カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ペルー 」カテゴリ記事一覧


明けました、おめでとうです&めりーくりすますの巻

明けましておめでとうです。


えーっと日本でお雑煮とか食ってる人は、のどにモチを詰まらせて正月から掃除機で口を吸われたらいいと思っています。




それでクリスマスイブの日にペルーはクスコに来た。

人がウザイ


昼間からすごい人がいたが、夜中にはそこまで人はいなくなった。
花火はあげていたけど。


朝起きたらプレゼントがありませんでした


日本人の中には海外のクリスマスはすごく盛り上がると思う人がいると思う。

クリスマスを狙って海外に行く人もいるかもしれない。
でも、海外でクリスマスに旅行はしない方がいいと思う。


特にキリスト教の国ではそうだ。


なぜなら、クリスマスは家族で家にてパーティをする為、日本みたいに外で騒いだりはしない。
ましてや恋人同士ホテルで、あんなことやそんな事でにゃんにゃんする日ではない。



イギリスのロンドンにいたっては、イブの夜からは公共のバスも動かなくなるし、ほとんどの店も閉まる。
物は買いにくいし、町には誰もおらんし、どこにもいけないしでその時期に旅行するとがっかりすると思う。



キリスト教徒にとってクリスマスは日本における正月なのだ。


年末年始に移動するのはイヤだったので、マチュピチュに行った後にまたクスコに帰ってきた。







かぶりモノは得意です
鍋をしたりして年末を過ごした。(写真は調理例です)





違う宿に泊まっている人の部屋でNHKが見られたので、31日の朝の5時(ペルーの時差は14時間。日本が早い)から紅白歌合戦を見た。







春日が美川を完璧に食ってます

なんで春日!?





我々の受信料の一部はこの衣装代に使われてます
もう本人も引っ込みがつかないのじゃなかろうか


そして、カウントダウンはクスコのちょい市外でパーティがあるので気合を入れて行った。ちゃんと買う物もかったし、準備万端!!


が、17時スタートにも関わらず、18時に着いてもまだ全然準備ができなかった。

しかし、一向にオレら以外の客はこない。

雨も降ってきて、すごく寒い。クスコの標高は3300m以上だ。

22時16分、年越しまであと2時間を切った。

客はオレらを含めて15人もいただろうか。



寂しい限り
誰も踊っていない


おれ「今から人がたくさんくると思う?」

2人「ん~」

おれ「ねーもしね、今クスコ市内にいたら、この雨の中タクシーで20分もかけてここに来る?」

2人「来ないねぇ。。。」




よし!帰ろうww





夜は写真がブレマス




帰って広場の方に行くと、すごい人がいて大盛り上がりだった。

帰ってきてよかった。。。雨も止んでいた。
あのままだと悲惨な年越しになっていただろう。
オレらの決断力に乾杯!!
Yes or Noしかないのだ。





2010 new year in Cuzco



広場は軽く戦場になっており、中国製のロケット花火やら打ち上げ花火をみんながやっていた。


カウントダウンが始まり、あけおめー


その後も広場をウロウロしてた。

が、ロケット花火や爆竹をそこらへんでやっているので危ないし、怖い。


と、思っていたらやりました!!
ちょいグロ 閲覧注意

↓↓↓↓↓


























まじで痛い

たぶん何かが一緒に飛んできたのだろう。


音だけの花火が近くで鳴ったと思ったら小指が痛かった。

今年もいいスタートが切れました。。。



ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペルーに入国!!

21時にクエンカを出発して、国境には夜中の2時に着いた。


国境~


エクアドルともお別れだ。


これはいけません


子供の売り買いでもあるのだろうか、そんな看板があった。
深夜にも関わらず両国の出入国に2時間ぐらいかかった。
眠たいわ。


国境で少しだけ両替をした。


朝ピウラという町に着いた。
ピウラには特に用はないので、すぐにチクライヨに移動。


チクライヨはそんなに大きな町ではないけど、人がたくさんいて賑わっている。
目に付いたのはたくさん中華料理屋がある事。
他の国とは比べ物にならないくらいたくさんある。

町では何かのパレードをやっていた。

なんでしょうかね


並んでます


いまだに何してたのかわからない


婦警さんも


警察かなにかのパレードだろうか。
結局なんなのかさっぱりわからなかった。


商店に行き、お金を渡すと拒否られた。
なんでって聞くとこれは偽物だと言われた。
ペルーは偽物がたくさん出回っているらしい。
大した額ではないが、こりゃー困ったなと思ったけれど、宿代として渡すと受け取ってくれた。
本当に偽物だったのか今でもわからない。


チクライヨは夜遅くなっても人が往きかっており、エクアドルよりも夜中に歩ける。
チクライヨ郊外には遺跡があるのだが、なんだかもう遺跡も興味がない。
別にチクライヨもやる事がないので、南下してトルヒーヨという町へ。


トルヒーヨは海岸がある。


そんなにキレイじゃない


久し振りにビーチがある町に行くので、泳げるかなぁと期待していたのだが、意外と寒かった。


これテレビでみた


そしてトトラ舟。
これは葦で作られている。


魚捕れるんかな


今でもトトラ舟で漁が行われているらしく、漁師が網を直していた。


なんぼするんやろ


観光客をトトラ舟に乗せる商売があるみたい。
オレは水着を持ってきてなかったので乗ることはできなかった。


トルヒーヨもこれまた特にする事もないので、早々にリマに移動する。


                                         2009・12
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

ペルーの首都で釣りをしてみるの巻

ペルーの首都、リマに早朝に到着。
宿にに着くとトルヒーヨで出会ったヒデキくんという釣りバカがいた。

彼は南米で釣り旅行をしている。
ブラジルのアマゾンに行き、大物釣りをするのが今回の一番の目的らしい。
彼がリマの海岸で釣りをするというので、一緒に連れて行ってもらった。


到着~


バスに乗り、釣り場に到着。
写真ではあまりわからないかも知れないが、すごく海が汚い。


釣り人ですな


早速釣りを始める。


こんなんもできるのね


海岸から上を見上げるとパラグライダーが飛んでいた。
上から海岸を見るとさぞかし気持ちいいのだろうが、オレは高所恐怖所なのでムリだな。


おっさん


同じ場所でペルー人のおっさんが投げ網で魚を捕ってた。


いけー


かなり原始的な方法だ。
しかしこれがバカにならない。


大漁ですな


おっさん、たくさん捕ってた。
オレらは全く手ごたえもなく、結局1匹も釣れなかった。


おっさん働けや

リマの警察のおっさん。
全然人がおらず犯罪も何も起こりそう所まで来て世間話をした。
南米は警察ものんびりしてるなぁ。

                                 2009・12                                               
ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

サンフランシスコ村にいざ行かん!の巻

前日にらくださんらに再会した際、アヤワスカのセレモニーを受けるためにサンフランシスコ村に行くと聞いた。
「アヤワスカ」「セレモニー」など謎の言葉を書いたが、その説明は次回に譲るとする。


とにかくサンフランシスコ村はアマゾンの近くまで行かなければならず、行くまでが面倒くさいのでついでに便乗させてもらうことにした。


お仕事お疲れ様です


まずはプカルパという所までバスで向かうのだが、バスの添乗員さんがいた。


バス食


そしてご飯まで出た。
なかなかおいしい。


プカルパに朝着き、ヤリナコチャという所までタクシー。


河ですね


ここからさらにボートに乗ってサンフランシスコ村まで向かう。



行きますよ


うーん、ここは正確にはアマゾン河ではないけれど、アマゾンっぽい。



着いた


30分ぐらいボートに乗って到着。


おー何もない


サンフランシスコ村は何もない。
おっさんと子供達が寄ってきて、泊まる所を案内してくれた。


ブランコ


宿に着き、ここの村では染物が有名ということで見に行った。


おばはん


どろ


泥を使って染物をする。


描く


小さい棒のようなもので器用に書いていく。


完成


それを乾かせると完成。


敷物


他にもこのような色鮮やかな物もある。
この模様、今回の謎のキーワード「アヤワスカ」「セレモニー」に関係がある。


宿に帰ると今夜「セレモニー」が行われるという。
着いたばかりの日にいきなり「セレモニー」をすることは考えてなかったが、次回はいつあるのかわからないので心を決めて「セレモニー」を受けることにした。
                                          


                                            2009・12




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

アヤワスカとシャーマンと私

本題に入る前に、「アヤワスカ」とか「シャーマン」とか「セレモニー」とか何業界の言葉かわからないので少し説明。


まずはアヤワスカ。

アヤワスカ


これがアヤワスカという植物で、これを煮たりして薬を作るらしい。
幻覚作用なんかがあり、いわゆる天然ドラッグみたいなもんか。


シャーマンとは祈祷師とかそういう意味らしく、シャーマンがアワヤスカを使ってセレモニー(儀式)をしてくれるらしい。
この話はメキシコに入った時から聞いていて、機会があればセレモニーを受けてみたいなと思っていた。
だって妖精が見えるっていう人もいるんだもの。


セレモニーは21時から始めるというので小屋に向かう。
セレモニー費用は100ソル(3000円)
中は真っ暗。
何も見えない。


ちなみに昼間とっておいた写真ではこんな感じ。

会場
セレモニーが行われる小屋


内部
セレモニー会場内部


今回は全部で6人ほど儀式を受ける。
うち女性は3名で3ヶ月もここにいる女の人がいた。


部屋にはマットが敷いてあり、横になれるようになっている。
頭もとにはバケツがおいてあり、気分が悪くなったらそこに吐く様だ。


ほどなくしてシャーマン登場。
しかし暗くて顔も見えない。


シャーマンからアヤワスカをもらう。
アヤワスカは液状で、量は100mlぐらいか。
味は苦い。
人によってはアルコールの味がしたと言っていたが、オレは感じなかった。


アヤワスカを飲み、真っ暗な部屋の中で横になった。
こういう経口摂取の物は胃で消化されるまで約30分ぐらいたってから効き始める。


やはり30分経ったぐらいから、体に変化が起こってきた。
ちょっと視覚が変だ。
精神的にも安定せず、どこに持っていけば楽しくなるのかがわからなかったので、横になっていた体を起こし、座って考えていた。どうも落ち着かない。


なんだかつまらないので、外に出て気分でも変えようかなーっと思っていると、どこからか


「ひゅるるるる~」


と口笛に似た音が聞こえる。
ちょっwなんぞこれww


そういえば、今さっきからたまーにそんな音が聞こえていた。
これは何か始まるかと思い、外に行くのを止めて再び横たわった。


「ひゅるるる~」の音はシャーマンが口で言っているものらしかった。
そして「ふぁ~あぁ」とあくびのような声を出す。


ちょっwシャーマンあくびすんなよーwwやる気ねーなーwwと思っていると
1時間ぐらい経ったところで、シャーマンが歌いだした。
ずっと聞いていて後からわかったことなんだけど、あくびのとこで1曲終わるらしい。
でも歌やあくびが面白くて、1人笑いを抑えていた。
笑ってはいけないと思いつつも、面白かった。


あ、忘れてたけどこれって儀式やったんやw
アヤワスカを飲む事だけにとらわれていて忘れていた。
つーか、これって何の儀式なんだったけ?
さっぱり勉強してなかった。


とりあえず、歌を聞きながら目をつぶる。
目を開けていても真っ暗だし、目をつぶっていた方が集中できる。


シャーマンが何語で歌っているのかはわからないのだけど、歌の合間に入る独特の喉の鳴らし方など、聞いているとあれほど面白かった歌だったのに、その歌の独特の魅力に引き込まれていく。


すると瞼の奥のほうから幾何学模様が浮かんでくる。
昼間見た布に書いて描いてあったような模様だ。
耳を澄ますとシャーマンが歌っている。
そしてずっと部屋の中は真っ暗。
真っ暗の中でシャーマンが歌っていて、人が何もせず寝たように横たわっていてこれはかなり異様な空間だ。


シャーマンは呪術も使えるという事を思い出し、言葉がわからない事をいい事に



「お前ら死んでしまえ~♪」



と歌っているのではないかと思い、もしや呪われているのでは!と不安になる事もあったが、あまり考えすぎると落ちそうなのでやめた。


頭の中ではあーでもないこーでもないと色々な事が思い浮かぶのだけど、考えが纏まらないし考えていると面倒くさくなって、もーいいやーってなってしまう。


シャーマンの歌声を聞いていると引き込まれて行って、ちょっと違う世界に行ってるような感じになるのだけど、あまりに歌声に集中していると、胃からこみ上げてくるものがあって、吐きそうになる。
それを堪える為に、呼吸を整えると意識が戻ってくる。
そんな事をずっと繰り返していた。


なんでも熟練したシャーマンは幾何学模様だけで無く、アナコンダや人間も見えるらしいので、オレも試してみたがダメだった。
その替わりになぜか熱海の海wを思い浮かべてみようと思ったが、がんばってもそれを思い浮かべることができなかった。
さらに1時間程経ったところで、歌が止んだので外に出てみた。



おー地球が丸いww



外は満天の星空で、地球がすごく丸く見えた。
何を言ってるかわからないと思うけど、そう見えた。
一服して空を丸いw丸いwwと眺めていると、また小屋の中で歌声がし始めたので戻る。


どうやら今度はシャーマンがオレらの1人1人隣に来て歌を歌ってくれるらしい。
この頃、オレはもう結構シラフに戻っていた。
真っ暗で何も見えないのだけど、歌いながらうちわのような物を持ってバッサバッサやってる。
そして終わると何やら話してる。


3ヶ月いる女の人の所にシャーマンが行った時には、女の人が

「ウフ

などとちょっと甘い声をもらしていたので、これはもしやそういう儀式なのでは!と目を凝らして見ていたが、やはり真っ暗すぎて何も見えなかった。


そしていよいよオレのところにもシャーマンがやってきた。
オレの横で歌を歌ってくれる。
アヤワスカはめでしーな~と聞こえる。
アヤワスカは薬だよ~と言っているのだろうから、どうやら呪われてはいない。
歌が終わった。

 
え!?もう終わり??


なんか他の人はウチワでバッサバッサやってたし、もっと長かったじゃん!!
くそーシャーマンめ、オレは最後から2番目だったから、さては疲れて手抜きしやがったな!


そしてちょうど3時間ぐらいで終わった。
最後のオレへの歌は短かったけど、なかなか面白い空間だった。


何よりもコロンビアから続いていた「旅行おもんない病」がシャーマンのセレモニーを受けた後から少し治った。
後から調べてわかったのだけど、この儀式は身体的、精神的な療養を目的としていて、アマゾンに根付いている文化であり、ペルー政府も保護しているらしい。


しかしここのシャーマンも然り、悪い噂を聞く事もあるのでセレモニーを受ける人は気を付けてください。
なんせ真っ暗な中で、アヤワスカ飲んでるんだからね。


                                     2009・12





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)