カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「パラグアイ 」カテゴリ記事一覧


パラグアイのカーニバルは帰れないの巻

たまにはね、リアルタイムで昨日の事でも書いてみようと思う。



パラグアイはシウダーデルエステに来た。

ここら辺はややこしいのだが、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイと3つの国境が隣合わさっている。


昼間にブラジル側のイグアスの滝を見て、シウダーデルエステの宿に帰ってきた。


晩飯を食い宿に戻ると、昼間にテレレ(パラグアイ、アルゼンチンのお茶)を一緒に飲まないかと誘ってくれた何人なのかわからない、同じ宿の男が「今日はカーニバルあるよ」と言ってきた。


最近また旅行がおもしろくなくなってきている。

こういう突発的なお誘いにも、絡んでみるのも悪くない。
久々に外国旅行者と絡んで見るかと思った。


旅行は知らない人と絡んで行くとたまに面白い事がある。
旅行とは人との繋がりなのだ。


でも、外人の所に日本人1人で行くと疲れる事も多い。
そしてたまに人を選ぶ判断を間違えると、トラブルにも会う。


まだ20時前。一緒に行くかと誘われたので、しょーもないカーニバルだと思うが行って見る事に。


外に出て歩きながら会場に向かう。
彼の名前はアルベルト。出身はパラグアイの首都、アスンシオン。
年は30半ばぐらいだろうか。


どうやらアクセサリーを売りながら移動しているらしい。
次はブラジルのリオに行くと言っていた。
今からブラジルもカーニバルが始まるので、いい商売になるのだろう。


このメリーゴーランドは人が回して回ります


会場近くに着いた。
どうやら、カーニバルの会場の中に入るには入場料がいるらしい。
会場には入らずに、その周りもいろいろ盛り上がっているので歩いて見て周る。
しかし、本格的に盛り上がるのは深夜だという。


アルバルトの友達?のアクセサリー売りの奴らとだべる。
その間にも知らない奴らとすぐ握手して、話をする。
こっちの奴らはすぐ友達になる。
まさにラティーノ。


小一時間だべって(全然話はわからない)、またフラフラ歩く。
オレはもうこの時すでに歩いて1人で宿に帰れなくなっていた。


こういうときに、外人は何を今目的に歩いているのかなどわからないので困る。
言われるがままに歩く。
まだ時間的にも迷いながらも帰れるかもと思ったので、もう少ししたら帰ろうと思っていた。



するとまた違うアルベルトの友達が。
またわからん奴らが登場する。


パラグアイ人2人、アルゼンチン人1人、3人の野郎共だ。
ビールをもらいながらだべる。


アルベルトが二人でまたどこかに行こうという。
どこに行くのかもわからず歩く。


人気の無い、会場の離れの方に歩いていく。
まさか、犯される!?


ただ楽しくなるタバコを吸いに来ただけだった。
ありがたくオレも頂く。
今さっき歩き周っていたのはこれを捜していたのだろう。


また今さっきの3人の所に戻る。


戻ると、楽しくなるタバコのおかげでえらい楽しくなってきた。
こりゃ何か違うもんが混じってるんじゃないか?というぐらいの効き具合だ。


すると、アルベルトはオレにこの3人と居ろと言ってどこかに行ってしまった。
オレも一緒に行くからと行っても、こいつらと居ろと。
オレ1人じゃ歩いて帰れないんですけど。


気がつくと時間は23時を回っている。
そして周りを見ると音楽もガンガン鳴り、俄然盛り上がってきた。
あれ



ケツがプリプリなんすよ


なんか


米米クラブにこんな人いなかったけ?
これって、結構カーニバルなんじゃない??


こんなとこのカーニバルだと思ってたらしっかりしてる。



3人が行こうというので歩き始める。

まさにラテンって感じでノリノリで撮らせてくれた

会場の周りではスプレーが売られていて、みんながかけあっている



汗と混じって気持ち悪くなるよね
もうぐちゃぐちゃになってる


楽しいタバコのせいもあってかオレも俄然楽しくなってきた。


すると3人、会場の中に入るという。
仕方ないからオレも行って見ることに。
ダフ屋からチケットを30000G(600円)で買う。



しっかりチェック

偽物でないかを確かめる為にわざわざ入り口までダフ屋の兄ちゃんを連れてきた



会場に入るとまた、友達が来た。
女の子2人と、男1人。


おー女の子が来た。
ずっと男ばかりでむさ苦しかった。


移動している時、ホントにホントに少ーしだけ英語が話せるアルゼンチン人の男がオレにこっそり耳元でささやいた。



「フリーセックス」


!!!!!



ん、今なんとおっしゃいましたか??




「フリーセックス」

   ↓

「無料でセックス」

   ↓
    

「<タダで女の子とえっちな事ができる!!」




ああ、フリーセックス。
なんという素晴らしい響きなんだろう。


カーニバル、なんて隠微な言葉。
本当にカーニバルに来てよかった!!
Vivaカーニバル!!



今ならなんでもイケます!!
この子らが今夜楽しませてくれる女の子なんですね!!



というかこの会場、そのまんまカーニバルだった。

うまく撮れないのよね。。。
ちゃんとスタンドもあったし、行列で踊ってた




今からブラジルに行くっていうのに、もうカーニバル見ちゃった。
そりゃブラジルのカーニバルの方が人も多くて、大掛かりなんだろうだが、これはこれでもう満足してしまった。
つーかここで、これだけ盛り上げってるんなら、ブラジルはもっと大変なんだろな。。。


そんなこんなしてるうちにもう深夜2時になった。


今日は朝も早かったし、宿を出て6時間以上もフラフラしてるので疲れても来た。
明日はエンカルナシオンに移動の為、朝も早い。



そろそろ帰る事を告げる。



すると道は知ってるのかと言われる。
知らないが帰るというと


「オレらは朝6時に帰るので、それまで待て」


えーあと4時間もあるじゃん!!
待てねぇよ。


ここは南米パラグアイ。
シウダーデルエステのバスターミナル付近に宿を取っていたのだが、その周辺はバラック小屋が建ててあり、ちょっとしたスラムで治安は良くなさそうだ。


オレの安否を気遣ってくれているのかと思い
1人で帰ると危ないのか?と聞く。


別に危ないとも、何とも言わず、とにかく6時までここに居ろと言われる。


なんでーなんで帰してくれないのー。


そんなやり取りをしている内にオレは気付いた。
どうやら1人で帰ると危ないだとかそういうワケではないらしい。


オレが考えるにたぶんあいつらの脳内では、


『なんでお前はカーニバルなのに帰るんだ?朝まで踊って、飲まなきゃダメだろう!だから6時まで待て!!』


という事みたいだ。
オレの安否よりも、カーニバルを楽しむ事が大切なのだ。
カーニバルを楽しまない奴らは人間じゃねえ!
1人の脱落者も許さん!と言わんばかりだ。


頼む、帰らせてくれ。。。


すると1人がアルベルトをどこからか見つけて来た。
このアルベルト、何をしてたかというと自分の商売、アクセサリーを会場内で売っていた。


おおーどこに行ってたんだー。
オレを宿まで連れて帰ってくれ!!アルベルト!!
アルベルト曰く、


「後から一緒に帰ろう。それまではこいつらと踊って、飲んでいろ」


この人もですか。。。○| ̄|_
つーかそれ何時間後よ!?
6時か!?


またタチが悪い事に、アルベルトさんオレが帰るというと怒る。
殺す!!と言わんばかりに怒る。


なんでオレが怒られてんだよぅ。。。


とにかくアルベルトさんがいる間は帰れなさそうだ。
仕方がないのでアルベルトがアクセサリーを売りに行った隙に帰ろうと思い、時間を過ごす。


もういなくなったと思ったので、帰る旨を伝える。
やはり引き止められるが、でも、もう疲れたし、明日も早い。


強引に帰ろうとする。
が、その1人がちょっと待てとどこかへ行った。



またアルベルトさん、連れて着てくれた。。。○| ̄|_



なんで商売しに行かずにだべってんですか!


アルベルトさんが、なんで踊って、飲まないんだ!!と烈火のごとく怒る。
頼むから帰らせてください。。。


アルベルトさんは怒っている。
アルベルトはオレの宿の部屋を知っているので、帰って来てからも怖いが、もー帰る!!


ありがとうと言ってその場を立ち去る。


やっと解放された。
えらい疲れた。
Taxiで無事宿に着く。
宿に着くと深夜4時近くになっていた。



緑の縞々、21歳。見えんわー
みんなどうもありがとう

















あれ!?フリーセックスは??






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

パラグアイってこんな国~アスンシオン~

今夜はW杯日本対パラグアイ!!
ってことでもう時系列を無視しまくりのオレのブログなので、今日はパラグアイの事を書く。


パラグアイの首都、アスンシオンにはボリビアのサンタクルスから向かった。



大きな地図で見る
拡大するとアスンシオンの位置がわかります。




バスターミナルでバスを待っていたのだが、バスを見つけられなくて乗り過ごしそうになった。


だいたいバスを探していると周りの人間が連れて行ってくれるものなのだが、さすがボリビア、最後までそういう事もなく、結局ボリビアはムカツクということでサヨナラした。
バスは夜21時に出発。


翌日の早朝4時頃にボリビアのイミグレーション(出入国審査カウンター、以下イミグレ)に着く。


いみぐれ


くらい


寝ていたのを起こされ寝ぼけた感じで、掘っ立て小屋みたいなところでスタンプを押してもらう。
ボリビアには約1カ月弱いた。さらば、ボリビア。


再びバスに乗り込み、パラグアイのイミグレに着くまで起きて待っていた。
しかし、いつまで経ってもパラグアイのイミグレが無い。
ちゃんとイミグレで入国スタンプを押してもらわないと、面倒くさい事になる。
ちょっと焦ってきた。


普通イミグレは両国そんなに遠く離れている事はない。
本当にイミグレに着かないので隣のヤツに聞いてみたら、まあ着くから待っておけと言われた。
あまり答えになっていない。
もう面倒くさくなってきたのでそのまま寝た。


起きたらもう9時だった。
まだイミグレに着いてない。。。
ボリビアのイミグレを出てもう5時間ぐらいも経っている。


ボリビアを出国したものの次の国に入国していないので、ここはどこの国かすらもわからない。
オレはどこにいるのだろ。。。


バスはしばらく走り続け、建物が見えた所でバスが止まる。


なんもない


周りには何もない。
建物があり、ここがイミグレだという。


やっとパラグアイのイミグレに着いた。
時間を見るともう11時過ぎだった。
ボリビアのイミグレから7時間以上もかかった事になる。


こんなに離れてるイミグレは初めてだった。
はっきり言ってもうこのままスタンプも貰わず、アスンシオンに降ろされるんじゃないかと思ってた。
いきなりビビらせてくれるぜ、パラグアイ!!
バスを降りてスタンプをもらおうとするとその前に荷物チェックがあった。


きびしい


荷物をバスから出して並ばされる。


いぬ


麻薬犬がいてチェックされる。
ちょっとドキドキしたが、何もなくセーフ。


ぜんだし


それでもみんな荷物をほぼ全出しさせられた。
久しぶりにこんな厳しいチェックをされた。


ボリビアはコカインの原料である、コカの葉などを栽培しているので厳しいのかもしれない。
この国境超えルートを通る人は荷物チェックが厳しいのと、やたらイミグレが遠くにあって無駄にドキドキさせられる事を覚えておいて欲しい。



ようやく入国スタンプをもらいに行く。

いみぐれ


いみぐれ2


入国審査は特に問題なく、


赤いやつね


無事入国スタンプゲット!!
ちなみに上に見えるのはマチュピチュに行った際に自分で押したスタンプ。
下手こいた。


はた


パラグアイ国旗。
パラグアイの国旗は裏表のデザインが違うらしい。
このような国旗は世界で唯一なのだと、今さっき「ミヤネ屋」でやっていた。
知らなかった。


ひと


ここらへんには何も周りにはないのだが、人がボーっと座っている。


なんばー


パラグアイの車のナンバープレート。
今改めて見てみると真ん中に薄っすらと「PY」と書かれている。
なかなか手が込んでいるし、かわいらしいじゃないか、パラグアイ。
再びバスに乗ってアスンシオンへ向かう。


なんもない2


バスで走っていても周りには何もない。
走っているとちらほら牛もみえる。


パラグアイの人口は600万ぐらいで牛はその倍の1200万頭いるらしい。
牛に牛耳られている国家である。
というか、本当に草原ばかりで建物が全然なかった。


ものうり


ようやく街に近づいてきた。
中南米でもよく見かける止まっている車に物売りする人もいる。


パラグアイ時間20時(ボリビアから時差+1時間)にアスンシオンに着いた。
また22時間もバスに乗っていた。疲れた。


疲れたと言っても、今日の宿を確保せねばならない。
もう夜になっていたので、バスターミナル近くの宿にしようと思い、聞いて周るが結構高い。
シングルで70000G(1400円)ぐらいする。


ちなみにパラグアイの通貨単位は「グアラニー」
グアラニーてなんやねん、言いにくいわ。
そして1000Gが約20円とケタ数が多い。
こういうケタ数が多いところの通貨は嫌いだ。
コロンビアでの苦い経験を思い出す。


アスンシオンには「ホテル内山田」という旅行者には有名な日系人経営の宿があるのでそこに行く事にした。
パラグアイには日本の移民の人が多い。


ホテルまで歩いていくのは遠いし、治安の程もよくわからないしもう夜になったのでタクシーで行く事に。
タクシーを捕まえて値段交渉。
30000G(600円)高い!
意外と物価が高いぞパラグアイ!!


タクシーの運ちゃんにどーなん?パラグアイの治安は??と聞くと
まあまあだなって言われた。


まあまあってどういう事!?
それでもそんなに極悪っていう訳でも無さそうだ。


ホテルに着く。
レセプションに行って空きをを聞いてみたが、ツインしかないらしい。
シングルなら15US$(1380円)ツインなら23US$(2120円)
高いけど疲れたし、もう他の宿を探す事は面倒くさかったので泊まる事にした。


へや


さすが23US$もする宿なので部屋は広いしクーラーもあるし、テレビもある。
昨日までは400円くらいの宿に泊っていたので格段の違いだ。


風呂


そして風呂がある!
ずいぶんと湯船に浸かったことが無かったので、すげーうれしかった。
お湯もジャンジャン出た。さすがボリビアとは違う。


その日はビールを飲んでNHKを見て就寝。


次の日朝早く起きて、これまた旅行者に有名な和食朝食ビッフェを食べに行く。
しかし思っていたほどでもなかった。
みそ汁はダシの味しかしないしー。
ただ、卵かけごはんが食べられたのはうれしかった。


うちやまだ


市内観光をするために外に出る。
暑い。1月といえばこちらは夏なので暑いのは当たり前なのだが、ペルーやボリビアは標高が高い為、寒い所が多かった。
久しぶりにタンクトップを着て歩いた。


よくある


はっきり言っておこう。
アスンシオンには何もない。
街を歩いていると、ペルー、ボリビアといたインディヘナ(先住民)が一気にいなくなり、白人系が増えた。


めがね屋


しかしめがね屋は本当にたくさんあった。
特に目が悪い人が多いとは思わないのだが。


ここでハードコンタクトの保存液を買おうと思ったのだが、たくさんめがね屋があるのにも関わらず、ソフトコンタクト用の物しか売っていなくて買う事ができなかった。
役立たずめ!!


こっぷ


パラグアイに入って変わった事はマテ茶文化が出てきた事。
まあお茶である。
マテ茶文化は、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジル南部しかない。
今思うとパラグアイが一番マテ茶を飲んでいた気がする。


こっぷ2


お茶を入れる容器はたくさん種類がある。


てれれ


マテ茶は熱い湯を入れて飲むことが多いが、パラグアイでは「テレレ」といい水だしで飲む事も多い。
暑いのでテレレがうまい。


オレはマテ茶文化が大好きだ。
街では水筒とマテ茶を持って歩きながらでも飲んでいる。
バスの中でも飲んでいる。


こんな文化ができるっていうのは社会がゆるいからに違いない。
だっていつも水筒とマテ茶持ってるのって面倒くさいでしょ。
そんな事ができるのは社会がゆるい証拠だ。
パラグアイ人は出かける際に、他の物を忘れても


「あ、水筒とマテ茶忘れた、ヤベー」


と言いそうにはない。
それぐらいにパラグアイではマテ茶が飲まれている。


ぼうし


カラフルな帽子。
しかしパラグアイでこれをかぶっている人はいない。


かべ


Playa(ビーチ)と書いてあるが内陸国なので海はないはずだ。


きたない


歩いているとパラグアイ河が見える。
これが海の代わりなのかな?
しかし汚い。
この近くにはスラム街もある。


こんなもん


街並みはやはりスペイン人に侵攻された為、他の中南米とあまり変わりはない。
あまり高層ビルもない。


みち


特に何もないアスンシオンだが、街の雰囲気はゆっくりしておりのんびりしている。


ふるーつ


メルカド4という市場。
食料品から家具などいろんな物が売っている。


ばす
  

市内バスにはたくさんジュース等の物売りが乗ってくる。
次から次へと乗ってくるので見ていて飽きない。
白人が物売りをしているのはあまり見かけないので、ちょっと珍しかった。


アスンシオンには1泊しかしなかったが、とてもゆっくりしており雰囲気は良い。
パラグアイ自体そんなにお金持ちな国には見えなかったが、人も親切であるし美人も多い(おっぱいでかい)。


日本移民も多く、親日的でもある。
聞いた話によると韓国人と間違われても、オレは日本人だというと態度が変わるらしい。
本当にパラグアイ自体何もないのだが、ゆるーい感じなどオレが大好きな国の一つである。


そんなパラグアイが今夜日本とW杯8強入りをかけて試合をする。
よい試合になるように願っている。


今回ははっきり言って書きすぎた。
最後まで見てくれた方、ありがとうございます。
普段はこんなに書いてません。

                                      20010・01
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

イグアス居住地の日々 ~パラグアイ~

ウユニから帰ってきて、スクレ、サンタクルスを経由してパラグアイに行く。



大きな地図で見る

スクレ、サンタクルスは別に何もないので1泊のみだけで華麗にスルー。


パラグアイはアスンシオンを通ってイグアス居住地へ。
オレのブログは時系列がぐちゃぐちゃだけどアスンシオンの記事はこちら


アスンシオンから5時間くらいのところにイグアス居住地という所がある。
パラグアイには日本からの移民の方が住んでおり、イグアスはその居住区になっている。
日本から遠く離れた場所にそんなコミュニティーがあるなんてとても興味深いので行ってみる。


ぺん園


ペンション園田に到着~。
ここは移民でパラグアイに来られた2世の方が経営している。


何もない


と言っても周りには何もない。
でも別に何もなくてもいいのだ。
ブラジルのカーニバルが迫ってきてたので、最近も移動ばっかしてたのでちょっとゆっくりしたかった。


鳥居


しばらく歩くと鳥居が!!
おーこんな外国で鳥居が立っているとは。


イグアスっこ


こんな看板も。
ここはどこなのかと思うけど、イグアスの子って書いてあるからパラグアイなんだろな。


募集中


居住区には幼稚園もあるみたい。


なっとう


スーパーもあって、なんと納豆も買えた!!40円ぐらい。
あとはなすの漬物とかもあってまるで日本!!


竹取り


オーナーのはじめクンに釣りがしたいと言うと、その竿を作るところから始まる。


テレレ


やはりマテ茶。
この時期(2月)のパラグアイは暑く、「テレレ」という水だしされたマテ茶がよく飲まれている。
暑いので冷たいテレレはおいしい。


ちなみにマテ茶はみんなで廻しながら飲むのだけど、何も言わないとずーっと廻ってくる。
もういらないなと思ったらグラシアス(ありがとう)と言ってコップを返すともう十分ですっていう意味になる。
ここらへんも基本的には肉が主食みたいなもんなのだけど、このマテ茶でビタミン等の栄養素を補っているらしい。


作業をしよう


テレレを廻しながら作業中も飲む。
そんな飲みながらしてたら作業が進まないよー。
って思うけど、これがパラグアイの良い所。
それだけ社会がゆるいんだろう。
やっぱいいなーマテ茶文化とパラグアイ。


アサド


そして夜はアサドパーティー。
こちらのBBQはアサドと言い、肉も豪快に塊で焼く!!
これもおいしかったー。


みみず


そして釣り当日。
エサも自分で掘って捕まえたミミズ。
何も買ってない、自給自足の釣り。


うし


川に着くと牛がいた。
のどかすぎる。


てれれ


そしてやっぱりテレレ。
釣りは結構釣れるのだけど、合わせるのが難しい。


ほんまかいな


Tシャツを使って、飛び跳ねてる魚を捕まえるらしい。
そんなんで魚獲れるんかいな。


しかーしとれる


すげー獲れた。
ちょっとこれには驚いた。
魚よ、お前も少しは考えたほうがいいぞ。
こんなんだと釣りよりもこうやって獲った方が早い。


スで


しまいには素でで捕まえようとしていた。
でもね、素手でも獲れるんだよ。
素手ですよ、素手。


とったどー


そして結構獲れた!


きれいにして


キレイに掃除して


あがりました


から揚げにー!
これも大変おいしゅうございました。
イグアスでは何でも自分で作って自分で捕まえたりとかしてすごいなーって思う。


かいぴりーにゃ


魚のから揚げにはブラジルのお酒カイピリーニャで!



イグアス居住地は昔の日本みたいとか日本の田舎に来たみたいという人がいるが、確かにそんな感じがする。

お店に行っても気軽に地元の人と話したりできるし、昔の日本ってこんなんだったんだろなーって思う。

こちらに来て初めて移民というものを知ったのだけど、最初に来た頃はすごく大変みたいだった。

それでも日本人は努力してしっかりと異国の地に根を張って生きてきた。
これはすごい事だと思う。
別に何があるっていうワケでもないんだけど、本当にゆっくりのんびりした所で良かった。


2010・02
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)