お知らせ

このブログは時系列がめちゃくちゃなので(笑)カテゴリー別、サイトマップで記事を見て頂けると便利です。

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

リベンジ!大阪は西成区に潜入!! 最終章

びわこ荘にて起床。


P3270276.jpg


目が覚めて目を開けると、何かたわんでる天井。


CIMG3968.jpg


しかしシングル1200円であれば寝るだけなら全く問題なかった。
ただ少しカビ臭かった気はする。
天気もいいので空気の入れ替えに窓を開けてみると


CIMG4085.jpg


なんであんな所にドアが(笑)
この街は本当にあの手この手を使ってツッコミを入れさせてくれる。
あれはどうなってるんだろう。。。


宿の中も散策してみる。


P3270249.jpg


トイレはウォッシュレット付きで清潔に保たれている。
1泊1200円の宿なのに、ウォシュレットがあるとはなかなか侮れない。


P3270248.jpg


びわこ荘の張り紙はやはり文句は言うし、毎回誤字がある。
館内なので、「文句を言う」でなく、「文句を言います」という文言に宿泊者への細やかな心遣いが感じられる。


P3270275.jpg


キッチンも清潔にされていて、洗濯もできるみたいだ。


P3270257.jpg


盗難カメラじゃなくて、盗難「用」なのはなんでなんだろう。
盗難が起きることが前提なのだろうか。
宿の中でも治安の不安を感じさせる(笑)


と言っても、廊下でおっちゃん2人が話してた会話を聞いていると、仕事をしつつ普通にここで長期滞在してるみたいだ。
今日も仕事に行くみたいで、見た目もちゃんとしてる普通の2人だった。
今度は九州の現場に行くと話していて、ここにずっと泊まってるいるワケではなさそうだ。
誰でも普通に泊まっても特に問題はなさそうに思う。


CIMG4084.jpg


朝ごはんを食べに行くついでにそこら辺を散策してみる。


P3270272.jpg


何の気無しに写真を撮ったのだが、おっちゃんが写りこんでいたので振り向くと


CIMG4083.jpg


おっちゃんがうどんを食べていた。
特にここら辺でうどん屋らしきものはなかったのに、なんでフツーの道で1人立ち食いうどんやってんだよ(笑)
もうなんか色々フリーダム過ぎる。


P3270259.jpg


商店街を入って行くと喫茶店が。
モーニング350円、安い!


CIMG4077.jpg


このゲーム出来るテーブル久々に見たわ~。
店内も昭和チックで良い感じ。


P3270269.jpg


350円だからこんなもんだけど、味も問題ない。
ただ言わせて頂くと、これはサンドウィッチではなく、トーストだ。
フルーツは出てきたか覚えてない。
食べ終えて、朝の飛田新地も見ていこうと思い店を出る。


P3270263.jpg


P3270260.jpg


さすが朝は人もいない。
というか知らなければ普通の通りだ。


P3270262.jpg


CIMG4070.jpg


建物は立派で趣がある。
さすが料亭。


CIMG4071.jpg


まだ朝の9時頃だったので営業はしてないでしょ~っと思っていたが、数軒空いている店があった。
さすが飛田の街。
朝早いからといって飛田の街は早割サービスというものは無く、いつの時間に来ても同じ料金だ。


P3270261.jpg


60歳までは全然いけるらしい。
と思ったけど、嬢じゃなくて呼び込みのやり手ババアの募集だろうか?


P3270267.jpg


毎回思うのだが、ここのエリアは何故いつも命令口調なのか。


CIMG4086.jpg


びわこ荘に戻り宿の人とパシャリ。
宿の人は普通に良い大阪のおばちゃんだった。


昨日、あいりん地区の方を歩いた事を話すと、「あんなとこ危ない所行った事ないわぁ~」と言われた。
宿からそんな離れていない場所なのに、地元の人も行かないのかぁ。
まあ、特に用事もないだろうし、ある意味地元だから行かないのかなぁ。
ほんでも悪い宿でもないので、1回泊まってみてください(笑)
おばちゃんに別れを告げて商店街の方へ歩いて行く。


CIMG4087.jpg


この時は2011年だったんだけど、2003年ていつまで優勝気分やねん(笑)
今でもそのままなような気がする。


CIMG4089.jpg


ここの店主、ただ者ではない。
エロ本のすぐ隣にティッシュがバラで箱売りしてあるのは、かなりマーケティングが考えられている。
実際、エロ本とティッシュを一緒に買うのはかなりためらわれるが、この街だったら何が起こっても不思議じゃない。


しかし久しぶりにエロ本らしいエロ本を見た。
コンビニで売ってるDVDが付いてるようなもんは、あんなんエロ本じゃない。


P3270288.jpg


商店街をブラついているとまた面白そうなお店が。


P3270289.jpg


どうやらカフェらしい。
ちょっと入ってみよう。


P3270284.jpg


中はカウンターと奥に小上がりがある作りになっていた。
人を写さなければ写真を撮っていいよと言われたので、あまり写真は撮っていない。


お店の中は普通のカフェじゃない雰囲気でいっぱい。
小上がりではインテリそうな若い男性が本を読んでいた。


P3270285.jpg


モモンガマッサージとは何なのか?
気になる。


P3270287.jpg


お店のスタッフは若いお兄さんと40代くらいの男性2人。
カウンターに座り飲み物を注文する。


CIMG4090.jpg


テーブルにノートがあったので手に取って見てみるが、内容が意味不明な事がたくさん書いてある。
遅刻しても、1分あたり腕立て100回って絶対に反省する気はないだろう。


P3270286.jpg


店内を見回すと酔っ払いとか酒に絡むワードが多い。
コーヒーを飲みながらスタッフの人にこのお店はどういうお店なんですかと訊ねると、ホームレスを支援するお店らしい。
だからやたらお酒に関わるワードが多いのかぁ。


スタッフの人と話していると、まだ午前11時くらいなのに、すでにグデグデになっているおっちゃんが入ってきた。
そしてスタッフの人と話だしたのだが、話が支離滅裂で意味がわからない。
あーこういう人達を支援してるのね~。


話を聞いていると、どうやらこのおっちゃん前に来た時のお金を払ってないらしい。
おっちゃん曰く、100万入った通帳とハンコを落としたので今はお金が無いと言っている。
昨日はあったのに、今日無くなってたとか色々話がおかしすぎて面白い。


こういう人がたくさんいるんだろう。
しかしこのスタッフの2人、上手い事おっちゃんと話している。


おっちゃんはもう明らかに酔っぱらってるか何かなので、40代のスタッフはそんなに酔っぱらっているのなら帰ってくれと怒っている。
その傍ら、若いお兄さんは、「そんな通帳落としたらんなら警察行かなあかんやん」とおっちゃんの話を優しく聞いてあげている。


アメとムチと言うか、2人の役目があって上手に話してる。
おっちゃんみたいな人は優しくしすぎるとダメだし、キツく怒ってしまうとここに来れなくなって行き場所を失ってしまうのだろう。
3人の会話はまるで漫才のようで、面白いし上手いなぁと感心した。


おっちゃんはひとしきり話すと若いお兄さんになだめられて店を出て行った。
おっちゃんも孤独で寂しいんだろうなぁと思った。
お会計を済ませてお店を出る。


P3270302.jpg


P3270301.jpg


最近こんな映画館の看板ないよね~。


P3270299.jpg


P3270300.jpg


P3270298.jpg


一般席とカップルシートって何なん!?
もしかしてそういうプレイを楽しむピンク映画館なの!?


P3270304.jpg


うどん安い!
大阪市内なのにうどん県、香川並に安い。


また街をブラついていると、個性的なポップがある婦人服屋さんが!


P3270292.jpg


「風合いを生かし春のおしやれを?」


P3270293.jpg


「これからの自分流の着こなしを?」


だからなんでいつも疑問形なんだよ(笑)


P3270294.jpg


「何事も人と比べず 前向きに自由に 貴女の本当のおしやれを 十分に考へてね」

「年齢を理由にあきらめるのはもったいない 貴女の美しさにこだわりませう」


いや、でも、ええこと書いてあるやん。


P3270296.jpg


お店のおばちゃんと話してみると、普通の大阪の良いおばちゃんでした。
おばちゃん今でも元気にしてるかなぁ。


P3270308.jpg


地下鉄にこんな張り紙があったんだけど、ハンカチ落としてスルって普通に海外の手口じゃん。
こういうのって大阪だけでなく、東京にも貼ってあるものなの??


P3270305.jpg


というワケでディープな大阪を満喫してきました。
大阪の下町の方は物価も安いし、街歩いているだけで色々ツッコミどころ満載で楽しいです。
ここら辺はパスポートの要らない海外ですw
みんなもUSJなんか行かずに、大阪の下町に行きましょう(笑)




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

リベンジ!大阪は西成区に潜入!! mission3


コンビニを出て、今度は職安の方へ足を向ける。


P3260213.jpg


うわぁ。。。ここら辺今までよりも雰囲気悪いわぁ。。。
なんていうか、生気がない。


P3260205.jpg


P3260193.jpg


ここで写真を撮っていると


「何写真撮ってんじゃ!」


と怒鳴られる。
怒鳴られただけで特段何もなかったが怖い怖い。


ちなみにカメラは目に付くようには持っていない。
カメラはポケットに入れておき、写真を撮ったら、素早くまたポケットにしまうと言う南米方式。
まさか南米で編み出した技を日本で使うとは思ってなかった。


P3260203.jpg


そんな雰囲気が悪いところなのに、高級外車。
これも怖い怖いw
結構あるのよね、高級外車。


P3260173.jpg


これは日雇い仕事の情報かな?


CIMG4047.jpg


歩いているとこのおっちゃんが、警察に向かって罵詈雑言わめき散らしながら去って行ったw
ここら辺の警察官も大変だわ。


P3260192.jpg


しばらくすると職安に着いた。
少し周辺を探索する事に。


CIMG4018.jpg


P3260194.jpg


これは仕事を斡旋してもらうための順番取りかな?


P3260176.jpg


P3260175.jpg


P3260178.jpg


P3260177.jpg


今日は開いてないが、建物の中に飲食できる店もあるんかー。


P3260179.jpg


再び入口まで戻ってくる。
この2階が実際の業務をしているところみたいだ。


しかし殺風景で、ややもすれば心霊スポット的な雰囲気を醸し出している。
ちょっと怖いがせっかく来たので、行ってみる事に。
階段を上がりながら、心の中でオレの稲川淳二が


「怖いな~怖いな~…なんか嫌だなあ~」


とつぶやいている。


階段を「に゛ぃに゛ぃに゛ぃ」と上がって行く。


P3260182.jpg


「見た瞬間に思ったんですよ、この殺風景さ…この世のものじゃないんだな、って」


P3260188.jpg


P3260191.jpg


P3260190.jpg


P3260189.jpg


P3260184.jpg


土曜日だからか今は職安の業務はやっていないが、人はチラホラいる。


CIMG4029.jpg


CIMG4031.jpg


えっらい若いたずね人がいるな。。。


CIMG4032.jpg


どれだけ宴会が好きなんだよ!って話ですよ。


P3260187.jpg


トイレは意外なことに結構キレイ。


CIMG4036.jpg


この人は傘で身を隠して寝るのだろうか?
一通り歩いたので、職安を後にする。


P3260202.jpg


外に出るといつもの風景。
時間も遅くなってきたので、そろそろ帰り始める事にする。


P3260195.jpg

SA・SHI・MI


なんで刺身って落書きしちゃったんだろうw


P3260212.jpg


P3260211.jpg


P3260214.jpg


この街は落書きが相変わらず多いが、意味不明な物が非常に多い。
一般的な普通の町で見かける、クソガキが書くような落書きとは一味違う。
なんていうか、魂をぶつけた感じだな。
きっと何かおクスリでもやってんじゃないかと思うが、なかなかアートである。


P3260207.jpg


三角公園とは違う公園があったが、ここは小屋が建てられており、何かありそう。
露店みたいな気もするし、寝泊りしてるのかもしれない。
機会があればもう一度訪れてみたい。


P3260210.jpg


もう一度三角公園に寄ってみると、皆が焚火を囲んで暖を取っていた。
エア野球したおじいちゃまはもういなかった。


CIMG4051.jpg


記念に公園に併設されているトイレで用を足してみたが、ここのトイレもキレイだった。
ここで西成ツアー無事に終了~♪
いやーなかなか濃かったわ!


P3260113.jpg


宿に帰る途中、激安スーパー玉出へ。
しかし、ここら辺まで戻るとちょっとホっとするわ~。


P3260217.jpg


P3260216.jpg


以前も立ち寄ったが相変わらず安い。


P3260219.jpg


このタイ焼きも一瞬安いと思ったけど、今見るとあまりお得感がないな。


P3260221.jpg


店を出ると、路上で物を売っているおっちゃん達が。
様々な物を売っているが


P3260229.jpg


カニまで売ってる。
こんなもんこんな所で売ってもいいんかw
もう何でもアリだなw


P3260225.jpg


台湾人城島れい52才中出しー
パイプイタメシヤクハチセツクスダイスキフアツク3回戦ー



なんかいろいろツッコミどころが多くて疲れる。


P3260222.jpg


品物をいろいろ物色していると、おっちゃん達と仲良くなってしまったw


※お二人には写真掲載の許可を頂いてます。


P3260223.jpg


一緒に行ってた女の子も仲良く記念写真w
てか、この子もよく1日中あんな所を一緒にウロウロしてたよなw


P3260227.jpg


そんな事をしていると買い物客が来る。
見た目普通のおっちゃんだが、こうやって手に取って品物をみるとはやはり大阪の懐は深い。


P3260228.jpg


P3260226.jpg


仲良くなったからか、おっちゃんがこれやるわと


P3270252.jpg


1円札くれたw
ありがとう、おっちゃん達!


一度宿に帰り、3人で食事をして、女の子と別れた。
さて、夜の時間だ。



西成と言えば危ないとか恐ろしいというイメージはあるが、今日昼間に歩いたような所ばかりではない。
西成には飛田新地がある。


P3260238.jpg


飛田は昔の遊郭の雰囲気を保ってあり、なかなか風情がある。
その一画に入ると道は碁盤の目のように整備され、その道沿いに店が並んでいる。


P3260241.jpg


店の前には実物の女の子が座っていて、自分の目で品定めする事が出来る。
一般的な風俗店は写真で目隠ししていたり、修正してあったりするが、ここは違う。
店の女の子達を見ての感想は、とにかくカワイイ!
男性がここに来て、好みの女の子がいないと言うことはないであろう程、レベルが高い。


飛田の事を書き始めると、これはコレで一本の記事になりそうなので割愛するが、男性の方は男として生まれた以上、人生の経験として一回は訪れても損はない。
女性の方も周辺を歩くだけでもノスタルジックな雰囲気で楽しめると思う。


あいりん地区とは違って、安全な場所であるので安心して訪れる事はできるが、この街の性質上写真撮影はご法度なのは覚えておいて頂きたい。


P3260244.jpg


飛田を徘徊した後は、〆として大衆的な寿司屋へ。
ちゃんと板前さんが握ってくれるのだが、料金はとてもリーズナブル。


P3260243.jpg


店の女将さんはいかにも大阪のおばちゃんと言う感じで、とても好感が持てた。
今日は1日中歩きまわっていたが、やはりあいりん地区の職安の周辺は少し緊張していた。
今日見た感じでは職安の辺りが一番雰囲気が悪い。


2人の友人を連れて行った以上、危険な目に遭わせる事は出来ない。
その緊張がほぐれ、いささか疲れを覚えていた。




次回、最終章へ続く。






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

リベンジ!大阪は西成区に潜入!! mission2

エア野球をすっかり楽しんだので三角公園を後にし、今度は周辺を散策してみる。


P3260151.jpg


家の軒先でフリーマケットを開催している。


P3260152.jpg


何か変わったものはないかと物色してみたが、いたって普通であった。
西成では片方しかない靴やピカピカに磨かれた10円玉が100円で売っているらしいのだが、いまだ見かけた事はない。


P3260139.jpg


行方不明になった人の張り紙がある。


P3260140.jpg


ここら辺は、ヤクザや手配師がホームレスを騙して隔離されたタコ部屋に売り飛ばすといったことはよくある話で、それ以降は消息不明という人間は腐るほどいるらしい。


あとこの町は匿名性の高さもあり、犯罪者もよく紛れ込んでいる。
あの市橋達也も西成で職を求めに来ている。
参考→リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件


wiki見てたら市橋ってお遍路まわりもしてたんだなΣ(っ゚Д゚;)っ
まあ、伝統的にはあながち間違ってはないけど。


oikp@.jpg


おや?お買い物ですかと思ったら、ただゴミを漁っているだけだった。


P3260196.jpg


P3260198.jpg


上の写真にも写ってるけど、やたらと鳥居のマークが書いてある。
これは何か意味があるのかな?



※今テレビを見てたらすっごくタイムリーに、この鳥居は立小便禁止の意味だと言ってました。



P3260200.jpg


一見みると普通の標識だが、止まれの標識が上から突き出ている。
なんかやっつけ仕事すぎるわw


P3260145.jpg


これは何の建物なんだろう。


P3260146.jpg


看板を見てみると宗教系の施設だ。
「ラーメン室」ってラーメンを作る為だけに特化した設備なんかよ!
でも散髪とか無料でやってくれるのね。
思ってた以上にこの町は意外と住みやすいのかもしれない。


P3260172.jpg


この町の特徴として、麻薬禁止の看板がやたらと多い。


P3260149.jpg


まあ手は出してはいけないけど、酒やタバコの合法ドラッグと、イリーガルなドラッグを一緒にしてしまうのは、いささか乱暴ではなかろうか。


CIMG3999.jpg


ここら辺の宿は安いなぁ~。


CIMG4046.jpg


この宿も1泊900円からと安いが、外見だけ見たら結構清潔そう。
ネットも使えるみたいだし、もしかしたら良いかもしれない。


P3260160.jpg


交番があるので近づいてみると


P3260159.jpg


窓には鉄格子がかけられている。
やっぱここら辺は普通の交番じゃないわ。


最近は比較的穏やかだけど、西成は暴動が起きる町としても有名である。
日本で暴動なんて、大塩平八郎の乱や島原の乱ぐらいしか思い浮かばないわ。
しかし、自分が警察官だったら、ここの交番はトラブル多そうで勤務したくないなぁ。


P3260155.jpg


歩いているとこの町は異常に酒の自販機が多い。


P3260156.jpg


上はちゃんと「1Q84」って書いてあるのに、なんで下には「1Q48」って買いちゃったんだろ。
間違った挙句ローマ字で書いてあるのに、村上春樹って漢字で書いてあるし、誰に売りたいんだよw


P3260166.jpg


他の自販機もチューハイが1本100円からと良心的。
この町では真昼間から、自販機で買って酒を浴びるのが粋なんだろう。


P3260167.jpg


カップラーメンの自販機もある。
普通、町中ではカップラーメンの自販機なんか見かけないよなぁ。
こういうのがよくある所はドライブインとかそういう所にしかあまり置いてない。
野宿してても、24時間食事ができると言う計らいなのだろうか。


P3260163.jpg


布団とマットレスがあるけど、こんな所で寝てるんかな!?


P3260164.jpg


んでやたらと落書きも多い。


P3260162.jpg


この「日置隆」至るところで見かけたけど、何者なん?
有名人?


P3260165.jpg


こんな所で性病科って何か生々しいな。
西成は不衛生な所が多く、今時赤痢や結核などが流行ったりするらしい。


P3260170.jpg


同じ看板が2枚もあるのに新しい「ぶとん」って、どちらも間違えるなんて集中力欠如も甚だしい。
「ふとん」って書いても濁点つけるとこなんて一文字もないのに、なんで付けちゃったんだろう。
やっつけ感がハンパない。
もしかしてあれか、画竜点睛みたいにしたんか!
さすが西成はアートに余念がないわ!


P3260206.jpg


弁当も200円て安いなぁ~。
ご飯もあとから入れるポプラ方式か。


P3260171.jpg


ベトナムズボンってなんぞ!?


CIMG4005.jpg


路上でおっちゃんが本を売っていたので話しかけてみた。
売っているのは週刊誌で、50~100円。


しかしこれは特段珍しい事でもない。
他の地域では知らないが、大阪ではちゃんとした本屋でも発売日当日に100円で売っている店がある。
本の状態もキレイなので、どこからか拾ってきて売っているのだろう。
しかしオレもまるで違和感なく、普通にこの雰囲気に溶け込んでいるな(笑)


P3260199.jpg


CIMG4043.jpg


そら書きたくもなりますよね。
上の写真を撮った後すぐにこういう風景に出くわすのだから、ここら辺は立ちション天国だ。


P3260174.jpg

いとうたつお様 入れ歯ができました


こんなのも張り紙でお知らせするって、もはや何でもアリだなw


歩いているとローソンが見える。
トイレも行きたいし、ちょっと休憩がてら寄ってみよう。


CIMG4012.jpg


こ、これか噂の張り紙は!!


P3260168.jpg


注射器って普通に使う注射器じゃないよね。。。


CIMG4014.jpg


P3260169.jpg


コンビニのトイレって普通自動ロックなんてしないよな。。。


話には聞いた事あったけど、本当に注射器を捨てないでくださいって注意書きあったんだな。
こんな張り紙あるの日本でここだけじゃないか?
やっぱすげぇわ西成は。。。



またしても次回に続く!






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

リベンジ!大阪は西成区に潜入!!


今回は以前、西成の記事を見てくれた地元の友人が、自分も是非西成ツアーに参加してみたい!との事なので、再び西成にリベンジする事に相成りましたw
プラスTweeterで知り合った大阪の女の子も連れて3人での西成区潜入です。
世の中は物好きがいるんもんだ(自分もだけどw)


とりあえず前回を読んでいない方はこちら→大阪は西成区に潜入してみる!


P3260074.jpg


2011年3月29日(土)に広島を出発。
3月も下旬になり、暖かくなってきた頃だ。


P3260076.jpg


2時間もすれば大阪に着き、地下鉄堺筋線 動物園前で下車する。
大阪の女の子もここで合流する。
目指すはあいりん地区方面だが、まずは腹ごしらえ。


CIMG3945.jpg


大阪と言えばいろいろあるが、安価で美味しい串カツでしょう!


P3260085.jpg


P3260082.jpg


P3260079.jpg


美味しい串カツを食べて満足ヽ(=´▽`=)ノ


CIMG3949.jpg


商店街のアーケードを抜け、あいりん地区方面を歩くと早くもそれらしい雰囲気が。


P3260088.jpg


MDって今時買うやつなんかおるんか。。。


とりあえず、僕はここに来るのは2回目なんで、ガッツリ西成を見る前に初のお二人にはまず、西成の軽いさわりの部分を見てもらおうと、歩みをあいりん地区の方へと進める。


P3260093.jpg


あいりん地区周辺に来ると、今回も安定の物価の安さ。


P3260095.jpg


今時日本で南京虫がいる所なんかあるんかΣ(っ゚Д゚;)っ
海外の安宿でぐらいしか南京虫なんか聞いたことないわ。


P3260097.jpg


アパートもめっちゃ安い!
1日450円×30日=13500円
海外の安宿並の安さである。


P3260094.jpg


流行り?のいわゆる貧困ビジネスと言うのだろうか、生活保護関係の看板はやたらとある。


P3260096.jpg


今日からここに住みます!と言ってもすぐに生活できそうな設備がそろっている。
しかも電気代も込みで42000円だったらめっちゃ安くないか?
まあ要・生活保護なんだけどw


CIMG3952.jpg


あいりん地区の周辺は宗教の施設も多々ある。
お遍路もそうなんだけど、悩みを抱えてそうな人は引き込みやすいのかな?


P3260092.jpg


上の施設の看板があるが何語で書いてあるのかわからないし、何かおどろおどろしい。
絵だけをみると重い物を持って谷底に落ちていくという無限地獄w
これのどこに救いがあるのかww


P3260098.jpg


「やるぞ!!」


何をやるのかさっぱりわからないw
ちゃんと主語もつけて欲しいとろこである。
「ヘルスバンクニュース」と書いてあるので、男女ともにそういう意味で「やるぞ!!」というのなら意味がわかるけどw
このようにここら辺は何かが欠落していて、意味がよくわからない看板も多い。



と、まあここまではジャブだ。
今からはディープな西成を見てもらおう。


その前に荷物を持ったままなので、荷物を降ろすために今夜の宿を決めたい。
どうせ泊まるのなら、今回はこの周辺で宿泊しようと思っていた。
ここらへんの宿がまた安いのよ。
といってもガッツリあいりん地区の中はイヤだったので、少し離れた場所へ行く。
前回来た時にあらかじめ目星は付けておいたので大丈夫。


P3260102.jpg


「其の筋の命により 当館内に無断立ち入りを 固く御断り致します」


どの筋なんだよw
怖いじゃねーかwww


日本広しといえども、宿に入ってすぐにこんな注意書きがあるのはそんなにないだろう。
むしろ普通だったら


「暴力団関係者のご宿泊はお断りさせていただきます」


だろ。
それどころかバックにつけてやがるww


とりあえず今夜泊まりたい旨を伝えたが、ここは満室だと言われ断られた。
それならば例のあそこにもまた行ってみるか。


P3260099.jpg


「見つけたら 文句を言う」www


前も来た、文句を言う「びわこ荘」だ。
今回も平常運転の文句の言いぷっりw


P3260101.jpg


横を見ると新たに文句のタネが増えていたww
やっぱり文句を言うのねw
びわこ荘にも今夜泊まれるか尋ねてみよう。


CIMG3965.jpg


中に入ると、おばさんがいて怪訝な目でみられる。
なぜそういう目で見られるのかわからないが、今晩2人泊まりたいのですが、部屋は空いてますか?と尋ねると空いているという。女の子は地元なので泊まっては行かない。


部屋を見せてもらうと全然イケる。
料金は1人部屋で1200円。
シングルでこの料金は安い。
無問題で今夜の決定!!


おばさんに後から聞くと最初に怪訝な目で見てたのは、明らかにいつもの客層とは違うので何しに来たんやろと思ったらしい。確かにそうかも知れない。
この周辺にはまだ何軒か宿があるが、びわこ荘以外では満室だと断られた。
他の宿はオレ達が比較的見た目が若いから、違和感があって拒否されたのかもしれない。


CIMG3966.jpg


靴を預ける下駄箱には、また強い口調で注意書きがある。
もうこれは「びわこ調」と名付けてもいいのではないかw


CIMG3967.jpg


宿の注意書きに「盗難多発」とある。
そんなに物を盗まれるの?


P3260107.jpg


改めて部屋に通してもらう。
カギは渡してもらった南京錠で閉めるシステム。


P3260104.jpg


中は3畳ほどで1泊だけ1人寝るなら十分な広さだ。
これで1泊1200円だったら申し分ない。


P3260105.jpg


備品もテレビ、クーラー、机と一通りそろっている。
寝具も清潔にしてある。
ただクーラーはつかなかったと思う。
まあ、暑くないからいらないけどね。


P3260106.jpg


廊下には消火器もあり、消防法はきちんと遵守してる。
まあいざという時にちゃんと作動するかは知らないがw


P3260108.jpg


部屋は2階部分だが、廊下は殺風景でガランとしている。
部屋は自分のも含めて5~6部屋ぐらいはあったと思う。
さて荷物も置いたし、再びあいりん地区へ向かおうか!


P3260232.jpg


あいりん地区に向かう前に、服装も着替えた。
前回、普通の格好で行くとあまりに周りとのギャップがあったので、目立ってしまい歩きづらかった為だ。


P3260230.jpg


これならば地味で目立ちもしないし、雰囲気に溶け込めるだろう。
若い女の子は存在だけで目立ってしまうので、一緒に来た彼女には帽子を目深にかぶってもらった。
これは海外旅行でも同じように言えることで、トラブルに巻き込まれないようにするには


「とにかく目立たない事」


これに尽きる。
みなさんも海外に行かれる際には参考にして頂きたい。


CIMG3971.jpg


あいりん地区へ向かう途中に大衆劇場が。
ここら辺は大阪の中でも下町なのだろう。


P3260110.jpg


手書きの絵の看板がいいね。


P3260114.jpg

【男の美学】

20代30代は男になりたい
40代50代は男でありたい
60代70代は男で死にたい


なんとなく気持ちはわかる言葉である。


P3260115.jpg


看板の「野宿・禁酒」のワードからそろそろ雰囲気が怪しくなってきたことが伺える。

しかし

「食事をしながら野宿から脱出する方法をみつけよう」


ってよく見るとすごいよな。
普通は家族団欒で話したり、恋人や友達と楽しく談笑して食事するもんだけど


「食事をしながら野宿から脱出する方法」


だもん。ちょっと日常生活ではない食事時の会話だよな。
そしていよいよ西成の聖地「三角公園」に向かって行く。


P3260116.jpg


真昼間にも関わらず、しかも路上で酒盛りをするおっちゃん達。
いよいよ雰囲気がおかしくなってきた。
一緒にいた女の子もちょっと怖いと言い始める。


P3260117.jpg


西成の聖地・三角公園に到着。
公園の中を探索する前に、1回公園の周りを歩いてみる。


P3260119.jpg


ああwこれ前に来た時に路上賭博でチンコロみたいなのやってた所だww
今日はやってないみたい。
こんな小屋立てて、路上で堂々と違法賭博できるのなんて、日本じゃここぐらいじゃなかろうか?


一回りしてみて、いよいよ公園の中へ。
前回来た時は、自分が思っていた以上の場所でビビって入れなかったが、今日は大丈夫!
服装もちゃんと正装してきたしww
いざ出陣!


P3260147.jpg


公園の入口まで行くと皆が上を向いて何かを見ている。


CIMG3975.jpg


そこには街頭テレビが設置してあり、ちょうど「春の高校野球」を放送していた。
みなさん結構真剣に見入ってらっしゃる。


さて、ここからは言葉はいらない。
この場所の雰囲気をしばし感じてみてほしい。


P3260121.jpg


P3260120.jpg


P3260124.jpg


P3260132.jpg


CIMG3977.jpg


P3260133.jpg


P3260130.jpg



P3260126.jpg


P3260123.jpg


P3260148.jpg


P3260125.jpg


珍しく子供がいた。
しかしこの様な環境で幼少時を過ごすと、めっちゃ頑張って出世するか、それともこの雰囲気に飲まれていくかの極端な2択の人生になりそうな気がする。


P3260127.jpg


公園内で座って周りを見ていると挙動がおかしいおっちゃんがいる。


P3260129.jpg


このおっちゃん、今さっきからただただ無言で壊れたブロックを積み上げている。
何をしているのかわからないが、イっちゃってるのかも。


P3260134_201412011446418d3.jpg


なんでだろう?
こういう場所ではスポーツ新聞のエロ記事がすごくマッチしていて全く違和感がない(笑)


P3260135.jpg


今さっきから気になっていたのだが、一人でバッティングポーズをとっているおじいちゃまがいる。
街頭テレビの高校野球を見て触発されたのだろうか。
このおじいちゃま、一人でヤル気マンマンである。


そこでオレは思いついた。

















もしかして、オレがピッチャーやったら打つんじゃね!?








と、思いおもむろに近づいてみるw














CIMG3986.jpg


まさかの奇跡の対決w
西成 三角公園でエア野球 プレイボールwwww


CIMG3985.jpg


すこんぶ☆たろう、振りかぶってー


CIMG3984.jpg


投げた~~wwww


CIMG3987.jpg
















じ:「カキーーーーン!」











ホントに打ちやがったwwww


しかも


















じ:「ファーーーーーール!」












ちょwwwwwwwwファーールてwwwwwwwwwwwww










打った挙句にファールとはwwwww
このジジイやりおるわwww





そしてなんと!この対戦の続きの動画がありますので、どうぞお楽しみくださいwww




以下動画の会話


投げようとすると、なぜかタイムのポーズwww

す:「いい?」


じ:「熊本、熊本工業」


す:「え?」


じ:「相手は?相手??熊本対」


す:「相手?(一瞬何を言っているのかわからなかったがw)PL、PL学園」


じ:「ふぇーーーーーーーーーーーー」(プレイボールのサイレンのつもりか?w)


振りかぶって投げました!


















じ:「5対1で~△$□drftgy%&lp」










ちょwまてwwwwなんで設定があるんだよwwwwww
コントかよwwwwwww




このジジイおもしろすぎるwwww
この後も5対1でランナー三塁とか細かく設定してくるw



おもしろいが、ずっとおじいちゃまにかまってもいられない。
このままだと永遠にエア野球してしまいそうだ。


しかしまだ他の所も探索してみなければ!
素晴らしい対戦だったわwありがとう、おじいちゃま!





まだまだ西成は終わらない、次回へ続く!!






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

アクセス解析で自分のブログの検索ワードを調べたら

まずはこちらをご覧頂きたい。



無題5



これは僕のブログをアクセス解析で見た今月の「検索キーワード」だ。
上記のような検索ワードで僕のブログに訪れてくる。
パッと見でもかなりおかしいのだが、ひとつづつ見て行こう。



1位 「すこんぶたろう」

これはまあ、ブログの名前なのでわかる。
しかし改めてみると自分でもふざけた名前だと思う。



2位 「西成 三角公園」

以前に書いた記事だ。
西成の記事はこの過疎ブログの中でも読まれている記事だと思う。
その記事はこちら→大阪は西成区に潜入してみる!


この西成の言葉であと4件ほどヒットしている。
「西成 売人」というワードもあるが、売人情報なんて書いた事はないので探しても無理です。



3位 「ちんこ」

なんかもうストレート過ぎる。
この「ちんこ」で飛んでくる人がかなり多い。
ご丁寧に「ちんこ」を「ちんぽ」に変えて検索してくれる人もいる。


それよりも同率の「中学生 ちんこ」だ。
ただの「ちんこ」では飽き足らず、「中学生 ちんこ」
高校生でもなく、小学生でもなく、なぜ「中学生」にだけに固執しているのだろう?
中学生のちんこはそんなに魅力的なのだろうか?


この「中学生のちんこ」への執着は驚くほどに熱狂的で、毎回のようにランクインされている。
もちろんだが、「中学生のちんこ」についてこのブログで書いた事はない。
原因はわからないが、もう「中学生のちんこ」は中国辺りで漢方の材料として高く売れるからということにしておこう。



その下には「アヤワスカ」
これも毎回よく引っかかっているがペルーのクソ山奥のなかで行われる「セレモニー」で使用され、言うたらナチュラルドラッグだ。
詳しくはこちらの記事を参照されたい→アヤワスカとシャーマンと私



あとは「リオ カーニバル セックス」
これも毎回キーワードに引っかかってくる。
これはちょっと書いたけど、セックスはしてないし、そんな情報もない。
その記事はこちら→パラグアイのカーニバルは帰れないの巻


でも、カーニバル中は男女盛り上がってよくやっているとは聞いた。
さあ、あと2か月もしたらカーニバルがやってくるぞ!
みんなブラジルへGO!



スラム街にちんこ、セックス、ドラッグ。
こんなキーワードで8割を占めている。
この検索キーワードだけ見ていると、本当にろくでもないブログを書いているように思える。
しかしこれが現実。





そこでこのキーワードを元に次回は「中学生 ちんこ」の記事を書いてみたいと思います!










じゃなくて、「リベンジ!大阪西成区に潜入!!」
前に再び西成に行ったのに記事にまとめてなかったので、これで行ってみようと思います。
日本とは思えないディープな空間。
自分でまとめていても結構面白かった(笑)



次回乞うご期待!
見てね♡





※前々から思っていたんですが、たぶんアクセス解析の仕方が悪いんだと思います。
  詳しい人がいれば教えてください( ;´Д`)





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 -その後-

po.jpg


親父が逝ってからは事後処理でバタバタしていたのですが、11月22日に四十九日を終え幾分落ち着きを取り戻しました。
前の日曜日には親父が友人達と趣味でやっていた畑のさつまいもと里芋を収穫しにいきました。
親父は今年の収穫を見ずして逝ってしまいました。


10月9日はお遍路さんの授業として、僕も小学校に行くはずでしたが、急に前記のようになってしまいました。
もし期待をされていた方がいたとしたら、申し訳ありませんでした。
せっかくお誘い頂いたのに急に断る事になった「公認先達・歩き遍路の会」会長山下様、並びに関係者各位、ヒーさん申し訳ありませんでした。(こんなところ見ていないとは思うけど)
僕も貴重な経験ができると思い、非常に楽しみにしていたので残念で仕方なかったです。
あ~行きたかったなぁ~。


しかしいつまでもこの事を引きずっている訳にもいきません。
ここからはお遍路の続きの事なのですが、足摺岬まであと一歩という所なので結願まで約半分。
以布利まで戻って、早く歩いておおよそ20日前後で結願できるでしょう。


やはりちゃんと結願したいと思い、四十九日が終わればチャンスがあるかなと思っていました。
しかし母親も一人になり、まだ少し事後処理もあるので家を離れるのは20日前後といえどもそんな雰囲気ではありません。
さらに冬の気配も日に日に強くなり寒さも増してきました。


今のように寒くなってくると、寝袋などは今までの装備では難しいでしょう。
だって10月ですら寒くて寝れないって言ってたんだからw
年内に結願するとなると時間を気にして早く歩かなければなりません。
しかし急いで歩くのは僕のモットーに反する、早く歩いても良いことはない(笑)
よって今年中のお遍路再開は非常に残念ですが断念致しました。
たぶん今はお大師さまに呼ばれていません(笑)


次回はいつ再開できるかわかりませんが、いつの日か結願したいと思っております。
お遍路を再開できた場合にはブログも続きを書こうと思っています。(見てくれる人がいればw)
すこんぶ☆たろう先生の次回作にご期待ください(笑)


とりあえず、お遍路の旅の話はここで一度区切りを打ちますが、このブログ、世界一周も最後まで書いていないw
書くことはあるんです。
なので、時間を見つけてその事も書こうかなと思っています(もう何年も前の話だけどw)


んで、世界一周の話とは別に、面白いネタがあったのを思い出しました。
前もちょこっと書いた事があるんですが、このブログの中で下手したら世界一周の記事よりもよく読まれてたかもw
ちょっとしめっぽくなったので、平常運転w再開して次回はそれを書こうと思います。
近日中にアップ予定!
是非みてね!!


でもね、今回よくわかりましたが、お遍路もそうなんですが、こういう事を出来るっていうのは本当に恵まれているんですよね。
皆様も師走でお忙しいですが、お体にお気をつけてお過ごしください (*´∇`*)






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 24日目

10月 9日(木)


今日は7時に迎えに来てもらえるということだったので、6時に起きる。
いつものようにテントから出ると今日も良い天気だ。
近くのトイレで顔を洗い、朝ごはんを食べ身支度をする。
徳島を抜けてからは、ほぼ毎日テントで寝ているので随分と手際も良くなったもんだ。


その時に携帯電話の着信音が鳴る。
今はまだテントを片付けている最中だ。
電話は片付けた後にしよう。
しかしまだ6時35分だぞ?こんな朝早くから一体なんの電話だ??


テントを片付け一段落し携帯電話を見る。
ディスプレイを見ると父親の友人からだ。
父親とは20年来の親交があり、オレも度々お世話になっていてもちろん面識がある。
また仕事の話か?
しかしこんな朝早くからどんな要件だ?
一本の留守番電話が入っている。
不審に思いながら携帯電話に耳を傾ける。




「お父さんが倒れました。すぐに連絡をしてください」




何を言っているんだ?
この遍路に出る前に一回会ってはいるが元気そうだったぞ?
もう一度留守番電話のボタンをタップしてみる。
しかし間違いない。
今さっきと同じ言葉が返ってくる。


折り返し電話をかける。
わかったのは、息があるかどうかはわからない、母親は病院に行っている。


電話を切った後、一瞬深く考え込んだが、頭の方はすぐに回転した。
とにかく帰らなきゃな。


ただ、ここからどうやって広島まで帰ればいいんだ?
足摺岬の一歩手前だぞ?
電車か?バスか?さっぱりわからない。


まずはここからどうやって最寄りの交通機関がある所まで出るんだ?
こんな所でタクシーが拾える訳もない。


ただ一つわかる事は今いる場所は非常に交通の便が悪いという事だけだ。
この辺の土地勘のないオレがルートを考えてもすぐさま思いつく訳がない。
幸いにも今日は昨日の「歩き遍路の会」の人が車でここまで来てくれる。
申し訳ないが、近くの駅かバス停まで乗せて行ってもらおう。




6時55分、一台の車がやってきた。
車に乗っているのは昨日一緒にいた男性の方一人だ。
急に帰らなくてはいけなくなった旨を伝え、以布利のバス停まで連れて行ってもらう。
車中でとりあえず松山まで行くルートを聞く。
松山まで出て、そこからフェリーで帰るのが一番早いだろう。


運良く7時10分のバスがある。
今回は申し訳ありませんでしたと、みなさんにはお伝えくださいと言い別れた。
もう一度時刻表をみる。7時のバスを逃すと次のバスは10時台だ。
改めてアクセスが悪い事を実感する。


待つこともなくすぐにバスはやってきた。
乗客は多くはなかったが、停留所に着く度に乗客は増えて行き車内はいっぱいになった。
通学でバスに乗っている高校生はいつもと変わらない日常生活を送っているのだろう。
車窓からは今日もお遍路さんが歩いている姿が見える。
しかしオレは今日はみんなと違う。


ああ、オレはできなかったな。
なんで今日だったんだと憤怒にも似た感情を覚える。




バスは中村で電車に乗り換え、そこからさらに窪川、宇和島と乗り換える。
松山に着いたのは14時を過ぎていた。
この長い移動距離は様々な事を考えるのに十分過ぎるだけの時間を与えてくれた。


その間10時頃、再び父親の友人から連絡があり、亡くなったと伝えられた。
移動の最中は母親も混乱しているだろうと思い、その他自分からの連絡は控えていた。
すべては帰ってみなければわからないだろう。




17時過ぎに9月に出たまま、何も変わっていない自分のマンションに帰る。
朝のバスから運よく乗継ぎをスムーズに出来たからこの時間に帰って来れた。
乗継ぎが悪ければ、今日中には戻って来れなかったかもしれない。


お遍路での埃をシャワーで洗い流し、今年4月に亡くなった祖母の葬式以来の礼服に袖を通す。
今年は二回も身近な人間がいなくなったな。
少し遅れたが、19時からのお通夜には間に合うことができた。
翌日に葬儀を済ませ、オレのお遍路の旅はここで一つの区切りをつける事となった。






ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 23日目

10月 8日(火)


857.jpg


おはよーございます!
やっぱり昨日も寒くてよく寝られなくて、5時30分起床( ;´Д`)
結局の所、寝袋がショボいんだよな。。。
まあ、前の旅行でコロンビアで買った20ドルくらいの安物だからなぁ。


856.jpg


多少寒いのは着込んで寝ることを考えてたので、どうにかなるかもだけど、テントもフライが付いてなかった、南アフリカで20ドルで買ったヤツなんだけど、これから大丈夫かなぁ。。。


858.jpg


朝ごはんは何もなかったので、道の駅で買ったみかんと一昨日お接待でもらったチキンラーメンをそのままボリボリかじる(笑)
でもなかなかイケる!


859.jpg


公園から少し上ると展望台があるので、朝日を満喫。
すがすがしい朝ですなぁ~。


860.jpg


三人で記念写真をパシャリ。


861.jpg


7時前に出発。
今日はとりあえず下田の渡しと言われる渡船で四万十川を渡る。
予約が必要だが、あらかじめ前日に連絡しておいた。


862.jpg


7時14分、港に着。
道がよくわからなかったが、歩いていると地元の方が何人も声をかけてくださり、道を教えてくれた。
いやーここは親切な人ばっかりやなぁ~ (*´∇`*)


864.jpg


少し待っていると車で船頭さんが来た。
どうも今日は波が高くて船が出せないらしい。
また台風が来ているらしいからその影響かな?
しかし今年はホンマ台風が来るわぁ~。
なんにせよ、船に乗れると思っていたのに残念( ;´Д`)


船が出せない代わりに、車で対岸まで乗せていってくれる。
船だったらお金もらうけど、車はお接待でいいよと言ってもらった。


863.jpg


車を替えてくるからと言われ、待っている間にお接待してもらった。
ありがたやー。


865.jpg


約15分車に乗り、降ろしてもらう。
船頭さんありがとうございました~ヽ(=´▽`=)ノ
降ろしてもらった場所のすぐに道しるべがあったのでその道を歩く。


866.jpg


しかし、いきなり場所が動いたから自分らがどこにいるのかわからない( ;´Д`)
恐ろしいぜ、車社会。


867.jpg


たぶんこっちじゃね?とか言いながら、ちゃんと321号線の遍路道に着いた。


868.jpg


足摺岬まであと38km。
だいぶ近づいてきたなぁ~。
明日にはようやく札所に着くことができるだろう。


869.jpg


途中別れ道が。
旧道を行くと2時間、このまま進めば1時間。


870.jpg


なら早いほうで!っと旧道を華麗にスルーww


871.jpg


伊豆田トンネルは1620mある。
これは今までの中でも長いトンネルだ。


872.jpg


さすが長い。
でもちゃんと歩道があるから危なくはないな。


873.jpg


トンネルの中で土佐清水市に入る。


874.jpg


トンネルを抜けるとドライブインがあった。
ここで小休止。


875.jpg


時間は10時前。
おやつに大判焼きを食べる。


876_201411271853427b6.jpg


ヒーさんがオレ達にお接待してくれた。
ありがと~ヽ(=´▽`=)ノ


877.jpg


周辺をウロウロしていると、クジャク?


878.jpg


本当にクジャクがいるwww
久しぶりにクジャクなんか見たわw


879.jpg


お店の人にお茶を入れてもらって一服。
休みながら話していると、一緒に歩いているKクン、この人も結構面白い経歴の持ち主だ。
20代の頃からパチプロとして生計を立ててきたらしいw
本当にパチプロの人っているんだな。


一番いい時には月に100万も稼いでいたみたいΣ(っ゚Д゚;)っ
今回のお遍路の最中も台風が来た時は町に逃げて、スロット打って旅費の足しにしてたらしい(笑)
旅の途中に費用が増えるってすごい良いよなーw


オレらが聞くと月100万も稼いだりしていいなーっと思うが、パチプロの生活も朝早くから並んで、夜の23時閉店ギリギリまで打つ事もあり、楽ではないらしい。
今は昔ほど出なくなったので本業は違うらしいが、やっぱり世の中色んな面白い人がいるよなぁ~。


880.jpg


近くにトイレがあり、本来の予定なら昨日ヒーさんはここまで来て野宿しようと思っていたらしい。
まあ、確かに寝れるな。


881.jpg


10時10分、再出発。
321号線を休み休み歩く。


882.jpg


下ノ加江のスリーエフで食料を買う。
ここから次の札所まで食料を買える場所が無くなるので、3食分は準備して行けと今まで皆に言われていた。
つかここからどんだけ辺境の地なんだよΣ(っ゚Д゚;)っ


883.jpg


おにぎりばっかり3食分買いました(笑)


888.jpg


コンビニから歩くとお遍路宿があった。


887.jpg


ふむふむ、3000円で夕食、朝食お接待か。
それなら安いなぁ。


885.jpg


ヒーさんが前歩いた時には無かったというので、少し寄ってみようかと訪ねるとお接待して頂いた。


884.jpg


部屋も見せてもらうと、エアコンもテレビもあるキレイな個室。
これを見てKクンはここに1泊する事に決め、今日は荷物を置いて歩ける所まで歩いて、バスでまた戻ってくる事にした。


886.jpg


オーナーさん。
お話を聞いていると、ここの宿は数か月前に始めたらしい。
自身も歩き遍路をやったことがあり、定年退職後その経験を元にお遍路宿をやろうと思ったみたい。


ここから次の足摺岬の札所まで約22km。
1泊して朝から歩けば十分札所に着くだろう。
コンビニにも近いし立地もいい。


まだ始めたばかりなので、利用人数は多くはないらしいが、これから情報が広まって利用者も増えるだろう。
また今度機会があれば利用させていただきます!
12時10分、再出発。


890.jpg


しばらく歩くと民宿がある。
ヒーさんによるとここの宿を使って打ち戻る人が多いらしい。
この先、38番札所からはルートが何通りかに分かれる。
大きく二つに分けて、

一つは38番を打った後、来た道を戻り三原経由で55.1km。
二つ目は足摺岬を回り込み海沿いに宿毛へ抜けるルートで73.2km。


来た道を戻るっていうのも面白くないが、海岸に行くと13km程遠回りになる。
ヒーさんによると海がいいよというが、萩森のおっちゃんは海サイドは何もないし、暴走族wが出るぞって言ってたし。
前々からここはどうしようかと考えてきたけど、まだ先だと思っていたのにオレも明日までには決断しなきゃ。


891.jpg


その後遍路道は荒々しい太平洋の海を眺めながら歩く。
お昼はヒーさんが前に来たときに美味しいうどん屋さんがあったので、そこで昼食を取ろうという話になった。


894.jpg


12時50分、久百々のうどん屋着。


892.jpg


席数は多くはないが中は囲炉裏端もありいい雰囲気。
地元の人やサーファーらしき人が食べに来ている。


893.jpg


オレは麻油ぶっかけ(中・680円)
麺もコシがあって美味しい。


お遍路を野宿でやっている人のブログで食事を見てたんだけど、野宿お遍路の食事って毎回貧相なイメージがあった。
でもなんだかんだオレは良いもの食べてる気がする。
もうちょっと節約もせないかんかなぁ。


895.jpg


店の近くにいたわんこ。
まだ子供だろうねぇ。
食事を終えて再び歩く。


896.jpg


ちょっとした山道に入ると、前からおじさんが歩いてきた。


お:「あれ?ヒーさんじゃない?覚えてる??」

ヒ:「あ!前歩いていた時にお接待してくれた方ですか?」


また、ヒーさんの知り合いだ(笑)
本当にこの人知り合い多いわ~。
家が近くだからと、オレ達も一緒に行くことになった。


897.jpg


おウチでお接待。
久しぶりにふかしたイモ食べたわ~。
さっきうどん食べたばかりなのに美味しい(笑)


898.jpg


その方の家からは海が見渡せて天気が良い日はいい景色なんだろうなぁ。


904.jpg


杖のカバーも頂いた。
オレの杖カバーは破けかかっていたから丁度良かったわ。


色々お話を聞いていると、一緒に住んでられるおばさまはもう100回以上もお遍路まわりをした先達さんらしいΣ(っ゚Д゚;)っ
おじさまも30回以上まわっており、錦の納札と、銀の納札を頂いた。
しかしヒーさんといると色んな事があって、なかなか前に進まねぇ(笑)
お二人にお礼を言って再び歩く。


902.jpg


しばらく歩くと道しるべがある。


901.jpg


なんだか遊歩道みたい。


900.jpg


先に行くと海岸に出た。
確か遍路道で海岸を歩く所があったのを見た事がある。
たぶんここは大岐海岸だわ。
しかし、この先は行けないようになっており、ここが終着点だった。
海の道、すっかり見落としてたんだなぁ。。。_| ̄|○


しばらくしてバス停が見えたので、ここでKクンは宿に戻ることになり別れた。
明日も会うかもしれないけど、元気に結願してください!


Kクンが去った後、すぐに今度はヒーさんのお迎えが車で来た。
前々から聞いてはいたのだが、この先の小学校でお遍路の授業があって、そこで少し話たりするらしい。
さすがある意味有名人(笑)


迎えに来てくれたのはお遍路協会?のお偉い人だそうで、そのまま立ち去ろうかと思ったが、まあオレも一応挨拶はしておこうと話し出す。(調べてみると公認先達・歩き遍路の会の会長さん達でした)


協:「今日はずっと一緒に歩いてたんですか?」

す:「ええ、歩き始めた頃に知り合って、ちょくちょく一緒に歩いてたんですよ~」

協:「そうですか~。もし良かったら明日から二日間一緒に授業に参加しますか?いい経験だし」

す:「Σ(っ゚Д゚;)っえ!?そんなんいいんですか!」

協:「いいですよ~。もちろんお遍路の格好で来てくださいね(笑)それと少し皆の前で話してもらうかもしれません

ヒ:「いいですねー!すこんぶさんも一緒に行きましょう!!」

す:「お、おう。。。それならお願いします!! ヽ(=´▽`=)ノただ、僕は今夜はテントで寝るのですが。。。」

協:「それでは明日テントを張っている所まで迎えに行きますから、よろしくお願いしますね」

す:「ありがとうございます!それでは明日よろしくお願いします!!」

ヒ:「よかったね~じゃあまた明日 (*´∇`*) 」


今夜も何かあるらしく、ヒーさん達は車で走っていった。


いやーなんかおもしろくなってきたなwwww


話が思わぬ展開になってきたw
やっぱりヒーさんといると思わぬ事が起きるなぁww
オレも特に急いでいるワケでもないし、面白そうだから明日楽しみになってきたヽ(=´▽`=)ノ


まあとりあえず、今日の寝床に行かないとだな。
以布利の漁港近くでテント張れるって言ってたから、今日はそこに行こう。


905.jpg


しばらく歩き野宿ポイントを地元の人に聞きながら行くと、この小さな所を抜けて行くというw


906.jpg


あの建物の下にテントが張れるのね。
着くと近所の子供達が遊んでいたので、帰るのしばし待つ。

子:「ここで寝るの?」

す;「そやで。よくここ他の人も泊まってる?」

子:「よく泊まっているよー」


17時に町内会のチャイムが鳴ると子供達は帰って行った。


907.jpg


17時10分、テント設営完了!
この時間くらいにテント張れるとゆっくりできるわぁ~ヽ(=´▽`=)ノ


そういえばお昼に地元の人が今日は皆既月食で、「ここら辺は砂浜からキレイに見えるよ!」と教えてもらったけど、雲に隠れて全くみえん´д` ;


それにしても明日は楽しみだなぁ~。
明日小学生の前で何て話そうかな?


先:「じゃーお遍路さんに質問ある人~」

子:「なんでお遍路さんをやろうと思ったんですか?」

す:「なんでかって?お遍路って。。。人生なんだよ。。。」

先・子「・・・・・・」


とか言っちゃおかなwwww
いやちょっと渋すぎるわw
なんなら空気を読まず小一時間くらいしゃべり倒して小学生どんびきさせたろかwww


しかし普通のお遍路の旅じゃなくなってるから面白い!(ブログのネタにもなるしw)
とにかく明日は楽しみです♪
それではおやすみなさーい。







今日の歩行距離:約23km
今日の宿泊場所:以布利の漁港







ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 22日目

10月 7日(月)


おはよーございます。
昨晩はやっぱり寒くて4時30分に起床( ;´Д`)


813.jpg


寒いからコンビニで暖かいスープを買って、テントの中で朝食。
ホンマ今回で一番寒い。


814.jpg


ここの道の駅、働きに来る人が結構早い。
身支度をして6時過ぎに出発。


今日で歩き始めて3週間。
体も特に不調はない。
他のお遍路さんは足にマメが出来たとか、腰が痛いだとかあるけれど、オレは実に快調なお遍路の旅だ。


816.jpg


歩いているとまたもや大好きな物語の看板が!


【衰(水)神坂の昔むかしのお話 】

遠い、とお~い、ずっ~と遠い昔。この仲津野村は、戸数7戸(現在の中角部落戸数82戸)であった。海が近くて水位が高い為「葦」(あし)が一杯に生い茂った湿地で、その上堤防がなく川が蛇行しており毎年の洪水で作物が被害を受け村人は大変難儀をしていた。朝は朝星、夜は夜星。勤勉な生活で貧しいながら家族、村人は、大変仲良く暮らしていた。


ある年、大変厳しい飢饉で、村人は食うや食わず野の毎日で腹が背中にひっつく様になってしまった。ある日のこと一人の山伏が村にやってきた。色は日に焼け浅黒く髪は白髪混じりで伸び放題、着物は垢で汚れ朽ち、左手には背より高い杖、右手にはホラ貝、首には獣の骨で造った大きな数珠を掛け、他に持ちもの何もなく目だけが異様に鈍く光を放っていた。


この山伏が物乞いにやってきたが、村人は一日の食事にも事欠く有様であり、どこの家でも、ほどこしが出来なかった。そこで山伏は腹を立て、「衰(水)神坂」から村をめがけて村が衰えるようにと、悪意をもってホラ貝を吹いた。それは、実に、不気味な音色だった。穏やかだった天気はたちまちのうちに一変、付近一帯は暗雲垂れ込みまるで夜のようになった。そして、強風とともに昼間の様な稲光がして、雷が鳴り響き豪雨になった。


 この時、伊与木川右岸住人で修験者大先達の大谷 某は、この異変に気付いた。野良仕事をしていたが鍬、鎌を放り出し大急ぎで家へ取って返し代々伝わる家宝の大ホラ貝を取り出すやいなや庭先から「衰(水)神坂」めがけて吹きに吹きまくった。この大ホラ貝の吹き方が作法に則り格上であった。このため悪者の山伏は、吹き返された音色に金縛りになり身動きが取れなくなってしまった。そして、今まで大荒れに荒れていた空はピタリと静まりかえった。


その後、この山伏は、その悪行を反省し村人へ許しを願い、村人は快くこれを許したので、修験者大先達の大谷 某が縛りを解いた。悪者の山伏は、心を入れ替え村人に見送られて西国へ立ち去った。


悪者の山伏がホラ貝を吹いたこの場所は現在、水神坂と呼ばれていて、一般国道56号「佐賀改良」の水神坂橋の橋名はこの地名に由来しています。 


平成12年2月 建設省・佐賀町



最近はやっているのか知らないけど、日本昔ばなしの最後のナレーションで


「今でも○○の村ではこのお地蔵さまが残っているそうな」


とか聞いたらそこに行ってみてーって思うのはオレだけじゃないよね?(笑)


817.jpg


ちょっと寒いけど、朝はすがすがしくて気持ちが良い。


818.jpg


どこかで遍路道を見失っていて、そのまま56号線に来てしまった( ;´Д`)


819.jpg


土佐佐賀の駅が見える。
オレは毎日歩いてばかりだけど、普通の人は毎日の日常を送っているんだよなぁ。


821.jpg


820.jpg


アンパンマン列車 (*´∇`*)
高知も観光にかなり力を入れているみたいだねぇ。


822.jpg


823.jpg


向こうに町が見える。
遍路道は本来ならば土佐佐賀の町の中を通って行く。
もう面倒くさいのでこのまま56号線を歩く。


824.jpg


土佐佐賀の町を抜けるとまた海に出る。


825.jpg


白浜海岸は岩が削れて、宮崎の鬼の洗濯岩みたいだなぁ。


826.jpg


7時56分、黒潮町に入る。
ほほう、ここはホエールウォチングが盛んなのかな?


827.jpg


一舟15個入り350円、10個入り250円。
安いなぁ~。
お店が開いていたら絶対に買ってたわ。


828.jpg


歩いていると遠くにちんたら歩いているwお遍路さんがいるわーって思い、近づいてみるとヒーさんだった(笑)
今日は遅くに出発するかもと言っていたから、きっと後ろにいるんだろうと思ってた。
昨日距離を稼ぎ、今日も早くから出発して昨日歩いた所まで送っていってもらったらしい。
この先もルートは同じなので、また二人で歩き始める。


835.jpg


しばらく歩いていると朝鮮国人の墓の看板がある。
遍路道から外れるので、面倒くさいのだが、ヒーさんが行きましょう!と言うので行く事に。
まあ、こんなの一人だったら絶対に行かないから行ってみるかー。


830.jpg


看板には200mと書いてあったが、200mってこんなに長かったっけ?と思っているとお墓に着いた。


829.jpg

【朝鮮国女墓の由来】

往昔、文禄慶長の役に出陣した長宗我部元親に従って朝鮮国に渡った入野郷上川口村の土豪小谷与十郎は、帰国にあたって、若い機織の女を連行してきたという。彼の国の進んだ機織の技術を近郷近在に広めた彼女は美しく、優しく、土地の人々に愛され慕われたと言い伝えられている。
 

祖国朝鮮への望郷の念を抱いて、寂しく異国の地に果てた機織女は、上川口村桂蔵寺の小谷家の墓城に葬られた。墓碑を建てたのは与十郎の四代の孫小谷安次である。天正年中来と刻んだのは、文禄慶長の役の強制連行の痛ましさを隠したかったからであろう。と刻んだのは尊崇の念からと思われる。
 

代々、土地の人々に守られてきた墓は桂蔵寺跡から、移されて現在地にある。
いま、この朝鮮国女墓を世に顕さんとする、われわれの志は、この悲劇の一女性の霊を慰めるとともに、それを通して、日本と朝鮮両民族の友好と連帯を誓うところにある。
    

一九八一年七月七日 朝鮮国女の墓を守る会


831.jpg


朝鮮国人の墓終了~。


832.jpg


休憩していて、ふとヒーさんとバックパックを替えて歩いてみようかなと思いついた。
オレのバックパックを背負うと、ヒーさんはすごい軽いと言っていた。


まー今回は荷物を極限まで削って来たからねー!
これ以上軽くするには、寝袋とかの装備品をお金をかけて軽いものにするしか方法がないと思う。
しかし、他人が自分のバックパックを背負ってる姿を見ると新鮮だなぁ~。


834.jpg


ヒーさんのバックパックはパンパンで見るからに重そうなんだよ。
実際に背負ってみると、中に死体でも入ってるんじゃないかというほど本当に重いww
これでも荷物を送って減らしたって言ってたけど、15kgぐらいはあるんじゃないか?
よくこんなの背負って歩くよΣ(っ゚Д゚;)っ


56号線に戻ると、昨日一緒にテントを張ったKクンが追い付いてきた。
ここからは三人で一緒に歩く。


836.jpg


9時36分、東寺大師堂着。
昔は接待所として開いていたんだけど、数年前に閉めたらしい。
部屋の中はめちゃくちゃに散らかっていた。


837.jpg


もう少し歩くと大方の遍路小屋がある。
ここでは休憩しなかったけど、中でオレのテントは張れないかなぁ?


838.jpg


10時13分、道の駅 ビオスおおがた着。
ここで休憩~。


840.jpg


店内を見ていると食堂があり、カツオたたきバーガーなるものがΣ(っ゚Д゚;)っ
カツオのたたきでハンバーガーか。。。ホンマに合うんかしら?
でもせっかくだから、これは一度食べてみないといけないでしょう!


中には本当にカツオのたたきが入っている。
では頂きましょう!


意外と美味しい(笑)
オリーブオイルとマヨネーズの味がする。
「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられ、なかなか人気らしい。


842.jpg


ハンバーガーを食べると、余計にお腹が減って、勢い余って卵かけ定食(土佐ジロー卵)を食べる。
知らなかったんだけど、土佐ジローは高知の有名なにわとりらしいね。
普通に美味しかったですヽ(=´▽`=)ノ
今日はこれが昼食だな。


843.jpg


ヒーさんはカツオのたたき丼。
今これ書いてたら、お腹減ってきたわ(笑)
カツオのたたきが食べたい !(*´∇`*)


ここの道の駅は文旦のシャーベットやアイスクリームもあるし、食べ物もいろいろ売っているので楽しいね。
すっかりゆっくりしちゃったわ(笑)


844.jpg


845.jpg


キレイに芝生を刈っている道の駅の敷地を抜けて、11時48分再出発!


846.jpg


遍路道は入りの松原の防風保安林の中を通って行く。
海岸沿いの住宅を塩害から守る為に植えてある。
塩害もだけど、歩いていると日陰になっていて涼しい。


848.jpg


8月の台風で倒れちゃったんかな?
今年のお盆辺りに来た台風で高知はたくさん被害がでたみたい。


849.jpg


昼も過ぎたが、今日は特にどこまで行こうか決めてなかった。
ヒーさんいわく、ここから先は温泉がないそうだ。
この先の下田に温泉施設があって、そこら辺でもテントが張れるみたいなので、今日は三人でそこまで行く事にした。


850.jpg


大きい網だなぁΣ(っ゚Д゚;)っ
海が近くにある風景だよねぇ~。
ここ、黒潮町はカツオの一本釣りが有名みたい。


851.jpg


14時50分、四万十市(旧中村)に入る。
日陰がなくて今日も暑い( ;´Д`)


そういえば大学の時に、中村から来た後輩がいたなぁ~。
めっちゃ中村の高知弁を話していて面白かったわw


853.jpg


16時30分、なかなか着かないねぇと言いながら、やっとこさ「四万十癒しの湯」まで来た。
近くに公園があって、トイレもあるので今日はあそこにテントを張ろう。


854.jpg


温泉(680円)に入りいい気分♪
今回は2日ぶりでお風呂に入れてよかった~ (*´∇`*)
お風呂の後は併設されている食堂で食事をとり、近くのキャンプ場のコインランドリーで洗濯も済ませた。


855.jpg


8時54分、テント設営完了!
今日は3つもテントが並んでいるので何も問題はない。
まあ、こんな所夜中に誰もこないけどさ(笑)
今夜は昨日みたいに寒くなければいいんだけど大丈夫かなぁ。。。





今日の歩行距離:約32km
今日の宿泊場所:四万十癒しの湯近くの公園









ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅 21日目

10月 6日(日)


おはよーございます!
昨晩飲んだソジュ(韓国の焼酎)が今だ少し効いてる。。。
台風は思ったよりも大したことはなく、今日は全く問題なさそうだ。


769.jpg


民宿の方が軽い朝食をお接待で出してくれた。
台風が来ていたというのに、宿泊者はオレ以外誰もいなかった。
民宿はおばあさん一人がやっているみたいだが、濡れた靴を乾かす為に新聞紙をくれたり、気を使ってもらった。
今回はあまり接することは無かったが、きっと良い宿だと思う。


770.jpg


「民宿 村の家」外観。
普通の家で、昨日来た時は民宿だとわからなかった(笑)
8時出発。


771.jpg


今日は良い天気の岩本寺。
今日、支度をしていると白衣がなかったので、ヒーさんに連絡するとやっぱり洗濯の中に紛れ込んでいた。
ヒーさんは岩本寺の宿坊に泊まっていたので取りに来た。


772.jpg


岩本寺の住職さん。
朝から飲み物をお接待して頂きました。


さて、次は札所最長区間、足摺岬にある金剛福寺。
ここから距離は80.7kmある。
たぶん4日くらいかかるだろうなぁ。。。
8時30分、ヒーさんと共に出発。


775.jpg


遍路道は国道56を片坂峠へと歩く。
その岐路にお大師さまがいる。


776.jpg


よく見るとお大師さまの足元には生首が。。。
これ何か意味あるの?
怖いわ( ;´Д`)


781.jpg


またもやヒーさんの友達がいるからと訪ねて行く。
ほんま友達多いわぁΣ(っ゚Д゚;)っ


777.jpg


コーヒーをお接待して頂き、お話中。
この友達も前に歩いた時に知り合ったらしい。
何回も歩いてたら、普通こんなに知り合い増えるもんなんかねぇ。


778.jpg


ここの方は糀(こうじ)の工房やっており、どぶろくも作っているので頂いた。
どぶろくはあまり飲んだことはなかったのだが、結構おいしい。


779.jpg


大酒飲みが多いといわれる高知の盃、べく杯。
お酒を注がれると飲み干すまで、下に置くことができないような作りになっている。
オレも前高知に来た時に買った。


782.jpg


今日、ヒーさんは歩いて行ける所まで行ったら、車で迎えにきてもらいここまで戻ってきて今晩はこちらにお世話になるらしい。なので荷物はここに預けていく。オレは今日ももちろん外で野宿。


荷物無くていいなぁ~っと思っていると、お友達の提案でオレもここで荷物を置かせてもらい、ヒーさんを迎えに行くときに一緒に持って行ってあげようと言ってもらった。
それ、めっちゃグッドアイデア!
一回、毎日宿泊まりしてる人ぐらいの装備で歩いてみたかったんだよねー!


荷物を預け11時10分、再出発!
去り際に袋チキンラーメンをお接待でもらったんだけど、調理器具ないしどうしよう。。。


783.jpg


荷物が無くなった所で元気に峠へ入っていく。
空荷はめっちゃ体が軽い (*´∇`*)

784.jpg


トンネルの上を通る素敵な遍路道w
ここの峠、ずっと下りで今までちょっと標高高い場所にいたみたい。


785.jpg


786.jpg


峠を下ると休憩所があり、トイレも併設されている。


787.jpg


74.1kmって遠いなぁ( ;´Д`)
ここからは56号線沿いのあぜ道を通ると車も通らないから歩きやすいよと言われていたのに、すっかり忘れてた。。。


788.jpg


12時48分、佐賀の遍路小屋に到着。
ここの遍路小屋には隣に温泉があるのだけど、まだこれからも歩くのでスルー。
ここに来るまでに、また歩いているお坊さんに出会い話をする。


このお坊さんはお金も持っておらず、托鉢しながらまわっているらしい。
体を洗うのも川で洗うって言ってた。
お遍路まわりしてると、お坊さんに会う確率高いけど、色々なお坊さんがいるんだねぇ。
でもお坊さんはよく話す人が多いw
やっぱそれも仕事だからかな?


789.jpg


ここでまた遍路道は56号線を外れ、伊与喜川の反対に渡る。


791.jpg


790.jpg


歩いていると何やらみなさんが話していたが、呼び止められお接待して頂く。
ヒーさんといるとお接待率が高い。
オレ一人だったら、お接待なんて都市伝説並にないのになぁ。。。


792.jpg


ここに来て初めて「逆打ち 遍路シール」が!
ヒーさんも初めてみたと言ってたから、比較的新しいものだのだろう。
逆打ちのひとはこういう道しるべもあまりないから大変なんだろうなぁ。


793.jpg


看板によると56号線を行けば早いとあるが、せっかくなので昔ながらの遍路道を行く事にする。


794.jpg


お遍路さんに人気のトンネルってなんだよ。


795.jpg


お遍路さんに人気のトンネルに到着。


798.jpg

【熊井トンネル】

明治28年(1905)年12月に工事が完成し、長さ90メートルあり、「トンネルというものは入口は大きいが出口は小さいものぢゃのう」と言った人があるという。
レンガは佐賀港から1個1銭の運び賃で小学生などが1~2個ずつ運び、熊井側入口の石張は2人の職人が右と左にわかれ腕前を競ったと言われる。
昭和14年(1939)までは県道として利用され、現在はわずか土地の人の通行に利用されているのみである。


796.jpg


中は真っ暗で明かりもない。
周辺にも人気がないので、一人で歩いたらちょっと怖かったかも。。。


799.jpg


800.jpg


トンネルを抜けると土佐くろしお鉄道の線路が見える。


801.jpg


しばらく歩くと四国ではおなじみのコンビニ「スリーエフ」
ここでしばし休憩。


802.jpg


10月だから、こういうお祭りが各地であるのを目にするんだけど、一回くらい当たってみたいなぁ。
ヒーさんはもう少し先まで歩くと言ってここでお別れした。


809.jpg


803.jpg


スリーエフから少し歩くと「道の駅 なぶら」がある。
時間は16時。
ここでもテント張れそうだから、今日のキャンプ地をここにする!


804.jpg


中は食堂があり、わら焼きカツオが食べられる。
他にも魚屋やお土産も売っているので楽しいかも。


17時過ぎに荷物を持ってきてもらい、ピックアップ。
ありがとうございました!
今日は大変楽に歩けました!!
お友達はヒーさんを迎えに行き、オレは道の駅の営業時間が終わるまで待つことにする。


807.jpg


待っている間そこら辺をブラブラ歩いていると、またオレの好きな道中の物語看板がある。


806_201411251206074f1.jpg

【しばてんの話】

橘ン迫(たちばんざこ)に男渕ちう深渕があり、この深渕から上へ真如竹等が茂っていてとてもさびしい。
その上側から大川へ出て川原を少し下って、男渕との間にある川原から浅瀬を渡り、柳原へ通ずる道が昔の大通りとなっていた。この柳原への大川ばたに角力をとるのによい砂原が少しあって提には真如竹が茂り、時には「さぶん」と何者かが川に飛び込む音がすることもあり。子供達はおぢけづいて、夜は一人ではとおれないようなさびしいところであった。


そこにはしばてんがおって、夜な夜な出て来て、ここを通る若者に「角力とろか」と言うてくるとの事。
このしばてんにかかって角力が始まったら、いくらとっても止めないので、ぐたぐたにされて患う人もいたという事だ。
ある人がこのしばてんにかかって角力になった時「さあ、来い」とて両手につばけ(唾)をはきかけて構えたら。もう、しばてんは見えなかったそうな。


この事があって後々は、「角力とろうか」と来たら、「手につばけをはきかけたらよい」と言われた。
このしばてんとはどのような動物だったろうか、正体をみたものもないが人間に化けて「角力とろうか」というてでて来るものだと話である。


下谷春吉著「佐賀谷昔ばなし」から


しばてんは高知の妖怪?だそうだが、相撲をとりすぎて患うとは恐ろしい。。。
てか、いくらヒマといえども、これを書き写すオレもそ相当妖怪だわ(笑)


808.jpg


男渕はあそこら辺かぁ。
今でもここら辺あんま人いなさそうだし、昔だったらもっと寂しいところだっただろうな。
ちょっとその男渕みてみたかったな。
四国の道のルートにはなっているけど、遍路道ではなかったのが残念。


810.jpg


811.jpg


道の駅の真ん前に焼き鳥屋さんがあったので、お持ち帰りにしてこれを晩御飯にする。
ここの道の駅は近くにコンビニもあるし、申し分ない。


ただ、テントを張るのを待っている間、風が強くてかなり寒かった。
お遍路始めてこんなに寒いのは初めて。
防寒着は持っていないので、カッパを防寒着代わりにする。
早くテント張りたいなぁ。。。


812.jpg


営業時間も終わった、20時45分テント設営完了!
今晩は後からきたお遍路さんも加わって二人の設営。
しかし本当に寒い。
今日はちゃんと寝られるかなぁ。。。







今日の歩行距離:約18.3km
今日の宿泊場所:道の駅 なぶら








ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい^^
↓2つをクリック♪↓
 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)