに3泊4日でキューバから戻ってきたらくださんは、その滞在時間の短さ故にペソ・クバーノの存在を知ることができず、そんな通貨はない、都市伝説だと言っていた。


キューバは普通の宿に泊まると高い。
旅行者にとっては物価も高い。
なので闇宿というものがある。
聞いていた闇宿に行ってみる。

これは見つけるのも大変
闇宿マーク


が、フルと言われた為違う宿を紹介してもらう。

あんなことやこんなことをね
1人15CUC(1500円)

キューバは宿は高いものの、部屋は良い。
やはり外国人に対して社会主義というものを良く見せたいのだろうか。


そうこうしてるうちに今日はもう遅くなったのでチャイナタウンでご飯。
社会主義国家同士なので仲も良いのだろう。


中国人はどこにでも町を作る
この写真は後日撮りました


1人20USもしたYo!
調子に乗って紹興酒も飲んだ


キューバは1週間の予定なのでのんびりはしてられない。
次の日はトリニダーに移動だ。



                                            2009・9
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

スポンサーサイト

観光は苦行です!!

今日はさっそくトリニダーに移動。
バス停で待ってる間に配給所を見つけた。


ザ・社会主義
キューバは社会主義なので、全てではないだろうが国から物資を受け取る

バスに乗ってひた走る。

空がキレイ
キューバはバス代も結構高いが、快適ではある


バスがトリニダーに着くと、たくさん客引きがいた。

熱烈歓迎

こんなに熱烈な客引きも珍しい。
有名人にでもなった気分だ。
その中で宿を決め、その日は移動だけで終わった。

次の日またビーチに行く。

人は多くない


相変わらずカリブ海はキレイですね


もくもく


やっぱりカリブ海はキレイだ。


夜に広場でサルサを踊っているというので見に行く。

かっこいいです

生バンドが出ていて、たくさん人が踊っていた。


おっさんは踊り好き


[広告] VPS



みんな踊りが上手いし、メキシコのサルサと違って踊りが激しい。
サルサは男の方がリードする。
女の子はそれに合わせて踊ればいいので、練習してなくても結構踊れたりする。
だから踊れないと男はただ見るだけだ。
はっきり言って悔しい。


次の日バスが出るまで町を散策。


ひまわりがキレイでした


キューバといえば葉巻も有名。
工場見学をしに行ったのだが中には入れず。

暗くて見えねー


さらに歩いていると馬マーク。

何かしら?

何をしているのかと中を覗くと

白熱しております


チェスでした。
キューバではかなりチェスもみなやっている。


キューバといえばゲバラ


そしてサンタクララへ向けて出発した。

                                            2009・9
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

観光は苦行です!②

サンタクララに到着。
サンタクララにはゲバラの墓がある。


その前にちょっと市内観光。
キューバにはゲバラの博物館や絵などがたくさんある。
もはやゲバラで観光が成り立っていると言っても過言ではない。
ゲバラの銅像を見に行った。


ゲバラっち★

一見フツーに見える銅像だが銅像には


今日のご飯は何かなぁ~

こんな女の子がいたり

ちゃんと歩けよ、後ろがつかえてるだろ

ちっちゃいおっさんがいたり

あれ?こんな絶壁来ちゃったよ

兵隊が断崖絶壁にいたりする。

そしてゲバラの墓へ。

周りには何もありませぬ

この下にゲバラの遺骨が眠っている。
内部の写真は禁止。


そして速攻ハバナへ戻る。
これまでの行程をかなりはしょって書いているが、移動、観光、移動、観光の繰り返しでかなりしんどい。


ハバナは初日に泊まっただけで何も見ていなかった。
かのヘミングウェィが通っていた「ラ・フロリディータ」というレストランバーに行った。
やっぱり頼むのはダイキリ。

やって参りました


本場の味です

これがおいしかった!!


おねーたんがね

へミングウェイがかつて座っていたところには銅像がいる。

キューバ観光も終わった。
1ヶ月も宿の管理人として自堕落な生活をしていたので、この移動、観光は本当に疲れた。

次の日またカンクンに戻る。
飛行場に着き、チェックインをする。
するとカウンターのにいちゃんが


「おめーこりゃ明日のフライトだぞ」


はぁ!?
ホントだ、明日って書いてある。
もうたこ八郎みたいに酒に酔って海に入ってオレ死ね!


このフライトに合わせてハードな行程を組んできたというのに。
結局、25CUC(2500円)払って、今日のフライトに変えてもらった。
マジで死ね、オレ。




                                            2009・9



キューバが上手く纏まらなかったので、次回は写真でキューバダイジェストをやってみたいと思います。
 
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

キューバダイジェスト

キューバが上手く纏まらなかったので、ダイジェストでお送りしたいと思います。
僕はあまり写真を撮るのが上手くはないですが、どうぞ!


キューバはクラシックカーが現役でたくさん走っています。

乗ってみたい


燃費は悪そう


もう


ここを


考えるの


めんどくさいよ


料金はわからず。。。
ハバナのココタクシー


にいちゃんカコイイね
メシ屋のにーちゃん


やっぱラムコークですな
キューバと言えばハバナクラブ 3CUC(300円)


じいさんの内職
何を一生懸命作っているのかはわかりません


これが社会主義なのか
トイレの蛇口の水が出ない代わりにペットボトルが


なんかいいんだよなぁ~
何屋なのかわからないおっさん


これが走るなんてね
旅行者はあんまこんなバスには乗りません


葉巻が似合うようになりたい
葉巻も名産。安価で買えますが、値段はピンきり


キューバの人は陽気です
キューバもボーっと外で座ってる人が多い


なんともゆっくり
馬もたくさんいます


おっさんかっこいい
キューバは絵になる人が多い


きれいっす
ハバナの夕焼け


レボリューション
キューバはどこまで国が個人に干渉してくるのかなぁ


めぇめぇ
子ヤギも労働の対象です


じいさん大丈夫か?
じいさんホンマに走れるんかいな


町のいたる所にある
こういうスローガン的なものはたくさん書いてあります


これまた渋いおっさん
渋いおっさん


ガタイがすごいのよ
キューバは野球が盛ん


上手いこと打たれた
カープの帽子をかぶっているので、もちろんピッチャーやった
バットは木の棒で、ペットボトルのフタがボールでした


アコギな商売やで
この人は写真を撮るとお金を取られます


町は汚い
ゴミで溢れております


最近こんなんおらんな
コマで遊ぶ子供


同じく汚い
ハバナの街は建物がボロくて廃墟みたいなので北斗の拳っぽい


日本は少なくなったなぁ
日本では道路で遊ぶ子少なくなったなぁ


元気えす
キューバの子供は元気があって良い


ノリノリ


こんなんばっかり
売ってる食べ物はピザとかハンバーガーとか


働いてた子かな
この子も今も元気にしてるかな?


なんかよかった


以上、終わりです。
僕はあまり写真を撮る方ではないのですが、キューバは結構撮りました。
やっぱりキューバのいい所は人とか雰囲気だと思います。


キューバ人の平均月収は15USドルだそうです。
でも人は陽気で元気いっぱいでした。


数少ない社会主義国家ですが、もしカストロがいなくなったら、これからこの国はどうなっていくのか興味深いです。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。